« 第三回 小川国亜起 日本画展@松坂屋名古屋店 | メイン | ロジェ・ボナフェ展 内なる光と成熟の赤@大丸京都店 »

2016年10月18日 (火)

【2016年11月】大丸神戸店アートインフォメーション

Mark_kobe

大丸神戸店美術画廊・アートギャラリーで開催される

11月の展覧会のスケジュールをご紹介いたします。

==========================================

「色彩が奏でる光の協奏曲 山口真功油彩画展」

【会期】11/2(水)→8(火)

【会場】美術画廊

南仏の光と風を追いかけ、

重厚かつ繊細なタッチ、透明感あふれる色彩とマチエールで、

多くの人々に支持されている山口真功の最新作。

ぜひご高覧ください。

Aimgp7431_2

 ↑ 山口真功「ジュアンレパンの海辺」 油彩 変形10号


「織田義郎絵画展」

【会期】11/2(水)→8(火)

【会場】アートギャラリー

欧米風景を中心に、旅のスケッチを元にした作品を送り出す織田義郎氏。

ノスタルジックでロマンチックな銅版画やジグレー版画は

全国の多くのファンから支持されています。

また今回は、風見鶏や港風景など地元・神戸の風景も出品いたします。

Photo_3

 ↑織田義郎「アムステルダムⅣ」 エッチング、手彩色 32.0×14.3㎝


「小宮絵莉・小柳景義カレンダー原画展」

【会期】11/9(水)→15(火)

【会場】美術画廊

小動物を緻密に描く小宮絵莉。

細密描写でユニークな世界を描く小柳景義。

2012年東京藝術大学大学院(中島千波研究室)を修了した同期の二人展です。

2017年度のカレンダー原画を含む新作30点を出品いたします。

6f

 ↑小宮絵莉「お豆発見」 ミクストメディア 6号F

 

10m

 ↑小柳景義「十三夜の戯れ」 アクリルガッシュ 10号M



「~フィンランドからスオミの妖精たち~

 ヴィーヴィ・ケンパイネン展」

【会期】11/9(水)→15(火)

【会場】アートギャラリー

フィンランドの人々は、多くの湖と広大な森に囲まれたこの国を

「スオミ=湖の国」と呼び、この自然をこよなく愛し誇りに思っています。

零下10度にもなる氷の冬の大自然の中から

優しい妖精たちのファンタジーが生まれます。

澄んだ瞳、澄んだ心で描く

ヴィーヴィ・ケンパイネンの作品をお楽しみください。

12311510554000

 ↑ヴィーヴィ・ケンパイネン「「ヒッポとウサギ」 水彩画 15×10.5㎝


「絵画・工芸特選展」

【会期】11/16(水)→22(火)

【会場】美術画廊

近代から現代の日本画・洋画・陶芸の巨匠・大家の作品から

若手俊英作家まで幅広く作品を集め一堂に展観いたします。

X840112

 ↑加山又造「鶉」 日本画 12号

 

Photo_4

 ↑藤田喬平「手吹飾筥 紅白梅」 23×16㎝


「備前焼 森大雅作陶展」

【会期】11/16(水)→22(火)

【会場】アートギャラリー

“生きている”という存在感をテーマに

暖かく動きのある備前焼を目指していきたいという森先生の展覧会です。

陶彫や食器、花器などの力作を展示いたします。

2438

 ↑森 大雅「備前原土花器」 径24×38cm


「心のおもいを一筆に託して 篠田桃紅作品展」

【会期】11/23(水・祝)→29(火)

【会場】美術画廊

墨を使った新たな表現方法を創造し

世界で活躍する孤高の芸術家、篠田桃紅104歳。

幼少より書に親しみ、自由な作風を追い求め、1956年単身渡米。

以降世界各地で個展を重ね、

代表作はメトロポリタン美術館、大英博物館他収蔵されています。

最新作を中心に原画、書、版画作品30余点を一堂に展観いたします。

350dpi

 ↑篠田桃紅「韻」 金地に金泥・銀泥・胡粉 30×25cm 2015年制作


「~楽園の島 バリを描く~ 永田登志子絵画展」

【会期】11/23(水・祝)→29(火)

【会場】アートギャラリー

アクリル絵具を用い鮮やかな色彩でバリを描きます。

大丸神戸店2回目の個展、新作作品約30点を展観いたします。

F80864000_2

 ↑永井登志子「天空の森」  アクリル絵具 80号F


大丸神戸店のHPは こちら