« 2015年8月 | メイン | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月30日 (水)

「轟 友宏展ーHAPPY DRIVE!」開催中@大丸神戸店/大丸京都店

Mark_kobe

2015年9月30日(水)より
大丸神戸店 7階 美術画廊にて 「轟 友宏展 -HAPPY DRIVE!-」を開催いたします。


世界最高峰のクラシックカーのレースと讃えられたイタリアのミッレミリア。
そのミュージアムで東洋人初の個展を5ヶ月間にわたり開催した乗り物絵師・轟友宏先生。
その躍動感に溢れ、ポジティブに観るものを楽しませてくれる轟ワールドを
ぜひこの機会にご高覧ください。

「轟 友宏展-HAPPY DRIVE!-」
【会期】:9月30日(水)~10月6日(火)*最終日は午後5時閉廊
【会場】:大丸神戸店 7階 美術画廊

※なお同個展はその後、大丸京都店でも開催いたします。
【会期】:10月14日(水)~10月20日(火)*最終日は午後5時閉廊
【会場】:大丸京都店 6階 美術画廊

 

Photo_3「Ferarri 250」 6号

 Ogawa「フェラーリテスタロッサ 黄」 6号

 

 

Fiat500_2「Fiat 500」 6号

 

 

3「Mercedes Benz」

 

 

 ◆轟 友宏
<作家略歴>
平成14年: NY ART EXPO 出展
平成15年: NY ART EXPO 出展
        NYにて Williamsburg Art & Historical Center,
              Brooklyn"CHARACTERISM"に出展
平成23年: 世界最大のクラシックカーイベント 仏パリ-レトロ-モビルに出展
        Young Art Taipei (台湾)
平成24年: 世界最大のクラシックカーイベント 仏パリ-レトロ-モビルに出展
        パリにて個展
        Asia Top Gallery Hotel Art Fair (香港)
平成25年: イタリアが誇る世界最高峰のクラシックカーレースのMilleMigliaの
        ミュージアムで東洋人として初の個展を5ヶ月間にわたり開催。

<受賞歴>
平成 9年: 第1回創作キャラコン大賞入選(竹中直人賞)
平成15年: 村上隆主催 GEISAIミュージアム(岡本敏子賞)
平成21年: アメリカ最大の映像祭「New York festivals」教育番組部門にて入賞

 

轟 友宏展-HAPPY DRIVE!-」
【会期】:9月30日(水)~10月6日(火)*最終日は午後5時閉廊
【会場】:大丸神戸店 7階 美術画廊

※なお同個展はその後、大丸京都店でも開催いたします。
【会期】:10月14日(水)~10月20日(火)*最終日は午後5時閉廊
【会場】:大丸京都店 6階 美術画廊

 

※このブログ掲載の作品画像は大丸神戸店出品のものでございます。
  大丸京都店におきましては出品作品が異なる場合がございますので
  予めご了承くださいませ。

大丸神戸店のホームページはこちら

 

「濱中応彦(はまなか おうげん) 水墨画展」開催中@大丸東京店

Mark_tokyo
2015年9月30日(水)より、
大丸東京店 10階美術画廊にて濱中応彦先生の水墨画展を開催いたします。

和紙と漆黒の墨とが自然の美しさを奏でる濱中応彦の水墨画の世界。
風のそよぎや波の音まで静かに伝わってきそうなエナジーに満ちています。
印象的な余白は光を感じさせ、水墨画の醸し出す豊かなイメージが心に響いてきます。

ロンドン王立美術館やキエフ国立オペラハウスでの展示など、
海外からも高い評価を受けた濱中応彦の世界、ぜひこの機会にご高覧くださいませ。


「濱中応彦(はなまか おうげん) 水墨画展」
【会期】:9月30日(水)~10月6日(火)
*木・金曜日は午後9時まで 最終日は午後5時閉場
【会場】:大丸東京店 10階美術画廊 

【作家来場予定】
10月3日(土)、4日(日)、5日(月) 各日午後1時~5時

3「塔」   39.5×30.0㎝

 2
「渦潮」 25M号

 

4「晨馬」 10M号

6「仲秋」 5号

■濱中応彦(はまなか おうげん)


1945年 山口県に生まれる。(本名 正彦)
1963年 日本画家 竹内無憂樹氏に師事
1971年 日本画個展開催(オーストラリア・シドニー)
1974年 日春展出品
1985年 「書と水墨画の親子展」開催
1986年 水墨画個展開催 (サンフランシスコ ジャパニーズセンター)
1992年 “地球尊敬“展を2006年まで開催 ニューヨーク、ロンドン、大阪
1993年 ロンドン王立美術院ロイヤルアカデミー・オブ・アーツにて個展
1996年 英国ロイヤルチェルシーフラワーショーにて造園家ジョンパン・ヘイジ氏とのコラボレーションで襖絵を担当 ゴールド賞受賞
1997年 エドワード王子来日記念展
1998年 銀座三越・神戸三越・高知大丸・熊本鶴屋にて水墨画展開催
2000年 日本・ウクライナ芸術文化祭で水墨画のデモンストレーションと展示(キエフ 国立オペラハウス)
2001年 墨画トリエンナーレ富山2001出品
2003年 京都市松尾 飛龍山玄忠院に天井・壁面画・襖絵「双龍図」奉納
2005年 「Tone Art」展開催 (大阪府立現代美術センター、大阪市中央公会堂)
2006年 「地球尊敬」展開催 (JR大阪セルヴィスギャラリー)
京都市左京区 壇王法林寺に「桜図屏風」奉納
2007年 多賀大社「御神木」図 奉納
2008年 チェコのプラハ、カンパ美術館にて展覧会開催
2011年 大丸東京店、大丸心斎橋店にて水墨画展開催
現在 墨風会主宰

 

「濱中応彦(はなまか おうげん) 水墨画展」
【会期】:9月30日(水)~10月6日(火)
*木・金曜日は午後9時まで 最終日は午後5時閉場
【会場】:大丸東京店 10階美術画廊 

 

大丸東京店のホームページはこちら

 

 

2015年9月24日 (木)

「佐藤 潤 絵画展 画業20周年」開催中@大阪心斎橋店

Mark_shinsaibashi

2015年9月23日(水・祝)より、
大丸心斎橋店 南館8階 美術画廊にて、佐藤潤先生画業20周年を記念した絵画展を開催しています。

「佐藤 潤 絵画展 画業20周年」 
【会期】:9月23日(水・祝)~29日(火)*最終日は午後5時閉場
【会場】:大丸心斎橋店 南館8階 美術画廊

 

動物たちの魅力を鮮やかに描き出す画家、佐藤潤。
近年は古来からの風習や吉祥、歳時記などを作品の要素として取り入れながら
独創的な世界を創り出しています。
今年、画業20周年を迎え、パリでの個展や日本・イタリア交流事業への参加など
ますます活動の幅を広げる佐藤先生の作品を
ぜひ、この機会にご観覧くださいませ。

 

9月25日(金)・26日(土)・27日(日)各日午後1時~5時
には佐藤潤先生にご来廊いただきます。
貴重なお話をおうかがいできるかも知れません。

 Photo_2動物たちの魅力を鮮やかに描き出す佐藤潤先生の絵画展がはじまりました。

 

Photo_3画業20周年を迎えられ、パリでの個展や日本・イタリア交流事業への参加など精力的に活動されています。

 

 

Photo_4自然環境への配慮から画紙にもこだわり、竹100%の手漉き和紙「竹紙」を使用されています。

 

 Photo_5人気の高い短冊。12ヶ月揃。 <ご注文いただいて約1ヶ月、フルセットだと2ヶ月かかります>
古来からの風習や吉祥、歳時記などを作品の要素として取り入れながら独創的な世界を表現されています。

 

Photo_6会場では、最新作を含む約30点を展観いたしております。

 

Photo_8「ニルヴァナ」風炉先屏風 51×166cm 鳥の子和紙 税込1,836,000円

Photo_9「龍図」9号変型 竹紙 税込583,200円

 

 

《佐藤潤 JUN SATO》


1970年 大阪市生まれ。京都精華大学美術学部卒業。
1995年 京都にて初個展を開催。
2009年 アメリカの大手パズルメーカーCEACO社、STAVE社ほかアメリカの企業より作品が商品化される。
      環境省、WWFジャパン、大阪市天王寺動物園、大阪国際センター、釧路動物園、
      東京海洋大学水産資料館他に作品寄贈。
2015年 1月 フランス・パリ、ギャラリーメタノイアにて個展開催。東本願寺出版部発行 「お彼岸」の表紙絵に
      作品「世界樹」が起用される。全国の小学校に配本されている書籍「美術ぷらす」にて
      佐藤潤の作品4点が紹介される。西日本テレビ、西日本ラジオに出演。
      画業20周年記念作品集を出版。
      3月 画業20周年記念祝賀会を開催。FM京都に出演。日本イタリア交流事業の一環で
      イタリア、フィレンツェのロムアルド・デル・ビアンコ財団にて個展を開催。
      ミラノ万博公式イベントの一環として、ミラノ、Chie ArtGalleryでの展覧会に作品を出展。
      2015年尚円王生誕600年祭イベント第16回 いぜな尚円王まつりの公式ポスターに
      作品「ギタラ図」が起用される。

 



「佐藤 潤 絵画展 画業20周年」 
【会期】:9月23日(水・祝)~29日(火)*最終日は午後5時閉場
【会場】:大丸心斎橋店 南館8階 美術画廊

 

大丸心斎橋店ホームページはこちら

「-追悼ー 秋山厳 木版画展」開催中@大丸東京展

Mark_tokyo_2

2015年9月23日(水・祝)より、
10階美術画廊で 「-追悼- 秋山厳 木版画展」を開催いたしております。

本展は平成26年9月15日、享年93才にて天寿を全うされました
秋山厳氏への追悼の意を込めて開催する木版画展です。
木版一筋に自然と向きあい、そこから聞こえる息遣いを素朴に
表現し続けてきた秋山先生・・・・・。
種田山頭火の句を題材としたシリーズをはじめ、
梟や猫・小動物など、遺作を含めた約30点を展覧いたします。

-追悼- 秋山厳 木版画展」
【会期】:9月23日(水・祝)~29日(火)
*木・金曜日は午後9時まで 最終日は午後5時閉場
【会場】:大丸東京店 10階美術画廊 

 

Photo_2「たのし」 木版画                      亡くなった 2014年に制作されました。


 

2 「七賢人」 木版画                             梟は自分の分身でしょうか。

 

 

3「雪ふりしきる」 木版画                 山頭火には50才の頃出会いました。

 

 

4

5小品も含めると40余点、見応えのある回顧展です。
ぜひ、この機会にご観覧くださいませ。

 

B

《秋山 巌 あきやま いわお》

 

1921年  大分県竹田市に生まれる
1953年  太平洋美術学校卒業
       棟方志功、坂本繁二郎、布施梯次郎に師事
       独学にて民俗学、仏教学、俳詩、陶芸、彫刻、水墨画を学ぶ
1966年~CWAJ現代版画展に招待出品
1970年  日本版画院退会
1977年  棟方志功に傾倒した版画四人(秋山巌、日下里美、高橋功、
        土屋正男)と「柵」を結成
2014年  千葉の松戸市の自宅にて死去

《所蔵》

大英博物館、ヴィクトリア国立美術館、イスラエル国立美術館、
ボン大学、スッコトランド国立美術館

-追悼- 秋山厳 木版画展」
【会期】:9月23日(水・祝)~29日(火)
*木・金曜日は午後9時まで 最終日は午後5時閉場
【会場】:大丸東京店 10階美術画廊 

 

大丸東京展のホームページはこちら

 

「ー還暦記念ー 大清水窯 城所弘光 作陶展」開催中@松坂屋上野展

Mark_ueno
2015年9月23日(水・祝)より、
松坂屋上野店 本館7階 美術画廊にて、城所弘光先生による作陶展を開催いたします。

-還暦記念- 大清水窯 城所弘光 作陶展」
【会期】:9月23日(水・祝)~29日(火)*最終日は午後5時閉廊
【会場】:松坂屋上野店 本館7階 美術画廊

 

還暦を迎え、今日まで薪の窯を焼き続けてこられた事に深く感謝しております。

土と炎を身近において自然と融合しながら生まれた作品は、

造形した私の手元を離れ、まるで別人のような顔をして安堵の表情を浮かべております。

ぜひご高覧いただきたく、お願い申しあげます。

                                       城所 弘光

1焼絞偏壺 「トルソー60」 高さ31×径17cm

 

2灰被り壺 「海あがり」 高さ22×径20㎝

  

3灰被り茶碗 「ミソソギ」 高さ14×径9㎝

 

4

5その他、花器、徳利、ぐい呑など多彩な作品が並びます。

 

《作家略歴》

1955年  神奈川県厚木市に生まれる
1978年  中央大学卒業
        滋賀県甲賀郡信楽町の信楽焼窯元にて修行
1984年  厚木市に独立開窯「呂久呂屋」と号す
1987年  第九回日本陶芸展入選(同第十回入選)
1988年  山梨県中巨摩郡櫛形山中腹に半地下式登窯築
1990年  山梨県に居を移す
1992年~ 全国有名百貨店にて個展開催
1996年  穴窯築窯 

 「-還暦記念- 大清水窯 城所弘光 作陶展」
【会期】:9月23日(水・祝)~29日(火)*最終日は午後5時閉廊
【会場】:松坂屋上野店 本館7階 美術画廊


松坂屋上野店のホームページはこちら




 

 

2015年9月23日 (水)

「ガレ&ドーム アール・ヌーヴォー ガラスの美展」開催中@大丸神戸店

Mark_kobe
2015年9月23日(水・祝)より、
大丸神戸店 7階美術画廊で 「ガレ&ドーム アール・ヌーヴォー ガラスの美展」を開催いたします。

アール・ヌーヴォー芸術の中心人物エミール・ガレが没して111年が経ちました。
光と色が織りなすガラス芸術は色褪せることもなく、いまも世界中の人々を魅了し続けています。
今展では、初期の希少作品から、人気のランプまで多彩な作品を出品いたします。
また、ガレの最大のライバルであったドーム兄弟の作品もあわせて展観いたします。

「ガレ&ドーム アール・ヌーヴォー ガラスの美展」
【会期】:9月23日(水・祝)~29日(火)*最終日は午後5時閉場
【会場】:大丸神戸店 7階 美術画廊

 

 

15_09_18ガレ
「海藻文サリシュール花器」 1900年頃  高さ51cm

 




Photoガレ
「ジャンヌ・ダルク文花器」 1890年頃 高さ15.4cm

 

 

Photo_2ガレ
「雪笹に鳥文花器」 1890年頃 高さ32cm

 

 

 

 Photo_5ドーム
「金彩水辺風景文双耳花器」 1890頃  高さ19.6×横23.4cm

 

 

 

Photo_6

ドーム
「菫文金彩花器」 高さ8.5×横20cm 

 

 「ガレ&ドーム アール・ヌーヴォー ガラスの美展」
【会期】:9月23日(水・祝)~29日(火)*最終日は午後5時閉場
【会場】:大丸神戸店 7階 美術画廊

 

大丸神戸店ホームページはこちら

「やわらかくて いとおしい 竹林 柚宇子 日本画展」開催中@大丸京都店

Mark_kyoto_2
9月23日(水・祝)より、竹林柚宇子先生による 6階エスパス初個展をご案内申し上げます。

簡潔な線と構図、そして人への暖かい眼差しから生み出される作品には
見る人をやさしく包み込む独特の味わいがあります。

 ※和紙の他、綿布に描かれた作品もございます。


やわらかくて いとおしい 竹林 柚宇子 日本画展」
【会期】:9月23日(水・祝)~29日(火)*最終日は午後5じ閉場
【会場】:大丸京都店 6階 アートサロン ESPACE KYOTO

 

 

Photo_2「おきがえ」   10号P

 

S「音の鳴るほう」 0号

 

  

《竹林 柚宇子/たけばやし ゆうこ》

1971年 滋賀県出身
1994年 嵯峨美術短期大学専攻科修了

《個展》

1999年 ギャラリー三条(京都)同2000年
2001年 IMURA ART GALLERY(京都)
2005年 石田大成社ホール(京都)
2006年 京都大丸アートスポット 石田大成社ICB(京都)
2008年 Fine Art THE GALLERY (神戸)
2013年 大丸 心斎橋店、松坂屋 上野店
2014年 三越 仙台店、三越 高松店 

《企画展・グループ展》

1994年 「グループ芽生展」京都文化博物館(同95~00年)
2000年 「尖」展 京都市美術館(以降毎年)
2003年 「京都府美術工芸新鋭選抜展」京都文化博物館(同04年)
      「NEXT展」招待作家として出展(高島屋)
2006年 「新世代の日本画展」京都大丸(同07年)
      指派(京都)
2007年 「尖・東京展」 佐藤美術館 (東京)
      「池永康晟・竹林柚宇子 二人展」(京都)
2009年 「京都日本画新展」美術館「えき」KYOTO
      「岩崎絵里・竹林柚宇子 二人展」(大丸 心斎橋店、東京店)
2011年 「高村総二郎・竹林柚宇子 二人展」
      (ながの東急百貨店、水戸京成百貨店)
2012年 「菅楯彦大賞展」(京都文化博物館、倉吉博物館)

 

 

やわらかくて いとおしい 竹林 柚宇子 日本画展」
【会期】:9月23日(水・祝)~29日(火)*最終日は午後5じ閉場
【会場】:大丸京都店 6階 アートサロン ESPACE KYOTO

 大丸京都店ホームページはこちら

2015年9月19日 (土)

「前原満夫 日本画展」開催中@松坂屋上野店

Mark_ueno


9月16日(水)より、本館7階美術画廊で「前原満夫 日本画展」を開催いたしております。

故郷の自然風景や大井川や南アルプスなどに取材した作品からは、
前原先生の優しい実直なお人柄がうかがわれ、多くの人々に感動を与えています。
本店では、風景や可憐な花々を中心に約20点を展覧します。

「前原満夫 日本画展」
【会期】:9月16日(水)~22日(火)*最終日は5時閉廊
【会場】:松坂屋上野店 本館7階美術画廊

※作家在廊
 9月19日(土)   午前10時~午後1時 /午後4時~午後8時
 是非ともこの機会に、前原先生とご歓談くださいませ。

Photo

「春待」  50号 第65回 春の院展 奨励賞

Photo_3

「朝霧の富士」 20号

Photo_4

「白やしお」 10号

Photo_5

毎年、春になると自然の息吹を楽しみに、南アルプスの懐まで写生に出かけます。

野に座して、花や木々、又鳥や野生動物に出会い写生しておりますと、

草木に意思の様なものが見える事が有ります。

何度行っても、その度新しい発見や出会いがあり、不思議な気持ちが生まれ、

それが感動に繋がります。

その余韻をどのように伝えられるか、を思いながら制作して行きたいと思っております。

                                                 前原 満夫

日本美術院招待作家で在られる、前原満夫先生は

1944年静岡県島田市生まれ。

院展の松尾敏夫先生に師事し、奨励賞や日本美術院賞(大観賞)

などの受賞を重ねています。

 

「前原満夫 日本画展」

【会期】:9月16日(水)~22日(火)*最終日は5時閉廊
【会場】:松坂屋上野店 本館7階美術画廊

松坂屋上野店ホームページはこちら 

2015年9月18日 (金)

「KYOTO FLOWERY CIRCUS 舟田 潤子 銅版画と和紙水彩画展」開催中@大丸京都店

Mark_kyoto_2

9月16日(水)より、京都店6階 アートサロン ESPACE KYOTOにて
舟田潤子先生の銅版画と和紙水彩画展を開催しております。

銅版画や水彩画など多彩な表現を手がける舟田潤子先生がエスパスに初登場。 
サーカスをテーマに、明るい色彩でリズミカルに描かれる作品をお楽しみください。

京都伝統工芸とコラボレートした、西陣織の帯や焼き物、表具なども発表します。
さらに、レース生地等使用した軸装作品や帯、バッグなども展示します。


KYOTO FLOWERY CIRCUS 舟田 潤子 銅版画と和紙水彩画展」 
【会期】:9月16日(水)~22日(火・休)*最終日は午後5時閉場
【会場】:大丸京都店 6階 アートサロン ESPACE KYOTO

※作家は全日午後より在廊、ぜひお越しくださいませ。

 

Photo_4_6


「parade」 67×82cm 銅版画


 

Chuchucupflowerl「chu chu cup flowery」 32×27.5cm 銅版画

 

 

Photo「poppy parade」 33.5×33.5cm 和紙水彩画

 

 

Funada20142_2 

《舟田 潤子/ふなだ じゅんこ  略歴》 
1982 京都に生まれる
2003 オーストラリア国立大学交換留学
2005 京都精華大学芸術学部造形学科版画専攻卒業
2006 パリ、ギリシャにて制作
2007 京都精華大学芸術学部研究生

《受賞暦》
2002 USJCアートフェスタ2002 KIRIN特別賞
2004  第2回アートストリームリバープレイス 大賞 
2005  京展(`06`07`08)入選/第4回池田満寿夫記念芸術賞 入選
2006  第5回大野城まどかぴあ版画ビエンナーレ 池田満寿夫大賞
      アミューズアートジャム2006 NISSHA賞
2007  ヘイリ・アジアプロジェクトⅡー日本現代芸術祭(韓国・へイリ)
2008 第16回プリンツ21グランプリ展  新日本造形賞
      第13回ポーランド小品国際トリエンナーレ 入
      第53回 CWAJ現代版画展(東京・神戸)`12
2009 ART OSAKA(`10`11`12`14 堂島ホテル・ホテルグランヴィア大阪)
2010  第30回カダケス国際ミニプリント展 大賞(スペイン)
2012 ART KYOTO(ホテルモントレ京都)
2013 全国和紙画展 入選
2014 神戸アートマルシェ
     JAPAN ART IN MALTA ホテルカバリエリ(地中海・マルタ島)
     第1回ヤングクリエーターズアワード 加藤義夫審査員賞
     ホテル グラン・エムズ京都 全アートワークを手掛ける
2015  和歌山県立近代美術館 オリジナル銅版画制作&講演会
     三越美術特選会(東京・日本橋)

《個展》
2006 法然院(京都)/大丸京都店/アートゾーン神楽岡(京都)`08`10`12`13
2007 シロタ画廊 (東京・銀座)`09`10`11`13`14
2009 アートガーデン(岡山)
2010 イーマ(大阪・梅田)
2011 TALLER GALERIA FORT(スペイン・カダケス)
2013 あべのハルカス近鉄本店(大阪・阿倍野)`14
     銀座三越8階ギャラリー(東京・銀座)
2015  あべのハルカス近鉄本店(大阪・阿倍野)
    大丸京都店アートサロンESPACE KYOTO

 

 KYOTO FLOWERY CIRCUS 舟田 潤子 銅版画と和紙水彩画展」 
【会期】:9月16日(水)~22日(火・休)*最終日は午後5時閉場
【会場】:大丸京都店 6階 アートサロン ESPACE KYOTO

大丸京都店のホームページはこちら

2015年9月17日 (木)

「~ヴァルールの美~五味悌四郎 洋画展」開催中@大丸東京店

Mark_tokyo_3


9月16日(水)より、 10階美術画廊で「五味悌四郎 洋画展」を開催しています。

写実美を追求し、数多くの名作を生みだした洋画家_五味悌四朗。
絶え間ない研究から生み出された、その独特な世界観は日本の洋画界に
革命をもたらすほどの大きな功績を遺しました。

陰影を巧みに使いこなし表現された重厚な作品は、
亡くなった今なお多くの人々を魅了しています。



~ヴァルールの美~五味悌四郎 洋画展」
【会期】:9月16日(水)~22日(火・休)
*木・金曜日は午後9時まで 最終日は午後5時閉場
【会場】:大丸東京店10階美術画廊

 

Photo

「椿 岩根絞り (備前壺)」 M15号

 

Photo_3

「実り 桃と葡萄」 S10号

 

7

 

Photo_6

椿や野の花などの代表作に風景なども加え、30余点を展示しています。

 

 

さらに本展ではご遺族の秘蔵にて不出でございました貴重な資料、
「昭和20年 第一回日展 入選通知書」や当時の週刊誌の表紙絵など、

Photo_7

めずらしい「自画像」や作家愛用のパレットなども展示いたしております。
この機会に是非、五味悌四朗の世界、ご高覧くださいませ。

Photo_8

 

《略歴》

大正 7年  東京都台東区うまれ。
         川端画学校、東京美術学校に学ぶ。
昭和20年  第一回 日展出品
昭和39年  渡欧、パリ・グランショミエールに学ぶ。
         ボザール展入選、ル・サロン展で銀・銅賞受賞
         同展無鑑査となる。
昭和45年  フランス・アンデパンダン展出品
昭和61年  一水会退会、無所属となる。
平成16年  86歳逝去。

 

~ヴァルールの美~五味悌四郎 洋画展」

【会期】:9月16日(水)~22日(火・休)
*木・金曜日は午後9時まで 最終日は午後5時閉場
【会場】:大丸東京店10階美術画廊

 

大丸東京店のホームページはこちら