« 開催中!「ヨーロッパアンティーク展」@大阪心斎橋 | メイン | 博物館に初もうで@東京国立博物館 »

2014年12月13日 (土)

アートの街パリ〈ピカソ美術館編〉

パリアートレポート第2弾は、

10月28日にリニューアルオープンとなった、ピカソ美術館です。

Img_1279

入り口に向かう行列coldsweats02coldsweats02coldsweats02

なんせ2009年に改装のため閉館して以来の待ちに待ったオープンですから、

無理もないかも。

Img_1282

40分程度並んでようやく入口前。

インターネットで事前にチケットを購入しておくと、少し優先的に入れます。

そしていよいよ館内へ・・・。

Img_1285

撮影OKなんだ〜sign03 ビデオ撮影してる人もいました。

Img_1288

イヤホンガイドを聞きながら、熱心に鑑賞する人たち。

Img_1289

Img_1291

Img_1292_4


作品と共に、それに関連するピカソのコレクションも展示されています。

Img_1295_3

この建物自体、とても美しい歴史的建造物です。

ピカソ美術館の収蔵品は、遺族が相続税として物納した作品が中心となっています。

「ピカソの最大のコレクターは私だ」とピカソ自身が言っていたほど、

死亡時にピカソが所有していた作品は膨大で、

それらの中から厳選して物納されたと言われていますので、

展示作品はピカソの生涯を網羅し、あらゆるジャンルの作品があり、

とても充実しています。

Img_1296_3

Img_1300

Img_1301

Img_1309

Img_1304_2

愛人のひとり、ドラマールの肖像。

彼女は写真家で、ピカソの「ゲルニカ」の制作過程を撮影した写真を多く残しています。

目鼻立ちのはっきりした美人だったんだろうな・・・赤いマニキュアが好きだったのかしら。

Img_1307

Img_1297_2

彫刻作品も。

Img_1317_2

セラミックも。

Img_1318

銅版も。

Img_1316

目ぢからが強烈なピカソさん自身の写真も。

Img_1311

最上階の窓からの眺め。

巨匠ピカソのパワーが充満した美術館でした。

満足感100点です!

近々パリにいらっしゃる予定がございましたら、ぜひお運びください。

ピカソ美術館の公式サイトは こちら