« 開催中!「佐藤潤 絵画展」@大阪心斎橋 | メイン | 開催中!「チャリティ絵画・版画バザール」@大阪心斎橋 »

2014年9月25日 (木)

開催中!「中村明久 陶展」@大阪心斎橋

Mark_shinsaibashi_3
陶芸ファンの皆様、お待たせしましたsign01

大丸心斎橋店 南館8階美術画廊にて「中村明久 陶展 ―崑崙を超えて―」が昨日いよいよ始まりましたshine 

A_2_2

 

李朝のやきものに惹かれ粉引を手がけておられた中村明久先生は、
祭器に使われた瑠璃を茶盌に用いて瑠璃地平茶盌を創作されました。

B

 

 

それはこれまでに無い「新たな古典」であり、そこから茶盌の持つ
自由な表現への可能性は始まりました。

C

 

手に優しくお茶盌にもっとも相応しいといわれる軟陶への思いは、
シルクロードを越えた遥か西のヨーロッパへ向かい、柔和な質感と
素朴な土味が独特の味わいを醸すデルフトなど阿蘭陀と呼ばれる陶に
至り、さらに深い味わいを持つガレナ釉を用いた茶盌を生み出しました。

D

 

伝統的な技法を守りながら、独自の感性でこれまでに無かったものを
創造されたところに真価があります。

E

 

 

新しい古典と呼ぶに相応しい陶展です。

F

 

 

G
「粉引大瓶」 税込270,000円

 


 

H
「瑠璃地梅瓶」 税込324,000円

 

 

I
「粉引香炉」 税込86,400円

 

 

 

J

 

 

 

 

K
「ガレナ茶盌」 税込86,400円

 

 

L
「ガレナ茶盌」 税込86,400円

 

 

 

M
「阿蘭陀食籠」 税込54,000円

 

 

 

N

 

 

 

O
「阿蘭陀茶盌」 税込64,800円

 

 

 

P
「ガレナ水指」 税込129,600円

 

 



【中村明久(Akihisa Nakamura)略歴】
1948年 東京生まれ
1971年 東京造形大学卒業
1972年 遠州七窯朝日焼 十四代松林豊斉氏に師事(~'78)
1978年 笠間にて築窯
1980年 京都上京にて築窯
1985年 この頃より李朝陶磁に魅せられ研究制作をする
1987年 京都嵯峨野にて有栖窯築窯
1995年 李朝粉引を軸にした個展活動を始める
1996年 堅手、瑠璃地の制作を始める
2002年 阿蘭陀の制作を始める
2010年 NHK番組「猫のしっぽカエルの手」に出演
2010年 ガレナ陶の制作を始める
各地で個展開催。


中村明久 陶展 -崑崙 kunlun-を越えて
【会期】2014年9月24日(水)→30日(火)
【会場】大丸心斎橋店 南館8階美術画廊 ※最終日は午後5時閉場

clover大丸心斎橋店ホームページはこちら

clover大丸心斎橋店美術催しのご案内はこちら