« 「森克彦 彫刻展」@名古屋 | メイン | 創作人形展、始まりました!@大阪心斎橋 »

2013年1月10日 (木)

「還暦記念『背戸窯』二十二代加藤 令吉展」@名古屋

Mark_nagoya_3

今週の松坂屋名古屋店第1画廊は、地元・瀬戸の加藤令吉先生の新作個展happy01

やきものの町として全国に知られる瀬戸の地で、

慶長年間に開窯された「背戸窯」の二十二代として、伝統を引き継いでいる加藤令吉先生。

還暦記念となる今展の作品を早速ご紹介いたしましょうsign01

Photo_10_2

 ↑「泥彩壁装花器」 税込399,000円

重なった板や様々な文様が斬新な花器。

和花はもちろん、洋花を生けても合いそうです。

Photo_11

 ↑「緑影彩花器」 税込367,500円

こちらもオブジェのような造形がかっこいいsign01

織部を発展させた、青緑色が美しい「緑影彩」。

夜空を眺めているような、幻想的な雰囲気が魅力です。

Photo_12

 ↑「紫彩花器」 税込315,000円

こちらはやきものにはかなり珍しい深い紫色の作品です。

幾何学模様や造形もユニークですね。


今展のテーマは「オブジェから古典への回帰」。

茶の湯の精神への思いを込めた茶碗の数々も要注目です!!

Photo_13

 ↑「黒織部茶碗」 税込262,500円

こちらの黒織部茶碗は、加藤令吉先生らしいモダンなデザインが目を惹きます。

茶の湯と言えば、やはり「用の美」。

形がとってもシンプルなのでお茶事でも使いやすそうです。

Photo_14

 ↑「壁陶」 税込315,000円

最後にご紹介するのは、今展が初の試みとなる壁掛けできる「壁陶」。

初日からお客様にも大好評note

絵を飾るように、お部屋に飾ってみてはいかがでしょうか


加藤令吉先生も毎日ご来廊予定。

皆様のご来店を心よりお待ち申し上げておりますhappy01(K)

「還暦記念『背戸窯』二十二代加藤 令吉展」

2013年1/9(水)~1/15(火) 午前10時~午後7時30分 *最終日は午後4時閉場

松坂屋名古屋店 南館6階 TEL052-264-3383(第1画廊直通)