« 2011年9月 | メイン | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

「風鈴丸の夢みる世界展」

Mark_shizuoka_3

110927146201_2

↑「ようこそ」木版画 14.6×20.1㎝

静岡店では、地元出身のアーティスト、風鈴丸先生の展覧会を開催しますhappy01

牧野宗則先生の娘として静岡市に生まれ、

武蔵野美術大学に進まれました。

1933年以降は作家として、静岡県はもとより、九州・東京・岐阜・和歌山など各地で個展を開催されています。

松坂屋静岡店では3回目の展覧会ですthree

子供、動物などを物語性をもって描かれる風鈴丸先生の新作を中心に展示即売いたしますhappy01

「風鈴丸の夢みる世界展」

2011年11/9(水)~11/15(火) 午前10時~午後7時30分 *最終日は午後5時閉場

松坂屋静岡店 本館6階美術画廊 TEL054-254-1111(代表)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

「河内英利作陶展」

Mark_shizuoka_4

11091634911cm

 ↑「黄瀬戸花器」 幅34×奥行9×高さ11㎝

11/9(水)からは「河内英利作陶展」を開催いたしますhappy01

<河内英利 略歴>

1960年 愛知県生まれ

大阪芸術大学工芸科卒

加藤春鼎・島田幸一に師事

東海伝統工芸展入選

朝日陶芸展入選

ぐい呑みから壷まで約30点を展観いたします。

作家も毎日来廊いたしますので、会期中にぜひお立ち寄りくださいませ。

「河内英利作陶展」

2011年11/9(水)~11/15(火) 午前10時~午後7時30分 *最終日は5時閉場

松坂屋静岡店 本館6階 TEL 052-254-1111(代表)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2011年10月30日 (日)

2011「柏松会陶磁展」開催中です。

Mark_nagoya

今年の柏松会陶磁展もあと2日となりました。


1_2

【出品者】 (五十音順・敬称略)
●卒業生  酒井紫羊、堤 佳那、福島由子、原 朋子、宗像 恵、桑下未奈子、
     前田江里奈、村上朋見
●研究生  安田砂夫
●研修生  兪 期天
●在校生  久野笑加、熊澤文太、中島未紗、村松由加里

『学生は毎日、陶磁器の美しさを求めながら、より良い作品への想いを持って形を作り
絵付けに励んでいます。今回は「お正月」に使える器を作りました。
スケッチで感じた自然の美しさを染付や鉄絵で描き、いつまでも色あせない瑞々しい作品をと思い
制作しました。ぜひご高覧ご高評お願いします。』愛知県立芸術大学 陶磁専攻教授 太田公典

2_2


3_2


5

6

 ↑初日、来訪された加藤作助先生と卒業生・在校生の皆さん

若者たちの、真摯な気持ちがこもった作品をみることができる展覧会です。

会期は11/1まで。ご来場お待ちしておりますhappy01

「柏松会 陶磁展」

2011年10/26(水)~11/1(火)午前10時〜午後7時30分 *最終日は午後4時閉場

南館6階アートプレース TEL052-264-3383(美術画廊)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

「脇山さとみ特集」

Mark_kyoto

11/2(水)から京都店工芸品売場で始まる『脇山さとみ 特集』をご紹介いたしますhappy01

脇山さとみさんは、1988年嵯峨美術短期大学陶芸専攻を修了され、現在は大阪で制作されています。

1

 ↑「水滴」 税込¥8,190

蓋部分が龍になっています。

2

 ↑「箸置き」 税込¥4,200

こちらは、使わない時は飾りに、箸置きとして使用時は鳥を抜いて横に倒して使いますchickchick


3

 ↑「陶筥 春待ち」 税込¥8,400

女の子が小鳥を抱いて春を待ち望んでます。

脇山さんは、顔料を生地に擦りつけて、焼き付けてつくられています。

ほとんどの物が釉薬をかけてないので、質感や色がちょっとアンティークみたいな感じです。

器からオブジェまでを出品いたします。ぜひご来場くださいませhappy01

「脇山さとみ 特集」

2011年11/2(水)〜11/15(火) 午前10時〜午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸京都店 6階美術工芸品売場 TEL(075)211-8111(代表)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2011年10月27日 (木)

「陶芸秀選展」

Mark_shizuoka_2

11/2(水)からの第2画廊は、「陶芸秀選展」。

近代陶芸史にその名を刻む物故作家から、現在活躍中の人気作家まで、

約30点の秀作を一堂に取り揃え、展示即売いたします。

11100124

 ↑濱田庄司 Shoji Hamada 「柿釉抜絵扁壷」高さ24㎝

111001_14h11

↑十四代酒井田柿右衛門 Kakiemon Sakaida「濁手柿文香炉」

11100127

 ↑楠部彌弌 Yaichi Kusube 「桃果文花瓶」

この機会にぜひご来店くださいませhappy01

「陶芸秀選展」

2011年11/2(水)~11/8(火) 午前10時~午後7時30分 *最終日は午後5時閉場

松坂屋静岡店 本館6階美術画廊 TEL054-254-1111(代表)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

「ベルナール・ビュッフェ版画展」

Mark_shizuoka

11/2(水)からは、「ベルナール・ビュッフェ版画展」を開催いたします。

1110136550cm

 ↑「ひまわり」リトグラフ 65×50㎝ 

<ベルナール・ビュッフェ略歴>

1928年 パリ生まれ

1944年 パリ国立美術学校入学

      アンデパンダン サロンドートンヌ出品

1962年 東京国立近代美術館回顧展

直線と斜線の交錯によるフォルムが力強い、静物や風景の作品約40点を展示即売いたします。

「ベルナール・ビュッフェ版画展」

2011年11/2(水)~11/8(火) 午前10時~午後7時30分 *最終日は午後5時閉場

松坂屋静岡店 本館6階美術画廊 TEL054-254-1111(代表)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2011年10月26日 (水)

「備前焼 松本勝哉特集」

Mark_kyoto


2

ただいま工芸品売場では、備前の松本勝哉先生の作品を特集しています。

松本先生は、昭和17年 加西市笹倉町生まれ。

藤原雄・敬介先生指導のもと、備前焼を学ばれました。

花器を中心に約70点展示中です。


1

 ↑「備前窯変筒花入」 税込 84,000円

野の花が映える、備前の花器ですhappy01

「備前焼 松本勝哉特集」

2011年10/19(水)〜11/1(火) 午前10時〜午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸京都店 6階美術工芸品売場 TEL(075)211-8111(代表)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2011年10月25日 (火)

2011 柏松会陶磁展

Mark_nagoya

26日(水)から始まる柏松会陶磁展。

出品作家である愛知芸大在校生の皆さんの取材に行ってきましたhappy01


Photo_2

↑兪 期天(ゆ きちょん)さんの作品

〈兪 期天 略歴〉

  1982年 韓国大邱市生まれ

  慶一大学造形学部工芸科陶磁専攻卒業

  愛知県立芸術大学大学院美術研究科修了

  東海伝統工芸展 入選

  現在 愛知県立芸術大学大学院美術研究科研修生

兪 期天さんが柏松会に出品されるのは今回で3回目。

叔父さんが焼き物をしていた関係で興味を持ち学校へ入られました。

韓国には染付作家はあまりいないので、器やオブジェを作る染付作家になりたいそうです。

今展のテーマは「正月」ということで、南天模様を描かれています。

ご自分で考えられた、丸ではない初めての形の壷をご覧ください。

Photo_3

 ↑久野 笑加さんの作品

〈久野笑加 略歴〉

  1987年 愛知県生まれ
  
  愛知県立芸術大学美術学部卒業
 
  東海伝統工芸展 入選

  現在 愛知県立芸術大学大学院美術研究科2年生

久野さんは2回目の出品です。

小学生の頃入った陶芸教室が楽しかったので、陶芸の道に進まれました。

有田に行ったことがきっかけで磁器をやりたいと思い、縁あって大学へ入学。

磁器で器を作る作家になりたい、そうです。

お正月といえば、「年越しそば(天ぷらそば)」というイメージから作られた器。

この器で、年越しそばを家族で楽しく召し上がって下さい。


Photo_4

 ↑熊澤文太さんの作品

〈熊澤文太 略歴〉

  1986年 愛知県生まれ

  愛知県立芸術大学美術学部卒業
 
  東海伝統工芸展 入選

  現在 愛知県立芸術大学大学院美術研究科2年生

熊澤さんも2回目の出品です。

小さい頃から絵を描くことが好きで、ずっと描いてこられましたが、

絵よりももっと人の生活に溶け込める器作りをしたいと思い愛知県立芸術大学へ入学。

器を中心に作家として作品を作り続けたいと思っていらっしゃいます。

お正月といえば「めでた物」「縁起物」ということで、出来上がった酒器。

縁起のいい紋様の酒器で、楽しいお正月をお過ごし下さい。

Photo_5

 ↑中島未紗さんの作品

〈中島未紗 略歴〉

  1987年 三重県生まれ
  
  愛知県立芸術大学美術学部卒業

  東海伝統工芸展 入選

  現在 愛知県立芸術大学大学院美術研究科1年生

今回初めて柏松会に出品される、中島さん。

絵を描いたり、手で物を作ることが好きで工芸の道へ進まれました。

器を中心に制作を続けたいそうです。

お正月といえば、にぎやかに家族が集まることをイメージして、組物を作られました。

家族全員がお揃い・・・っていうのもいいですね。

そばちょこで甘酒やおしるこなど、家族みんなで楽しんで使ってください。

Photo_6

 ↑村松由加里さんの作品

〈村松由加里 略歴〉

  1986年 岐阜県生まれ
 
  愛知県立芸術大学美術学部卒業

  東海伝統工芸展 入選

  現在 愛知県立芸術大学大学院美術研究科1年生

村松さんも今回初めての出品です。

高校でデザインを学んでいらっしゃいましたが、先生からのアドバイスにより工芸の道へ。

作品をずっと作り続けていきたい、という夢をお持ちです。

お正月は一年のはじまり。

縁起のいい植物の紋様の器でお正月料理をいただいて、

よい一年のスタートを。

Photo


Photo_3

校内の窯場と工房。学生さんたちが制作・窯焚中でした。


Photo_4

 ↑柏松会の名前にある柏の木。

工房の中心で色づいていましたmaple


Photo_5

柏松会陶磁展では、今回取材させて頂いた5名の在校生の方の他に、

卒業生9名の方にも出品して頂く予定です。お楽しみにhappy01

「柏松会陶磁展」

2011年10/26(水)~11/1(火) 午前10時~午後7時30分 *最終日は午後4時閉場

松坂屋名古屋店 南館6階アートプレース TEL052-264-3383(美術画廊)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2011年10月24日 (月)

藤本絢子絵画展 『Reblooming』

Mark_kyoto

大丸京都店のESPACE KYOTO では、10/26(水)から「藤本絢子絵画展 『Reblooming』」が始まりますhappy01

藤本絢子 略歴〉

1985年 大阪生まれ

2008年 京都市立芸術大学 油画専攻卒業

2009年 ニューヨークにてグループ展、ベルギ―にてアートフェアに出展

2010年 「ALBION AWORDS 2010」銀賞受賞

   京都造形芸術大学・千住博学長より「第二回松陰芸術賞」受賞

2011年 京都造形芸術大学大学院 洋画領域修了


1

↑「Reblooming」 F10号 税込¥262,500円

華やかで美しい色彩と大胆な構図がとても印象的な作品です。

作家自身の新しい希望の中に咲き開いたこの花は、

見ている私達心にも何か新しい物を咲かせてくれる・・・そんな気がしてなりません。

『2011年の夏、様々な葛藤の中で描き上げたこの花は、

再びこの足元を信じ、進み出す希望を私の中に咲き広げてくれた。

「再び 咲く = Re Bloom 」

それは今年の春以降揺らぎ続ける愛おしいこの国に紡ぎ馳せる思いと、

奇しくも繋がるものでもあった。』     藤本絢子

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

I drew a flower in the summer 2011.

It gave me a power to take a step forward and made me believe myself one more time.

“Reblooming”

It have been also my hope to the dearest country,Japan since this spring.

by Ayko Fujimoto

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「藤本絢子 絵画展 『Reblooming』」Ayako Fujimiito Art Paintings Exhibition "Reblooming"

2011年10/26(水)~11/1(火) 午前10時~午後8時 *最終日は午後5時1閉場)

大丸京都店 6階ESPACE KYOTO TEL(075)211-8111(代表)


                                                           
                                                            

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2011年10月23日 (日)

お正月に楽しむ自分だけの干支茶碗を作りませんか?

Mark_kyoto

大丸京都店の美術売場で、10/29(土)、30(日)の2日間、

ふじもとふみえ先生によるワークショップを開催します。

テーマは「オリジナルの干支茶碗をつくろう!!!」ですgood

来年の干支は「辰」。

ワークショップではお客様にふじもと先生の指導のもと、てびねりでお茶碗をつくっていただきます。

そのお茶碗にふじもと先生が「辰(龍)」の絵を絵付けされ、焼き上げて12月にお渡しします。

辰(龍)の絵はこんな感じ・・・。

1

2

赤絵か染め付けか、お好きなほうをお選びください。

〈ふじもとふみえさんによるワークショップ 

  お正月に楽しむ自分だけの干支茶碗を作りませんか?〉

日時  第1回 10/29(土)

    第2回 10/30(日)

    いずれも午後2時〜3時30分

場所   大丸京都店 6階 美術工芸品売場 TEL(075)211-8111(代表)

定員   各日5名

参加費 税込5.250円

完成予定 12月中旬

当日ご準備頂くもの  エプロン、タオル

辰年の年男、年女集まれ!!もしくは年女、年男へのプレゼントに!!

●関連記事 若手陶芸家7人展 vol.1 ふじもとふみえ先生

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村