« 「近代陶芸巨匠展」開催中。 | メイン | 志賀英二・まつださゆりガラス2人展。 »

2011年8月12日 (金)

VARIA 出展ギャラリー紹介vol.6<中長小西>

Mark_nagoya

Varia_logo

VARIA NAGOYA ART FAIR には絵画だけでなく陶芸や彫刻作品も出品されますhappy01

今日ご紹介するギャラリー「中長小西」さんは、陶芸作品を中心に出品予定です。

7872 

 ↑猪倉孝志「かげを纏うかたち 2009-04」17.8×13.7×13.4㎝

Fukami

 ↑深見陶治「彼方へⅡ」 H28.5×W94.0×D9.0㎝

陶芸に造形の深い土地、名古屋ということを意識したラインナップ。

このほかに、八木明さんの磁器に漆を施したオブジェなどが見られるそうですhappy01

中長小西さんは2008年12月に銀座にオープンしたギャラリーで、近現代の絵画・工芸を中心に扱っていらっしゃいます。

Nakakcho1  ←中長小西さんの店内

Nakacho2

中長小西さんって、どんなギャラリーですか?happy01

  『日本の近現代は、平安・桃山と並ぶ文化的ピークのひとつであり、100年、200年後には

   歴史的評価を受ける時代が必ず来ることを確信しています。

   このピークの時代にトップの作品を扱い、現代作家も含めて、後世に継承されていくような

   質の高い作品を紹介していきたいと思っています。

   時を深く見つめ、日本の美術、文化のために少しでも役に立てる仕事をしていきたいと思っています。』

今回VARIAへの出展にあたって、一言お願いしますhappy01

  『東京以外でのアートフェアに出展するのは初めてです。

   複数の作家の作品を用意し、私どもの店の特色を知ってもらえる展示を心がけるつもりです。

   陶芸に造形の深い土地、名古屋のお客様にアピールできる良い機会と捉え、構成は陶芸中心です。

   新たなお客様が、今後東京にお出かけの際に「中長小西によってみよう」と思っていただける

   機会になればと考えています。』

●関連記事   VARIA イベント情報!!  

         VARIA 出展ギャラリー紹介vol.1<相模屋美術店>

         VARIA 出展ギャラリー紹介vol.2<GALLERIA GRAFICA>

         VARIA 出展ギャラリー紹介vol.3<ヒロ画廊>

         VARIA 出展ギャラリー紹介vol.4<ヨコイファインアート>

         VARIA 出展ギャラリー紹介vol.5<柳井美術>

<VARIA NAGOYA ART FAIR 出展ギャラリー>(50音順)

MEM(東京)、金澤美術(茨城)、ガレリア・グラフィカ(東京)、GALLERY  APA(名古屋)、ギャラリーIDF(名古屋)

Gallery Suchi(東京)、GALLERY CELLAR(東京)、ギャラリー椿(東京)、ギャラリー広岡美術(東京)

ギャラリー広田美術(東京)、小山登美夫ギャラリー(東京)、彩鳳堂画廊(東京)、相模屋美術店(東京)

中長小西(東京)、西村画廊(東京)、野田コンテンポラリー(名古屋)、羽黒洞木村東介(東京)

平野古陶軒(東京)、ヒロ画廊(東京)、丸栄堂(東京)、メグミオギタギャラリー(東京)、柳井美術(東京)

YOKOI FINE ART(東京)、ヨシアキイノウエギャラリー(大阪)

松坂屋創業400周年記念「VARIA NAGOYA ART FAIR 2011」

 主催:松坂屋名古屋店、NAGOYA ART FAIR実行委員会

   共催:中日新聞社、テレビ愛知

2011年9/8(木)~9/11(日) 午前10時~午後7時30分 *最終日は午後6時閉場

                  (入場は閉場の30分前まで)

入場料(税込):一般800円、学生500円 (小学生以下無料)

松坂屋名古屋店 南館8階 マツザカヤホール TEL052-264-3383(美術画廊)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村