« 2011年3月 | メイン | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

「藤田嗣治版画展」

Mark_shizuoka

110412191185cm_2

 ↑藤田嗣治「小さな料理人」水彩19.1×18.5㎝

エコールド・パリの日本人画家として、独自の画風を追求し、世界に認められた作家、藤田嗣治。

版画を中心に油彩、デッサンを加え約50点を展示即売いたします。

「藤田嗣治版画展」

2011年5/4(水)~5/10(火) 午前10時~午後7時 *最終日は午後4時30分閉場

松坂屋静岡店 6階美術画廊 054-254-1111(代表)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2011年4月29日 (金)

【予告】「エコール・ド・パリ展」

Mark_shinsaibashi

大丸心斎橋店特選ギャラリーでは、5/4(水)か「エコール・ド・パリ展」を開催いたします。

『エコール・ド・パリ』とは、フランス語で『パリ派』という意味。

1920年代を中心に、世界各地からパリのモンマルトルやモンパルナスに集まり、ボヘミアン的な生活をしながら創作活動をしていた作家たちの総称です。

強い個性を持つ、出身国もさまざまな彼らの人間的交流はお互いの刺激になり、それぞれ独自の画風を開花させました。

個性的な人気作家がパリに集まっていた、華やかな時代。

後の世代の作家へも大きな影響を与えました。

1

 ↑ヴラマンク「PAYSAGE」25号油彩

2_2

 ↑藤田嗣治「二人の友だち」銅版画 55.6×69.8㎝ 税込3,150,000円

3

 ↑ローランサン「不思議の国のアリス/もっと大きい人はみんな」リトグラフ19.5×28.0㎝ 税込157,500円

4_2

 ↑ユトリロ「モンマルトルベキュ/モンマルトルの雪の朝」リトグラフ26.0×20.0㎝ 税込367,500円

5_2

 ↑モジリアニ「婦人像」リトグラフ45.0×30.7㎝ 税込294,000円

今展では、ヴラマンク、ユトリロ、ローランサン、藤田嗣治らをはじめとする、エコール・ド・パリ人気作家の版画から油彩までを展覧いたします。

ぜひこの機会にご来場くださいませ。

【予告】「エコール・ド・パリ展」

2011年5/4(水・祝)~5/17(火) 午前10時~午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸心斎橋店 南館8階特選ギャラリー TEL06-6271-1231(代表)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2011年4月22日 (金)

母の日アクセサリー特集

Mark_nagoya

今年の母の日は5/8(日)present 

プレゼントに、自分へのご褒美に、作家もののアクセサリーはいかがでしょうか。

Haha

 ↑松山武司 左から:「琥珀ペンダントトップ」税込27,300円/29,400円/28,350円

         18金チェーン 税込42,000円

Haha_2

 ↑山下美奈子「センタートップネックレス」 税込36,750円

静かで奥深い美しさを感じます。

Haha_3

 ↑ネックレスのセンターの部分

あまりにも綺麗なので、アップにしてみました~shineshineshine

他の色合いでロングネックレス、ブレスレット、ピアスなどもございます。

山下先生独特の世界観に引き込まれること間違いなしですgood

Haha_4

 ↑松山武司 左から:「アクリルペンダントトップ」 税込28,350円

              「琥珀ペンダントトップ」 税込26,250円/39,900円

蒔絵師でいらっしゃる松山先生の作品。

琥珀には蒔絵が施されています。

大人のおしゃれに、男女問わずおすすめですhappy01

Haha_5

 ↑河部哲二「星玉」 各税込6,825円

かわいい名前ですね~diamond

作品自体は宇宙の縮小図のような神秘的な雰囲気。

革ひもでサイズ調節ができるので、出番が増えそうです。

「星玉」のほかに、モザイク玉、扇玉もありますよ。

Haha_6

 ↑吉田秋雄「ヴェネチアンネックレス」 各税込4,200円

繊細なレース模様がどんな服にも映えそう。

つけているのを忘れるくらい、軽いんです。

年中身につけて楽しんでいただけると思いますhappy01

Haha_7

 ↑松田さゆり 左、右:「和柄銀彩ネックレス」 税込6,300円

          中央:「銀彩ネックレス」 税込5,250円

銀箔を使った和風テイストなアクセサリー。

こちらも軽く、身につけると上品な存在感があっておすすめです。

全て違うデザインなので、ぜひお気に入りを見つけてくださいね。

「母の日アクセサリー特集」

4/13(水)~5/15(日) 午前10時~午後7時30分 *最終日は午後4時閉場

松坂屋名古屋店 南館6階アートプレース TEL052-264-3383(美術画廊)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2011年4月18日 (月)

【予告】「-ヨーロッパ風景を描く-小田切 訓油彩画展」

Mark_shinsaibashi_2

世界遺産を数多く描く人気洋画家、小田切 訓先生の個展を大丸心斎橋店の美術画廊で開催いたします。

H11_2

↑「初夏のストラスブール」 税込1,155,000円

今回の案内状に掲載した、フランス、ストラスブールの風景です。

小田切先生の描く塔は、何度見ても魅了されます。

F6_3

 ↑「朝の運河」6号F 税込630,000円

こちらはオランダの風景。

「小田切グリーン」と呼ばれる鮮やかな緑と、美しい水面。

爽やかなこの季節にぴったりbud

実物をぜひご覧いただきたいです!!

Caujgxib   

 ↑「ノートルダム遠望」5号S 税込546,000円

ノートルダムを望むフランスの風景。

油彩を中心に、Oil on Paper(紙に油絵具で描いたもの)やリトグラフも出品されます。

質感が違う、それぞれの作品をぜひお楽しみください。

<作家来場予定> 5/7(土)~5/8(日)

【予告】「-ヨーロッパ風景を描く- 小田切 訓油彩画展」

2011年5/4(水・祝)~5/10(火) 午前10時~午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸心斎橋店 南館8階美術画廊 TEL06-6271-1231(代表)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

【予告】「-茅葺き民家を描く- 雨宮英夫油彩画展」

Mark_kyoto

大ヒット商品「大人のぬり絵帖 かやぶき古民家」の原画を描かれている、雨宮英夫先生の個展を京都店の美術画廊で開催いたします。

Cayb6zet

 ↑「春の訪れ(京都府南丹市)10号F 税込472,500円

これは京都の茅葺き民家。茅葺き民家は、地方によって屋根の形が違うってご存知でしたか?

ちょっとひかえめな優しい色の桜に、心が癒されますねcherryblossomcherryblossomcherryblossom

F6_2

 ↑「盛秋の山里(京都府南丹市)」6号F 税込283,500円

鮮やかな紅葉の色が目を惹く作品です。

昔はあちらこちらに木の実が落ちていたなぁ・・・なんて想像がふくらみますmaplemaplemaple

F10

 ↑「雪の山里(京都府南丹市)」10号F 税込472,500円

人気が高い雪景。太陽に輝く雪の白さがとても美しいです!

澄みわたる空気が伝わってきます。

今は失われつつある、日本の茅葺き民家。

そして、その風景を彩る桜、紅葉、雪・・・。

見ているとなんだか、懐かしいような、あたたかいような、穏やかな気持ちになりますね。

今展では、全国各地の民家の絵も展観いたします。

四季折々、日本各地の懐かしく美しい風景をお楽しみください。

<作家来場予定> 5/4(水・祝)~5/8(日)は雨宮先生が来場されます。

【予告】「-茅葺き民家を描く-雨宮英夫油彩画展」

2011年5/4(水)~5/10(火) 午前10時~午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸京都店 6階美術画廊 TEL075-211-8111(代表)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2011年4月17日 (日)

白いものたち。

松坂屋名古屋店アートプレースでは、長谷川潤子先生の展覧会を開催中ですhappy01

1_2

長谷川先生は1964年神奈川県小田原市生まれ、女子美術大学卒。

現在は多治見市で制作されています。

白い色のやきものにこだわり、独自の世界を追求されています。

2 

 ↑「青白磁 波の器」 税込21,000円

3_2

形や模様だけでなく、白磁の“白い色”自体に魅力をもたせたという、様々なテクスチャーの白い器たち。

光の具合でより白く見えたり、白さが際立つ形を考えながら作品づくりをされているそうです。

4_2

 ↑奥:「唐草 青鉢」 税込21,000円、手前:「唐草 長皿」 税込8,400円

デザートや数種類のお料理をのせたり、和洋問わずおしゃれな食卓を演出できそうですねrestaurant

5

左の2点は「香炉」ですが、「花器」としてもおススメです。

毎日眺めているだけで癒されそうconfident

6_2

 ↑「掛花入」 税込10,500円

7

 ↑「花入」 税込15,750円

「『白い色と共存させるためのカタチ』『カタチを際立たせるための白』をテーマにいままで制作してまいりました。

今展では、2種類の“白”をテーマに、その対比を楽しんでいただけるよう出品させていただきます。

是非ご高覧くださいませ。」                            長谷川潤子

長谷川先生は、明日17日(日)来場予定ですhappy01

「~白いものたち~長谷川潤子作品展」

2011年4/13(水)~4/19(火) 午前10時~午後7時30分 *最終日は午後4時閉場

松坂屋名古屋店 南館6階アートプレース TEL052-264-3383(美術画廊)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2011年4月16日 (土)

異界と境界-川名倫明日本画展開催中。

Mark_nagoya

今週の第2画廊は、川名倫明先生の日本画展を開催中です。

身近な風景や人物像を赤を基調とした落ち着いた色彩で表現し、その瑞々しい感性に満ちた作品に評価が高い川名先生。

松坂屋名古屋店で初めての個展です。

Kawana1

 ↑「夜行」120号

博士論文「異界と境界-絵画表現における非日常性-」の作品です。

作品に込められた異界への想い、暗示的な世界観を感じます。

Kawana2

Kawana3_2

 ↑「夜行」400号

Kawana4 

↑会場にお越しいただいた川名先生。会期中毎日在廊予定です。

<川名倫明 略歴>

1979年 千葉県生まれ

東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業

博士論文のタイトルをテーマに、意欲溢れる新作約20点を展観いたします。

ぜひご高覧くださいませ。

「異界と境界-絵画表現における非日常性- 川名倫明日本画展」

2011年4/13(水)~4/19(火) 午前10時~午後7時30分 *最終日は午後4時閉場

松坂屋名古屋店 南館6階美術画廊 TEL052-264-3383(美術画廊)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2011年4月10日 (日)

「第3回 信州の作家たち展」開催中。

松坂屋名古屋店アートプレースでは、「第3回 信州の作家たち展」を開催中です。

緑豊かな信州の各地に工房を構え、手ごたえのある素材と向き合い、創作活動を展開されている作家たちによるグループ展です。

1_2

 ↑ 左:井上欣一「舞楽面 蘭綾王」 税込1,417,500円

    右:「舞楽面 納曽利」 税込1,260,000円

       中央:大藏光彦「友禅染屏風『歓』」 税込525,000円

2_3

 ↑北原昭一「太鼓樽」 税込262,500円

3

 ↑小椋正幸「栗 大鉢」 税込126,000円

4_2  

木工芸を中心に、陶芸、染、織、鍛金、七宝など、個性溢れる多彩な作品を展示即売しています。

5

 ↑米山妙子「草木染 手織り座織りストール」 税込63,000円

6_2

7

 ↑平林義教「七宝 小皿額付き」 税込12,600円

<出品作家>

秋山泰宏(木工)、飯島正章(竹工)、井上欣一(木工)、大藏光彦(染)、小椋正幸(木工・漆芸)、

川手敏雄(陶芸)、北原昭一(木工)、小間 豊(木工)、酒井邦芳(木工・漆芸)、田口司緒理(鍛金)、

平林義教(七宝)、松室裕重(木工)、米山妙子(染、織)               *敬称略・順不同

「第3回 信州の作家たち展」

2011年4/6(水)~4/12(火)   午前10時~午後7時30分 *最終日は午後4時閉場

松坂屋名古屋店 南館6階アートプレース TEL052-264-3383(美術画廊)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2011年4月 7日 (木)

見ごたえあります!!!「銀座画廊アートフェア」

Sh3f0495_4

大丸心斎橋店で「銀座画廊アートフェア」がはじまりましたshineshineshine

Sh3f0501_2

Sh3f0502

Sh3f0503

Sh3f0504

Sh3f0505

Sh3f0496 

Sh3f0497_2

Sh3f0498

Sh3f0499

Sh3f0500

どのブースにも逸品が勢ぞろいlovely 見ごたえあります!!!

「ゆっくり見たいから、もう一回絶対来るわね~」というお声が聞かれるほどです。

4/11(月)までです。ご来場おまちしておりますsign03

☆関連記事 銀座画廊アートフェア 出店画廊紹介vol.1<表玄>

        銀座画廊アートフェア 出店画廊紹介vol.2<広田美術>

        銀座画廊アートフェア 出店画廊紹介vol.3<銀座 黒田陶苑>

        銀座画廊アートフェア 出店画廊紹介vol.4<靖山画廊>

        銀座画廊アートフェア 出店画廊紹介vol.5<ギャラリー玉英>

        銀座画廊アートフェア 出店画廊紹介vol.6<ナカジマアート>

        銀座画廊アートフェア 出店画廊紹介vol.7<花田美術>

        銀座画廊アートフェア 出店画廊紹介vol.8<石川画廊>

        銀座画廊アートフェア 出店画廊紹介vol.9<相模屋美術店>

        銀座画廊アートフェア 出店画廊紹介vol.10<永善堂画廊>

<出品画廊> 

石川画廊、永善堂画廊、ギャラリー玉英、ギャラリー広田美術、黒田陶苑、相模屋美術店、

靖山画廊、ナカジマアート、花田美術、表玄

【予告】「名店のこだわり 銀座画廊アートフェア -Ginza 10 Galleries-」

2011年4/6(水)~4/11(月) 午前10時~午後8時 *最終日は午後6時閉場

大丸心斎橋店 本館7階催事場 TEL06-6271-1231(代表)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

清水由朗先生にインタビュー。

このたび大丸松坂屋では、院展を中心にご活躍を続けていらっしゃいます、

院展同人の清水由朗先生の展覧会を、松坂屋名古屋店、大丸神戸店、大丸心斎橋店にて

開催させていただくことになりました。

そこで、今展への先生の想いや制作上のご苦労などをおうかがいしたいと思いますhappy01

___6

 ↑「入り江」6号

>>清水先生、本日はよろしくお願いいたしますhappy01

清水先生:『こちらこそどうぞよろしくお願いいたします。』

>>早速ですが、展覧会のサブタイトルになっている「SKYLIGHT 都市の情景」とは、主にどのあたりの風景なのでしょうか?happy01

清水先生:『地元の方ですと、ぱっと見てお分かりいただける場所も一部あると思いますが、主に名古屋・神戸・大阪とその周辺の風景です。

都市と言いながら、市街地から離れた場所もあります。』

___10

 ↑「岬」10号

>>今展の作品を描かれる中で、取材場所の選定に非常に苦心されたと思いますが、どのようなテーマをお考えになられて、選定していかれたのでしょうか?happy01

清水先生:『描き始めた最初のテーマは“生きる”でした。町に息づく底力のようなものを描こうと考えたわけです。

しかし制作を進めるうちに、描くモチーフの中に、お互いに支えあう、“見えない力”のようなものがあるのではないかと思いはじめ、反映する光や輝きで表現できれば、と考えた次第です。

ただそうなると、テーマがあまりにも大きいので、この展覧会をきっかけに更に追求していこうと考えているところです。』

>>テーマの選定は非常に難しいものだと思いますが、先生は画家として活動を始められた当初から、テーマを想定して描いてこられたのでしょうか?happy01

清水先生:『そんなことはありません。まず感動することから始まりますので、何かテーマを考えてから描くということはありません。

自分の場合、あまり考えすぎると意外につまらない制作になったりします。

それより、自然に湧き上がる心情を大切にしようと、いつも考えていたり悩んでいると言ったほうがよいかもしれません。』

>>実際に各地で取材をされたと思うのですが、描きやすかった場所、描きにくかった場所はございましたでしょうか?happy01

清水先生:『描きやすいかどうかは、実際に制作してみないと分からないものです。同じ風景はほとんど描くことはありませんので、毎回新しい発見があります。』

>>話は少し変わりますが、清水先生が一番影響を受けられた画家はどなたでしょうか?happy01

清水先生:『あえて言えば、アメリカの画家、アンドリュー・ワイエスでしょうか。』

>>現在、大学で教鞭をとっていらっしゃいますが、学生を指導される上で方針などはお持ちですか?happy01

清水先生:『絵の場合、指導方針のようなものはありません。あってもいけないと思います。

特に安易な方法論は、その場はうまくいってもすぐ独善化します。

これも自らに言い聞かせていくべきことですが、制作は常に悩み、葛藤し、苦しみ抜いた末に、新たな地平を開拓するものと考えています。』

>>今回来場していただくお客様に、ぜひここを見ていただきたいというところはどこでしょうか?happy01

清水先生:『興味は一人ひとり違うと思いますので、少しでも見ていただければ幸いに存じます。』

>>それでは最後に、今後の創作活動への意気込みをお聞かせいただけますでしょうか?happy01

清水先生:『何歳になっても感動する、感謝する心を忘れないで、制作に励みたいと考えております。』

>>本日はありがとうございました。

【予告】「SKYLIHGT 都市の情景 清水由朗日本画展」

●名古屋展

2011年4/13(水)~4/19(火) 午前10時~午後8時 *最終日は午後4時閉場

松坂屋名古屋店 南館6階美術画廊 TEL052-264-3383(美術画廊)

●神戸店

2011年5/4(水)~5/10(火) 午前10時~午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸神戸店 7階美術画廊 TEL078-331-8121(代表)

●大阪展

2011年6/22(水)~6/28(火) 午前10時~午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸心斎橋店 南館8階美術画廊 TEL06-6271-1231(代表)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村