« 「ぼくらはいつもそばにいる ハンス・イヌメ絵画展」 | メイン | 「青木良太陶芸展」も、スタート!! »

2011年12月31日 (土)

「福井江太郎展」始まりました!

Mark_nagoya

いよいよ2012年の幕開けですねsign03

松坂屋名古屋店では、今注目の若手作家たちによる

エネルギッシュな作品展でスタートですsign03

まず、第一画廊は「第三回 福井江太郎 日本画展」ですhappy01

日本画の新たな世界を切り拓く作家として注目を集める福井先生。

現在は、東京とニューヨークを拠点に精力的に活動され、

ニューヨークのチェルシーアートミュージアム(2010年)、

ドイツのクロイツヘルンザール(2011年)でも個展を開催されましたsign01

今展では、描き続けていらっしゃる人気のダチョウのモチーフと、

FLOWERシリーズに、

名古屋では初公開の最新作「RYU」シリーズを加えた

新作約25点を展開いたしますgood


Photo_6

 ↑「詔」100×35cm 税込1,680,000円

こちらをのぞき込む何とも愛らしいダチョウheart04

かわいらしいだけではなく、躍動感に溢れ、

どこかユーモアのある表情が印象的です。


そして三部作からなる「FLOWER」シリーズ。

まず最初は「BROKEN FLOWER」。

Broken_f

 ↑「詔」15F 税込1,470,000円

ダチョウからイメージを一変したBROKEN FLOWERは、

黒を基調にしたカサブランカです。

カサブランカだけでなく、背景の美しい線にも動きがあり、

その花の生命力に心奪われます。

二つ目は「SILENT FLOWER」。


Photo_7

 ↑「晶」50F 税込2,730,000円

今回の出品作の中で、最も色の印象が強い「SILENT FLOWER」。

金色のバックに映えるブルーの菖蒲の花に、すっと伸びた茎が美しいshine

他の作品にはない雰囲気が楽しめます!

そして「FLOWER」シリーズ最後は「PASSION FLOWER」。


Photo_9

 ↑「抒」60×60cm 税込1,470,000円

3つの花の中で、最も力強いのが

この「PASSION FLOWER」の牡丹ではないでしょうか。

文字通り、作家の情熱を肌で感じることが出来る迫力あるシリーズですpunch

最後にご紹介するのが名古屋初公開の「RYU」シリーズ。

辰年の2012年にぴったりの作品ですhappy01

Photo_11

 ↑「暢」12F 税込1,260,000円

力強い山々をバックに踊るのは、躍動感溢れる龍たち。

表情にもぜひご注目!!

福井先生の作品は、どのモチーフも形の美しさがとても印象的。

繊細な線の一つ一つから「静」と「動」のイメージが生まれます。


Photo_12

 ↑「暢[チョウ]」8M 税込840,000円

〈ギャラリートークとライブペインティングのお知らせ〉

●ギャラリートーク 1/7(土)午後2時~

 福井江太郎先生を中心に、第二画廊、第三画廊で個展開催中の青木良太先生と山本あき先生との

 座談会形式のギャラリートークを開催いたしますsign01

 面白いこと間違いなしsmile 

●ライブペインティング 1/8(日)午後2時~ 

 福井江太郎先生による「ライブペインティング」です

 生であの美しい形が出来上がっていくのを見られる!!!

 こんな貴重な体験はなかなか出来ません!

「第3回 福井江太郎日本画展」(Kotaro Fukui's Japanese Painting Exhibition)

2011年12/31(土)~2012年1/10(火) 午前10時〜午後7時30分 *最終日は午後4時閉場

松坂屋名古屋店 南館6階美術画廊 TEL052-264-3383(美術画廊)