« 2015年12月 | メイン | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月29日 (金)

「明日へのかがやき 第5回 煌の会展」開催中@松坂屋名古屋店

Mark_nagoya2016年 1月27日(水)より、
名古屋店 美術画廊にて"光風会"会員先生による、煌の会展を開催いたします。



具象絵画の現代性を追求する光風会は設立102年を越え、

その長い歴史の中で常に「気品ある穏健な具象画」を標榜し、

新しい時代の変化の中で多彩な表現を追い求めています。

今展は、光風会の伝統の中で個性を培われた諸先生が、

豊かな感性に彩られた魅力溢れる新作を展観いたします。

 

「 明日へのかがやき 第5回  煌の会展」
【会期】:1月27日(水)~2月2日(火)*最終日は午後4時閉廊
【会場】:松坂屋名古屋店 本館8階 美術画廊

Photo藤森兼明「メッシーナー追想」 30P

 

〈出品作家〉 

藤森 兼明  石田 宗之   遠藤 原三   大谷 喜男    桑原 富一  

児島新太郎  柴田 仁士   西田 伸一   町田 博文    (順不同・敬称略)

 

「明日へのかがやき 第5回  煌の会展」
【会期】:1月27日(水)~2月2日(火)*最終日は午後4時閉廊
【会場】:松坂屋名古屋店 本館8階 美術画廊


松坂屋名古屋店のホームページはこちら

【2016年2月】松坂屋静岡店・本館6階美術画廊・サロン@「アート・インフォメーション」

Mark_shizuoka
松坂屋静岡店 本館6階 美術画廊・サロンにて、2月に開催される美術展をご紹介します。

【2月3日(水)~9日(火):美術画廊】
「名僧墨蹟展」

名僧たちによる精神性の高い墨蹟約30点を展覧いたします。

Photo森清範 「和」 尺八横

 

 

【2月3日(水)~9日(火):美術サロン】
アートビューオープン記念 絵画フェスティバルPart1

アートビューのオープンを記念して開催の2週連続企画。日本画・洋画問わず、
人気作家たちの作品を中心に約50点を展示いたします。

Photo_2奥江一太 「茜の静物」 15号F

 

 

【2月10日(水)~16日(火):美術画廊】
「春の蔵ざらえ版画展」

リトグラフ木版画など国内外人気作家の版画作品を、約50点、
“蔵ざらえ”価格で展示いたします。

Png片岡球子 「めで多き富士2015」 リトグラフ6号大

 

 

【2月10日(水)~16日(火):美術サロン】
「アートビューオープン記念 絵画フェスティバルPart2」

アートビューのオープンを記念して開催の2週連続企画。
日本画・洋画問わず、人気作家たちの作品を中心に約50点を展示いたします。

Png_2
※画像はイメージです。写真に掲載の作品は都合により出品しない場合がございます。


 
 
 
【2月17日(水)~23日(火):美術画廊】
「第6回 水口裕務 洋画展」

川や沼地など「水」をテーマに繊細で緻密な描写力で描く
先生の新作約30点を展覧いたします。

Png_3水口裕務 「流れ」 20M

 
 
 
 
【2月17日(水)~23日(火):美術サロン】
第7回 中川原 哲治 惠子 染織布展」

山まゆの里 染織工房の天蚕飼育、糸の紡ぎ、草木の染、そして織り。
大自然の恵みにより織りあがった各種の布、ストールなど新作 約50点を展示 いたします。

Png_4中川原 哲治・惠子 「手紡ぎまわた多色染めからみ織布」
80×200cm シルク100%




【2月24日(水)~3月1日(火):美術画廊】
第5回 土佐の紙 大濵紙に描いた日本画展

高知県で研究開発された上質な和紙の特徴を追及し生かした
現代日本画家による作品を約50点展覧いたします。 Png_6西野陽一 「苺の丘」 6号

 
 
 
【2月24日(水)~3月1日(火):美術サロン】
今川教子 日本画展いきとしいけるもの いづれはうたをよまざりける

 類まれなる描写力や背景に含まれる精神性が高く評価される注目の若手作家、
今川教子先生の初の個展を開催いたします。

Png_5今川教子 「音」 30号変(86×77cm)

 

 

【アートビュー】


【アートビューオープン記念 陶芸・彫刻フェスティバルpart1】
会場/アートビュー 2月3日(水)~9日(火)

Photo_3アートビューのオープンを記念して開催の2週連続企画。
日本画・洋画問わず、人気作家たちの作品を中心に
約50点を展示即売いたします。
※画像はイメージです。写真に掲載の作品は都合により出品しない場合がございます。


【アートビューオープン記念 陶芸・彫刻フェスティバルpart2】
会場/アートビュー 2月10日(水)~16日(火)


【いやしのアート展】
会場/アートビュー 2月17日(水)~23日(火)
大自然をモチーフにした絵画やかわいらしいものなど心が癒される
作品約20点を展示即売いたします。



【見てさわる「ごちそうさま」展】
会場/アートビュー  2月24日(水)~3月1日(火)
みて思わず食べたくなる絵画や、食を盛る器など約20点を展示いたします。
 
 

 
お誘いあわせのうえ、ご来場くださいませ。
【会場】:松坂屋静岡店 本館6階 美術画廊・サロン

松坂屋静岡店のホームページはこちら
 
 
 
 

 

 

2016年1月28日 (木)

「-日本の四季を描く- 黒澤 信男 油絵展」開催中@松坂屋上野店

Mark_ueno

2016年 1月27日(水)より、
松坂屋上野店 美術画廊にて、黒澤信男先生による油絵展を開催いたします。

日本の四季のうつろい、風景の雄大さ、繊細さを描いて
定評のある写実風景の第一人者、黒澤信男先生。
今展は、日本各地の風景画最新作や日展出品の100号などの秀作、
力作の数々を出展いたします。ぜひご高覧くださいませ。


「-日本の四季を描く- 黒澤 信男 油絵展」
【会期】:1月27日(水)~2月2日(火)*最終日は午後5時閉場
【会場】:松坂屋上野店 本館7階 美術画廊

Photo_6_6

Photo_3「白川郷雪晴れ」 20F

Photo_5白川郷雪景  100号  日展(2015)

Photo_4

Photo_5

Photo_6雪の白の鮮やかさ、硬さ、やわらかさ。 伝わってくるものが実画はまた一味違います。
ぜひこの機会に黒澤信男展、 ご来場ご高覧くださいませ。

 

《 略歴 》

1930年  埼玉県本庄市生まれ
1947年  白日会展出品、初入選
1949年  東京芸術大学入学
1952年  日展初入選、以降毎年出品
1953年  東京芸術大学卒業  白日会展出品(以降毎年出品)、準会員に推挙
1954年  白日会展準会員努力賞受賞
1956年  白日会展準会員奨励賞受賞
1959年  白日会展会員に推挙
1973年  第16回安井賞展に「雪の道」出品
1974年  第17回安井賞展に「湖畔・雪」出品
1977年  日展選抜展に「湖畔・雪」出品
1979年  第55回白日会展記念展に「千曲川雪景」出品、内閣総理大臣賞受賞 ソビエト招待出品
1980年  明日への具賞展に招待出品
1992年  日展特選受賞
1996年  白日会展中澤賞受賞
2003年  黒澤信男大作画集発刊
2004年  画業50周年記念 黒澤信男展開催
2013年  伊勢神宮美術館20周年記念特別展「日本の原風景」に
        「雪晴れの朝(飛騨の里)」150号選抜展示、同作品は、同美術館、徴古館に収蔵される
2014年  歌会初御題「静」によせて、伊勢神宮美術館特別展に「金閣寺雪景」150号展示

現 在   白日会委員 日本美術家連盟委員

黒澤信男は、1973年安井賞展に「雪の道」を出品し、雪の黒澤として画壇に登場、
以降、実風景画の第一人者として、日本画壇の一角を担ってきました。

「-日本の四季を描く- 黒澤 信男 油絵展」
【会期】:1月27日(水)~2月2日(火)*最終日は午後5時閉場
【会場】:松坂屋上野店 本館7階 美術画廊

 

松坂屋上野店のホームページはこちら

「伊藤若冲 生誕300年記念 ジョー・プライスコレクション きものと帯展」開催中@大丸京都店

Mark_kyoto

2016年 1月27日(水)より、大丸京都店 美術画廊にて、


誕生300年を迎えてなお絶大な人気を誇る天才絵師、伊藤若冲。

このたび、気鋭の京友禅職人集団〈ZONEきものデザイン研究所〉

世界有数の若冲コレクターとして知られるジョー・プライス氏の認定を受け

「若冲」の作品をモチーフに柄きもの、帯を企画・制作いたしました。

是非この機会、新たな京友禅の魅力をご高覧くださいませ。


〈ZONEきものデザイン研究所〉
「伊藤若冲 生誕300年記念 ジョー・プライスコレクション きものと帯展」
【会期】:1月27日(水)~2月2日(火)*最終日は午後5時閉場
【会場】:大丸京都店 6階 美術画廊

 

Photo_3訪問着 「菊花流水・葡萄図」 
◆ジョー・プライス氏が初めて手にした伊藤若冲の掛軸「菊花流水図」と「葡萄図」の意匠を配して。

Photo_4名古屋帯 「鳥獣花木図」 
◆若冲の作品の中でも人気を誇る屏風絵を染め帯に。

 

《 伊藤若冲 》
1716-1800
 江戸時代中期-後期の画家。
正徳(しょうとく)6年2月8日生まれ。はじめ狩野(かのう)派をまなぶ。
宋(そう),元(げん),明(みん)の中国画や尾形光琳(こうりん)の画風を研究し,
写実性を基調に装飾性をくわえた独自の境地をひらく。
花鳥画,とくに鶏(にわとり)図を得意とした。寛政12年9月10日死去。85歳。京都出身。
作品に「動植綵絵(さいえ)」「群鶏図」など。

《 ジョー・プライス氏 》
1929年オクラホマ州生まれ。大学では機械工学を専攻しました。
53年に初めて若冲の作品に出会って以来、江戸時代の日本絵画の収集を続けます。
66年に悦子夫人と結婚。81年に財団「心遠館」を設立。88年にはロサンゼルス・
カウンティ美術館に日本館を新設し、日本における様々な展覧会にもコレクションから
作品を積極的に貸出すなど、近年の若冲再評価のきっかけをつくりました。
そして2006年、ジョー・プライス氏が77歳の年に「これが人生最後の帰国展」と
思い切ってコレクションの全貌を明らかにした展覧会「若冲と江戸絵画」(日本経済新聞社主催)が
東京、京都、九州、名古屋の4会場で開催され、大好評を博しました。
のべ82万人の来場者を動員、「プライス・ブーム」が巻き起こりました。

 

〈ZONEきものデザイン研究所〉
「伊藤若冲 生誕300年記念 ジョー・プライスコレクション きものと帯展」
【会期】:1月27日(水)~2月2日(火)*最終日は午後5時閉場
【会場】:大丸京都店 6階 美術画廊


大丸京都店のホームページはこちら



「川又 聡 日本画展」開催中@大阪心斎橋店

Mark_shinsaibashi2016年 1月27日(水)より、
大丸心斎橋店 美術画廊にて、俊英日本画家 川又聡氏の個展を開催いたします。


画家は「黒は静の中の動を表現できる」と語る。

猛り、躍動する動物たちの野生の息吹は、

緻密なデッサンを礎にした独自のモノクロームの画面の中で

いっそうの緊迫感を伴い、観る者に迫ります。



「川又 聡 日本画展」 
【会期】:1月27日(水)~2月2日(火)*最終日は午後5時閉場
【会場】:大丸心斎橋店 北館12階 美術画廊

1「蹄」 20号 日本画

1_2「羽衣」 20号 日本画

Photo_2
「夢豹」 6号 日本画

Photo_3「星空」 6号 日本画

 

《 略歴 》 

1978年  神奈川県生まれ。
2010年  東京藝術大学大学院美術研究科博士後期過程美術専攻日本画研究領域修了
       (学位取得)。東京藝術大学教育研究助手(2013年迄)。
現 在   無所属 個展、グループ展を中心に活動。 

 

「川又 聡 日本画展」 
【会期】:1月27日(水)~2月2日(火)*最終日は午後5時閉場
【会場】:松坂屋心斎橋店 北館12階 美術画廊


大丸心斎橋店のホームページはこちら

2016年1月25日 (月)

【2016年2月】大丸札幌店・8階美術画廊@「アート・インフォメーション

Mark_sapporo

大丸札幌店 8階 美術画廊にて、2月に開催される美術展をご紹介します。

【2月3日(水)~9日(火) *最終日は午後5時閉場
「TYPES -5人の視線-」

日頃から鋭い眼差しで作家を発掘し、世に送り出してきた4都市で運営に
携わってきた5人のギャラリストたち。今回は彼らがセレクトした十余名の
現代アート作家の作品をご紹介いたします。


Hitominoteien川端道浩「瞳のなかの庭園」 油彩・キャンバス 66.6×72.0cm

 

Lluna_negra坂井淳二 「Lluna negra’11-Ⅶ」 リトグラフ・56.0×76.0cm

 

 

【2月10日(水)~16日(火) *最終日は午後5時閉場
「-緑の回廊-塩田満男 洋画展」

時間とともに移りゆく太陽の光を追求し続ける画家、塩田満男氏。
今展では緑を基調とした爽やかな北海道風景を含め、約30点を出展いたします。
日本特有のやわらかな空気、陽の輝きを感じていただければ幸いです。

【作家来場】:2月11日(木・祝)~14日(日)各日午後1時~午後5時
※都合により予定に変更が生じる場合がございます。あらかじめご了承ください。

Kitanodaichi「北の大地」 油彩・P8号

 

 

【2月17日(水)~23日(火) *最終日は午後5時閉場
「藤田嗣治とエコール・ド・パリ版画展」

20世紀初頭のパリで、「婦人像」や「猫」を独自の表現で描き、一躍エコールド・パリ
を代表する画家としての地位を築いた藤田嗣治。今回は版画作品にスポットを当て、
同時期に活躍したシャガール、ユトリロなどと併せてご案内いたします。

 Miserareshi_kawa
藤田嗣治 「魅せられし河・香りの夢」 銅版 24.0×34.0cm

Photo_5ユトリロ 「幻の村:ラバン=アジル」 ボショワール・32.5×26.5cm

 

【2月24日(水)~3月1日(火) *最終日は午後5時閉場
「ヨーロッパ アンティークフェア」

アール・ヌーヴォー期ノガラスをはじめ、バカラのカットグラス、マイセンに代表される
陶磁器、時代を経ても美しい輝きのアンティークジュエリーなど、今なお世界中の
人々を魅了し続けるヨーロッパアンティークを厳選して紹介いたします。


Photo_6

 

 バカラ 「ライラック文オパーリンガラス花瓶」 高さ34.5cm

 

お誘いあわせのうえ、ご来場くださいませ。
【会場】:大丸札幌店 8階 美術画廊

大丸札幌店のホームページはこちら

2016年1月21日 (木)

「-エミール・ガレとドーム兄弟- アール・ヌーヴォーガラスの美展」開催中@松坂屋上野店

Mark_ueno_32016年 1月20日(水)より、
松坂屋上野店 美術画廊にて、アール・ヌーヴォーガラスの美展を開催いたします。

19世紀後半に花開いた芸術「アール・ヌーヴォー」。その中心人物
エミール・ガレとドーム兄弟は1900年のパリ万博で、共にグランプリを
獲得し芸術界の頂点に立ちました。
今展では両巨匠の花器、ランプなどのガラス作品を約40点、
そして希少なガレの陶器も出品いたします。

「-エミール・ガレとドーム兄弟- アール・ヌーヴォーガラスの美展」
【会期】:1月20日(水)~26日(火)*最終日は午後5時閉場
【会場】:松坂屋上野店 本館7階 美術画廊

 

Photo_5

Photo_6左:ガレ「ヴォージュ風景文花器」  中:ドーム「秋景色文花器」 右:ガレ「鯛釣草文ウランガラス花器」

 

Png
エミール・ガレ 「雪中双鳥文花器」 1890年頃 高さ32cm

 

Photo_7

Photo_8

Photo_9

「-エミール・ガレとドーム兄弟- アール・ヌーヴォーガラスの美展」
【会期】:1月20日(水)~26日(火)*最終日は午後5時閉場
【会場】:松坂屋上野店 本館7階 美術画廊


松坂屋上野店のホームページはこちら

「西嶋 豊彦展 和紙と漆そして日本画」開催中@大丸京都店

Mark_kyoto2016年 1月20日(水)より、
大丸京都店 美術画廊にて、西島豊彦先生の日本画展を開催いたします。
 
描く 漉く 塗る

白い和紙、漆黒の漆。

そして色彩華やかな日本画の世界。

三つの世界が三位一体となったとき、

自然の恩恵が織り成す、

新たな日本画の世界が生まれる。

 

自ら原料の木を育て、オリジナルの手漉の和紙を製作し、漆を学ぶ。

日々変わり続けることが生きる証と信じ、新たな日本画に挑戦する。

和紙と漆の融合、絵画と工芸の超越、伝統とモダンを併せ持つ世界観。

俊英作家、西島氏の初個展。ぜひご高覧賜りますようお願い申しあげます。

 

「西嶋 豊彦展 和紙と漆そして日本画」Brannd New Japanese Fusion Art
【会期】:1月20日(水)~26日(火)*最終日は午後5時閉場
【会場】:大丸京都店 6階 美術画廊
※作家 連日来場予定

Photo_2「水彩」 手漉き和紙、日本画、漆 41.0×27.3cm

 

 

 -描く-
Png

-漉く-
Photo_3

 -塗る-
 Png_2

 

Photo「白雲」 53.0×36.0cm

Photo_5「風神」 手漉き和紙 日本画 漆  12号

Photo_4
「風呂先屏風 《摂理》」 手漉き和紙 日本画 漆  65×186cm 

 《 西島豊彦 》
1966年生まれ。
近年滋賀の湖北に「かみ座」Hand-Made Paper Picture Art 研究所設立。
フランス、ニューヨークなど、国内外での個展多数。滋賀県在住。

 

 

 

Photo本日20日(水)~26日(火)大丸京都店美術画廊「西嶋豊彦展」開催。

Photo_3漆・和紙・日本画MIXメディアの金魚の作品や薄塗のマチエールに花描いた
お得意のモチーフに加え

Photo_4度肝抜くニューヨーク個展の神々のシリーズも非売で展示され、"東洋の神秘"を感じさせます。
※作家 連日来場予定


奥様の日本画家小山美和子先生の動物の作品もアートスポットで展開しております。

「西嶋 豊彦展 和紙と漆そして日本画」Brannd New Japanese Fusion Art
【会期】:1月20日(水)~26日(火)*最終日は午後5時閉場
【会場】:大丸京都店 6階 美術画廊

大丸京都店のホームページはこちら

 

「第12回 小暮真望 版画展」開催中@松坂屋名古屋店

Mark_nagoya2016年 1月20日(水)より、
松坂屋名古屋店 美術画廊にて、小暮真望先生による版画展を開催いたします。

 
山々や木々、水と光が織りなす自然の美。尾瀬、上高地など各地に加え、

日本百名山の貴重な自然を探し求めて制作活動を続けて参りました。

ぜひこの機会にご清鑑賜りますようご案内申しあげます。
                                          小暮 真望


「第12回 小暮真望 版画展」
【会期】:1月20日(水)~26日(火)*最終日は午後5時閉廊
【会場】:松坂屋名古屋店 本館8階 美術画廊 

Photo_12「瀬戸の夕映え」 シルクスクリーン 40.9×53.0cm

 

Photo_13「初夏の陽」 シルクスクリーン 45.5×60.6cm

 

Photo_14「爽輝」 シルクスクリーン 60.0×116.7cm

 

《 小暮真望(しんぼう) 略 歴 》

1948年     群馬県館林市生まれ
1972年     明治大学大学院工学部修士課程卒業
84~86年  日本版画会展    新人賞・東京都知事賞・会友賞受賞
90~92年  オーストラリア・イタリア・ノルウェー  国際日本版画展 第1位受賞
94~01年  日本版画会展  萬華賞・馬渕賞・文部科学大臣奨励賞受賞
2002年     オーストリア新世紀宮廷芸術祭 国会議事堂総長賞受賞
              チェコ・プラハ宮廷芸術祭 東洋現代美術賞受賞
2007年     フランス・ロリアン ユーロビエンナーレ国際版画展 招待
              ブルガリア・ソフィア 日本現代版画展 招待
2016年     「第12回 小暮真望 版画展」(松坂屋名古屋店)

現 在       日本版画会 会長    「尾瀬の郷」親善使

 

「第12回 小暮真望 版画展」
【会期】:1月20日(水)~26日(火)*最終日は午後5時閉廊
【会場】:松坂屋名古屋店 本館8階 美術画廊 

松坂屋名古屋店のホームページはこちら

 

 

「来日45周年記念 ~色彩の詩人~ マークエステル 絵画展」開催中@大阪心斎橋店

Mark_shinsaibashi2016年 1月20日(水)より、
大丸心斎橋店 北館12階 美術画廊にて、来日45周年記念マークエステル展を開催いたします。

色彩あふれる地中海コート・ダジュールにて育ったマークエステル。
色に対する独自の感性は「色彩の詩人」と呼ばれています。
親交があったシャガールに画家をすすめられたマークエステルは外交官
として来日した後、水墨画のにじみに美しさを感じ画家へ。
にじみを油絵で表現する技法を独自にあみだし、世界で高い評価を受けました。

来日45周年を迎え、日本全国多数の神社への作品奉納や、
自然を大切にする日本神話を題材に、日本の精神文化を世界に広め
紹介する姿勢が評価され「文化関係者文部科学大臣表彰」を2014年受けました。


「来日45周年記念 ~色彩の詩人~ マークエステル 絵画展」
【会期】:1月20日(水)~26日(火)*最終日は午後5時閉場
【会場】:大丸心斎橋店 北館12階 美術画廊

 

1075320f「愛の勝利」 20F 油彩

1176115f「春の愛のメッセージ」 15号 油彩

1177915f「天照大御神の天岩戸からの出現によって再び愛の光が広がる」 15号 油彩

 

「約150以上の神社へ奉納」
マークエステル氏は「古事記」で日本語を学ぶうち、その物語に魅力を感じ、神話の世界を
描くようになりました。1996年伊勢神宮への奉納を皮切りに出雲大社、明治神宮など
全国各地の神社へ作品を奉納し、現在約150社以上に達しています。日本文化の奥底に
ある「古事記」の日本神話の世界を世界の人々に伝えたいと願っての活動です。

[ Profile ]

1943年  フランスパリ生まれ
1950年  コートダジュールに移住 少年期を過ごした後パリ大学で経済学学士、
        国立東洋語学校にて、中国語、ロシア語の学士取得 美術学校でも学ぶ
1968年  フランス外交官としてラオスにて勤務
1970年  大阪万博で日本を訪れ、画家になる決意
1974年  油絵でにじみを表現する独自技法確立 ニューヨーク、パリ、東京で個展
1989年  東急文化村オープニング記念展 銀座ソニービル全館で展示会開催
1996年  伊勢神宮に作品奉納 奉納活動開始
        これを皮切りに出雲大社、明治院宮など全国各地150社以上の
        神社へ作品を奉納する。
2006年  画集「日本神話」出版
2007年  北京オリンピックテレホンカード用作品制作
2010年  上海万博にてアートディレクターをつとめる
2014年  神社奉納活動と世界に向けて日本神話、日本の精神文化を紹介する
        姿勢が評価され「文化関係者文部科学大臣表彰」を受ける

        全国の百貨店画廊、ギャラリー、美術館にて多数個展開催

 

「来日45周年記念 ~色彩の詩人~ マークエステル 絵画展」
【会期】:1月20日(水)~26日(火)*最終日は午後5時閉場
【会場】:大丸心斎橋店 北館12階 美術画廊

 

大丸心斎橋店のホームページはこちら