2016年9月29日 (木)

松坂屋ART Festa@松坂屋静岡店

Mark_shizuoka

松坂屋静岡店では

松坂屋 ART Festa を開催中!!

【会期】9/28(水)→10/3(月)

【会場】松坂屋静岡店 本館8階 大催事場

Img_5820

Img_5821

国内外の人気作家から浮世絵版画まで、

幅広いアート作品を一堂に展観しています。

Img_5813


↓デコアートの渡辺おさむ氏のキュートな作品

Img_5817


 ↓飛び出すアート、松枝悠希氏の作品。

Img_5818


↓籔内佐斗司先生のユーモア溢れるブロンズ

Img_5816


↓現代美術家、原神一氏の作品

Img_5815

 ↓富山のガラス作家、小林俊和氏と南佳織氏の作品

Img_5814

10/3まで、店内では「アートのある暮らし」をテーマに、

様々なイベントを開催いたします。

例えば

10/1(土)、2(日)は子供向けワークショップ「ちびっこ芸大」を開催!

【会場】本館5階 特設会場

【時間】各日11時~13時、14時~16時

アーティスト丸山素直氏と東京藝術大学の学生の指導で

自分だけの大きな花をつくります。

ご来店、おまちしております!

松坂屋静岡店の HP はこちら

~お題目を描く~ 第二回 新日本画研究会展@松坂屋名古屋店

Mark_nagoya

ただいま松坂屋名古屋店美術画廊では、

「~お題目を描く~ 第二回 新日本画研究会展」を開催中です。

 

「~お題目を描く~ 第二回 新日本画研究会展」

【会期】9/28(水)→10/4(火)

【会場】松坂屋名古屋店 本館8階 美術画廊


所属団体や会派を越え、気鋭の作家24名が集う「新日本画研究会」。

今回は、「名古屋」、「ミライ」、「みなもと」をテーマに、

それぞれの豊かな感性と個性に満ちた新作24点を展示しています。

ぜひ、日本画の「今」をご覧ください。

<出品作家> *順不同、敬称略

齋 正機  石崎昭亜  磯部光太郎  漆原夏樹 

大塚怜美  岡村智晴  久世直幸   熊谷曜志

阪本トクロウ 三田尚弘  芝 康弘   園家誠二

楚里勇己  高木優子  財田翔悟  土井沙織

東儀恭子  長沢 明  野口満一月  濱田樹里

藤城正晴  松岡 歩  本地裕輔  山口裕子

★ギャラリートークのご案内

10/1(土)午後2時から、

座談会形式のギャラリートークを開催いたします。

(都合により変更になる可能性がございます)

10f

 ↓齋 正樹「ジキニ雨ハ上ルダロウ」 日本画 10号

10p

 ↑芝 康弘「君に読む未来」 日本画 10号

 

10f_2

 ↑久世 直幸「空-初夏の湖畔」 10号

 

10s

 ↑濱田 樹里 「源の花」 日本画 10号S

 

Initiative_compass10

 ↑高木 優子「Initiative Compass」 日本画 10号


松坂屋名古屋店のHPは こちら

 

2016年9月28日 (水)

勝山正則 木版画展@大丸京都店

Mark_kyoto_2


「勝山正則 木版画展」

【会期】10/5(水)→11(火)

【会場】大丸京都店 6階 アートサロン

 

1942年京都生まれ。

日本版画会会員・日本版画会近畿支部顧問・関西版画会会長。

15歳より独学で木版画を始め、

以後、京都を中心に作品を発表し続ける勝山先生。

現在は朝日新聞京都版俳句欄にて季節感溢れる挿絵が掲載され、

読者を楽しませています。

墨の濃淡だけで表現された湖面のきらめきや瓦葺きの古民家の佇まい。

何気ない風景ですが、見るほどにじわじわと胸を打たれます。

叙情あふれる墨摺りの世界をご堪能下さい。

 

4854cm

 ↑「蔵の思い」 木版画 48×55㎝


大丸京都店のHPは こちら

 

2016年9月24日 (土)

松坂屋ART Festa開催!@松坂屋静岡店

Mark_shizuoka

松坂屋ART Festa

【会期】9/28(水)→10/3(月)

【会場】松坂屋静岡店 本館8階 大催事場


現代アートから浮世絵版画、海外作家の作品まで、

様々なジャンルのアート作品約500点を出品!

お家にアートを飾ったら、そのエネルギーで人生が変わる。。。かも。

この1週間は松坂屋静岡店でアートとの出会いをお楽しみください!


本館6階美術画廊では

「第21回 雅の伝統 近代日本画巨匠展」を開催します。

 

Fullsizerender

 ↑ギィ・デサップ「パリ・ラ・バスティーユ」 油彩 12号

Photo_3

 ↑曖嘔「冨嶽噴火 凱風虹快晴」 木版画 28.7×38.1㎝

 

Photo

 ↑原神一「$」 ジクレー版画 75.0×75.0㎝

Bighorn_in_the_frame

 ↑大森暁生「Bighorn in the frame」 ブロンズ、鏡 53.0×41.0×5.0㎝ 

Photo_2

 ↑小林俊和「ひとしずく」(カワセミ) ガラス 20.0×21.0×10.0㎝


松坂屋静岡店のHPは こちら


2016年9月23日 (金)

【2016年10月】大丸京都店アートインフォメーション

Mark_kyoto_2

大丸京都店美術画廊・アートサロンで開催される

10月の展覧会のスケジュールをご紹介いたします。

=========================================

「アノラ・スペンス絵画展 英国流ユ-モアの魅力」

【会期】9/28(水)→10/4(火)

【会場】美術画廊

アノラは1963年年イギリス生まれ。

赤・青・黄色など温かみのある色調で

人間と動物のふれあいをユ-モアたっぷりに描いています。

油彩小品、シルクスクリ-ン、エッチング版画作品約40点を展開いたします。

Dog_with_spots

 ↑アノラ・スペンス「ドッグ ウィズ スポット」シルクスクリーン 27×41㎝

「―Polyphony― 山崎有美日本画展」

【会期】9/28(水)→10/4(火)

【会場】アートサロン

Poliphony(ポリフォニー)とは音楽用語で、多声様式の音楽のことです。

幾重にも重なる声のように岩絵の具を重ねて描く、

気鋭の作家による最新の力作をご高覧ください。

Photo_2

 ↑山崎有美「ポリフォニー」 日本画 4号



 

「通次 廣 茶陶展」

【会期】10/5(水)→11(火)

【会場】美術画廊

昭和48年京都生まれ。

京都府立陶工高等技術専門校成形科修了。

京都市工業試験場陶磁器科修了。

父の通次阿山氏に師事。

高麗物を中心とした作品を制作されています。

水指、花入ほか幅広く出品いたします。

03101

 ↑通次 廣「鉄釉茶碗」 9・7×10×8.7㎝



 勝山正則木版画展」

【会期】10/5(水)→11(火)

【会場】アートサロン

15歳より独学で木版画を始め、

以後、京都を中心に作品を発表し続ける勝山先生。

現在、朝日新聞京都版俳句欄にて挿絵を担当されています。

墨の濃淡だけで表現された湖面のきらめきや瓦葺きの古民家の佇まい。

何気ない風景ですが、見るほどにじわじわと胸を打たれます。

叙情あふれる墨摺りの世界をご堪能下さい。

4854cm

 ↑勝山正則「「蔵の思い」 木版画  48×55㎝



「公益社団法人 日本工芸会近畿支部 木竹工部会展」

【会期】10/12(水)→18(火)

【会場】美術画廊

村山 明、中川清司先生を筆頭とした

日本工芸会近畿支部木竹部会会員の

作家約20名によるグループ展です。

日本の美しき伝統工芸である木工と竹工の世界。

自由な発想と磨き上げられた技によって作られた

生活空間に生きる木と竹の作品を一同に展観いたします。

Photo_6

 ↑宮本貞治「欅拭漆鉋目円卓」 69×69×高19cm



「〈ORIGAMI〉 野依幸治展」

【会期】10/12(水)→18(火)

【会場】アートサロン

1978愛知県生まれ

2004東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業

2006同大学大学院美術研究科絵画専攻修士課程修了

洒脱で都会的な絵画は油絵具の他、砂などを用い、

独自の世界を展開されています。

この質感を、ぜひ実際にご覧ください。

Photo_3

 ↑野依幸治「おかわり」 4号S



「花と大地と光りを感じて…木村章子 絵画展」

【会期】10/19(水)→25(火)

【会場】美術画廊

1958年京都生まれ、1990年渡仏、パリ在住。

南仏の柔らかな光を受け、

風景や花々が輝きを放つ瞬間を捉えた作品です。

優しく重なり合う色彩と独特の繊細な筆致で描かれた

新作油彩画を中心に展観いたします。

<作家来場予定>

会期中毎日作家が来場いたします。

Photo_7

 ↑木村章子「窓辺のバラ モンテリマ-にて」 油彩 12号

 

「木漆工芸 小島雄四郎・紗和子親子展」

【会期】10/19(水)→25(火)

【会場】アートサロン

暮らしを彩る華やかな螺鈿や朱漆。

熟練の技を持つ父・小島雄四郎氏と

新進の感性を持つ娘・小島紗和子氏の競演です。

雄四郎氏は人間国宝黒田辰秋氏の下で木漆工芸、螺鈿工芸を学び、

黒田氏と共に、映画監督・黒澤明氏の御殿場山荘の家具製作、

皇居新宮殿の製作等を手がけられました。

独立後は兵庫県伊丹市公館(鴻臚館) の調度品、茶道具等を製作。

伊丹市公館ベルギーハッセルト市東洋館の調度品も製作されています。

紗和子氏は2008年より、父・雄四郎氏の元、

アクセサリーを中心に螺鈿を使った作品の製作を始め、

2016年に国画会入選。

新鮮な感覚で作られた漆を使った作品が人気です。

Photo_4

 ↑小島雄四郎「霰縞文二段重箱」  高さ15×横21×奥行き19㎝

Photo_5

 ↑小島紗和子「ブレスレット」 縦4.5×横6.5cm

 

「涌波 蘇嶐 作陶展」

【会期】10/26(水)→11/1(火)

【会場】美術画廊

このたび、湧波蘇嶐先生の大丸京都店初個展を開催いたします。

湧波先生は昭和52年京都市生まれ。

平成17年に四代蘇嶐を襲名されました。

京焼青瓷の第一人者 初代諏訪蘇山の薫陶を受けた初代からの

伝統を受け継ぎ、京都・清水の地で制作されています。

黄土や顔料を練り込んでより深い青を表現した

練り込み青磁が特徴です。

土と釉の変化による様々な作風の花器、茶碗、水指などを出品いたします。

 

Photo

 ↑湧波蘇「青瓷龍紋香炉」 14.0×高さ13.5㎝



「凡ノ奇 日本画5人展」

【会期】10/26(水)→11/1(火)

【会場】アートサロン

京都造形大学大学院を修了した、

5人の新鋭作家によるグループ展を開催いたします。

「凡」の中に潜む「奇」とは?

日本画の画材・技法に忠実でありつつ、

新しい表現を追求する彼らの力作の数々をご紹介いたします。

<出品作家> *五十音順、敬称略

後藤吉晃・佐々木真士・滑川道広・前田龍一・山本雄教

Golden_potato_f4

 ↑山本雄教「Golden potato」 4号F



大丸京都店のHPは こちら

2016年9月21日 (水)

ーPolyphonyー 山崎有美日本画展@大丸京都店

Mark_kyoto_2

 

「―Polyphony― 山崎有美日本画展」

【会期】9/28(水)→10/4(火)

【会場】大丸京都店 6階 アートサロン


山﨑有美先生は2007年愛知県立芸術大学大学院日本画専攻卒業ののち、

主に院展を舞台に作品を発表され、

2010年には松村公嗣先生監修の春日大社奉納

「春日若宮おん祭絵巻」の制作に従事される経験もある、

注目すべき実力ある作家の一人です。

最近では桐谷美玲さん主演TVドラマ「スミカスミレ」(TV朝日)で使用された

屏風絵を手がけるなど、ますます活躍の場を広げておられます。

今展のテーマである「ポリフォニー」とは、

音楽用語で多声様式の音楽のことです。

幾重にも重なる声のように岩絵の具を重ねて描く、

気鋭の作家による最新の力作をご高覧ください。

 

Photo

 ↑「ポリフォニー」 日本画 4号

Photo_2

 ↑「雪原譜」 日本画 WSM

 

Photo_3

 ↑「天音」 日本画 20号


大丸京都店のHPは こちら

ネット・デ・オークション 今日からスタート!

ネットで日本中どこからでもご参加いただける

「大丸松坂屋ネット・デ・オークション」

本日から再び「絵画・工芸オークション」をスタートします!

ネット・デ・オークションは こちら

第1週(9/21~27)の特集は「躍動する馬たち 平井利明特集」。

馬の巨匠 中畑艸人に師事し、躍動感あふれる馬の姿を描き続ける

平井利明先生の作品を特集いたします。

T0001_1

↑平井利明「渚を駆ける」 油彩 45.5×53.0㎝ 

ぜひご参加ください!!

 

 



2016年9月17日 (土)

【2016年10月】大丸神戸店 アートインフォメーション

Mark_kobe

大丸神戸店美術画廊・アートギャラリーで開催される

10月の展覧会のスケジュールをご紹介いたします。

==========================================

「大濵紙の力 絵の力 燦々会日本画展」

【会期】10/5(水)→11(火)

【会場】美術画廊・アートギャラリー

高知で研究開発された日本画用紙「大濵紙」は厳選された国産材料を使用し、

優れた耐久性と発色の良さで日本画作家の間で高く評価されています。

現代日本画壇を代表する作家たちが大濵紙に描いた新作を展観いたします。

4f

 ↑石踊達哉「秋草」 日本画 4号


「キャンバスの中のヨーロッパ物語 小林 大彦絵画展」

【会期】10/12(水)→18(火)

【会場】美術画廊

美しい四季折々のヨーロッパ風景をやさしいタッチで描き、

多くの人々の気持ちを安らかにしてくれる油彩・水彩など、

多数展示いたします。

F8

 ↑小林大彦「モネの池」 油彩 8号

「寺田 鉄平作陶展」

【会期】10/12(水)→18(火)

【会場】アートギャラリー

日本を代表する窯業地 瀬戸で、

江戸時代後期より代々続く窯元に生まれた寺田鉄平氏。

瀬戸の伝統技法を現代に生きる自分の感性で表現した

茶碗や花器、酒器、向付など約150点を展示販売いたします。

86400

 ↑寺田鉄平「織部壷」 径18cm×高さ22㎝


「爽やかな風 本山二郎油彩画展」

【会期】10/19(水)→25(火)

【会場】美術画廊

奈良県に生まれ、金沢で学び、

人物・静物・花・風景など、卓越したデッサン力と美しい色彩で、

多くのファンを魅了している本山先生の関西初個展です。

日展で特選を受賞されている、

光風会・日展の若きエースの作品の数々をぜひご高覧ください。

F6

 ↑本山二郎「光の記憶」 油彩 6号



「佐々木真弓 ステンドグラスランプ展」

【会期】10/19(水)→11/1(火)

【会場】アートギャラリー

優しく煌きを放つステンドグラスランプ。

やわらかな曲線と華やかな色彩で魅了します。

佐々木真弓先生、神戸店二回目の個展です。

ステンドグラスランプ作品を中心に最新作を展観いたします。

Magnolia484868648000

 ↑佐々木真弓「Magnolia・木蓮」 48×48×高さ68㎝


 「秋の絵画祭」

【会期】10/26(水)→11/1(火)

【会場】美術画廊

国内外の巨匠・人気作家の絵画・版画作品を一堂に展示し、

特別価格にてご紹介いたします。

今回は没後30年の節目となる、世界的に評価が高い荻須高徳の版画特集や、

税込8万円均一作品などの特集組をしております。

Photo_8

 ↑平山郁夫「「薬師寺月光」 せりグラフ 43.5×60.5㎝


大丸神戸店のHPは こちら

 

 

 

【2016年10月】 大丸心斎橋店アートインフォメーション

Mark_shinsaibashi

大丸心斎橋店美術画廊・現代陶芸サロンで開催される

10月の展覧会のスケジュールをご紹介いたします。

==========================================

「勝尾青龍洞窯作陶展」

【会期】9/28(水)→10/4(火)

【会場】美術画廊

歴史ある信楽の土を丹念に練り上げた花器、

繊細な造形をみせる茶器や食器など、

師でもあり父でもある勝尾青龍洞先生から

伝えられた作風を継承する勝尾達彦先生。

親子二代にわたって、伝統ある清水五条の窯から力作が生み出されました。

今展では伝統と創造を重んじるお二人の新作を中心に多数出品いたします。

Dsc_0266_2

 ↑勝尾青流洞「志野四方皿」 30×30×高さ7㎝

Dsc_0270

 ↑勝尾龍彦「黒釉茶碗」 径14.5×高さ8㎝


「陶芸常設展-現代人気陶芸家作品を中心に-」

【会期】9/28(水)→10/11(火)

【会場】現代陶芸サロン桃青

現代人気陶芸作家の作品を展観いたします。

Photo_5

 ↑鈴木五郎「耳付壷」 径14.8×高さ26.0㎝


「巨匠絵画展」

【会期】10/5(水)→10/11(火)

【会場】美術画廊

近現代の巨匠たちによる名品を一堂に展観いたします。

<出品予定作家>

東山魁夷、加山又造、中川一政、熊谷守一、鴨居玲、藤田嗣治、

モーリス・ユトリロ、ベルナール・ビュッフェ、草間彌正、千住博 ほか

10

 ↑向井潤吉「奥嵯峨秋景」 油彩 10号 


「巨匠絵画展 併催:院展ゆかりの近代巨匠日本画展」

【会期】10/12(火)→18(火)

【会場】美術画廊

北館14階にて開催中の院展にあわせて、

院展に所属した近代巨匠の日本画を中心に展観いたします。

<出品予定作家>

横山大観、小林古径、前田青邨、奥村土牛、小倉遊亀、片岡球子、

福王寺法林、平山郁夫、中村岳陵、川端龍子ほか

8371

 ↑前田青邨「黎明之富士」 83×71㎝


「谷本 貴 作陶展」

【会期】10/12(水)→25(火)

【会場】現代陶芸サロン桃青

荒々しさの中に、ふと垣間見える静寂。

器とオブジェの狭間にある作品の数々は

一見造形的ながらも不思議と手に馴染む心地よさがあり、

生活の中に溶け込むとき、美の真価が表れます。

伝統の素材と技術を用いた、

彼の追求する伊賀焼の新たな切り口をお楽しみください。

Photo_2

 ↑谷本 貴「灰釉花器」 サイズ:径12~17 ×高さ25~30㎝


「二代 西頭哲三郎 博多人形展」

【会期】10/19(水)→25(火)

【会場】美術画廊

なめらかな肌に優美な表情をたたえる博多人形。

その伝統の技に現代感覚を吹き込み、

独自の作風を構築した二代西頭哲三郎。

金箔、銀箔仕様の品格漂う煌びやかな雛人形、歌舞伎や能をはじめとした

様々な題材の掛軸やタペストリー。

来年の干支「丁酉」の置物、ドラマチックな物語を感じさせる美女など、

きらめきに満ちたお人形が集います。

色を重ね、想いを重ねたやさしいお顔のお人形たちの世界で

豊かな気持ちが広がるひとときをお楽しみください。

1

 ↑「仙娥(せんが)」(部分) 高さ41㎝


「-日本の四季を花鳥で描く-

 田村仁美日本画展 -2017年カレンダー原画展-」

【会期】10/26(水)→11/1(火)

【会場】美術画廊

金箔を背景とした作品の数かず。

そこには華やかで優雅な花鳥画の世界が広がります。

その繊細で力強い筆遣いを、

鳥たちの羽毛の1本1本に垣間見ることができることでしょう。

来年の干支である酉年にふさわしく、

羽ばたく伝説の鳳凰、可愛い小鳥や花を丁寧に描き上げた

作品30余点を出品いたします。

Photo_3

 ↑田村仁美「勇」 日本画 4号

 

「伊藤岱玲 作陶展」

【会期】10/26(水)→11/8(火)

【会場】現代陶芸サロン桃青

伝統の技術に根ざしながらも、時代に合わせた切り口で

幅広い呉須の表現を用いて染付けを親しみのあるものにされています。

今展では染付けや青磁の他に赤絵の器も展覧いたします。

ハレの日に華を添える、優美な作品をぜひご高覧ください。

Photo_4

 ↑伊藤岱玲「掛花入」 3.5×高さ66㎝


大丸心斎橋店のHPは こちら






 

2016年9月14日 (水)

佐藤龍生日本画展@大丸京都店

Mark_kyoto_2


動物を得意とする若手日本画家 佐藤龍生先生による個展を開催いたします。

~生命の煌めき~ 佐藤龍生 日本画展」

【会期】9/21(水)→27(火)

【会場】大丸京都店 6階 アートサロンエスパス京都

真に迫る毛並みの流れや、深みのある瞳のまっすぐな視線。

佐藤先生が描く「生命の煌めき」溢れる世界をぜひご堪能ください。

<作家在廊予定日>

9/22(木)・23(金)・24(土)・25(日)


F30
 ↑「機先」(アムールヒョウ) 30号

 

●佐藤龍生(さとう りゅうせい)略歴

1983年千葉県生まれ。

2006年多摩美術大学卒業。

個展・グループ展を精力的に重ねる。

現在、日本美術院院友・千葉県美術会理事

大丸京都店のHPは こちら