« 2015年2月 | メイン | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月12日 (木)

「襲名二十周年記念 赤膚焼 大塩昭山 茶陶展」を開催中@大阪心斎橋

Mark_shinsaibashi

 

ただいま、大丸心斎橋店にて、大塩昭山 茶陶展を開催中です。

「襲名二十周年記念 赤膚焼 大塩昭山 茶陶展」
3/11(水)→17(火)   大丸心斎橋店南館8階美術画廊

 

A



 

赤膚焼の里 赤膚山は、古の平城京の南西部に位置し、<あおによし>の枕詞どおり、古来より良質の陶土に恵まれました。
伝統ある「赤膚焼」は天平の昔からの歴史的文化風土に育まれ現在まで脈々と受け継がれてきました。

 

 

 

B

また「綺麗さび」の江戸初期の大茶人 小堀遠州 が好み<遠州七窯>のひとつにも数えられ、「赤膚焼」は優れた茶陶としてその名を轟かせています。

 

 

C
「金魚喰篭」 高さ19.5×幅31.5×奥行24cm 税込324,000円

 

 


陶歴
おおしお しょうざん
昭和35年 赤膚焼窯元三代目大塩昭山の長男として生まれる
昭和59年 大阪芸術大学工芸科陶芸専攻卒業
昭和60年 京都府立陶工高等技術専門校陶磁器科(成形)卒業
平成7年 四代目大塩昭山襲名
平成8年 四代目大塩昭山襲名展
平成21年 大丸心斎橋店にて個展
平成24年 大丸心斎橋店にて個展
平成25年 奈良県伝統工芸士に認定

 

 

D

「奈良絵花入」 二十周年記念企画作品 -正倉院宝物撥に因み-
税込108,000円
赤膚焼は灰釉を用いた乳白色の作品が多く見られ、そこには奈良絵と
呼ばれる「絵因果経(えいんがきょう)」を手本にした人形、家、
奈良の風景、鹿、昔の物語などの上絵付けが施されています。

 

 

 

E
「節句飾皿 立雛」 税込41,040円
「節句飾皿 兜」 税込41,040円
節句にちなんだ作品もございます。

 

 

 

F

 


会期中の添釜のご担当
3/13(金)武者小路千家 佐伯江南斎社中
3/14(土)表千家 青嵐会
3/15(日)裏千家 淡交会大阪西支部幹事長 和泉英徳先生

今回はご長女の博子先生の作品も初めての発表となります。

古都の奈良で伝統を守りながら真摯に作陶を続けておられる大塩昭山先生の作品の数かずをご覧ください。

 

「襲名二十周年記念 赤膚焼 大塩昭山 茶陶展」

【会期】 3/11(水)→17(火) ※最終日は午後4時閉場

【会場】 大丸心斎橋店南館8階美術画廊

大丸心斎橋店のホームページはこちら

2015年3月11日 (水)

廣田 晴彦 日本画展 「いつも行く道、そこにある空」を開催中@松坂屋名古屋

Mark_nagoya_2

 

ただいま、松坂屋名古屋店にて、第二回 廣田晴彦 日本画展 「いつも行く道、そこにある空」を開催中です。

 

「いつも行く道、そこにある空」と題し、何気ない日常の風景の一瞬を、鋭い感性と卓越した表現力で情感豊かに描く廣田晴彦先生の二回目の個展です。

先生は、1991年愛知県芸術大学大学院(日本画専攻)修了後、日本美術院を中心に意欲的な創作活動を展開されています。

ぜひこの機会にご来廊くださいませ。

 

 

「古都を行く」 10号 税込540,000円

1_3



廣田先生の絵にはよく猫が登場します。

木造の町家が魅力的な古都を優雅に散策する猫。この猫は先生自身なのでしょうか。

 

 

「夕刻・名古屋城」 10号 税込540,000円

2

神秘的に輝く夕刻の空を背景に情感豊かに描かれた名古屋城。

何気ない風景の中にも歴史の重みを感じさせます。

 

 

 

「安穏な木曜日」 4号 税込259,200円

3
最後に小品を紹介します。

細かい線で丹念に愛情豊かに描かれた黒猫。

気ぜわしすぎる日常の中でものんびりくつろぐその姿にとても癒されますね。

 

皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

第二回 廣田晴彦 日本画展 「いつも行く道、そこにある空」

【会期】 2015年3月11日(水)→3月17日(火)

【会場】 松坂屋名古屋店 南館6階美術画廊

松坂屋名古屋店のホームページはこちら

 

 

 

前田家唯一のご用窯「中村元風 色絵磁器展」を開催中@松坂屋名古屋

Mark_nagoya

 

本日、松坂屋名古屋店にて、「第二回 中村元風 色絵磁器展」がはじまりました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        年今年は加賀大聖寺藩 初代藩主・前田利治公が九谷焼を創始してから360年を迎えました。

現在、前田家唯一のご用窯として、また今九谷窯のアーティストとしてご活躍されている中村元風先生の当店における二回目の個展をご案内いたします。

 

 

ふくら手壷「栄華」  高さ35cm  ¥3,000,000

Img_3748



ふくら手とは釉薬や絵の具の立体感を強調した元風先生独自の技法です。

そのふくら手を使い、華やかな世界を表現した作品です。

  

 

 

ふくら手「天」神黒  高さ77cm  ¥5,000,000

 

 

天に向かう形が印象的な作品。

「神黒」と呼ばれる絵の具の黒が作品の神々しさを強め、神秘的な存在感を表す作品です。

 

 

 

額入りふくら手「赤富士」中皿  高さ27.5cm、額寸高さ44.5cm  ¥500,000

 

煌めくような赤が印象的な赤富士。

透明感のある鮮やかな赤は今まで不可能と言われてきましたが、先生が20年以上研究を重ねた末ついに実現。

「希赤(きせき)」と名付けられました。鮮烈な赤が明るい世界を表現し、元風先生独自の赤富士を実現しました。

 

ぜひご自身の目でお確かめくださいませ。

 

「第二回 中村元風 色絵磁器展」

【会期】 2015年3月11日(水)→3月17日(火)

【会場】 松坂屋名古屋店 南館6階美術画廊

松坂屋名古屋店のホームページはこちら

 

                                                                                   

                                                                          

                                                                                                                                                                                                                 

                                                                                                                                                                                                                 

                                                                                                                                                                                                                 

                                                                                                                                                                                                                 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           

北陸新幹線開業でますます注目!北陸の工芸 九谷Ⅰ

Mark_kyoto
                                            

間近に迫った北陸新幹線の金沢開業。

今回は輪島塗に続きもう一つの伝統工芸である九谷焼をご紹介いたします。 

                                                

九谷焼の特徴は、「呉須(ごす)」とよばれる藍青色で線描きし、「五彩」とよばれる、赤・黄・緑・紫・紺青の5色での絵の具を厚く盛り上げて塗る彩法です。                                             

その伝統技法に現代感覚を取り入れた若手作家が頭角を現してきています。                                                

         

                                              

例えば              

Photo_13



                               

                                                       

右:田畑奈央人 三重県生まれ、現在は石川県能美市で作陶活動しています。

作品名 「イグアナの花器」 (サイズ)幅18.0×奥11.0×高52.0cm 税込¥270,000

イグアナと言うグロテスクなモチーフでありながら、可愛らしさを感じさせます。

 

                                                       

左:中田雅巳(なかたまさる)

1977年石川県生まれ、現在は海外にも積極的に作品を出品。

作品名 「SEN(せん)」 (サイズ) 径12.8×高22.8cm 税込¥108,000

グレーの濃淡のみでシンプルなフォルムでありながら、洗練されたイメージを強く感じさせる作品です。

                                                       

                                                       

共に、従来の九谷とは、一線を画した作品です。

そのモチーフや絵付け、フォルムは現代の若者の感性が融合し、新しい陶芸作品の可能性を秘めています。

 

掲載作品についてのお問い合わせは、大丸京都店6階美術画廊にて承っております。

大丸京都店(大代表) 075-211-8111

大丸京都店のホームページはこちら           

2015年3月 6日 (金)

伝説の日本画家 中村正義を知っていますか?@大丸札幌店

Mark_sapporo

伝説の日本画家 中村正義を知っていますか?

52歳という若さで亡くなってからもうすぐ40年がたちます。

精緻な作風で「速水御舟の再来」と言われ、最年少で日展の審査員に。

その後、権威主義的な画壇に異を唱え、団体を脱退。

作風は一変し、激しい批判に晒されながらアヴァンギャルドで鬼気迫る作品を制作し続けました。


没後その評価は高まりを見せ、TV番組「日曜美術館」、「美の巨人たち」で特集されたり、

複数の美術館で回顧展が開催されてきました。

2年前にはドキュメンタリー映画「父をめぐる旅 異才の日本画家・中村正義の生涯」が

公開されています。

Photo_10

↑「舞女」日本画 4号

日本人の絵画には「叫び」がないと批判し、すべての絵画は「自画像」だと語った中村正義。

今回は作家の「心の叫び」、「魂の自画像」をご覧ください。

Photo_12

↑「薔薇図」日本画 4号

今から50年近く前に、蛍光塗料やエアブラシを使用した日本画作品を残しています。

当時は気がふれたといわれた作品も、今見ると普通にスタイリッシュですね。

やっと時代が追い付いてきたということでしょうか。

Photo_13

↑「月光」日本画 6号

突如発表した「太陽と月のシリーズ」。

「あいつにはもう売れる絵は描けない」という世間の声に対しての回答と言われています。

完売したそうです!

Photo_14

今回は中村正義のほかに、片岡球子、河島淳司、荻原季美子、横山操など、

既定の枠に収まりきらない日本画の奇才たちの作品も併せて展示しております。

どうぞこの機会にご覧ください。

「中村正義と日本画の奇才たち」

2015年3/4(水)~3/10(火) 午前10時~午後8時 *最終日は午後5時閉場

大丸札幌店 8階 美術画廊 TEL011-828-1111(代)

clover大丸札幌店のHPはこちら



日本の2大名窯「近代柿右衛門・今右衛門展」@大阪心斎橋

Mark_shinsaibashi_2

余白を活かした独自の意匠を描く柿右衛門。

優美で格調高い色鍋島の伝統様式を受け継ぐ今右衛門。

数百年の歴史ある有田磁業で独自の色絵技術を代々継承する二大名窯です。

匠の技と創意が光る大正から昭和の作品を展観いたしております。

Photo

Photo_3

↑十三代 酒井田柿右衛門「観音置物」1964年~82年 共箱

非常に美しい色絵です

背面も文様が精緻に描かれています。

Photo_5

↑十二代 今泉今右衛門「色鍋島 柘榴絵額皿」1949~75年 共箱

寸分の誤差もない完璧な器に洗練された意匠が施されています。

かつて鍋島藩窯で焼かれた鍋島焼は、

将軍家の献上品、他藩公への贈答用としてのみ作られていたため、

その存在は明治時代に至るまで、一般には知られていませんでした。

一級品のみが残され二級品以下はすべて破棄されていたので、

現存する江戸期の鍋島焼は非常に少なく、

その多くは海外のミュージアムに収蔵されています。

今泉家は鍋島藩窯の御用赤絵屋として、江戸初期以来、上絵付けと赤絵焼成を専業としていました。

しかし明治維新後の廃藩置県により、世界最高峰の製陶技術を持った鍋島藩窯も解散します。

Photo_6

↑十三代 酒井田柿右衛門 濁手 三種


佐賀の方言で「米の研ぎ汁」のことを「濁し」と言います。

柿右衛門の濁手素地の白さは米の研ぎ汁のような温かみのある白さであることから

「濁手」と呼ばれています。

柿右衛門の大きな特徴は白い磁肌を多く残しながら赤絵を描くことによる

白磁の美しさと赤絵の美しさの調和です。

17世紀中頃より約100年間、オランダの東インド会社により広くヨーロッパに紹介され、

王侯貴族のコレクションの対象となりました。

ところが濁手素地も、原料の入手や制作上の困難さにより

江戸中期頃に一度途絶えてしまいました。

それから長い空白の後、昭和になって十二代柿右衛門とその子である十三代柿右衛門は

江戸期の古文書をもとに長い苦労の末、濁手の復元の成功しました。

1971年にはその技術が国の重要無形文化財の総合指定を受けます。

Photo_8

↑十三代今泉 今右衛門「色絵吹墨珠樹文花瓶」 1976~2001年 共箱

「吹墨」は有田の初期1610年~40年頃に多く使われた技法で、

1620年代に中国の景徳鎮窯で作られた染付に使っていた技法にならったものです。

当時は兎とか鷺などの文様を紙に切り取り、

素地に置いて染付けの青色顔料(呉須)を吹きつけ、

文様のまわりを点々の状態で絵付けした技法のことをいいます。

1975年に十三代が新しい技法を模索するうちに

この技法を鍋島の世界に初めて応用することを思いつき発表しました。

会場には多数の作品を展観いたしております。

すべてご紹介できないので残念です。

日本が世界の誇る陶磁器の数々には、それぞれの素晴らしい伝統と

その時代に生きた匠たちの努力を、

作品をとおして窺い知ることができます。

「近代 柿右衛門・今右衛門展」

2015年3/4(水)~3/10(火) 午前10時~午後8時 *最終日は午後4時閉場

大丸心斎橋店 南館8階美術画廊 TEL06-6271-1231(代)

clover大丸心斎橋店のHPはこちら

2015年3月 4日 (水)

「牧進 日本画展」開催中@松坂屋名古屋

Mark_nagoya

ただいま、松坂屋名古屋店にて、「牧進 日本画展」を開催中です。

牧先生は、卓越した描写力と装飾性あふれる画風で現代日本画壇に確固たる地位を築かれています。

是非この機会にご来廊くださいませ。

 

「牧進 日本画展」 平成27年3月4日(水)~3月10日(火)

                                                                                                                                                                                                  

1_6



「青葉の頃」 紙本・共シール 10F

(税込)5,400,000円

 

青葉の頃のもみじの水面を優雅に泳ぐ鯉の図。人気の図柄です。

                                                                                                                                                                                                                                                                                              (税                                                                                                                                                                                                                            

 

 

2
「八ツ橋」 絹本・共シール 6F

(税込)3,888,000円

 

八ツ橋に紫と白の菖蒲が咲き誇る。

色のコントラスト、シャープな筆致がすばらしい気品溢れる作品です。                                                   

 

 

 

3
「春の初め」 絹本・共シール 4F                                                                        

(税込)2,592,000円

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            

竹細工の籠に初春を感じさせる花々が凛として生けられている。小品ながら生命力溢れる作品です。                                                                                                                                      

 

 

ぜひ実物の作品をお楽しみくださいませ。

 

「牧進 日本画展」

【会期】 平成27年3月4日(水)~3月10日(火)

【会場】 松坂屋名古屋店 南館6階美術画廊

松坂屋名古屋店のホームページはこちら

                                                                                                                                                                                                      

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     

                                                                                                                                                                                     

2015年3月 3日 (火)

3/4~3/10開催 池田カオル乾漆彫刻展@松坂屋名古屋

Mark_nagoya

3/4(水)より松坂屋名古屋店にて、池田カオル乾漆彫刻展を開催いたします。

 

Img_20150303_172022_2



 

日本古来より仏像制作に用いられた乾漆技法による池田カオル先生の作品は、心和まされる穏やかな表情、優雅さと静けさを併せ持つたたずまいなど、現代の人々が仏像から感じる癒しの風情を醸し出しています。

どの作品を前にしてもふと足を止め、語り合いたい感覚に誘われます。

 

 

 

Img_20150303_172150
「せせらぎの調べ」 高さ60cm

耳をすませば…せせらぎの調べ

                                                                                                                                                                                                                               

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

Img_20150303_172235
「明日につなぐ」 高さ53cm

That's母性愛。お母さんとこどもの絆は永遠に不滅です。

 

 

癒しの作品の数かずを、ぜひご覧くださいませ。

 

「池田カオル乾漆彫刻展」

【会期】 2015年3月4日(水)~3月10日(火)

【会場】 松坂屋名古屋店 南館6階美術画廊

松坂屋名古屋店のホームページはこちら

                                                                                                                                               

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

                                                           

                                                                                                                                                 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

                                                                                                                                                                                                                                                              

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

北陸新幹線開業でますます注目!北陸の工芸 輪島塗Ⅰ

Mark_kyoto

 

2015年3月14日(土)に、いよいよ金沢⇔東京間で北陸新幹線が開業します。                                            

今後、ますます注目される北陸地方の中で美術工芸品を代表するアイテムに九谷焼と輪島塗があります。

今回は、その中で輪島塗の漆芸についてご紹介いたします。          

                                                 

日本を代表する伝統の技であり文化でもある輪島塗は、漆芸作家の先生方が制作される作品と、職人たちが分業で作り上げる工房(家内制手工業)の2つに分かれます。                                                                   

輪島塗には、蒔絵や沈金など様々な技法があり漆芸作家の中にはその技法の1つを極め重要無形文化財(人間国宝)保持者に認定される人も数多く存在しています。                                                        

輪島地方には漆芸美術館などの観光スポットや旅館、ホテルなどに作品が飾ってありますので訪れた際はぜひご覧下さい。                                                                     

         

 

ここで、おすすめの輪島漆芸作品2点をご紹介します。        

 

輪島漆芸 扁額  

作家名  佐藤幸一  

作品名  『峻嶺』(劔岳・八ッ峰) 

サイズ  42cm×122cm                                                                     

価格   税込3,780,000円

Wajimasatou1

金・銀粉練描研ぎ出し蒔絵(金銀粉と生漆を練り合わせ、山肌の層を幾十にも描き、完全乾乾燥後、木炭などで研ぎ出し研磨する技法)で描かれた、佐藤先生の最も得意とする山の景色と技法です。                                                           

                                                                     

                                                                     

輪島塗 飾香炉  

作家名 三谷吾一  

作品名 千羽鶴沈金 香炉  

サイズ  高さ12cm×径9cm                                                            

価格   税込2,376,000円

 

Mitanikouro

漆の鏡面に細かい点彫りをした後、漆を摺り込み上から金箔、銀箔などを落とし込む沈金技法の重鎮で、日本芸術院会員でもある三谷先生の代表作です。            

 

 

こちらの作品についてのお問い合わせは、大丸京都店6階美術画廊にて承っております。

大丸京都店(大代表) 075-211-8111

大丸京都店のホームページはこちら             

2015年3月 2日 (月)

大正ロマンの森 竹久夢二 伊香保記念館 に行ってきました

 

先日、群馬県伊香保の竹久夢二記念館に行ってきました。

伊香保・榛名は夢二がこよなく愛した地ということで、記念館が建てられたようです。

 

Img_0212

 

 記念館は、大正ロマンの森 というテーマパークの中にあり、記念館自体も大正時代を

感じさせるレトロな造り。

 

 

Img_0213

 

 

中に入ると、目をみはる空間を昔の証明器具がやさしく照らしていて、夢二の絵画や軸、

スケッチ帳、装丁本、日記、書簡などが展示されています。

幅広い分野で活躍した夢二。中には逆に新しく感じられる作品もあって、改めてその才能と

魅力に脱帽。

 

所蔵品はたくさんあり、定期的に公開する作品を変えているようです。

 

夢二の作品の他、オルゴールやオールドノリタケ、モリムラドール、古伊万里など、歴史を

感じさせる美術品の数々が展示されており、見ていて飽きません。

 

私が行ったのは、まだ寒い時期で、庭園の池には氷が残っていましたが、春には新緑が

気持ちいいと思います。

お近くに行かれた際にはぜひ寄ってみてください。オススメです。

 

Img_0216

 

Img_0215

 

ribbon竹久夢二伊香保記念館のホームページはこちら