« 2013年4月 | メイン | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

「―愛しい猫たち― 仁木寿美子 日本画展」@京都

Mark_kyoto_2

卓越した描写力で猫たちを描く、

仁木寿美子先生の個展を開催中です。

愛くるしい仕草を瞬時にとらえた作品の数々、猫好きの方は必見ですcat

14_2

 ↑「毛づくろい」4号 税込168,000円

2sm

 ↑「凛」SM 税込126,000円

●仁木寿美子 略歴

1951年 京都出身

1980年 林茂守氏に師事

現在 京都日本画家協会・光玄会会員

●作家来場予定 会期中毎日 午後2時~4時

「―愛しい猫たち― 仁木寿美子 日本画展」

2013年5/29(水)~6/4(火) 午前10時~午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸京都店 6階アートサロンESPACE KYOTO TEL075-211-8111(代)




2013年5月18日 (土)

「瀬戸染付研修所 瀬戸染付作品展」@名古屋

Mark_nagoya_2

やきものの町として知られる瀬戸の地で、

その伝統を守り続ける若手作家6名による新作グループ展を開催中ですhappy01

各作家それぞれの豊かな感性が盛り込まれた染付作品約100点を展観いたします。

●出品作家(五十音順・敬称略)

井上 匠、大谷昌拡、喜田みのり、前田江里奈、松田由岐子、山下郁恵

Photo_2_11

 ↑大谷昌拡 「染付紫陽花文陶板」 税込42,000円

「植物の生命力を表現するため最も濃い急須を使い力強く描きました。」

Photo

 ↑井上 匠 「染付百合文鉢」 税込126,000円

「日々の生活に自然に溶け込んでいく器を意識して制作しました。」

Photo_3

 ↑山下郁恵 「染付鉄線文大皿」 税込84,000円

「毎日の食卓で使う、使いやすい器を考えて制作しています。」

Photo_4

 ↑松田由岐子 「染付桜文鉢」 税込84,000円

「それぞれの季節の香りや温度が伝わるよう器を作っています。」

1_2

 ↑前田江里奈 「染付七角大鉢「どんぐり」」 税込78,750円

「七角形の大皿です。釉薬がマット調に焼き上げています。」

Photo_5

 ↑喜田みのり「染付スダレチョウチョウウオ文マグカップ」 税込4,200円

「今回初めて出展させて頂きました。魚をモチーフにして描いています。」

2_2

 ↑前田江里奈 箸置

「体操選手のお箸置きです。お箸が置きやすそうなポーズをお箸置きにしました」

先生方は、会期中毎日交替でご来場予定です。

みなさまのお越しをスタッフ 一同心よりお待ちしております。

「瀬戸染付研修所 瀬戸染付作品展」

2013年5/15(水)~5/21(火) 午前10時~午後7時30分 *最終日は午後4時閉場

松坂屋名古屋店 南館アートプレース TEL 052-264-3383(第1画廊直通)


「新作竹工芸 伊藤賢一郎花篭展」@名古屋

Mark_nagoya

名古屋市在住の竹工芸家・伊藤賢一郎先生の恒例の新作展を開催中ですhappy01

1_22

 ↑№1「手付花籠」 税込472,500円

2

 ↑№5「網代編大盆」 税込315,000円

3

 ↑№7「三ツかさね亀甲編花篭」 税込157,500円

4

 ↑№13「手付花篭」 税込189,000円

5

 ↑№21「透かし編花篭」 税込89,250円

6

花篭、掛花生など、竹ならではの風情に彩られた新作約40点を展示即売いたします。

また、本館7階大催事場では「中日いけばな芸術展」(5/15(水)~20(月))も開催中clover

併せてお楽しみくださいませ。

「新作竹工芸 伊藤賢一郎花篭展」

2013年5/15(水)~5/21(火) 午前10時~午後7時30分 *最終日は午後4時閉場

松坂屋名古屋店 南館6階美術画廊 TEL 052-264-3383(第1画廊直通)

2013年5月10日 (金)

「第4回 若尾 経 陶芸展」@名古屋

Mark_nagoya

松坂屋名古屋店では今展が当店では4回目の個展となる

若尾経先生の新作展を開催中ですhappy01

Photo_3_3

 ↑「青瓷花器」 税込262,500円

青瓷作品に自らの表現を追い求め続ける若尾経先生。

今展では、青瓷とともに「象牙瓷」、「金釉彩」と名付けた新たな作品も並びます。

Photo_2

 ↑「象牙瓷水指」 税込294,000円

こちらは「象牙瓷」の水指。

蓮の花のような姿が素敵ですね☆

Photo_3

 ↑「金釉彩茶盌」税込210,000円

Photo_4

 ↑「金釉彩花入」 税込294,000円

「金釉彩」は黒×金のコントラストが美しい作品です。

黒い表面に流れる金彩はとても上品。

渋い光を放っています。

Photo_5

 ↑「定窯花入」 税込231,000円

そのほかにも、こちらの花入のような、

シンプルで柔らかい白が美しい「定窯」や「黒陶」など新作約40点が並んでおりますsign01

若尾経先生も毎日ご来廊予定。

皆様のご来店を心よりお持ち申し上げます。(K)

「第4回 若尾 経 陶芸展」(Kei Wakao Ceramic Works)

2013年5/8(水)~5/14(火) 午前10時~午後7時30分 *最終日は午後4時閉場

松坂屋名古屋店 南館6階美術画廊 TEL 052-264-3383(画廊直通)






2013年5月 9日 (木)

「~あの満ち足りた記憶へ~ 齋 正機のドローイング物語展」@名古屋

Mark_nagoya_2

今週の第3画廊は心あたたまる一週間note

日本画作家・齋正機先生が、日々の心動く小さな出来事を描いたドローイング。

どこか懐かしい、ほのぼのした日常を
齋正機先生のことばとともに覗いてみましょうhappy01
Photo
「絵を描く」10×13.5㎝ 税込39,900円

少しだけ絵の具を使って描いてみる。
畳を汚すかが心配だ。

Photo_2
 ↑「電車が通り過ぎる」10×13.5㎝ 税込39,900円

寄り添うように軒先をゆっくり走る。
余りにも馴染んでいるから
猫も全く警戒なんかしない。

Photo_3
 ↑「踏切を待つ」11×14.5㎝ 税込39,900円

久しぶりに野球をするために空き地に行く途中。
踏切が鳴る 桜満開の日。

Photo_4
 ↑「コーヒー豆の種類」10×13.5㎝ 税込39,900円

全く種類は同じなのに
育てる環境で味や薫りが変わるコーヒー。
世界の至る所で育てられてここに集まる。

Photo_5

 ↑「名古屋テレビ塔より」10×13.5㎝ 税込39,900円

テレビ塔のレストランからセントラルパークを見下ろすと
町の中とは思えない時間が流れていた。

(こちらの作品はきっと地元の皆様なら一度は眺めたことのある風景!
 当店も登場しています☆)


会場には実際に齋先生が使っているスケッチブックや
齋先生がパッケージの絵を手がけている和菓子の箱などが並んでおります☆
ぜひご来場いただき、楽しんでいってください☆

「~あの満ち足りた記憶へ~ 齋 正機のドローイング物語展」
2013年5/8(水)~5/14(火) 午前10時〜午後7時30分 *最終日は午後4時閉場
松坂屋名古屋店 
南館6階美術画廊 TEL 052-264-3383(第1画廊直通)

2013年5月 8日 (水)

「加来万周 日本画展 ー煌ー」@名古屋

Mark_nagoya_2

今週の松坂屋名古屋店の第1画廊は
当店初個展となる加来万周先生の新作展ですhappy01
Photo
 ↑「水伯」20号

心と技が見事に結実した、情感溢れる世界をぜひご覧くださいませ。

Photo_2
 ↑「貴花」10号

かなりの量の金箔砂子と薫銀砂子(※)を蒔き、

さらに金の光を適度に抑えるために金泥を重ねている背景は圧巻!!
*砂子…竹の筒に金網を張り、その細かい編み目から金を蒔きます。
Photo_3
 ↑「精彩」10号

黒い牡丹は実際には存在しませんが、牡丹が持つ妖艶さや艶やかさが感じられます。

黒の色の美しさにもご注目ください!

Photo_5

 ↑「香気」60×32.5㎝ 軸装

こちらは月の光と花の香りが交わり、雅な気配が漂う作品。

Photo_6
 ↑「夏」60×41㎝

軸装にも加来万周先生のこだわりが詰まっています!
他に類を見ない金箔貼りの掛け軸です。
Photo_7
 ↑「朧煌」169.3×214.1cm(再興第97回院展出品作)

大作は画面に引き込まれそうな、勢いのある作品です!
ぜひ間近でご覧になって、この迫力を肌で感じてください


皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。
「加来万周 日本画展 ー煌ー」
2013年5/8(水)~5/14(火) 午前10時〜午後7時30分 *最終日は午後4時閉場
松坂屋名古屋店 南館6階美術画廊 TEL 052-264-3383(第1画廊直通)

2013年5月 6日 (月)

「関西白日会 白騎の会 作品発表展」@京都

Mark_kyoto

90年近い歴史を誇る美術団体「白日会」の

関西を拠点に活躍する洋画家を特集いたします。

2

 ↑堀井聰「流れに向かいし」6号P 税込294,000円

3f4

 ↑児玉健二「薔薇」4号F 税込189,000円

洋画と真摯に向き合う彼らの作品はきっと、

色鮮やかな感動を届けることでしょう。

今回は日展評議員・池田良則氏による賛助出品もございます。

1_2

 ↑池田良則「或る日の午後」6号F 税込378,000円

●出品作家(敬称略)

池田良則 (賛助出品)

阿部良広・児玉健二・阪脇郁子・堀井聰・村田大輔・吉田伊佐

「関西白日会 白騎の会 作品発表展」

2013年5/1(水)~5/14(火) 午前10時~午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸京都店 6階アートサロンESPACE KYOTO TEL075-211-8111(代)