« 【予告】KUTANI 潤青舎展@京都 | メイン | 第二回 美濃陶芸協会選抜展@名古屋 »

2014年7月30日 (水)

宮廻正明展始まりました@大阪心斎橋

Mark_shinsaibashi

A1

宮廻正明展がはじまりました。

C1_2

B1_2

個展技法の「裏彩色」を独自に蘇らせ、

和紙の表からはもちろん裏からも筆を加えることで、

繊細で味わい深い画面を醸成されています。

D1

↑「Eternal Moment」130.3×162.1cm(100号F)

E1

↑「協奏曲」8号F

緑と青の色目が際立っています。

10艘並んでいる舟もなにか意味ありげです。

F1

↑「螺遊」180×360cm 六曲半双屏風

駆け抜ける馬の迫力が伝わってきます。

G1

↑「夢中夢(希)」10号F

草原のなかの羊たち。

H1

↑「Whispering」100×80.3cm

収穫の情景。

空の表現のマチエールが印象に残ります。

I1

↑「Fleeting World」72.7×90.9cm

釣竿の先にある浮きに尋ねかけているような静寂と

水面の波紋から、爽やかな風が感じられます。

J1

↑「Temperament」72.7×90.9cm

サバンナの俯瞰風景。取材地はモロッコだそうです。

K1

↑「三拍子(恵)」4号F

小さな作品です。

フライフィッシングをする人物が川のなかで

ラインを何度も前後に振る動作が伝わってきます。

L1

↑「朝容」6号F

M1

つぶらな瞳がこちらを見つめています。

羽毛が盛り上がっているので、まだ幼いふくろうでしょうか。

宮廻正明(みやさこまさあき)先生は、1951年島根県生まれ。

1975年東京藝術大学美術学部デザイン科入学。

大藪雅孝先生に師事され、先輩には有元利夫先生がいらっしゃたそうです。

大学院では美術研究科保存修復技術日本画を専攻。

修了後は研究室助手として平山郁夫先生に師事されました。

平山郁夫先生が理想としてきた

日本美術の国際化を唯一継承できる日本画家と称されています。

ロシア、ハンガリー、ポルトガル、

本年5月~6月にはイタリアのフィレンツェにある

ピッティ宮殿で個展を開催されました。

現在は日本美術院評議員 同人、

東京藝術大学大学院美術研究科教授、

東京藝術大学社会連携センター長ほか要職を務めておられます。

「宮廻正明展」

2014年7/30(水)~8/5(火) 午前10時〜午後8時まで *最終日は午後5時まで

大丸心斎橋店 南館8階美術画廊 TEL06-6271-1231(代表)