« 「三輪 修 油彩展」@名古屋 | メイン | 愛知県立芸術大学陶磁専攻の大学院生と同大学卒業の若手作家による「柏松会」 »

2012年10月31日 (水)

愛知県立芸術大学日本画専攻卒業生による「萌の会」

Mark_nagoya_3

愛知県立芸術大学日本画専攻卒業生による「萌の会日本画展」は第8回を迎えましたhappy01

愛知県立芸術大学教授の松村公嗣先生によって
芽吹き始めた若々しい木々が大きく成長してくれるように、
「萌の会」名付けられた今展は、
将来性溢れる5名の若手作家による意欲的な作品がずらりと並びますsign01
早速出品作家の言葉とともに作品をご紹介させていただきますsign01
Photo_6
 ↑さとう季「秋高し」10号F 税込210,000円

「うろこ雲は幼い頃から大好きでした。

 動物や龍のような生きものがのんびりくつろいでいるようで

    想像を膨らませます。

 移ろう雲の一瞬を描くことに楽しさを感じました。」 さとう季
Photo_7
 ↑深尾育美「案内人」20号P 税込294,000円

「水槽の中の世界は

 きれいで不思議で

 空想の世界みたいです。」深尾育美
Photo_8
 ↑南里康太「光の教会」10号F 税込210,000円

「この作品の取材地は、函館のハリストス正教会というところです。

教会前で朝からスケッチを始めたのですが、

函館特有の海風の影響なのか天候がコロコロと変わり、

明かりがさしたかと思えば鉛色をした雪雲が辺りを覆い、吹雪となります。

スケッチするにはかなり過酷な環境ではありましたが、

肩や頭に雪を積もらせながら楽しく夢中でスケッチした事を思い出します。」南里康太
Photo_9
 ↑貝塚茜「紅をさす」20号F

「口紅っておいしそう。

 赤やピンクがキラキラどろどろしていて、きもちわるくて大好き。」貝塚茜
Photo_10
 ↑宇城翔子「慕情」8号F 税込168,000円

「旅で見た風景を懐かしく思う心を
 水辺の猫を通して描きました。」宇城翔子


それぞれの個性がきらりと光る、若いパワーに溢れた展覧会ですsign01 
作家も交代で来廊されますので、ぜひ会いに来てくださいhappy01(K)

「第8回 萌の会 日本画展」
2012年10/31(水)〜11/6(火) 午前10時〜午後7時30分 *最終日は午後4時閉場
松坂屋名古屋店 南館6階美術画廊 TEL 052-264-3387(第3画廊直通)
●東京展のお知らせ
2012年12/12(水)〜12/18(火) 午前10時〜午後7時30分 *最終日は午後5時閉場
松坂屋上野店 南館5会美術サロン TEL 03-3832-1111(代表)