« 2011年3月 | メイン | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

「藤田嗣治版画展」

Mark_shizuoka

110412191185cm_2

 ↑藤田嗣治「小さな料理人」水彩19.1×18.5㎝

エコールド・パリの日本人画家として、独自の画風を追求し、世界に認められた作家、藤田嗣治。

版画を中心に油彩、デッサンを加え約50点を展示即売いたします。

「藤田嗣治版画展」

2011年5/4(水)~5/10(火) 午前10時~午後7時 *最終日は午後4時30分閉場

松坂屋静岡店 6階美術画廊 054-254-1111(代表)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2011年4月22日 (金)

母の日アクセサリー特集

Mark_nagoya

今年の母の日は5/8(日)present 

プレゼントに、自分へのご褒美に、作家もののアクセサリーはいかがでしょうか。

Haha

 ↑松山武司 左から:「琥珀ペンダントトップ」税込27,300円/29,400円/28,350円

         18金チェーン 税込42,000円

Haha_2

 ↑山下美奈子「センタートップネックレス」 税込36,750円

静かで奥深い美しさを感じます。

Haha_3

 ↑ネックレスのセンターの部分

あまりにも綺麗なので、アップにしてみました~shineshineshine

他の色合いでロングネックレス、ブレスレット、ピアスなどもございます。

山下先生独特の世界観に引き込まれること間違いなしですgood

Haha_4

 ↑松山武司 左から:「アクリルペンダントトップ」 税込28,350円

              「琥珀ペンダントトップ」 税込26,250円/39,900円

蒔絵師でいらっしゃる松山先生の作品。

琥珀には蒔絵が施されています。

大人のおしゃれに、男女問わずおすすめですhappy01

Haha_5

 ↑河部哲二「星玉」 各税込6,825円

かわいい名前ですね~diamond

作品自体は宇宙の縮小図のような神秘的な雰囲気。

革ひもでサイズ調節ができるので、出番が増えそうです。

「星玉」のほかに、モザイク玉、扇玉もありますよ。

Haha_6

 ↑吉田秋雄「ヴェネチアンネックレス」 各税込4,200円

繊細なレース模様がどんな服にも映えそう。

つけているのを忘れるくらい、軽いんです。

年中身につけて楽しんでいただけると思いますhappy01

Haha_7

 ↑松田さゆり 左、右:「和柄銀彩ネックレス」 税込6,300円

          中央:「銀彩ネックレス」 税込5,250円

銀箔を使った和風テイストなアクセサリー。

こちらも軽く、身につけると上品な存在感があっておすすめです。

全て違うデザインなので、ぜひお気に入りを見つけてくださいね。

「母の日アクセサリー特集」

4/13(水)~5/15(日) 午前10時~午後7時30分 *最終日は午後4時閉場

松坂屋名古屋店 南館6階アートプレース TEL052-264-3383(美術画廊)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2011年4月17日 (日)

白いものたち。

松坂屋名古屋店アートプレースでは、長谷川潤子先生の展覧会を開催中ですhappy01

1_2

長谷川先生は1964年神奈川県小田原市生まれ、女子美術大学卒。

現在は多治見市で制作されています。

白い色のやきものにこだわり、独自の世界を追求されています。

2 

 ↑「青白磁 波の器」 税込21,000円

3_2

形や模様だけでなく、白磁の“白い色”自体に魅力をもたせたという、様々なテクスチャーの白い器たち。

光の具合でより白く見えたり、白さが際立つ形を考えながら作品づくりをされているそうです。

4_2

 ↑奥:「唐草 青鉢」 税込21,000円、手前:「唐草 長皿」 税込8,400円

デザートや数種類のお料理をのせたり、和洋問わずおしゃれな食卓を演出できそうですねrestaurant

5

左の2点は「香炉」ですが、「花器」としてもおススメです。

毎日眺めているだけで癒されそうconfident

6_2

 ↑「掛花入」 税込10,500円

7

 ↑「花入」 税込15,750円

「『白い色と共存させるためのカタチ』『カタチを際立たせるための白』をテーマにいままで制作してまいりました。

今展では、2種類の“白”をテーマに、その対比を楽しんでいただけるよう出品させていただきます。

是非ご高覧くださいませ。」                            長谷川潤子

長谷川先生は、明日17日(日)来場予定ですhappy01

「~白いものたち~長谷川潤子作品展」

2011年4/13(水)~4/19(火) 午前10時~午後7時30分 *最終日は午後4時閉場

松坂屋名古屋店 南館6階アートプレース TEL052-264-3383(美術画廊)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2011年4月16日 (土)

異界と境界-川名倫明日本画展開催中。

Mark_nagoya

今週の第2画廊は、川名倫明先生の日本画展を開催中です。

身近な風景や人物像を赤を基調とした落ち着いた色彩で表現し、その瑞々しい感性に満ちた作品に評価が高い川名先生。

松坂屋名古屋店で初めての個展です。

Kawana1

 ↑「夜行」120号

博士論文「異界と境界-絵画表現における非日常性-」の作品です。

作品に込められた異界への想い、暗示的な世界観を感じます。

Kawana2

Kawana3_2

 ↑「夜行」400号

Kawana4 

↑会場にお越しいただいた川名先生。会期中毎日在廊予定です。

<川名倫明 略歴>

1979年 千葉県生まれ

東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業

博士論文のタイトルをテーマに、意欲溢れる新作約20点を展観いたします。

ぜひご高覧くださいませ。

「異界と境界-絵画表現における非日常性- 川名倫明日本画展」

2011年4/13(水)~4/19(火) 午前10時~午後7時30分 *最終日は午後4時閉場

松坂屋名古屋店 南館6階美術画廊 TEL052-264-3383(美術画廊)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2011年4月10日 (日)

「第3回 信州の作家たち展」開催中。

松坂屋名古屋店アートプレースでは、「第3回 信州の作家たち展」を開催中です。

緑豊かな信州の各地に工房を構え、手ごたえのある素材と向き合い、創作活動を展開されている作家たちによるグループ展です。

1_2

 ↑ 左:井上欣一「舞楽面 蘭綾王」 税込1,417,500円

    右:「舞楽面 納曽利」 税込1,260,000円

       中央:大藏光彦「友禅染屏風『歓』」 税込525,000円

2_3

 ↑北原昭一「太鼓樽」 税込262,500円

3

 ↑小椋正幸「栗 大鉢」 税込126,000円

4_2  

木工芸を中心に、陶芸、染、織、鍛金、七宝など、個性溢れる多彩な作品を展示即売しています。

5

 ↑米山妙子「草木染 手織り座織りストール」 税込63,000円

6_2

7

 ↑平林義教「七宝 小皿額付き」 税込12,600円

<出品作家>

秋山泰宏(木工)、飯島正章(竹工)、井上欣一(木工)、大藏光彦(染)、小椋正幸(木工・漆芸)、

川手敏雄(陶芸)、北原昭一(木工)、小間 豊(木工)、酒井邦芳(木工・漆芸)、田口司緒理(鍛金)、

平林義教(七宝)、松室裕重(木工)、米山妙子(染、織)               *敬称略・順不同

「第3回 信州の作家たち展」

2011年4/6(水)~4/12(火)   午前10時~午後7時30分 *最終日は午後4時閉場

松坂屋名古屋店 南館6階アートプレース TEL052-264-3383(美術画廊)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2011年4月 7日 (木)

JR博多シティ 大パノラマタイル画 アートの森完成記念 千住博展

10s

 ↑「フォーリングカラー」10号

「滝のアーティスト」の異名をもつ日本画家・千住 博先生。

今までの日本画家にない画格、スケールの大きさで人々を魅了しています。

大丸福岡天神店では、4/13(水)から、

「JR博多シティ 大パノラマ・タイル画 アートの森完成記念 千住 博展」を開催いたします。

千住先生は、今春開業した、新博多駅のアートディレクターをつとめ、大パノラマアートの森をつくりあげました。

110331_131509

 ↑博多駅アートの森の一部

一般公募された28500枚の絵を有田焼タイルに仕上げ、千住先生の描かれた樹を中心に配置されています。

駅構内の柱や壁のあちらこちらを埋め尽くす、「アートの森」。

博多の新しいシンボルになりそうですnew

「JR博多シティ 大パノラマ・タイル画 アートの森完成記念 千住 博展」

2011年4/13(水)~4/18(月) 午前10時~午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸福岡天神店 本館8階催事場 TEL092-712-8181(代表)