« 2012年7月 | メイン | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月30日 (木)

行雲流水をテーマに、「廣瀬友美 陶芸展」@名古屋

Mark_nagoya

今週、アートプレースでは廣瀬友美先生の展覧会を開催していますhappy01

Photo_98

2002年南山大学卒業(文学部人類学科)後、岐阜県瑞穂市に工房を構え、

「行雲流水」をテーマに作陶に励まれている廣瀬先生の当店初個展です。

ブルーの発色がフレッシュな壷、花器など意欲溢れる新作約50点を展観いたします。

廣瀬先生のイメージする美しい川の色、様々な表情を表現された「淡水釉」シリーズ。

透明感のある水を連想させる涼やかな空間に、なんだかお客様も気持ち良さそうmistmistmist

H2

 ↑「№19「淡水釉香炉」税込26,250円

水面に広がる波紋。

れをそのまま切り取ったイメージで作られたそうです。

香りと一緒に、みずみずしい景色にも癒されますね。

H3

 ↑№16「淡水釉煎茶碗」税込各2,625円、№15「淡水釉注器」税込8,400円

手触りにもこだわって作られています。

手の平にしっとりと馴染み、心地よいなめらかさで、きっと毎日使いたくなるはず。

H4

 ↑№7「淡水釉花器」税込8,400円

シンプルに一輪だけclover

H5

 ↑左から時計周りで№45「ロータス(小)金」税込5250円、№43「ロータス(大)銀」税込10,500円

  №44「ロータス(中)銀」税込8,400円、№「ロータス(小)金」税込5,250円

それぞれ内側に金彩、銀彩が施されています。

大切な小物入れに、そのままオブジェとして飾ってもいいですねring

H6

廣瀬先生は日曜日来場予定です。

みなさまのお越しをスタッフ一同心よりお待ちしておりますhappy01

「廣瀬友美 陶芸展」

2012年8/29(水)9/11(火) 午前10時~午後7時30分まで *最終日は午後4時閉場

松坂屋名古屋店 南館6階アートプレース TEL052-264-3383(画廊直通)



2012年8月16日 (木)

「オオミヤタツオ てつオブジェ展」@名古屋

Mark_nagoya

今週は「オオミヤタツオ てつオブジェ展」を開催中sign03

鮮烈な色彩と大胆な構図で独自の画風を展開するオオミヤタツオ先生が、

今回は鉄を素材に立体作品に挑戦sign03

楽しさ溢れる鉄のオブジェをお楽しみくださいhappy01

●オオミヤタツオ 略歴1958年 愛知県稲沢市生まれ

愛知県立芸術大学卒業

Photo_99

↑右:№146「ダルメシアン」88.200円 左:№1「扉」231,000円

会場入口に展示中の「扉」と「ダルメシアン」。

Tetu2

 ↑オオミヤ先生のアトリエ入口の「扉」作品

“アーチ”は先生の絵のモチーフ。

イタリア、スペイン で見たアーチ型のとても綺麗な扉。

(扉は「別世界への入り口」という意味合いもあるんだそうです)

それを鉄で表現したらどうだろう?ということで制作されました。

お花を飾っても素敵ですね。

Tetu3

 ↑ダルメシアンのアップ

色づけの際、止まっているのではなく動いているような、

画面からはみ出すようなタッチを筆のタッチを意識されています。

「実験のように、色の重ね具合を追究してみました。

 何層にも色が重なっている、その響きあい、絵具の重なりあったその深みを感じ取って欲しい」

Tetu4

かわいい動物達。

そのままどこかへ駈けていきそうdash

Tetu5_2

不思議な生物たちがわらわら。。

Tetu6

 ↑№28「あかめろん」39,900円

ここにも。。

Tetu7

 ↑「おさかな」シリーズ

たくさんの色が入ったおさかなfishfishfish

とても綺麗です。

お部屋の中で好きなものと合わせて飾れば、自分だけの水中世界が出来上がりますsign01

Tetu8

 ↑今回ご協力いただいた、鉄テクニカル・イシダケイイチさんの工房にて

  左:イシダケイイチさん、右:オオミヤタツオ先生

先生は会期中毎日来場予定です。

みなさまのお越しをスタッフ一同心よりお待ちしております。

「オオミヤタツオ てつオブジェ展」(Tatsuo Ohmiya Iron Art Works)

2012年8/8(水)~8/21(火) 午前10時~午後7時30分 *最終日は午後4時閉場

松坂屋名古屋店 南館6階アートプレース TEL052-264-3383(画廊直通)

大丸福岡天神店、12月までの主な美術催し。

Mark_fukuoka

大丸福岡天神店アートギャラリーや8階催事場で、

12月までに開催される美術催しの主なスケジュールをご案内いたしますhappy01

●「版画で奏でる 加山雄三の世界」  9/12(水)~9/18(火) 本館6階アートギャラリー

●「現代マイセン展(仮称)」  10/17(水)~10/22(月) 本館8階催事場 *入場無料

●「アンティークマイセン展(仮称)」  10/24(水)~10/29(月) 本館8階催事場 *入場無料

●「十五代 辻 常陸 謹製の器展(仮称)」  11/14(水)~11/20(火) 本館6階アートギャラリー

大丸福岡天神店 本館6階アートギャラリー TELTEL(092)712-8181(代表)

2012年8月10日 (金)

松坂屋上野店美術画廊、12月までの主なスケジュール。

Mark_ueno

9月から12月の画廊の主なスケジュールをご案内いたします。

●「美術蔵出し市」  9/5(水)~9/18(火) 南館5階特設会場

  *日本画・洋画・陶芸を幅広く出品します。

●「波涛の会」  10/3(水)~10/9(火) 

  *日本画家・中島千波先生の門下生の展覧会。

    名古屋店会期は9/19(火)~9/25(水)。

●「第28回 初音会展」  10/24(水)~10/30(火)

  *日本美術院所属の作家の展覧会です。

   大阪心斎橋店会期は10/10(水)~10/16(火)

●「燦の会 日本画展」  11/7(水)~11/13(火)  

   *東京藝術大学大学院修士課程日本画専攻第三研究室修了生による日本画の展覧会。

    名古屋店会期は11/21(水)~11/27(火)

●「燦々会日本画展」  11/21(水)~11/27(火) 

  *松尾敏男、那波多目功一、手塚雄二、田渕俊夫、中島千波、牧進など日本画人気作家の展覧会。

    大阪心斎橋店会期10/3(水)~10/9(火)、名古屋店会期11/7(水)~11/13(火)

●「現代書道二十人展 小品展」  1/2(水)~1/8(火)

  *本館6階催事場で開催される「現代書道二十人展」に併せて、

    現代書道の重鎮二十名による小品展を開催。

2012年8月 9日 (木)

「生活を彩る 暮らしの骨董展」@大阪心斎橋

Mark_shinsaibashi

8/22(水)から一週間、大丸心斎橋店美術画廊では、

古陶磁の器、掛軸、漆器、金工、近現代の陶芸家の作品等を多数取り揃えて、

「生活を彩る 暮らしの骨董展」を開催いたしますhappy01

Photo_101

 ↑「藍柿右衛門様式 白鷺文皿」径23.5×高さ4.5㎝

1600年代後半に肥前の国で焼かれた皿です。

300年程ある伊万里焼の歴史の中で、最も技術的に優れていた時期の作品で、

作りも精緻で、呉須の発色も美しく、

最盛期の伊万里焼といえます。

Photo_2

 ↑「鎌倉焼 三島写茶碗」径14.5×高さ6.8㎝       

明治時代から大正時代にかけて鎌倉で焼かれた作品です。

一人の陶工が鎌倉焼と名付けて作っていたものなので、

数も少なくあまり知られていませんが、魅力的な茶碗です。

Photo_3

 ↑市川銕琅(いちかわ・てつろう)「多聞天」横17×奥行17㎝×高さ40㎝

奈良県の木彫作家、市川銕琅(1901年~1987年)の木彫「多
聞天」です。

東大寺 戒檀院に納められている多聞天像を模して作られたもので、

銕琅の作の中でも秀作といえます。

 
このほかにも飾って楽しんでいただける逸品から、

生活の中で使っていただける一品まで数多く取り揃えております。

骨董品というと近寄り難いイメージをお持ちの方もおられると思いますが、

ぜひ一度ご来場いただき、目で観て、手に触れていただければ、

骨董品というものをもっと身近に感じていただけると思います。

好評の入札コーナーも併設いたしますhappy01

「生活を彩る 暮らしの骨董展」

8/22(水)~8/28(火) 午前10時~午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸心斎橋店 南館8階美術画廊 TEL 06-6271-1231(代表)

「漆山みさき ガラス作品展」開催中。

Mark_nagoya

昨日から、「漆山みさき ガラス作品展」が始まりましたhappy01

●漆山みさき 略歴

1979年 神奈川県生まれ

2000年 東京ガラス工芸研究所卒業

街や風景などをモチーフにした文様を、

彫りやエナメル絵付けで作品に表現して好評の先生の新作展です。

食器、花器、オブジェなど、使って楽しめる作品約80点を展示即売いたします。

Photo_103

 ↑№89「街絵」94,500円(大皿・DM作品)

2

 ↑№92「水のタネ」210000円、№93「水のタネ」157,500円(オブジェ)

漆山先生の「水のタネ」。

もし見つけても人の手から、するんと落ちてしまって触れない気がする。。

生き物のタネも入ってるのかな。。

なんて、眺めているだけでいろいろメルヘンな想像をしてみたくなる作品です。


3

360度、どの作品にも漆山先生の世界が広がっています。

4

 ↑№59「影絵」各47,250円(茶碗)

切り絵のようですね。

外側は玉虫色のように、見る角度や光の加減によって色合いが変わって見えるんですよ。

お抹茶の濃い緑がとてもきれいに映えそうです。

5

 ↑中央№10「街モヨウ」15750円、№21、22「ぐいのみ」各9,450円

6

↑№94「影色」(ぺーパーウェート)各10,500円

7

 ↑№31「森のトモダチ」各18,900円

漆山先生は土・日来場予定です。

みなさまのお越しをスタッフ一同心よりお待ちしております。

「漆山みさき ガラス作品展」

平成24年8/8(水)~8/14(火) 午前10時~午後7時30分 *最終日は午後4時閉場

松坂屋名古屋店 南館6階アートプレース TEL052-264-3383(画廊直通)

2012年8月 7日 (火)

【予告】「雅の伝統 近代日本画巨匠展」@静岡

Mark_shizuoka

松坂屋静岡店は今年開店80周年。

9/29(水)~10/9(火)、美術画廊にて

「静岡店開店80周年記念 雅の伝統 近代日本画巨匠展」を開催いたします。

毎年名品・逸品を揃えて静岡のお客様にご覧いただくこの企画、

今年は80周年の記念すべき年にふさわしく、

いつも以上にチカラを入れて準備中happy01

ぜひ会期中にご来場くださいますようご案内申し上げます。

松坂屋名古屋店美術画廊 12月までの主なスケジュール

Mark_nagoya

松坂屋名古屋店で開催される、この秋から12月までの主な展覧会スケジュールをご案内いたしますhappy01

●「三田村有純 漆芸個展『彩りの風景』(Arisumi Mitamura URUSHI ART)」  9/5(水)~9/11(火)

●「2012 アールヌーヴォーのガラスの美展」  9/12(水)~9/18(火)

●「2012 波涛の會」  9/19(火)~9/25(水)

  *松坂屋上野店に巡回 10/3(水)~10/9(火)

●「三輪和彦 淵淵の白Ⅱ展 (Kazuhiko Miwa Ceramics Works)」  9/26(水)~10/5(金)

●「愛知県立芸術大学退任記念

   ~春秋~ 松村公嗣展(Kohji Matsumura Japanese paintings)」  10/6(水)~10/16(火) 

  *10/8(月・祝)、10/13(土)ギャラリートーク開催予定

●「文化功労者顕彰記念

   橋本堅太郎展 (Kentaro Hashimoto Sculptures」  10/17(水)~10/23(火)

●「陶の博物誌

   第二回杉浦康益展 (Yasuyoshi Sugiura Ceramic Works)」  10/31(水)~11/6(火)

●「第2回 燦々会日本画展」  11/7(水)~11/13(火)

●「燦の会展」  11/21(水)~11/27(火)

  *東京藝術大学大学院修士課程日本画専攻第三研究室修了生による日本画の展覧会

●「田渕俊夫展 (Toshio Tabuchi Japanese paintings)」  11/28(水)~12/4(火)

●「ガラス工芸作家 国の『現代の名工』

   黒木国昭展 (Kuniaki Kuroki Glass Works)」  12/12(水)~12/18(火)

2012年8月 6日 (月)

【予告】人形・器・絵・・・「山口祥治作陶展」@福岡

Mark_fukuoka

8/15(水)から、有田の異色作家、山口祥治さんの展覧会が始まりますhappy01

イタリア留学で習得した人形・器・絵など、

紀元前の西洋を感じさせる独創的なデザインが特徴です。

Photo_105

柔らかくした陶土を生地に絞り出しながら、

絵の輪郭をペンでなぞるのように絵付けしていく「一珍」技法を用い、

細部まで細かく作り上げられた作品など、他ではお目にかかれないものばかりsign01

Yamaguchi05

絵も。。。

Work15

器も。。。

さてさて、どんな個展になるのでしょうかhappy01

お楽しみにsign03

「山口祥治作陶展」

2012年8/15(水)~8/21(火) 午前10時~午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸福岡天神店 本館6階アートギャラリー TELTEL(092)712-8181(代表)

2012年8月 4日 (土)

「青木寿美子 陶展」開催中。

Mark_shinsaibashi

ただいま現代陶芸サロンでは「青木寿美子 陶展」を開催中ですhappy01

●青木寿美子 略歴

1993 名古屋芸術大学 美術学部デザイン科 卒業

1995 愛知県立芸術大学 美術研究科大学院陶磁専攻 修了

1995 信楽に移る

Photo_106

青木寿美子先生は信楽在住の41歳。

愛知県立芸術大学では鯉江良二先生に師事され、そのおおらかで自由な作風は鯉江先生ゆずり。

黄瀬戸やオリベ、磁器に線刻や銀彩を施した作品には

筆を持ったそのときそのときの気持ちに素直に自由に線文や絵付を入れていらっしゃいます。

お好きなジャズの即興演奏のような感じかもしれませんnote

口をつけるうつわにはこだわりがあり、

使い勝手の良いように口当たりを考えて仕上げをされています。

食卓にあるだけで元気がでそうな楽しいうつわを多数出品。

Photo_3

 ↑「つぼ」径38.6×高さ39.4㎝ 税込84,000円

Photo_4

 ↑「ポット」8.4×9.2×高さ7㎝ 税込12,600円

Photo_5

 ↑「茶碗」約φ10×h8.5cm 税込10,500円

Photo

 ↑「くつくつ、ことこと」(土鍋)径21×高さ22㎝ 税込34,650円

Photo_7

 ↑「オリベまな板皿」43×19×高さ4㎝ 税込21,000円、31×18×高さ3㎝ 税込15,750円

Photo_9

 ↑「詩器」径約6~9.5×3~6㎝ 税込4,200円

Photo_11

↑「ぐいのみ」径約6~9.5×3~6㎝ 税込3,675円

<作家在廊> 8/4(土)、5(日)、11(土)、12(日)

「青木寿美子 陶展」

2012年8/1(水)~8/14(火) 午前10時~午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸心斎橋店 南館8階現代陶芸サロン TEL06-6271-1231(代表)