« 本日スタート「マークエステル絵画展」@大阪心斎橋 | メイン | アートの街パリ〈チュイルリー公園編〉 »

2014年11月26日 (水)

本日スタート「カシニョール展」@大阪心斎橋

Mark_shinsaibashi
甘美で優雅な女性を描いて世界的な人気の現代フランス具象画壇の巨匠
ジャン=ピエール・カシニョールの作品が心斎橋にやってまいりましたconfident
大丸博多店からの巡回展となります。

 

「カシニョール展」
11/26(水)~12/2(火)最終日は午後5時閉場
大丸心斎橋店南館8階美術画廊

Photo_2_7

Photo_3
「秋のプロフィール」10号 油彩 カンバス
カシニョールの描く女性は、時流にのったハイセンスな装いで、花に
彩られた大きな帽子を深々と被り、時に湖をバックにゆったりと佇み、
時に華麗な花々や緑に囲まれ、時にしなやかな腕を曲げて頬杖をついて
物思いに耽ります。

 

 

 

 

Photo_4
「公園」 31×46cm 水彩
今回は油彩だけではなく、繊細な筆づかいがわかる水彩もございます。

 

 

 

 

Photo_5

また貴重な大作のタペストリーも2点出品。

 

 

 

Photo_6
左:「さくらんぼ」 160×126cm
木の実に手を伸ばす女性の繊細な身体の線や、木々が風によって揺らぐ
緑の躍動感が見事に表現されています。
右:「会話」 146×200cm

1980年にカシニョールはピーター・ションワルドとフレデリック・パシュリ
に、パリのシャルル・プティにある彼らの工房で出会いました。
そこでふたりが織ったカトランとブラジリエのタペストリーを見て、
タペストリーの世界に変化が訪れているのだと気付きます。
よく見られるような平たく味気ない複製ではなく、画家の意図を
理解したうえで、十分な表現がされており、しかも画家の才能に
織師の才能が加わった新たな芸術表現が生まれていたのです。
素材は様々で、羊毛に絹や麻を混ぜたり紙を加えることもあります。

 

 


 

Photo_7
版画も多数出品。初期に制作されたものもございます。

カシニョールの独特の画風は上品な空気を漂わせながらも、
どこか懐かしい時代の情趣を思い起こさせ、また誰にでも
親しみやすい優しさにあふれ、国を超え、時代を超えて、観る者の
心を掴んで離しません。一目見ればカシニョールの作品だとわかるほど
特徴があります。会場でカシニョールの世界をご堪能ください。

 

 

 

Photo_8
特選ギャラリーではアイズピリやブラジリエ、シャロワほか海外人気
作家の作品も一堂に取り揃えました。あわせましてご覧いただけたら
と思います。

 

「カシニョール展」
【会期】 11/26(水)~12/2(火)最終日は午後5時閉場
【会場】 大丸心斎橋店南館8階美術画廊

大丸心斎橋店のホームページはこちら