« 2016年3月 | メイン | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月 7日 (木)

【2016年5月】 大丸心斎橋店 アートインフォメーション

Mark_shinsaibashi

大丸心斎橋店 美術画廊、陶芸サロンの5月のスケジュールをご紹介いたします。


「オーストラリアの大自然を描く ジョアン・フック展」

【会期】 4/27(水)~5/3(火・祝)

【会場】 美術画廊

オーストラリア出身の女流画家ジョアン・フックの作品は、

心の安らぎや癒しを求める方々に多くの共感を得ています。

画面から飛び出すような魚や鳥たちは躍動感を感じさせてくれます。

ファンタジックな構図で描くジョアン・フックの世界をぜひご高覧ください。

Jm2


 ↑ ジョアン・フック「Coral Reef」 ミストグラフ 43.0×41.0㎝


「刻の旅人 柳沢正人日本画展」

【会期】 5/4(水・祝)~5/10(火)

【会場】 美術画廊

Photo

 ↑ 柳沢正人 「栄光のローマ」 10号分割

時空を旅して

私のイタリア行きは常にそこでしか掴めない時間と空間の流れを検証する事にあります。

つまり、ヨーロッパに残された過去の遺跡が持つフォルムの美しさ。

あるいは日本と違った大自然のあり様、国民性、風土、資質。

こうしたものを日本画の素材でいかに表現出来るかという可能性を追求する事といえます。

もちろん日本画でヨーロッパを描いた先人の方々はたくさんいますが、

私の興味の対象は風景そのものよりも、

そこで感じる時空の流れを描く事なのです。

そもそもイタリアを題材しようと思ったのは、

1991年に五島記念文化財団より海外研修を命ぜられ、

それ以降 年に1,2回は渡伊するというパターンが出来た事にあります。

随所に見られる幾多の攻防の跡。

あるいは後世巨匠と呼ばれることになる若き芸術家を競い合わせた「メディチ家」一族、

芸術の振興に貢献した大パトロン達の存在。

創作意欲をかきたたせるような多くの建造物や静かに時代を見続けた彫像の数々。

それまでは日本の自然や人物、また文化に興味がありましたが

この渡伊をきっかけに30年間40数カ国に及ぶ取材を海外に求める事になりました。

悠久の大地をメインテーマに世界五大陸を一巡し、自然や歴史的景観を描くことにより

こうしたものから時空の流れの重みのもつエネルギーを感じ

「『とき刻」』と名づけて制作を始め今日に至っています。

                                 柳沢正人



「松岡 歩 日本画展」

【会期】 5/11(水)~5/17(火)

【会場】 美術画廊

8f

 ↑ 松岡歩「秋」 8号F

展覧会において作家が主人公であることは間違いないところですが、

目に見えないところで多くの方々の真剣な仕事に支えられ、

この度も個展を開催できる運びとなりました。

お力添え頂いた皆様への恩返しは、自分が良い仕事をすることだと心に留め、

今日もただただ絵を描いております。

私なりの視点で描く風景、私なりの感性で描く動植物、私なりの感角で描く四季。

拙い技術ながらも、自分にしか発信できない世界観を形にすることが

芸術の本質だと信じ、日々精進しています。

何卒、ご高覧いただき、ご指導ご鞭撻賜りますようお願い申し上げます。

                                松岡 歩


「藤平 寧 作陶展」

【会期】 5/11(水)~5/17(火)

【会場】 現代陶芸サロン 桃青

Ai

 ↑ 藤平 寧「ふくら」 16×12.5×高13.5㎝

無駄を楽しみ、遊ぶことが近頃のテーマである。思いを伝える私のかたち。

ご高覧いただければ幸いです。             藤平寧


<作家在廊日予定>  5/11(水)、13(金)、15(日)



「和(なごみ)の木彫三人展」

【会期】 5/18(水)~5/24(火)

【会場】 美術画廊

山中八洲、野桑敏哉、仲間智登志による

思わず顔がほころぶ、心温まる木彫約20点を展観いたします。



Photo_2

 ↑ 山中八洲「笑太郎君」 高さ17cm 楠

 

「馬渡喜穂 錫器展 ―やさしい光につつまれて―」

【会期】 5/18(水)~24(火)

【会場】 現代陶芸サロン 桃青

凛としたシャープなフォルムに惹きつけられ手に取ると、

驚くほどやわらかな触感が手になじみます。

和紙の表情が写しとられた錫器は、

よく見ると角がやさしく削り込まれています。

多くのお客様にご愛用いただいている馬渡先生の温かな錫器。

馬渡先生のお人柄をそのまま写したようです。

心斎橋店では2年ぶりの個展。

生活に潤いと楽しさを添える、食器や花器、酒器の数々をぜひご高覧ください。

Photo_5

 ↑ 左から 「推」 6.5×6.5×高30.2cm、「和」6.3×6.3×高26.5cm、「そろり形」6.2×6.2×高さ30cm

「田崎昭一郎 漆芸展」

【会期】 5/25(水)~5/31(火)

【会場】 美術画廊

漆芸の地 輪島で活躍される田崎昭一郎先生の作品展を開催いたします。

一后一兆先生に師事され、長年の研鑽の後「高蒔絵」、「研出し蒔絵の」技法を用い

常に自由で、現代感覚あふれる作品を発表されています。

3p1010826

 ↑ 田崎昭一郎「神奈川沖波裏の図蒔絵 扇面飾皿」 58cm×タテ31cm



大丸心斎橋店のHPは こちら



第二回 長谷川喜久 日本画展 -巡る季節に-@松坂屋名古屋店

Mark_nagoya

今週、松坂屋名古屋店の美術画廊では、

「第二回 長谷川喜久 日本画展 -巡る季節に-」を開催しております。

【会期】 4/6(水)~4/12(火) *最終日は午後4時閉場

【会場】 松坂屋名古屋店 本館8階 美術画廊

 

桜が散り始め、すでに心は新緑を待ちこがれます。

季節の美しさを描いた作品の数々をぜひご高覧ください。

 

Fullsizerender_2

 ↑長谷川喜久「湧く雲に立つ」 20号

Fullsizerender

 ↑ 長谷川喜久「清青」 6号

春 川面に浮かぶ桜の花びらを見つめながら柔らかな時を過ごし

夏には青空と白い雲の下 生気みなぎる緑葉に喜びを感じる

秋の夕照の中 色づき始めた山々の木に心をときめかせ

冬にも赤く咲く庭先の椿を愛おしく思う


移りゆく季節の中 その一瞬一瞬を

絵筆で留めておこうと描いた作品です

ご高覧たまわりますよう よろしくお願い申しあげます。   長谷川喜久

<長谷川喜久 略歴>

1964年 岐阜県生まれ

1988年 金沢美術工芸大学大学院修了 東丘社入会

1991年 日春展 奨励賞

1992年 川端龍子大賞展大賞

1993年 上野の森美術館大賞展 フジテレビ賞

1997年 日春展 日春賞('98)

      京都市長賞(他受賞4回)

1999年 日展特選('01、'05会員賞)

2002年 京都新鋭選抜展第一席 文化庁主催現代美術展

2004年 万葉日本画大賞展 準大賞

2011年 上海美術館主催 長谷川喜久展(上海美術館)

2012年 上海美術館個展報告展(加藤栄三・東一記念美術館)

      個展(松坂屋名古屋店)

2013年 個展(大丸心斎橋店、京都店)

2014年 アートフェア東京

      長谷川喜久展(岐阜県美術館)

2016年 「第二回 長谷川喜久日本画展 -巡る季節に-」

現在   日展会員 日春展会員 東丘社委員

「第二回 長谷川喜久 日本画展 -巡る季節に-」

【会期】 4/6(水)~4/12(火) *最終日は午後4時閉場

【会場】 松坂屋名古屋店 本館8階 美術画廊

松坂屋名古屋店のHPは こちら

 

2016年4月 5日 (火)

レスリー・セイヤー来日絵画展@大丸神戸店

Mark_kobe

「花の画家」として人気が高いカリフォルニアの女流画家、

レスリー・セイヤーの展覧会を大丸神戸店で開催いたします。

今回は展覧会に合わせて作家が来日します。

「レスリー・セイヤー来日絵画展」

【会期】 4/13(水)~4/19(火) *最終日は午後5時閉場

【会場】 大丸神戸店 7階 美術画廊

<作家来場> 4/13(水)、16(土)、17(日) 午後2時~午後4時

<ライブペインティング> 4/16(土)、17(日) 午後3時~午後4時

レスリー・セイヤーは大の日本好き。

今までに何度も日本を訪れ、

京都や奈良を訪れた時に目にした金屏風から着想を得た

ゴールド油彩の作品を展観いたします。

ゴールドを背景に描かれたカラフルな花々はまさにゴージャス。

その場所を、また見る人の気分を明るくしてくれます。

Fleurs_de_printemps

 ↑「Fleurs de Printemps」 油彩 46.0×61.0 ㎝

 

Photo_2

 ↑ レスリー・セイヤーさん

皆さまのご来場をお待ちしております。

*この展覧会は5月に大丸京都店に巡回します。

(京都には作家の来場はございません)

「美しい花々の競演 2016 レスリー・セイヤー絵画展」

【会期】 5/4(水)~5/10(火)

【会場】 大丸京都店 6階 美術画廊

大丸神戸店のHPは こちら

大丸京都店のHPは こちら