2021年2月28日 (日)

2021年3月】 大丸京都店アートインフォメーション

大丸京都店美術画廊・アートサロンで開催される

3月の展覧会のスケジュールをご紹介いたします。

============================================

3月3日(水)~9日(火)

【美術画廊】

京の趣き 源氏の雅び 坂井 昇日本画展

1950年京都生まれ。武蔵野美術大学卒業。 

古都の名所を趣き深く描き、源氏物語を雅びに描かれています。

日本画の伝統的手法で表現された四季折々の古都の情景を描かれた作品です。

源氏物語五十四帖をゆかりの花で表現した代表作「源氏花物語」は

源氏物語千年紀の際上賀茂神社に展示,

ユニセフグリ-ティングカ-ドにも採用されました。

創画会所属、京都日本画家協会会員。             

作家来場:4日(木)、6日(土)、7日(日)  13時~17時

ギャラリ-対談:7日(日)13時30分~、15時~ 坂井 昇×奥山景布子(歴史作家)

4f2020

金閣・雪景 4F  日本画

【アートサロンESPACE KYOTO】

齊藤 十郎 陶展

熊本の小代焼ふもと窯、鳥取の岩井窯で修業の後、岐阜県朝日村で独立。

現在は静岡県伊東市の自作の登り窯で作陶されております。

普段使いのスリップウェアやオブジェなどを展示致します。

スリップウェア:古代ヨーロッパ各地で見られた陶器の一種。特にイギリスで発達しました。

器の表面をクリーム状の化粧土(泥漿・スリップ)で装飾して焼き上げた器です。

Photo

「作品コラージュ(蓋物・マグカップ・スリップ角皿)」

3月10日(水)~16日(火)

【美術画廊】

ギィ・デサップ絵画展

パリなどの光溢れる美しい風景を独自に技法で描かれた油彩画を展観いたします。

その作品は、「煌く光の宝石箱」と評され、世界各地で絶賛されています。

今回は代表的なパリの風景に加え、睡蓮を描いた作品などを

ご紹介いたします。

【アートサロンESPACE KYOTO】

~千住 博・釘町 彰を中心に~

気鋭アーティスト特集

世界に「日本画」を知らしめた千住 博、フランス・パリにて制作される釘町 彰の作品を中心に、

気鋭作家の日本画を展示致します。

3_1

千住博「ウォーターフォール」3号

3月17日(水)~23日(火)

【美術画廊】

ものがたりを紡ぐ 関本 麻己子日本画展

各地の風景を描く女流日本画家の2年ぶりの個展を

開催いたします。

移りゆく時の流れの中で、作家自身の「今」の心と風景との出会いから生まれた作品

20余点を出品いたします。

Img_8512

「花と蜜蜂」 S3号(絹本・日本画)

【アートサロンESPACE KYOTO】

春のうつわ展  (~30日まで)

12名の作家によるグループ展を開催致します。

個性的な器(皿、グラス、酒器、茶道具、花器)を展示販売致します。

出品予定作家(敬省略)

馬岡智子・正守千恵・脇山さとみ・藤本美歩・内田裕子・伊藤岱玲・藤本路加      ・

齊藤十郎・村山亜矢子(漆)・井上愛仁(ガラス)・水口智貴(ガラス)平井宏明(ガラス)

3月24日(水)~30日(火)

【美術画廊】

藤井 誠展

伝統的な油彩画の技法(木製パネルにキャンバスを張り、

硫酸カルシウムをしっかりと塗り乾燥、そして研磨して油彩にて描く)を用いて、
水のある風景や花、木漏れ日の風景などを優しく描いています。

日本画や俳句に見る古来からの日本人の美意識を大切に、独自の写実表現を目指しています。

油彩画最新作約40点出品いたします。

作家来場:3月27日(土)、28日(日)   各日共に14時~17時 

F8308000

「森の泉」キャンバス・石膏地・油彩・F8号
 

3月31日(水)~4月6日(火)

【美術画廊】

高橋行雄絵画展

猫をモチーフとして描き続けて30数年の作家の 

鉛筆と色鉛筆による新作30余点を出品いたします。

愛らしい瞳、美しい毛並みまで、今にも画面から飛び出してきそうな猫モチ-フの作品。

1976年フランスでデビュ-し、世界各国で紹介されています。            

8080990000

「チェリーとおはぎ」鉛筆・色鉛筆・80×80㎝
         

【アートサロンESPACE KYOTO】

河本 万里子日本画展

滋賀県・高島市出身
嵯峨美術短期大学(現・嵯峨美術大学)卒 日本画専攻 

京都日本画家協会会員・無所属 2005年青垣日本画展 京都新聞社賞
2006年前田青邨記念大賞展 出展
2016年第4回郷さくら美術館桜花賞展桜花賞大賞 

滋賀県の和菓子匠叶 匠壽庵広報誌「烏梅」の表紙絵を担当されています。

現代的で優美な花鳥画を展覧致します。

1

「春燈」10号

2021年2月25日 (木)

日本画G6展@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi
東京芸術大学日本画科をご卒業された新進気鋭の作家、6名によるグループ展。
伝統の日本画技法を駆使しながらも現代ならではの表現や素材を取り入れ、風景、花鳥画、人物などを個性豊かに描かれています。新しい日本画の世界を切り拓く瑞々しい感性に溢れた作品の数々をご覧ください。

 <出品作家>
泉東臣、大久保智睦、大沢拓也、三枝淳、並木秀俊、吉田潤(敬称略・五十音順)

 

日本画G6展
2月24日(水)→3月2日(火)
<最終日は午後4時閉場>
大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

 

 今後の展覧会情報やお問合せはこちら→

https://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/artglorieux/index.php

Image_6483441_15_3↑泉東臣「樂踊花-ばら-」短冊 37.0×11.0cm 和紙、岩彩 税込198,000円
こちらの新作は花のモチーフを短冊に描かれています。

花が踊りだしそうな奥行きを感じられる作品です。

Image_6483441_16_3

↑大久保智睦「奏」10P 和紙、岩彩 税込660,000円
風景や動植物を主なモチーフとされる大久保先生。
豊かな色彩で花の饗宴のようです。

Image_6483441_17_3

↑大沢拓也「sound of water」75.0×50.5cm 木板、漆、錫箔 税込935,000円
漆芸の技法は日本画の学生の頃から漆に興味を持たれ多くの作品に活用されています。
水面に映る波紋の質感が美しく表現されています。

Image_6483441_18_2↑三枝淳「梟図」10M 和紙、岩彩、色箔 税込550,000円
色箔を使った作品が特徴の三枝先生。
緑の色箔を背景に桜と縁起物のふくろうを描いています。

Image_6483441_19_2

↑並木秀俊「うつろい」30.0×25.0cm 木、金箔、金泥、岩彩 税込240,000円
截金という金箔を細く切り貼りする技法で制作をされています。
代表作のほおずき、たけのこのモチーフで描かれた作品です。

Image_6483441_20↑吉田潤「Venus」70.0×35.0cm 和紙、墨、岩黒、インク 税込418,000円
日本画に版画の技術を取り入れた新しい技法で制作されています。
細くやわらかい曲線が幻想的に表現されています。

気になる作品などございましたら、お気軽お問い合わせくださいませ。

 

大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

2021年2月16日 (火)

街はオレたちのキャンバスだ ワンマイザー作品展@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi
本館8階アールグロリューギャラリーオブオーサカにおきまして「街はオレたちのキャンバスだ ワンマイザー作品展」を開催いたしております。

期待のストリート・アーティスト、ワンマイザーはストリートアートが盛んな街、パリを中心に海外から大きな注目を集めています。弾けるような色彩と多彩な技法が組み合わさり生み出される作品たちはセンセーショナルな刺激に満ちています。
ユーモアとエネルギーに溢れた作品の数々をご覧ください。
あわせてバンクシーをはじめとした現代アート作品も展開いたしております。

今後の展覧会情報やお問合せはこちら→
https://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/artglorieux/index.php

 
街はオレたちのキャンバスだ ワンマイザー作品展
2月17日(水)→2月23日(火)
<最終日は午後4時閉場>
大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

Image_6483441_11↑「おこりんぼう」55.5×53cm ミクストメディア 税込770,000円

Image_6483441_12↑「デニスはパスカルが嫌い」22×21cm ミクストメディア 税込330,000円

Image_6483441_14↑「バイオマン」55×57cm ミクストメディア 税込770,000円

 


気になる作品がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。
作品は全て現品限りとなります。すでに売切れの際はご了承ください。

 

大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

 

2021年2月12日 (金)

日本の近代巨匠工芸展@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi
本館8階アールグロリューギャラリーオブオーサカにおきまして「日本の近代巨匠工芸展」を開催いたしております。

北大路魯山人、板谷波山をはじめ人間国宝や文化勲章に輝いた作家たちの手による優品の数々をご紹介いたします。陶芸作品を中心に木工芸作品や絵画なども出品いたしております。
時を超えても色あせることのない「技と美」をご堪能ください。

 
今後の展覧会情報やお問合せはこちら→

https://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/artglorieux/index.php

  

日本の近代巨匠工芸展
2月10日(水)→2月16日(火)
<最終日は午後4時閉場>
大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

 

Image_6483441_8_2

Image_6483441_9

Image_6483441_10

作品についてご質問などございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。

 

大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

2021年2月 4日 (木)

ダイアナ妃が愛した画家 ロバート・ハインデル展@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi
本館8階アールグロリューギャラリーオブオーサカにおきまして「ダイアナ妃が愛した画家 ロバート・ハインデル展」を開催いたしております。

バレリーナやダンサーの美しさをエモーショナルに描き、「現代のドガ」とも称されたロバート・ハインデル。故ダイアナ妃やマーガレット王女、モナコ・キャロライン王女をはじめ多くのコレクターから愛された瞬間の美を描いた作品の数々をご覧ください。

 

今後の展覧会情報やお問合せはこちら→

https://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/artglorieux/index.php

 

ダイアナ妃が愛した画家 ロバート・ハインデル展
2月3日(水)→2月9日(火)
<最終日は午後4時閉場>
大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

 

Image_6483441_6↑「パ ド ドゥ イン リハーサル」51×51cm ジクレ 66部限定 税込275,000円
2人の呼吸をあわせて。

Unnamed↑「フュージョン」67×72cm シルクスクリーン 125部限定 税込286,000円
ほとばしる躍動感を伝えたい。

Img_3373↑「素描 ダーシー・バッセル」44×31cm ジクレ 88部限定 税込198,000円
今年、没後15年を記念に制作した新作版画。

 

会場には、版画や貴重な原画を出品いたしております。

 

気になる作品がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

2021年1月30日 (土)

【2021年2月】 大丸京都店アートインフォメーション

大丸京都店美術画廊・アートサロンで開催される

2月の展覧会のスケジュールをご紹介いたします。

============================================

2月3日(水)~9日(火)

【美術画廊】

ストリ-トア-ト人気ア-ティスト展

 

現代ア-トの中で、近年脚光を浴びる

ストリ-トア-トの人気ア-ティストを特集。

世相への批判を街中の建造物に描いた事が発端で

人気アーティストとなったインベーダ-、CAWS

ワンマイザ-など、約20数点を展観いたします。      

 

 

【アートサロンESPACE KYOTO】

Essence

日本画家・岩波昭彦氏を中心とした、若手作家によるグループ展を開催いたします。

ジャンルの枠を超え、作家それぞれの【Essence=本質】が響き合います。

 

出展作家(順不同・敬称略)

岩波昭彦

1966年長野県生まれ、多摩美術大学卒業、日本美術院特待

青木惠

多摩美術大学卒業・大学院修了 2017年「桜花賞」奨励賞

岩井尚子

1982年生まれ、多摩美術大学卒業・大学院修了 2019年「桜花賞」入選

海東祐子

1985年茨城県生まれ、女子美術大学短期大学・女子美術大学卒業

佐藤龍生

1983年千葉県生まれ、多摩美術大学卒業、日本美術院院友

清水航

1983年神奈川県生まれ、多摩美術大学大学院修了、日展会友

髙橋まり子

1983年神奈川県生れ、女子美術大学大学院修了、創画会会友

冨安広郷

1976年埼玉県生まれ、大学で考古学を専攻の後デザイナーとして活躍中

 

 

Essence

作品画像:出展作家作品コラージュ

 

*********************************************************

 

2月10日(水)~16日(火)

【美術画廊】

特選洋画展

 

国内外の人気作家・若手作家の洋画作品を展示即売。

モチ-フや作風も幅広く、洋画の作品を一同に展観。 

 

 

_

 

田中 ラオウ
「滲む鳥Ⅱ」 油彩 P6号

【アートサロンESPACE KYOTO】

山田洋樹作陶展 ―穏―

【会期】2月10日(水)~16日(火)

 

このたび、大丸京都店6F アートサロンESPACE KYOTOにて、

山田洋樹作陶展 -穏- を開催させていただく運びとなりましたこと、ここに深く感謝申し上げます。

混沌たる世界で、多くの人が安らぎを求めています。心を鎮め、想いを込めて作品を創りました。

心穏やかな日々に向かうよう、みなさまの心に寄り添いたいと思っています。

どうぞよろしくお願い申し上げます。         山田洋樹

 

Photo

作品画像:「志野茶盌」径11.2×高さ8.5cm

*********************************************************

 

2月17日(水)~23日(火)

【美術画廊】

幸運を呼ぶ吉祥展  

 

木口木版の漢嘯、日本画の諫山宝樹、切り絵の今井清香が、

2021年の幸福や縁起を願い吉祥を描きます。

・漢嘯 (カン ショウ)

Photo_2

太平有象 170×135㎜  木口木版

来場予定 20日(土)・23日(火・祝) 12:00~17:00

 

Photo_3

・諫山宝樹 (イサヤマ タマジュ)

唐子騎丑図 F8  日本画

 

美術画廊前、ア-トスポットでは、

・今井静香(イマイ サヤカ)

Photo_4

鯉 555×303㎜  切り絵

来場予定21日(日) 21日(日)  12:00~17:00

 

 

【アートサロンESPACE KYOTO】

春の絵画特集

 

少しずつ日が長くなり、春の足音が聞こえてきました。

ものごとが新しく始まるこの季節にふさわしい絵画を特集いたします。

 

*********************************************************

 

2月24日(水)~3月2日(木)

【美術画廊】

動物たちの輪舞 丸山友紀展

 

1975年愛知県生まれ。

現在神奈川県大磯町在住。

金地に描かれた鳥獣画で人気を集める画家の個展を開催いたします。。

独特な世界を幻想的かつファンタジックに表現。

動物たちの視線が観る者との間に会話を生み出しそうな楽しい作品を

展観いたします。

作家来場予定:2/27(土)・28(日)   

 

 

20

 「twin tigers」 8号

大町憲治作品展 彩輝光

【会期】2月24日(水)~3月2日(木)

京都生まれのオパール「京都オパール」を使用した新しい漆工芸「彩輝光」で制作された漆芸作品、

そして写真と螺鈿との融合作品「Shell Photo」を展覧いたします。

伝統の技を追求した蒔絵作品と併せて新技術から生まれる新しい表現をご堪能ください。

 

大町憲治略歴

1978年 京都市立日吉ヶ丘高校美術工芸コース漆芸科卒業 蒔絵技術習得の為、10年間の修業を始める。

1999年 The Gen-Foundation財団奨学支援によりイギリス&フランス留学

2009年 京都オパールを使用した作品「彩輝光」発表

2013年 京セラ美術館にて大町憲治 彩輝光展を開催

2018年 写真と螺鈿の融合作品「Shell Photo」発表

 

Photo_5

作品画像: 彩輝光 宝石箱「渦」

縦130×横130×高さ150mm

 

 

2021年1月29日 (金)

春の茶の湯道具逸品展@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi
本館8階アールグロリューギャラリーオブオーサカにおきまして「春の茶の湯道具逸品展」を開催いたしております。

日本特有の侘び寂びの精神の中に美を見出し、連綿と続く茶の湯の世界。
茶の湯道具の逸品の数々から歴史や伝統、その高い精神性を感じ取ることができます。
会場では、千家十職による作品、千家御家元様書付もの、ほか多数を出品いたしております。味わい深い茶の湯の世界をご堪能ください。

 

 今後の展覧会情報やお問合せはこちら→

https://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/artglorieux/index.php

 

春の茶の湯道具逸品展
1月27日(水)→2月2日(火)
<最終日は午後4時閉場>
大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

 

Image_6483441_5↑十一代 楽慶入 「若松画織部釉茶碗」
十五代 直入極 

Image_6483441_6↑加藤利昇 「乾山老松絵水指」共箱


Image_6483441_7↑元禄年 初代寒雉 「海老丸釜 8寸4分」
当代宮崎寒雉極 茶道資料館出品
鵬雲斎大宗匠御書付 

Img_3348

Img_3353

作品についてご質問などございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。

 

 

大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

2021年1月14日 (木)

Women's Next Generation -今注目の女流作家展-@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi
本館8階アールグロリューギャラリーオブオーサカにおきまして「Women's Next Generation -今注目の女流作家展-」を開催いたしております。

伝統の技術を受け継ぎながらも独自の創作表現を追い求め、注目を集める女流作家7名によるグループ展でございます。
繊細なディティールや豊かな色彩によって丁寧に描かれた作品の数々を出品いたします。
華やかな美の競演をご覧ください。

 

<出品作家>
飯田文香、板垣夏樹、清見佳奈子、知麻 
永岡郁美、野地美樹子、古屋麻里奈(五十音順)

 

今後の展覧会情報やお問合せはこちら→

https://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/artglorieux/index.php

 

Women's Next Generation -今注目の女流作家展-
1月13日(水)→1月19日(火)
<最終日は午後4時閉場>
大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

Image_72192707↑野地 美樹子「青富士」S30号 日本画 本体価格1,900,000円+税 

Image_6483441_5↑永岡 郁美 「煌々」S6号 日本画 本体価格200,000円+税
百獣の王はどんな獲物を狙っているのか。

Unnamed↑清見 佳奈子「いろかさね薔薇 淡紅色」4号 日本画 本体価格140,000円+税
今にも甘い匂いが漂ってくるような美しい薔薇。

Img_3331

Img_3334

墨象画や日本画、動物や風景、モチーフも様々に個性あふれる作品が揃います。

気になる作品がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

2021年1月 6日 (水)

アダム・クーリー作品展 ~Fabulous Animals~ @大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi
本館8階アールグロリューギャラリーオブオーサカにおきまして「アダム・クーリー作品展~Fabulous Animals~」を開催いたしております。

空想上の動物たちをテーマにファンタジックでチャーミングさ溢れる絵画や彫刻オブジェを出品いたしております。
自然豊かなアメリカでの暮らしから生まれる、新しいイマジネーションに溢れたアダム・クーリー先生の作品世界をご覧ください。


今後の展覧会情報やお問合せはこちら→

https://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/artglorieux/index.php


アダム・クーリー作品展 ~Fabulous Animals~
1月6日(水)→1月12日(火)
<最終日は午後4時閉場>
大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

Image_67173121_1↑「Orange Cat in the Flowers」38.1×38.1cm Acrylic / encaustics on panel
じぃーと見つめる猫。今にも壁から出てきそう!

Image_67172353_1↑「Love Flogs 1&2」各30.5×30.5cm  Acrylic / encaustics on panel
カエルの恋人たち。見つめ合ってLOVE  LOVEですね!

Image_67174145_1_2守り神のような猫をはじめ、少し変わった得体の知れないオブジェが勢揃い。

お部屋に飾っていただきやすい小品など多数ございます。
気になる作品がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

2021年1月 3日 (日)

【2021年1月】 大丸京都店アートインフォメーション

大丸京都店美術画廊・アートサロンで開催される

1月の展覧会のスケジュールをご紹介いたします。

============================================

~煌びやかな現代絵の世界~  

アートユニット「百虎」展

【会期】12月30日(水)~1月12日(火)(最終日は午後5時閉場)

【会場】美術画廊 

東京藝術大学で日本画を学び大学院に進み、

2007年には平山郁夫奨学金賞を受賞した画家「吉田美樹子」と、

同じく東京藝術大学大学院を終了し

現在、京都精華大学と東京藝術大学にて非常勤講師を務める画家「吉田潤」、

二人で描くアートユニット「百虎」のファンタジー。岩絵の具、

墨、箔などを用い描いた最新作30余点を展覧いたします。

作家来場予定:1月9日(土)、10日(日):吉田潤:各日共に14時~17時 

 

S6352000

「光華」岩絵の具 6号 

※美術画廊前 アートスポットでは、日本美術院を中心に活躍中の、

「桜井 敬史展」を開催。

F6330000

「煌きの街・ヴェロ-ナ」岩絵の具 6号

新春美術展

【会期】1月2日(水)~12日(火)(最終日は午後5時閉場)

【会場】アートサロンESPACE KYOTO 

 

日本画作品を中心にお正月にふさわしい秀作を選りすぐって

特別価格にて展示即売いたします。

 

1_20

 長谷川喜久「富士高峻」20号

古家野雄紀日本画展  -吉祥図-

【会期】1月13日(水)~19日(火)(最終日は午後5時閉場)

【会場】美術画廊 

 

1993年愛知県生まれ。

東京藝術大学大学在学中から精力的に活動を行い、

「豊島屋」鳩サブレの干支缶のパッケ-ジデザイン、

東武電鉄川越特急のラッピング電車のデザインなど、

日本画家という枠を超えて幅広い活動をされています。              生生命表現をテーマに掲げた代表作である螺旋群像を始め、

新しい感性で描かれた新時代の日本画の志す画家の新作を展示即売いたします。

作家来場予定:1月16日(土)・17日(日)

 

T6002h15m_1

「赤富士図」 15号

四季・彩  小川国亜紀日本画展

【会期】1月13日(水)~19日(火)(最終日は午後5時閉場)16

【会場】アートサロンESPACE KYOTO 

1961年愛知県生まれ 1986年愛知県立芸術大学美術学部卒業 

主に院展で活躍し、現在特待。

四季折々の花を描いた気品ある花鳥画を20余点展示いたします。

 

6_2

四季・彩 「紅白梅」 6号

 

曽根 茂 油彩画展

【会期】1月20日(水)~26日(火)(最終日は午後5時閉場)

【会場】美術画廊 

 

1971年三重県生まれ。京都在住の写実洋画の人気画家の3年ぶりの個展。           京都大学文学部史学科で考古学を専攻し卒業。

のどかな里山の田園風景を、作家のフィルタ-を通して細密描写の手法で表現された新作を展観いたします。

作家連日来場予定。

Photo

「張水」 油彩 8号
      

 

 

帆刈晴日日本画展  ―timeー

【会期】1月20日(水)~26日(火)(最終日は午後5時閉場)

【会場】アートサロンESPACE KYOTO 

 

1990年 愛知県生まれ 2012年名古屋芸術大学美術学部卒業 

2011年日春展入選(’15)2015年福知山佐藤太清展賞入選 

2018年改組新日展入選 中日新聞歌壇・俳壇カット絵担当 

童話のワンシーンのようなほのぼのとした情景を、

厚みをもたせた温かみのあるマチエールで描かれています。

 

10

 「静かな日常」10号

 
 
 
 

金澤 隆 展

【会期】1月27日(水)~2月2日(火)(最終日は午後5時閉場)

【会場】美術画廊 

 

2013年東京藝術大学大学院美術研究科日本画修士課程を修了し現

在、岩絵の具や箔、金属泥等を用い、金属特有の輝きを放ち重厚感

溢れる日本画を制作する 金澤隆。京都店初めての今展では、自然界

に生きる動物の逞しさや躍動感、そして神獣の神秘的な美しさを描

いた新作30余点を展観いたします。

作家来場:1月30日(土)、31日(日)、各日共に14時~17時

P301210000

 「白龍」 岩絵の具 30号

※ア-トスポットでは、

大西 敦子展 開催

M301100000

「暮らしを彩る」 アクリル絵の具と岩絵の具  30号

山崎有美・望月知沙子二人展

【会期】1月27日(水)~2月2日(火)(最終日は午後5時閉場)

【会場】アートサロンESPACE KYOTO 

望月知沙子(漆芸):京都の工房で修業し、2015年独立。京もの認定工芸士 

現在は滋賀県草津に自宅アトリエを構え、琵琶湖真珠を用いたアクセサリー、

米原醒ヶ井の梅花藻を表現した香水瓶など、滋賀に因んだ作品を制作されています。

山崎有美(日本画):鏡、蝋燭、女性像など多様なモチーフを通してエレガントな日本画を制作されています。

色使いなどにも共通点も持つ息の合った二人による展覧会を開催いたします。

0s

 山崎有美「ポリフォニー」0号S

Photo

望月知沙子「香盒 ネモフィラ」横8.7×縦5.0×高さ2.0cm