« 2013年7月 | メイン | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月 8日 (木)

美濃陶芸協会選抜展@名古屋

Mark_nagoya

松坂屋名古屋店では二つの画廊にわたり「美濃陶芸協会選抜展」を開催中happy01

出品作家は27名sign01

●出品作家 (順不同・敬称略)

青山鉄郎、安藤 工、安藤日出武、安藤博允、加藤捷信、加藤孝造、加藤幸兵衛、

曽根洋司、加藤洋二、加藤陽児、川合正樹、小林文一、阪口浩史、酒井博司、

酒井玲子、佐藤和次、曽根芳之、玉置保夫、鈴木秀俊、西 功一、林 恭助、

林正太郎、堀 俊郎、水野雅之、山田義孝、若尾 誠、和田和文 

Photo_155

  ↑安藤日出武「志野茶盌」

こちらは安藤日出武先生の志野茶盌。

柔らかい肌合いが素敵です。

Photo_2

 ↑林 恭助「黄瀬戸壷」

美濃陶芸協会の現会長である林恭助先生は黄瀬戸の作品を3点出品flair

Photo_4

 ↑西 功一「練上絖律文壷」

練上の素晴らしい技術が光るモダンな壷は西功一先生の作品です。

Photo_5

 ↑加藤孝造「黄瀬戸花入」

人間国宝の加藤孝造先生の作品もございます。


また、第3画廊では組皿やカップなどがずらりと並んでいますsign01

Photo_6

皆様のご来店を心よりお待ち申し上げておりますhappy01 (K)

「美濃陶芸協会選抜展」

2013年8/7(水)~8/13(火)午前10時~午後7時30分 *最終日は午後4時閉場 

松坂屋名古屋店 南館6階第1・3画廊 TEL052-264-3383(第1画廊直通)

 

山近 泰作陶展 -KUTANI ANIMALS- @大阪心斎橋

Mark_shinsaibashi_3

今週は注目の九谷焼の若手作家、山近泰先生による個展を開催中happy01

4

 ↑「茶碗<チーター>」 直径10×高さ9cm 税込73,500円

5

 ↑「陶額<犀の図>」 縦28.5×横39×高さ4.5cm 税込73,500円

九谷の色絵で描かれた陶の世界の動物や植物。

ご自身で調合された淡い色使いと繊細なタッチによって表現された、

動物たちのやさしい表情に注目です!!

●山近 泰(Yasushi Yamachika)略歴

昭和50年 寺井町に生まれる

平成12年 石川県立九谷焼技術研修所実務者コース加飾科 卒業

平成21年 第56回日本伝統工芸展 初入選

平成22年 第57回日本伝統工芸展 入選 

平成23年 大阪大丸心斎橋 現代陶芸サロン桃青にて個展

平成24年 第35回 伝統九谷焼工芸展 大賞受賞           

平成25年 第1回陶美展 入選

「山近泰(やまちかやすし)作陶展 -KUTANI ANIMALS-」

2013年8/7(水)~8/20(火) 午前10時〜午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸心斎橋店 南館8階現代陶芸サロン桃青 TEL 06-6271-1231(代)

2013年8月 2日 (金)

~この星のレシピ~ 前澤妙子 絵画展@京都

Mark_kyoto_2

8/7(水)からは、「前澤妙子 絵画展」を開催しますsign01

Photo_157

 ↑「一元論の森 ~少女の器~」 105×107cm                     パネル ミクストメディア 税込399,000円

82

 ↑「ちうちぇとシロツメ草」 35×16×15cm                      立体 樹脂・兎の毛・狐の毛・アクリル 税込144,900円

●前澤妙子 略歴

静岡県出身

2002年 全国大学版画展買上賞(町田市国際版画美術館)

2004年 京都造形芸大卒業

2007年 畦地梅太郎賞

     青森国際版画トリエンナーレ

            鹿沼市立川上澄生美術館木版画大賞

2009年 多摩美術大学大学院修了

2011年 グランシップ アートコンペ2011(静岡県文化財団)

2013年12月~渡仏 Cite International des Arts[パリ国際芸術会館]にて研修予定

ミクストメディア(混合技法)による絵画と立体作品で、幻想的な世界を作りだします。

あどけない瞳の妖精たちが皆様のお越しをお待ちしております。

〈作家在廊予定〉8月10日(土)、11日(日) 各日午後1時~5時

「~この星のレシピ~ 前澤妙子 絵画展」

2013年8/7(水)〜8/13(火) 午前10時〜午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸京都店 6階アートサロンESPACE KYOTO TEL (075)241-6861(直通)

山田洋樹 陶芸作品展@名古屋

Mark_nagoya

11

「今週のおすすめ作家」として、今後が期待されるアーティストをピックアップsign01

今回は、現在岐阜県多治見市廿原町にて作陶されている山田洋樹さんをご紹介いたします。

21

 ↑「志野ぐい呑」 各税込8,400円

長石釉の白の美しさを意識して作られているという、山田先生の志野。

一点一点異なった緋色の赤とのコントラストをお楽しみ下さい。

酔っ払った時にうっかりこぼさないよう持ち心地も考えて作られているそうです。

ついふらりとするまで呑んでしまうお酒好きの方、おすすめです!

ぜひお手に取ってお確かめ下さい。

31

41

 ↑「№36 織部花入れ」 税込52,500円

暑い夏sun この季節、織部の色は涼しげな山の緑を見ているかのようです。

お家でも”渓谷”の中にいるような気分になってもらえたらと、

木々を通り抜ける風の流れ、岩肌を豪快に流れ落ちる水の流れを表現された作品。

51

 ↑「志野 湯呑」 各税込6,300円

初日からご好評頂いている志野のお湯呑japanesetea

「迫力がありながら素朴さも感じる、

 毎日使って頂いてあったかい気持ちになるような湯呑を作りたいと思っています。」

じっくりとお選びになって笑顔でお持ち帰りになるお客様。

これからよりいっそうお茶が美味しく感じられるはずですsign03

山田先生は31日(水)の初日、3日(土)、4日(日)来場予定です。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

「山田洋樹 陶芸作品展」 

2013年7/30(水)~8/20(火)午前10時~午後7時30分 *最終日は午後4時閉場 

松坂屋名古屋店 南館6階アートプレース TEL052-264-2731(アートプレース直通) 

中村宗弘 日本画展@大阪心斎橋

Mark_shinsaibashi_3

心斎橋店では3年ぶりの開催となる中村宗弘先生の個展を開催中happy01

3

 ↑「麗春(れいしゅん)」4号 税込1,260,000円

テーマは「四季のうつろい」。

京都や信州、八ヶ岳などを訪れ、

美しい日本の風景を四季それぞれに添いながら制作されました。

繊細なタッチで描きあげられた透明感や静謐さ、

そして鮮やかな色彩がとても印象的です。

3_2

 ↑「夏林(かりん)」4号 税込1,260,000円

3_3

 ↑「秋径(しゅうけい)」20号 税込4,200,000円

また今回ぜひご覧いただきたいのが“富士”を描いた作品群。

2

 ↑「富士湖風(ふじこふう)」10号 税込2,625,000円

1

 ↑「富士夏光(ふじかこう)」10号 税込2,625,000円

1_2

 ↑「富士冬晨(ふじとうしん)」10号 税込2,625,000円

それぞれの季節はもとより時間帯、

そして視点によって異なった表情を見せる霊峰富士の姿を、

その彩りの美しさとともにご堪能ください。

そして今展一番の大作も富士を描いた50号の「富士曙霞 ふじしょか」

1_3

 ↑「富士曙霞(ふじしょか)」50号 税込7,875,000円

朝日に照らされた雪面が赤く浮き上がる様子が見事に表現された、

美しく幻想的な作品です。

日本に生まれてよかった・・・と思える風景、色彩をご堪能ください。

「中村宗弘 日本画展」

2013年7/31(水)〜8/6(火) 午前10時〜午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸心斎橋店 南館8階美術画廊 TEL 06-6271-1231(代)

 

手塚隆 和漆展@京都

Mark_kyoto_2

今週は「手塚隆 和漆展」を開催中ですhappy01

81

 ↑「曲輪湯筒(まげわゆとう)」14×9.5×22.5cm 税込84,000円

81_2

 ↑「山波盆」桧 40~42×6~8cm  税込420,000円

1950年長野県生まれ。

父・勘久に師事し、漆芸家として修練を重ね、

全国伝統的工芸品展・内閣総理大臣賞等、数々の賞を受賞。

木曽の良木に日本産の漆だけを使って作られた茶道具、花入、酒器等を展示いたします。

手塚先生の技、伝統の美をご堪能ください。

〈作家在廊予定〉7月31日(水)~8月4日(日)

「手塚隆 和漆展」

2013年7/31(水)〜8/6(火) 午前10時〜午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸京都店 6階アートサロンESPACE KYOTO TEL (075)241-6861(直通)