« 2014年5月 | メイン | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月27日 (金)

藤田嗣治「猫を抱く少女」リトグラフ、大丸松坂屋各店で販売中

レオナール・フジタとして、世界で人気がある藤田嗣治。

その代表的モチーフである少女と猫が入ったリトグラフを各店で販売していますhappy01

14_07_27_2_2

↑藤田嗣治「猫を抱く少女」 複製版画 リトグラフ 2014年制作

Photo_3

原画を元に、リトグラフを制作したのはフランス、パリの老舗版画工房イデム。

旧名をムルロー工房といい、130年以上の歴史があります。

ピカソ、マチス、シャガールなど20世紀の巨匠たちがリトグラフを制作した場所です。

1_2

↑自然光にあふれたイデム工房

2_2

↑手作業でインクを伸ばす職人さん

また、監修は藤田嗣治の世界的権威であり鑑定家であるシルヴィ・ブュイッソン氏が

初めててがけられました。

イデムの高い技術はブュイッソン氏も高く評価され、

「本当に良いものができたと」大絶賛。

それほど、原画の風合いがとてもよく再現されています。

それぞれにブュイッソン氏が手書きでサインされた証明書が付きます。

Photo

↑証明書にサインするシルヴィ・ブュイッソン氏

Sam_1124

↑エンボス印が押された1枚目を持つイデム工房社長、フォレスト氏

Sam_1122

↑ エンボス部分アップ

この版画の実物は、下記の大丸松坂屋各店 美術売場にてご覧いただけます。

<取扱店舗> 大丸心斎橋店、京都店、神戸店、札幌店

          松坂屋名古屋店、上野店、静岡店

藤田嗣治 「猫を抱く少女」 複製版画 リトグラフ 300部限定 2014年制作

 画寸:43.0×30.3㎝

 額寸:53.0×38.0㎝

 監修:シルヴィ・ブュイッソン氏(藤田嗣治鑑定家) *監修証明書付

 フランス著作権協会エンボス印入り

 価格:税込248,400円

 

2014年6月26日 (木)

読売光と愛の事業団に寄付いたしました(松坂屋上野店)

Mark_ueno_3

2013年12月~2014年3月まで、3ケ月にわたって開催した

「松坂屋上野店 南館閉館 チャリティー絵画大入札会」。

チャリティー企画でしたので、

その売上の一部(3,417,419円)を読売光と愛の事業団に寄付させていただきました。

この寄付金は東日本大震災の復興事業に役立てられます。

入札会にご参加いただいた皆様のご協力に感謝申しあげます。

ありがとうございましたhappy01

Photo

おうかがいした読売新聞社(大手町)のロビーには

とても立派な横山大観の「霊峰富士」が聳え立っていましたsign01

なんと縦2.5×横4.5mだそうです。

Photo_2

名品を毎日見られるなんて、読売新聞社員の方がうらやましいですねhappy01

ロビーですので機会があればぜひご覧下さい。

-テンペラによる- 第8回 居島春生 洋画展@名古屋

Mark_nagoya

伝統的な技法・卵黄テンペラによる細密な写実画で好評の

居島先生の3年ぶり8回目の個展を開催中ですhappy01

テンペラ技法ならではの絵肌に映える、

四季折々の自然が織りなす日本の美しい風景や花、動物など、

清涼感溢れる新作約20点を展観いたします。

1_7



↑「静寂の世界(カワセミ)」 10号F 税込972,000円

静ひつ感に満たされた森林世界を、一瞬切り裂くカワセミの飛翔…。

「静」のなかの「動」、「動」のなかの「静」の融和が、幻想的に表現されています。

2

↑「美しい海」 10号F 税込972,000円

耳をすませば、波の音がやさしく包み込んでくれるような、

おだやかな時間の流れを感じさせてくれます。

いつまでも佇んでいたい気持ちをいざないます。

3

↑「見ざる、聞かざる、言わざる」 8号P 税込777,600円

フクロウで表現した「見ざる、聞かざる、言わざる」の世界。

透徹したフクロウの眼差しと佇まいは、哲学的ですらあります。

ぜひこの機会にご来廊くださいhappy01

「-テンペラによる- 第8回 居島春生 洋画展」

2014年6/25(水)~7/1(火) 午前10時~午後7時30分 *最終日は午後4時閉場

松坂屋名古屋店 南館6階美術画廊 TEL052-264-3383(第1画廊直通)

2014年6月24日 (火)

-BEAUTY OF OUR WORLD- ジョアン・フック絵画展@大阪心斎橋

Mark_shinsaibashi

夏はもうすぐ・・・sunmistsun

目にも鮮やかで爽快なイメージの作品をご紹介いたします。

オーストラリアの女流画家ジョアン・フックの絵画展がはじまりましたhappy01

1_8



2

3

深緑の樹林に生命力あふれる花々や鳥。

紺碧の海にたわむれる生き物たち。

4

↑「Crimson Rosellas Startled By Lizaed」 ミストグラフ 19/150 340×480mm

  税込108,000円

5

↑「トロピカルフラワー Ⅲ・Ⅳ」 オフセットリトグラフ 675/900 (300×220mm)×2

  税込86,400円

6

↑「レインフォレストライフ Ⅰ~Ⅲ」 オフセットリトグラフ 144/500 (620×315mm)×2

  税込226,800円

7

↑「虹色の空とキングフィッシャー」 オフセットリトグラフ 831/1500 (220×150mm)

 税込31,320円

鮮やかな色でファンタジックな憧憬を生き生きと描いています。

ここからは原画になります。

8

↑「Yellowtail Angelfish with Antheas」 アクリル原画 760×570mm

 税込1,944,000円


9

↑「Coral Reef Ⅱ」 アクリル原画 170×150mm 税込561,600円

10

↑「Passing Parade Ⅱ-Ⅳ(2連)」 アクリル原画 170×330mm(×2) 税込1,620,000円

地球に生きる生命の絆を感じさせる色彩感覚と

個性的な表現をごらんください。

「-BEAUTY OF OUR WORLD- ジョアン・フック絵画展」

2014年6/25(水)~7/1(火) 午前10時~午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸心斎橋店 南館8階美術画廊 TEL 06-6271-1231(代)

2014年6月23日 (月)

風雅の会 日本画展vol.3 @大阪心斎橋

Mark_shinsaibashi

心斎橋店特選ギャラリーで開催中の「風雅の会 日本画展」は7/1までhappy01

出品作家はいずれも愛知県立芸術大学で日本画を学ばれた、若手俊英作家たちです。

14



↑濱島 司「舞妓、黒紋付」

15

↑高木優子「Dreams come true」46×44cm

16

↑金澤尚武「夏の記憶」

17

↑石谷雅詩「列」

18

↑平林貴宏「phantom pain」

19

↑神谷菜穂「春風」(はるかぜ)

20

↑坂根輝美「Schizophrenia」

21

↑藤城正晴「Rebirth ♯5」

22

↑山口貴士「明日の風」

23

↑岸本浩希「lace form ロンドンの駅」10号変

24

↑本地裕輔「椿」

25

↑栁沢優子「君を待つ」

26

↑加藤清香「一思案」(ひとしあん)

27_2

↑安井彩子「潮汐」

28

↑森下麻子「爛爛」(らんらん)

29

↑川島 優「Recipiennt」

『え。。。!?これも日本画なの!?』と、

「日本画」のイメージを覆されるほど、様々な表現を見ることができます。

28名の作家たちの力のこもった作品をご覧ください。

「第四回 風雅の会 日本画展」

2014年6/18(水)〜7/1(火) 午前10時〜午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸心斎橋店 南館8階美術画廊 TEL06-6271-1231(代)

2014年6月21日 (土)

風雅の会 日本画展vol.2 @大阪心斎橋

Mark_shinsaibashi

心斎橋店特選ギャラリーでは7/1(火)まで「風雅の会 日本画展」を開催中happy01

愛知県立芸術大学出身の若手作家によるグループ展です。

出品作品の一部をご紹介いたします。

6



↑廣田晴彦「街を行く」

7

↑古田年寿「春の小径」(はるのこみち)

8

↑馬場弥生「子牛」

9

↑芝 康弘「セーヌ 息吹の朝」

10

↑大矢 亮「譚」(たん)

11

↑中神敬子「卓上」

12

↑牧野 環「森は静かに」

13

↑武蔵原裕二「Pug」

「第四回 風雅の会 日本画展」

2014年6/18(水)〜7/1(火) 午前10時〜午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸心斎橋店 南館8階美術画廊 TEL06-6271-1231(代)

2014年6月18日 (水)

風雅の会 日本画展@大阪心斎橋

Mark_shinsaibashi

「第四回 風雅の会 日本画展」が心斎橋店の特選ギャラリーではじまりましたhappy01

1_2_4

↑題字:愛知県立芸術大学学長 松村公嗣先生

●松村先生のごあいさつ文から抜粋

「愛知県立芸術大学で日本画を学んだ後、それぞれの作家が腕を磨き

一点でも心に残る作品を残そうとしている方たちばかりです。

「みやび」の心を持ち続け、誇りを持ってご覧いただける展覧会を目指して頑張ります。

どうぞご高覧のうえご支援たまわりますようお願いいたします。

それでは順に会場スナップでご紹介(作品はほぼすべて10号サイズです)

賛助出品いただいた松村先生の作品です。

12

↑松村公嗣「秋けふく」

22

↑岡田眞治「黄昏のサグラタ・ファミリア教会」

32

↑吉村佳洋「黎明」

42

↑岩永てるみ「Pyramide du Louvre」

52

↑阪野智啓「豊関白」

28名の若手俊英作家の展覧会です。

つづきはあらためて★

「第四回 風雅の会 日本画展」

2014年6/18(水)〜7/1(火) 午前10時〜午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸心斎橋店 南館8階美術画廊 TEL06-6271-1231(代)

 

荻須高徳展@大阪心斎橋

Mark_shinsaibashi

「荻須高徳展」がはじまりましたhappy01

迫力ある油彩画、約20点を出品しております。

11

荻須高徳(おぎすたかのり)は1901年愛知稲沢に生まれ、20歳で上京。

東京美術学校の西洋画科で藤島武二に学びました。

同期に小磯良平がいたそうです。

21

1927年卒業後、佐伯祐三を頼って渡仏。

第二次世界大戦中の一時帰国を除いて生涯の大半をパリで過ごし、

パリの歴史を刻んだ古い町並みや広告の沢山貼ってある壁など、

パリの下町を中心に描き続けました。

31

1956年にレジオン・ドヌール勲章(フランス)、

1986年に文化勲章(日本)などを受章。

1986年パリのアトリエで制作中に死去。

パリのモンマルトル墓地に埋葬されているそうです。

41

51

↑「印刷屋」20F 油彩 カンバス 1969年制作

61

↑「文房具店」15F 油彩 カンバス 1986年制作 
 フランコニーリト1967-86掲載P175#137原画

71

↑「青い扉」20F 油彩 カンバス 1968年制作

81

↑「赤い時計店」10F 油彩 カンバス

91

↑「緑のガソリンスタンド」15F 油彩 カンバス 1960年制作

「最もフランス的な日本人」と評された巨匠による貴重な作品を
一堂に展観いたしております。

作品の価格は美術画廊までお問い合わせください。

「荻須高徳展」

2014年6/18(水)~7/1(火)午前10時~午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸心斎橋店 南館8階美術画廊 TEL06-6271-1231(代)

2014年6月14日 (土)

九谷 糠川孝之 作陶展@京都

Mark_kyoto

京都店では、「九谷 糠川孝之 作陶展」を開催中happy01

Aloha_style



↑「招き猫~ALOHA STYLE~」 幅21×奥行22×高さ37cm 税込129,600円

●糠川 孝之(はせがわ たかゆき)略歴                 

1973年           石川県能美郡生まれ                          

1991年           石川県立工業高等学校 工芸科卒業                          

1993年           卒業制作展 優秀賞 受賞                        

                   飛騨国際工芸学園 窯業科卒業                    

1995年          九谷焼技能展 奨励賞 受賞                      

                   石川県立九谷焼技術研修所 専門コース卒業                        

                   第16回創彩展初入選 新人賞 受賞                          

1997年          全国伝統的工芸技術修得奨励者に推挙される                        

2003年          第42回日本現代工芸美術展 現代工芸新人賞 受賞                  

                   日本現代工芸美術家協会本会員に推挙される                        

                   石川県伝統産業技能奨励賞 受賞                   

2005年           金沢21世紀美術展にて日展作家選抜美術展に依頼出品                          

2007年           第63回石川県現代美術展 北國賞 受賞                          

2011年           石川県伝統産業優秀技術者奨励者に推挙される                      

2012年           伝統工芸士に認定                          

創彩展入選  

高山市民美術展入選  

北陸中日美術展入選 四回          

日本現代工芸美術展入選 十三回  

現代美術展入選 十二回           

伝統九谷焼工芸展入選 五回  

日展入選 八回      

Kaori_2

↑お香立て「kaori姉妹」2対セット 幅6×奥行6×高さ15cm(2体共通) 税込32,400円
           

伝統的なものから、九谷焼の鮮やかな色調を活かした

オリジナリティ溢れる南国調の作品まで多数展覧しております。

●作家在廊予定 14日(土)・15日(日)

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

「九谷 糠川孝之 作陶展」

2014年6月11日(水)~17日(火) 最終日は午後5時閉場

大丸京都店 6階 アートサロンESPACE KYOTO TEL075-211-8111(代)

季節の掛軸入荷しています@大阪心斎橋

Mark_shinsaibashi

心斎橋店掛軸売場では、夏掛けや年掛けなど色々と入荷いたしましたので

今日はそのなかの一部をご紹介いたしますhappy01

1_2_2



2

↑原 滄月 (はらそうげつ)「赤富士」 表具サイズ約72.5×約146cm 税込324,000円

新たなる陽光に赤々と染まり輝く富士。

一年に一度あるかないかのこの現象は「赤富士」と言われてます。

3

↑紅山 幸水(べにやまこうすい)「朝顔」 表具サイズ約72.5×約141㎝ 税込648,000円

4

ピンク・赤・水色の可憐な朝顔が咲いています。

5

朝顔の蔓にちょこんと止まっているシオカラトンボも夏を演出してくれてます。

シオカラトンボも羽まで繊細に描かれてますね。

6

↑馬骨 子才林(ばこつしさいりん)「茶遊談記図」 表具サイズ約54×約125㎝ 税込84,240円

7

8

「喫茶去」とは「お茶を召しあがれ」という意味の言葉で、茶掛や色紙などに書かれる禅語です。

お坊様のお顔を見ていると ホッコリしますね。

こちらは小ぶりの掛軸になりますので床の間にはもちろん、

タペストリー感覚で飾っていただけます。

このほかにも、彩り華やかな掛軸や色紙を店頭に飾っていますので、

掛軸にご興味のある方は南館8階 掛軸色紙売場までご来店下さいませhappy01

大丸心斎橋店 南館8階掛軸色紙売場 TEL06-6271-1231(代)