メイン | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月26日 (金)

角田 守(つのだ まもる) 油彩画展 開催中

Mark_sapporo

まだまだ寒い北海道・札幌ですが、8階美術画廊ではが鮮やかな角田 守先生の油彩画の展覧会を開催中です。

Resizes

 ↑ 「龍頭の滝」 30号P 税込850,500円

栃木県日光市にある滝です。30号という大きさで、迫力がありますねsign01

Resizes_2

 ↑左:「丘」 8号F 税込252,000円 右:「春の訪れ」 8号P 税込252,000円

左は北海道の美瑛を描かれた作品です。

右の桜は京都・嵐山を取材されました。春の遅い札幌・・・、桜が待ち遠しいcherryblossom

Resizes_3

28日(日)まで、角田 守先生が来場されています。とても温厚なジェントルマンですconfident

*作家来場予定 2/24(水)~2/28(日) 午後1時~午後5時

           (都合により離席される場合がございます)

本当にそこへ行ったような臨場感のある風景画です。ぜひご高覧くださいませ。

「角田 守油彩画展」

2/24(水)~3/2(火) 午前10時~午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸札幌店 8階美術画廊 TEL 011-828-1111(代表)

2010年2月19日 (金)

日本が誇る名窯です。

Mark_sapporo

札幌店美術画廊では、「歴代 柿右衛門・今右衛門展」を開催しております。

いずれも日本が誇る窯元。当代で十四代まで続く名窯です。

今展では大正から昭和の時代に焦点をあて、気品あふれる作品を展示しております。

Photo_2_10

 ↑ 十二代 柿右衛門「染錦 牡丹孔雀文花瓶」(高28.7㎝) 税込1,890,000円

なんて優美なんでしょうshineshine

職人気質といわれた十二代らしく、孔雀の羽が繊細に描かれています。

牡丹の色鮮やかな赤が印象的ですね。

柿右衛門は17世紀末にはヨーロッパの王侯貴族が魅了されたという、日本が誇るブランドです。

Photo_3

 ↑ 十二代 今右衛門「色鍋島 桃絵額皿」(径36㎝) 税込1,260,000円

一方今右衛門家は江戸時代、鍋島藩窯として大名や公家へお納めする陶磁器を制作してきた家柄です。

お殿様のために作る陶磁器は、最高のものでなければならないという精神が脈々と受け継がれ、その歴代の作品は進歩を遂げてきたのです。

江戸時代の武家風と言いましょうか、大胆で華やかな図柄が特徴です。

今右衛門の絵付けは、平面なのに不思議と奥行きというか立体感を感じるものがあります。会場にお越しいただきましたら、ぜひまじまじとご覧くださいませeye

札幌店の美術画廊はレストラン街と同じ8階です。美味しいものを食べたあとに、ぜひ目eyeにも栄養をwink

「歴代 柿右衛門・今右衛門展」

2010年2/17(水)~23(火) 午前10時~午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸札幌店 8階美術画廊 TEL011-828-1111(代表)

 

2010年2月17日 (水)

ただいま準備中

大丸福岡天神店は準備中でございます。

今しばらくお待ちくださいませ。

2010年2月12日 (金)

「岡 雅明洋画展」開催中

Mark_sapporo

札幌店では岡 雅明洋画展」を開催しております。

おやおや、今週はなぜか各店に猫が・・・cat

686

 ↑ 「秘密の場所」 10号

猫だけでなく、犬、うさぎ、ハムスター、象、フラミンゴなどなど・・・

動物たちを時にメルヘンタッチに、時に端整に描く若手作家の札幌初個展です。

684

 左:「柴犬~早く帰ろう」6号,右:「初めての幼稚園」0号

岡 雅明  1984年 東京生まれ

        2007年 明星大学造形芸術学科洋画専攻卒業

689

初日~14日(日)までの5日間、岡先生が会場に来られています(午後1時~午後4時)。

岡先生は25歳の優しさあふれる好青年ですshine作家と直接会話を楽しめる貴重なチャンス。

新作約30点を展示しております。童話のような不思議な世界観をお楽しみください。

「岡 雅明洋画展」

2010年2/10(水)~2/16(火) 午前10時~午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸札幌店8階 美術画廊  TEL011-828-1111(代表)