« 2014年2月 | メイン | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月27日 (木)

筧 本生油彩展@名古屋

Mark_nagoya

ただいま、「筧 本生 油彩展」を開催中ですhappy01

現代具象洋画壇を代表する作家の一人として活躍されている先生の当店初個展。

異国のカフェやパブに集う様々な人々や、

街角で営まれる多彩な人間模様...

1_2

 ↑日曜日のレストラン」(アメリカ)10号

今回初めてのアメリカシリーズの作品、

レストランで食事を楽しむ母娘の温もりが伝わってきます。

2

 ↑「夕暮れのカフェ」(フランス)8号

筧先生の特徴がよく表れた、女性のポートレートです。

3

 ↑「夕暮れのカフェ」(フランス)8号

フランスでよく見られるカフェの風景。

くつろぐ女性と買い物帰りの男性…

ワンちゃんの表情も豊かに表現されています。

何気ない日常の風景を、ペーソスとユーモア溢れるタッチで描かれた

詩情漂う油彩画約30点を一堂に展観いたします。

ご来場お待ちしております。

「筧 本生 油彩展」

2014年3/26(水)〜4/1(火) 午前10時〜午後7時30分 *最終日は午後4時閉場

松坂屋名古屋店 南館6階美術画廊 TEL052-264-3383(第1画廊直通)

2014年3月19日 (水)

第五回 安藤 工 陶芸展@名古屋

Mark_nagoya

美濃陶芸界の次代を担う作家として

意欲溢れる創作活動を展開されている安藤 工先生の

3年ぶり五回目の個展が始まりましたhappy01

●安藤 工(あんどう たくみ)

1969年多治見市生まれ。

日展会友。日工会評議員。波光会会員。美濃陶芸協会副会長。

師:父・安藤日出武(岐阜県重要無形文化財保持者)

1

 ↑「志野彩文花器」23.0×23.0×H23.0㎝ 税込420,000円

ねずみ色と白の幾何学模様が美しい、志野の花器です。

1_2

 ↑「志野彩文花生」13.2×12.5×H25.0㎝ 税込262,500円

彩文の花器。

白とねずみ色の部分は、一本一本掘って色を入れています。

1_3

 ↑「志野茶盌」13.0×12.8×H9.3㎝ 税込315,000円

志野らしいピンクの色が鮮やかな茶盌です。

これでお茶を飲むと、美味しそうですね!

 美濃の地で育ち

 美濃桃山陶に魅せられて二十有余年、

 より美しいものを目指しての

 厳しい試練がつづいています。

 焦らず 力まず 自然体で自分の仕事を

 しっかりと展開したいと思っています。

 ご高覧賜り、ご指導いただきますよう

 お願い申し上げます。     安藤 工(たくみ)

穴窯での焼成にこだわり、伝統の美濃桃山陶を追求する志野の茶盌を中心に、

現代感覚溢れる志野彩文シリーズの花器など新作約40点を展観いたします。

ぜひこの機会にご来場くださいませhappy01

「第五回 安藤 工 陶芸展」

2014年3/19(水)〜3/25(火) 午前10時〜午後7時30分 *最終日は午後4時閉場

松坂屋名古屋店 南館6階美術画廊 TEL052-264-3383(第1画廊直通)

2014年3月12日 (水)

備前 山本出 展@名古屋

Mark_nagoya

今日から「備前 山本出展」がはじまりましたhappy01

●山本 出略歴

1944年岡山県備前市生まれ。

人間国宝・(故)山本陶秀の四男。

武蔵野美術大学彫刻専攻科卒業。

岡山県重要無形文化財保持者。

Photo

 ↑「備前・ブルゴーニュ土 積上花器」

   幅36.2×奥行25.0×高さ40.0cm 税込2,100,000円

山本先生独自の積上技法による花器。

積上技法を成功させるためにフランス・ブルゴーニュ地方の土を混ぜた結果、

滑らかな質感となりました。

Photo_2

↑「面取水指」幅17.6×奥行16.4×高さ17.4cm 税込399,000円

黒と銀の釉薬がシャープな質感を醸し出しています。

オブジェとしても見応えのある逸品です。

Photo_3

 ↑「出彩叩込四方皿」幅29.6×奥行29.6×高さ4.8cm 税込283,500円

色土を混ぜ合わせることにより、絵画的な作風となっています。

備前を進化させた、山本先生独自の技法による迫力ある作品です。

フランス・ブルゴーニュの土との出会いから

かつてない風合いの作品を生み出し、

現代備前を代表する作家の一人として活躍されている先生の当店初個展です。

先生ならではの積上技法による花器をはじめ、

暮らしの中で身近に感じられるうつわなど、

備前の新たな可能性を追求する新作約40点を一堂に展観いたします。

「備前 山本 出 展」

2014年3/12(水)~3/18(火) 午前10時〜午後7時30分 *最終日は午後4時閉場

松坂屋名古屋店 南館6階美術画廊 TEL052-264-3383(第1画廊直通)

2014年3月 9日 (日)

端午の節句グッズ・季節の茶道具・掛け軸揃ってます!@名古屋

Mark_nagoya

3月も中頃になり、松坂屋名古屋店はどこも一気に春めいてまいりましたtuliptuliptulip

美術品売場もまたガラッと雰囲気が変わっていますsign01

端午の節句を題材にした商品が

季節の移り変わりに敏感なお客様に人気ですflair


少しご紹介いたしましょうnote

まずは茶道具です。

Photo

兜やこいのぼりモチーフのおしゃれな蓋置や香合。

飾っておくだけでもウキウキしちゃいますね。

 

Photo_2

Photo_4

お茶碗も端午の節句仕様が登場!

こいのぼりの目がストーンでキラキラ輝く可愛らしいお茶碗…。



続いては掛け軸です。

Photo_5

端午の節句はもちろん、季節を感じる様々な図柄が揃ってます☆

とっても華やかsign01

Photo_6

年中掛けられる図柄も人気です。

増税前のこの機会にいかがでしょうかsign02

また、こんなおもしろい掛け軸もございます!

Photo_10

 

1

小さな和尚さま達が夢に向かって糸を上っていく…

芥川龍之介の作品を明るくもじったようなモダンで遊び心いっぱいな一幅。 

(この糸は切れません!)

ザッとご紹介いたしましたが、

そのほかにも思わず手に取りたくなる、美しい絵柄のはがきや小物など、

見ているだけで気持ちがふんわり温かくなる商品がいっぱいです。

皆様もぜひ南館6階の美術品売場にお立ち寄りくださませ

心よりお待ち申し上げておりますhappy01

松坂屋名古屋店 南館6階美術売場 TEL052-264-3381(美術直通)



2014年3月 7日 (金)

あと5日@松坂屋上野店&ネット・デ・オークション

Mark_ueno_2

Photo_2

チャリティー絵画大入札会、あと5日となりましたsign01

今週末も冷え込むようですが、

松坂屋上野店南館5階の会場へ、ご来場お待ちしております。

一部作品は「大丸松坂屋 ネット・デ・オークション」でもご入札いただけます。

松坂屋上野店 南館5階絵画入札会会場 TEL03-3832-1111(代)

2014年3月 4日 (火)

池田清明 油彩展 @ 名古屋

Mark_nagoya

いよいよ明日から、

透明感溢れる作品を発表され、

現代洋画壇に大きな存在感を示されている

池田清明先生の当店初個展を開催いたします。

清潔感漂う人物画を中心に、独自のタッチで描かれた新作約30点を展観いたします。

●池田清明 略歴

1951年岡山県笠岡市生まれ。

大阪芸術大学美術学科卒業。

日展会員。

一水会常任委員。

Photo

 ↑「セニョリータ」15号 税込1,575,000円

凛とした佇まいと、気品あふれる婦人像を描く池田先生の特徴がよく表れています。

Photo_2

 ↑「ヴァイオリンのある卓上」15号 税込1,260,000円

構図の妙を楽しめる静物画の特徴が、うまく表現されています。

Photo_3

 ↑「窓辺のバラ」6号 税込504,000円

窓辺から降り注ぐ暖かな陽光を浴び、バラが、その生命を謳歌しているかのようです。

<作家来廊予定>  3月5日(水)、8日(土)、11日(火) 

ご来場おまちしておりますhappy01

「池田清明 油彩展」

2014年3/5(水)~3/11(火) 午前10時~午後7時30分 *最終日は午後4時閉場

松坂屋名古屋店 南館6階美術画廊 TEL052-264-3383(第1画廊直通)