« もしもの世界・・・ 八幡朋子 洋画展@京都 | メイン | -絢爛- 吉島信広立体展 やきもので作られたイキモノたち »

2013年8月16日 (金)

志賀英二・まつださゆりガラス作品展@名古屋

Mark_nagoya

ただいまアートプレースでは、

「志賀英二・まつださゆり ガラス作品展」を開催中happy01

13

●志賀英二

1969年宮城県仙台市生まれ

1994年多摩美術大学立体デザイン科卒業

2005年Glass Studio Kirlo設立

2011年日本クラフト展奨励賞受賞 

●まつださゆり

1977年京都府亀岡市生まれ

1998年倉敷芸術科学大学 特待生

2001年倉敷芸術科学大学卒業 小谷ゼミ

2005年Glass Studio Kirlo設立

「力強いオブジェ、涼やかな食器、ジュエリーなど今年も新作を展示いたします。

 色ガラスを溶かし、透明のガラスに巻き付ける事から広がってゆく

 紋様と形の創造性を感じ取っていただきたいです。」

32

 ↑志賀英二「Strange bottle(青)」税込105,000円

志賀先生の代表作品と言えば「渦巻き」シリーズ。

ポコポコとした形は木の樹根のイメージしているのだそうです。

フォルムを際立てるためあえて半分だけ色ガラスに。

むくむくと内側から生命力が溢れてくるようです。

複雑な工程と時間を経て作られたこちらの作品は、

2011年日本クラフト展奨励賞を受賞されました。

 

22

↑手前「Growth(赤)」、奥「Growth(青)」 各税込294,000円<DM作品>

コブの部分にだけ渦巻き模様を配した作品。ダイナミックです!

43

 ↑「Flow(茶)」税込157,500円

「渦巻き」から発展してできた「Line drawing」シリーズ。

繊細で美しい線に引き込まれます。

53

まつださゆり先生の厚みのある銀箔を使って作られる銀彩シリーズ。

内側から透けてみえる金色はガラスと銀が溶けあった部分。

熱を加えるとこんなに綺麗な色になるんですね。

「月の盃」、「月のビアタングラス」など作品名も素敵です。

62

 ↑「銀彩ジュエリー」税込6,300円

一つ一つ手間をかけて作られたパーツ、その組み合わせも様々なガラスのジュエリー。

以前購入された方が、周りの方からどこで買ったの?といつも聞かれるんだそう。

気になる方、同じものはありませんがきっとピンとくるものに出会えるはずです。

8/17(土)~8/20(火)まで志賀先生が来場される予定です。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

「志賀英二・まつださゆり ガラス作品展」 

2013年8/7(水)~8/20(火)午前10時~午後7時30分 *最終日は午後4時閉場 

松坂屋名古屋店 南館6階アートプレース TEL052-264-2731(アートプレース直通)