« 2015年1月 | メイン | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月25日 (水)

【予告】中本智絵展開催ーブログ特典あり!

3月より順次、大丸心斎橋店、京都店、神戸店、東京店におきまして
「中本智絵展 -Tchie Nakamoto Exhibition-」
を開催させていただきますshine
1976年京都生まれ、東京藝術大学文化財保存学科で宮廻正明教授のもと
日本画を学ばれ、在学中の2003年に春の院展に初入選されます。


以降2004年、2005年、2007年、2008年と院展の奨励賞を受賞されるなど、
早くからその才能が認められてきましたconfident
2009年にドイツに渡ると、翌年には滞在許可書を取得し、以降はパリの
アトリエから日本は勿論のこと世界へ向けての発信を続けられています。


日本画の岩絵具を用いながらも西洋的な雰囲気を醸し出しており、
ジャンルを越えた魅力と深い精神性に注目が集まっています。
日本画の伝統的な技法や日本人としての感性を武器に、芸術家が集まる
パリにおいても若手有望作家として活躍されていますnotes

心斎橋店においては7年ぶりの個展となります。おもちゃや動物たちが
織り成すメルヘンチックな作品を中心に、魅力あふれる作品を一堂に
展観いたします。


巡回会期は以下の通りです。
大丸京都店 6階美術画廊 2015年3/25(水)~31(火)
大丸心斎橋店 南館8階美術画廊 4/8(水)~14(火)
大丸神戸店 7階美術画廊 5/6(水・祝)~12(火)
大丸東京店 10階美術画廊 6/3(水)~9(火)
各店最終日は午後5時閉場

Photo
大丸心斎橋店南館8階のウインドウにて事前に作品を展開中です。

 

Photo_2
大丸心斎橋店南館8階美術画廊にて
「ブログを見た」「中本智絵展の図録希望」とお申し出いただいた方、
先着10名様にこの図録を進呈いたしますshineご来場お待ちしておりますconfident

 

clover大丸心斎橋店のホームページはこちら

2015年2月24日 (火)

ヨーロッパ アンティークフェア@大丸札幌店

Mark_sapporo

19世紀から20世紀初頭にかけてのヨーロッパの芸術文化は

今なお世界中の人々を魅了し続けています。

札幌店の美術画廊では、

2月25日(水)から、そんなヨーロッパの美しい工芸作品を特集いたします。

A_5

↑「ダイヤ・オパール ペンダントトップ」  幅2.8cm 1880年頃

B

↑バカラ 切子コンポート ブロンズ台はクリストフル製 径40.5cm 1870-75年頃

C

↑バカラ 野ばら文蓋物 径11.0cm 1900年頃

D

↑R.ラリック ポワゾン鉢  径23.8cm 1931年

アール・ヌーヴォー期のガラス、マイセンに代表される高級陶磁器、

時代を経ても美しい輝きのアンティークジュエリーなど・・・

先週のカシニョールに引き続き優雅な時間をお過ごしください!

「ヨーロッパ アンティークフェア」

2015年2/25(水)~3/3(火) 午前10時~午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸札幌店 8階 美術画廊 TEL011-828-1111(代)

clover大丸札幌店のHPはこちら

2015年2月20日 (金)

古希記念 黒木国昭展 開催中!@松坂屋名古屋

Mark_nagoya
ただいま、松坂屋名古屋店にてガラス工芸作家、国の「現代の名工」である

黒木国昭先生の個展を開催中ですnotes

 

Photo_11



↑《金彩「花薔薇(はなそうび)》 税込1,188,000円

「健やか」「絆」などの花言葉を持つオレンジの薔薇を

飾壺に仕上げました。優美な雰囲気の作品ですconfident

 

 

 

 

Photo_2
↑左《金彩象嵌「光琳」》 税込194,400円

中央《金彩象嵌「光琳」》 税込486,000円

  右《金彩象嵌「光琳」》 税込135,000円

スミレ色の地色によって、金彩も柔らかな表情をみせています。

 

 

 

Photo_3
↑《飾皿「上総ノ海路」》 税込5,616,000円

浮世絵で世界的に有名な、葛飾北斎の「冨嶽三十六景」から題材を

取った作品。約50cmの大皿を、宙吹き技法で成形しています…sign01

 

 

 

 

Photo_4
↑《屠蘇セット》 税込151,200円

お正月だけでなく、お部屋のインテリアとして年中飾っても素敵shine

 

 

 

Photo_5

↑左《ショートロックグラス》 税込64,800円

 右《オールドファッション》 税込81,000円

先生オリジナルの切子である「綾切子」の作品。

琥珀の地色で落ち着いた印象です。

 

 

 

 

Photo_6
↑会場風景

 

3つの画廊とアートプレースをフルに使い、500点余りを展示していますshine

是非、ご来廊くださいませconfident

 

 

・作家略歴

1945年 宮崎県生まれ

1974年 創作活動に入る

1985年 薩摩切子復元事業参画

2008年 イタリア国立カ・ペーザロ博物館にて展覧会開催

2013年 台湾国立歴史博物館にて展覧会開催

 

【古希記念 黒木国昭展】

2015年2/18(水)~2/24(火) 午前10時~午後7時30分 *最終日は午後4時閉場

松坂屋名古屋店 南館6階美術画廊 TEL052-264-3383(第1画廊直通)

clover松坂屋名古屋店のホームページはこちら

2015年2月19日 (木)

期末絵画・版画謝恩市@神戸

Mark_kobe

大丸神戸店の美術画廊では、日頃のご愛顧への感謝をこめて

「期末絵画・版画謝恩市」を開催中。

人気作家の洋画・日本画・版画作品の中から厳選した作品約80点を

特別ご奉仕価格で即売いたします。

<ベルナール・ビュッフェ版画特集>

リトグラフ、エッチングなどの版画技法の「花」、「風景」のテーマの作品を特集しております。

Photo_21

Photo_22

<棟方志功特集>

倭画、板画、版画(リトグラフ)など特集をしております。

Photo_24


Photo_23

<税込10万円コーナー>

お買い得の税込10万円コーナーです。

10

例えば写真右上は、人気作家 東郷青児の「バラ一輪」です。

  (技法)シルクスクリーン (限定数)300部 税込100,000円

「期末絵画・版画謝恩市」

2015年2/18(水)~3/3(火) 午前10時~午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸神戸店 7階美術画廊 TEL 078-331-8121(代)

clover大丸神戸店のHPはこちら

創作人形展&市松人形展開催中@大阪心斎橋

Mark_shinsaibashi_2

心斎橋店の美術画廊では、「第4回 創作人形展」が始まりました。

特選ギャラリーでは「市松人形 啐啄の会 第2回人形うらら 伝統継承のかたち」も開催。

雛祭りを前に、南館8階はお人形でいっぱいになっています。

Photo_6

全国から気鋭の人形作家が集結sign01

Photo_7

Photo_8

前回ご好評いただいた「クラフトアート人形コンクール」本審査会場もかねており、

若手からベテランまで創作人形作家約50名による力作が集結しています。

Photo_11

Photo_9

美しいビスクドールや洗練された球体関節人形、

愛くるしい和人形。

世界に一体だけの特別なお人形がお待ちいたしております。

Photo_14

Photo_15

Photo_16

Photo_17

●出展作家(敬称略)

石雫マナ美、うずら、大野美香、小川昭惠、金子マコト、きせか絵、近未来、くつみ照子、

黒川早恵美、黒田ぴんく、Qeromaliom・鳴力、小沢信子、小林久仁子、小林幸子、

青扇、sou、田中裕子、田村晴美、チェ・ヘヨン、徳毛紀久子、中川乃布子、中野クニヒコ、

中室さらら、那須桂、鳥羽聖子、濱園明洋、原久美、福島育代、藤本晶子、芙蓉、

堀結美子、真咲、未央、宮永せり、美夜花りり、よしだゆか、吉水たか代、米澤静江、

Lumiena、レプンクル


●招待作家(敬称略)

岡馬勲、土倉ひろ子、長谷川裕子、福永のりこ、松浦加代子

また、同フロアーの特選ギャラリーは市松人形の展覧会です。

江戸のお人形の伝統を汲む、「啐啄の会」。

知ってました?市松人形はお着物を着せ替えられるんですheart04

Photo_18

Photo_19

Photo_20

代表的な和人形で奥深い歴史と伝統、継承されてきた

それぞれの技術、技法をうかがい知ることができます。

女子なら人生の中で必ず持っている、愛着あるお人形やお人形との大切な思い出を

思い出す機会にもなると思います。

オトメの気持ちになれる一週間。

ご来場お待ちしておりますhappy01

公式Facebook「私の人形物語」もぜひご覧ください。

第4回 創作人形展 &

市松人形「啐啄sottakuの会」第2回 にんぎょううらら 伝統継承のかたち

2015年2月19日(木)~24日(火)最終日は午後4時閉場

大丸心斎橋店 南館8階特選ギャラリー TEL 06-6271-1231

clover大丸心斎橋店のHPはこちら

 


カシニョール展@大丸札幌店

Mark_sapporo

大丸札幌店の美術画廊では、「カシニョール展」が始まりました。

Photo_2

1935年にパリで生まれたジャン・ピエール・カシニョールは、

現代のフランス画壇において独自の地位を築いている画家です。

Photo_3

人気の版画作品から・・・

Photo_4

貴重な油彩作品まで、

約30点の作品を展示しております。

Photo_5

避暑地の海辺や薔薇の咲く庭園で物思いに耽る貴婦人たち。

古いフランス映画の1シーンのようで郷愁を誘いますね。

8階美術画廊で優雅な時間をお過ごしくださいhappy01

「カシニョール展」

2015年2/18(水)~2/17(火) 午前10時~午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸札幌店 8階美術画廊 TEL 011-828-1111(代)

clover大丸札幌店のHPはこちら

2015年2月13日 (金)

東京・ブリヂストン美術館にて「ベスト・オブ・ベスト」開催中

東京・ブリヂストン美術館の「ベスト・オブ・ベスト」に行ってきましたhappy01

開館63年を迎えるブリヂストン美術館ですが、2015年5月18日より数年間休館し、新築工事に入ります。

今回の「ベスト・オブ・ベスト」は休館前最後の展示で、まさにブリヂストン美術館の傑作を集めた内容となっておりますshine

 

1_2

 

ブリヂストン美術館は、1952年に株式会社ブリヂストンの創業者、石橋正二郎氏が個人で集めたコレクションを公開したことで生まれました。

石橋財団のコレクション2,585点のうち、1,625点がこちら東京のブリヂストン美術館で管理されています。

そしてそのうち選び抜かれた約160点が、今回の「ベスト・オブ・ベスト」として展示されていますconfident

 

2

 

展示室ではブリヂストン美術館のあゆみも懐かしい映像や資料とともに紹介されています。

ブリヂストン美術館の特徴は、19世紀以降のフランスを中心とした西洋近代美術が系統だって揃えられていることです。

国立西洋美術館もなかったころ、いつでも質の高い西洋美術に触れられる場として開館当初から特別な地位にあったことがうかがえました。

 

今回の展示のハイライトとも言えるのが、マネから始まりモネ、ルノワールなどの印象派、そしてセザンヌやピカソなどの作品を紹介する西洋近代美術の展示ですshine

これらの展示室に入ると一瞬で空気が変わったのを感じました。

名作が醸し出す存在感、緊張感は実際にその場に行かないと感じられない感覚ですね。

特にモネの「黄昏、ヴェネツィア」の神々しいまでのグラデーションには心を奪われてしまいました。

 

さらに、石橋氏のコレクションの出発点となった青木繁や関根正二、藤田嗣治などの作品を紹介する日本近代洋画の展示も。

日本洋画家の作品とフランス人画家の作品を見比べてみるのも面白いですねconfident

 

見終わった感想は…これほどの質の高い作品たちが個人のコレクションからはじまったとはsign01感嘆に値します。

3/31からは、石橋美術館(福岡県)から3点の重要文化財・藤島武二「天平の面影」、青木繁「海の幸」、青木繁「わだつみのいろこの宮」が久しぶりに東京で公開されます。

しばらく見られなく前に、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうかnotes

 

cloverブリヂストン美術館のホームページはこちら

2015年2月11日 (水)

「世界で活躍するネコの絵描き 高橋行雄絵画展」@大阪心斎橋

Mark_shinsaibashi_2

横田美晴絵画展とあわせて、ただいま大丸心斎橋店にて「世界で活躍するネコの絵描き 高橋行雄絵画展」を開催中ですhappy01

 「世界で活躍するネコの絵描き 高橋行雄絵画展」
2015年2月11日(水・祝)~17日(火)

 

Photo_151


愛らしい瞳、美しい毛並みまで鉛筆で繊細に描かれ、今にも画面から
飛び出してきそうな猫たち。

 

 

Photo_2
1976年フランスで認められ「猫の絵描き」として世界各国で活躍される
高橋行雄先生shine

 

 

Photo_3


高橋 行雄(たははし ゆきお)
1946年岩手県好摩に生まれる。
1976年~1986年 フランス・ル・サロン入選
1989年 AU CHAT DORMANT にて個展(フランス・パリ)
'91、'93、'95、'98も開催
1991年 KATZAEN MUZEUM にて版画収蔵展示契約(スイス・バーゼル)、
LA CARICHROMIEにて個展(フランス・パリ)、GRANCEにて個展(フランス・パリ)、MUSEE DE CHAT(CLUB MAGIE FELINE)会員となる(スイス・ローザンヌ)
1992年 MUSEE DE PULLY作品出品(スイス・ローザンヌ)
1994年 猫の美術館 作品出品(横浜)
1996年 CAT JOURNAL・KATZEN EXTRA AUGUSTに掲載される(ドイツ)
1999年 KATTEN KABINET(猫の美術館)にて個展(オランダ・アムステルダム)
2000年~2001年 GARELIE HAI Cieにて個展(フランス)
2004年 ATELIER MENSCHにて個展(ドイツ・ハンブルグ)
2005年 台湾高雄市中正文化中心にて個展(高雄市・台湾)
2007年 ATELIER VERTにて個展(フランス・パリ)
2011年 岩手県岩手町立石神の丘美術館にて展覧会
2012年 現代百貨店 弥阿店、中洞店、新村店にて個展(韓国・ソウル)、
Marais Ouestにて個展(フランス・パリ)
2013年 パリ・ネコ・コレクション展作品出品(フランス・パリ)
2014年 日仏国際現代美術選抜展にて名誉総裁賞受賞

 

 

Photo_4
黒い猫が印象的で、しなやかな質感が画面から伝わってきますnotes

 

 

Photo_5
「オーベルカンフの猫」
60×67cm 鉛筆・色鉛筆
税込810,000円

愛らしいネコたちの姿をぜひご覧くださいませconfident

 

「世界で活躍するネコの絵描き 高橋行雄絵画展」
2015年2月11日(水・祝)~17日(火)最終日は午後4時閉場
大丸心斎橋店南館8階美術画廊

clover大丸心斎橋店ホームページはこちら

「アリスと見た夢 横田美晴絵画展」開催中@大阪心斎橋

Mark_shinsaibashi

 

本日より大丸心斎橋店にて、「アリスと見た夢 横田美晴絵画展」を開催しておりますconfident

「アリスと見た夢 横田美晴絵画展」
2015年2月11日(水・祝)~17日(火)

A_6



華やかで臨場感のあるファンタジーの世界。混合技法による新作
30余点を展観しておりますshine

 

 

B

横田 美晴(よこた みはる)
1961年岡山県生まれ。
1983年九州産業大学芸術学部美術科卒業。大学にて本格的な油彩を学び、
卒業後は広告代理店、印刷会社に勤務。
1992年フリーのイラストレーターとして独立。児童書(翻訳ファンタジー・
ノンフィクション)のカバー装丁、挿絵、図書設計を主に制作。海外絵本の
日本語版出版に際し装丁デザインのアドバイザーとしても参加多数。
2001年2月 LE NOUVEL ART グランプリ受賞。
2003年9月 ブルガリアにおける第14回日本文化月間の特別企画「コンピュータグラフィックスin Japan 新しい技術がアートをつくる」CGアート展入選
ブルガリア展にて作品展示。
2009年5月IFAA(アイファ国際幻想芸術協会)「幻想美術展・東京2009」展に
出品。7月大阪展、10月パリ展に出品。
2010年~現在まで大丸グループ各店にて個展を開催。
現在:国際幻想芸術協会会員(IFAA)、東京都在住。

 

 

C
「妖精の森」 50M ミクストメディア
税込1,080,000円

 



本のカバー装丁画および図書設計作品
・あかね書房
「スクランブルマインド」シリーズ(全4冊)
「盗神伝」シリーズ(全5冊)
「ヒーラーズキープ」シリーズ(全2冊)
「クールムーンライト」
「大空へ」
「臆病者と呼ばれても」
・早川書房
「秘密が見える目の少女」
「ディナの秘密の首飾り」
「五番目のサリー」
「クリスティー・ジュニア・ミステリー」(全6冊)
・岩波書店
「モルグ街の殺人事件」
・講談社
「おおとりは大空に」
「抜き打ち庄五郎」
・竹書房
「セプティマス・ヒープ」
「昆虫帝国オーロボン」
・東京創元社
「駆け出し魔法使いとはじまりの本」
「駆け出し魔法使いと海の呪文」
「いさましいちびの駆け出し魔法使い」
・白水社
「図書室からはじまる愛」

 

 

D
「真夏のお茶会」 20P ミクストメディア
税込540,000円

ファンタジックな夢の世界を描いた作品の数かずを展観しておりますnotes



「アリスと見た夢 横田美晴絵画展」
2015年2月11日(水・祝)~17日(火)最終日は午後4時閉場
大丸心斎橋店南館8階美術画廊

clover大丸心斎橋店のホームページはこちら

 

 

2015年2月 6日 (金)

傘寿記念 杉本玄覚貞光「陶」展開催中!@松坂屋名古屋店

Mark_nagoya

 

ただいま松坂屋名古屋店にて、信楽の地で、「わびさびの世界」をひたむきに追求されている

杉本玄覚貞光先生の個展を開催中ですnotes

 

 

Photo_11_2

《黒茶盌(くろぢゃわん)》 税込810,000円

先生が、わびさびの原点と考えているのが長次郎の楽焼です。

その世界、思想を表現するべく作陶されています。

 

 

 

 

Photo_12
《信楽水指(しがらき みずさし》 税込756,000円

窯で焼いた時に降った灰の積もり方、火の当たり方でこのように

変化のついた表情になります。

 

 

 

 

Photo_14
《伊賀花入(いが はないれ)》 税込756,000円

この花入は、窯で10昼夜焼くという作業を、同じ窯の同じ場所で5回も

繰り返して完成されたそう…!青い窯変がとても美しいです。

 

 

 

Photo_15
《軸「吾唯知足」》 税込162,000円

「われ ただ たるをしる」有名な禅語ですね。穏やかな表情のお地蔵様に

「無限に欲しがることをやめてみようよ」と優しく諭されるかのよう。

 

 

 

Photo_16
《陶彫布袋》 税込1,728,000円

福々しいお顔の布袋様です。青みがかった釉薬は、高温で

焼いても光沢が出ない、先生オリジナルの釉薬だそう。

 

 

 

 

Photo_17
茶盌、水指、花入を中心に塑像や板絵など新作約80点を展観しておりますので

是非、ご来廊くださいませshine

 

 

・作家略歴

1935年 東京生まれ

1968年 信楽山中に穴窯築窯

1974年 大徳寺立花大亀老師よりご指導を受け今日に至る

1979年 個展(大徳寺・如意庵)

2014年 小堀泰巖猊下より、戒名・玄覚貞光をいただく

 

 

【傘寿記念 杉本玄覚貞光「陶」展】

2015年2/4(水)~2/10(火) 午前10時~午後7時30分 *最終日は午後4時閉場

松坂屋名古屋店 南館6階美術画廊 TEL052-264-3383(第1画廊直通)

clover松坂屋名古屋店ホームページはこちら