« 2010年4月 | メイン | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月29日 (土)

稲邊智津子人形展 開催中

Mark_sapporo

今週の札幌店美術画廊は、女性のお客様で賑わっていますvirgovirgovirgo

国内外で高い評価を受ける、北海道室蘭市ご出身の人形作家・稲邊智津子(いなべ ちづこ)先生の展覧会を開催中です。

Photo_8

Photo_2

Photo_3

会場内には、子供や乙女の人形たちが織りなす、華やかであたたかみ溢れる世界が広がります。

【稲邊智津子 略歴】

北海道室蘭市生まれ

1986年  日本創作人形協会展ラドール賞

1991年  JIAC国際親善美術展出展(東京都美術館/上野) 以降’96年まで

1997年  INTERNATIONAL DOLL ART(ドイツ・フランクフルト)出展 以降’00年まで

2004年  環アジア教育芸術交流会 実行委員長賞

<作家来場予定> 会期中連日 午後1時~午後5時

「-春風に舞う- 稲邊 智津子人形展」

2010年5/26(水)~6/1(火) 午前10時~午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸札幌店 8階美術画廊 TEL011-828-1111(代表)

2010年5月20日 (木)

「巨匠たちの銅版画展」

Mark_sapporo

今週の札幌店は「巨匠たちの銅版画展」を開催しております。

<出品作家> ピカソ、ルオー、シャガール、ビュッフェ、長谷川潔、駒井哲郎、浜口陽三ほか

多様な表現を持つ「銅版画」に焦点をあて、ピカソ、ルオーから長谷川潔、駒井哲郎まで、国内外の巨匠作家を中心に約30点を集め展示販売いたします。

繊細でシャープな銅版画の世界をお楽しみ下さい。

1202

2203

3

「巨匠たちの銅版画展」

2010年5/19(水)~5/25(火) 午前10時~午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸札幌店 8階美術画廊 TEL011-828-1111(代表)

2010年5月19日 (水)

【予告】「第12回 吉筋恵治作陶展」

Mark_shizuoka

6/16から松坂屋静岡店の美術画廊では、静岡県森町で制作されている吉筋恵治先生の個展を開催いたします。

2年に一度の展覧会も、回を重ねて今回が12回目となりました。

3843cm

 ↑「自然釉窯変 大壷」 38×43㎝ 税込682,500円

土と炎の中に、日々新たな感性を練り込み、独自の世界を創造しておられます。

自然釉が美しい壷、花入、水指、茶碗などの新作を展示即売いたします。ぜひご来場くださいませ。

<吉筋恵治 略歴>

1952年  静岡県周智郡森町生まれ

1980年  信楽 神山易久に師事

1981年  萩 田村悟郎に師事

1983年  森町に開窯

1984年以降 松坂屋静岡店にて隔年で個展開催

【予告】「第12回 吉筋恵治作陶展」

2010年6/16(水)~6/22(火) 午前10時~午後7時(6/19~6/21は午後7時30分まで)

                   *最終日は午後4時30分閉場

松坂屋静岡店 本館6階美術画廊 TEL054-205-2213(美術直通)

2010年5月13日 (木)

阿部 穣展、札幌で開催中。

Mark_sapporo

札幌店では「阿部 穣(あべ ゆたか)展」を開催しています。

阿部先生は鳳凰、鶴、獅子などの古典的な題材を、重厚なマチエールとモダンな色彩感覚で表現する若手日本画家です。

<阿部 穣 略歴>

1975年  東京都府中市生まれ

1995年  東京藝術大学デザイン科卒業

2001年  東京藝術大学大学院修士課程デザイン専攻修了

2001年4月~2004年3月 東京藝術大学デザイン科非常勤講師

阿部 穣ブログ『阿部穣のめざせ!最高傑作!!」

Photo_10

 ↑「琉金図」4号M 税込252,000円

エレガントな小品です。色彩も深くて美しいpisces

Photo_2

 ↑「三亀図」6号 税込315,000円

端正でユーモラスな逸品です。独特のマチエールはキャンバスに岩絵具を重ねたり、削ったりして生み出します。写真ではお伝えしきれないのが残念sweat02

Photo_3

 ↑「雨に蛙に睡蓮」50号M 税込1,890,000円

大作で迫力があります。睡蓮の赤が効いています。

【作家来場】 5/15(土)、16(日) 各日午後1時~午後3時の予定

         *変更が生じる場合がございます。ご了承くださいませ。

「阿部 穣展」

2010年5/12(水)~5/18(火) 午前10時~午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸札幌店 8階美術画廊 TEL 011-828-1111(代表)

2010年5月10日 (月)

松下雅寿日本画展 -引き立てる・主になる黒 水の風景画-

Mark_ueno

今週、松坂屋上野店では東京藝術大学日本画科第三研究室を修了された、松下雅寿先生の個展を開催中です。

東京藝術大学日本画科第三研究室では、院展同人として活躍される手塚雄二先生のご指導のもと、日本画の将来を担う若手が日夜研鑽を重ねておられます。

松下先生もまさにその中のおひとりflair

今回の展覧会では、色は黒にこだわり、水辺をモチーフに構成されました。

201005051307000

201005051308000 

蓮池を描かれた屏風は、幽玄な雰囲気で存在感のある作品です。

201005051306000

松下先生の力作の数々。ぜひこの機会にご高覧くださいませ。

「松下雅寿日本画展-引き立てる・主になる黒 水の風景画-」

2010年5/5(水・祝)~5/11(火) 午前10時~午後7時30分 *最終日は午後5時閉場

松坂屋上野店 南館5階美術画廊 TEL03-3832-1111(代表)