« 2016年10月 | メイン | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

~色と旅路のハーモニー~ 渡部香 油彩画展@大丸京都店

Mark_kyoto_2

「~色と旅路のハーモニー~ 渡部香 油彩画展」

【会期】12/7(水)→13(火)

【会場】大丸京都店 6階 アートサロンエスパス京都

 

渡部香先生は兵庫県出身。

東京理科大学 基礎工学部材料工学科卒業という異例の経歴の持ち主です。

2001年には「ル・サロン展」「日仏中現代美術世界展」入選。

2002年は「スペイン美術賞展」「日仏中代表作家フランス展」入選など、

ヨーロッパでも評価の高い作家です。

描かれるのもヨーロッパの街並みが多く、

その美しい佇まいを繊細に、旅情豊かに描かれています。

Photo_4

 ↑「モーゼル河畔の街角 コッヘム城」 油彩 4号

Photo_5

 ↑「フィレンツェの街並み」  45.4×43.8㎝

 

Photo_6

 ↑「ハイデルベルグの街並」 油彩 33.3x55.8㎝

Photo_7

 ↑「アンダルシアの風に吹かれて」 油彩 12

大丸京都店のHPは こちら

ないしょの時間 門倉直子・東條明子 二人展@松坂屋名古屋店

Mark_nagoya

「ないしょの時間 門倉直子・東條明子 二人展」

【会期】12/7(水)→13(火)

【会場】松坂屋名古屋店 本館8階 美術画廊

彼女たちに強烈なジェラシーを感じながら、

そのなにげない表情にスリルを追い求める門倉直子。

彼女たちの私小説的な心のうつろひを

あたかも標本のように木彫で表現する東條明子。

2人の研ぎ澄まされた美意識が存分に発揮された女性像をご覧ください。

Photo_4

 ↑門倉直子「かにのおどり」 油彩 8号

 

Photo_5

 ↑東條明子「てふてふ-私に化ける-」 25×20×7㎝


松坂屋名古屋店のHPは こちら



炎と土との語らい 第十回 唐津 西岡良弘展@松坂屋名古屋店

Mark_nagoya

「炎と土との語らい 第十回 唐津 西岡良弘展」

【会期】12/7(水)→13(火)

【会場】松坂屋名古屋店 本館8階 美術画廊


多彩な趣を見せる唐津焼の創作に意欲的に取り組み、

旺盛な探究心と真摯な作陶姿勢で多くの愛陶家を魅了する西岡先生。

松坂屋名古屋店で2年ぶりの展覧会を開催いたします。

素朴さの中に、茶陶の心が息づく茶碗、水指、花入を中心に

充実の陶技が冴える新作約40点をご覧ください。

<作家来場予定>

12/7(水)~11(日)

Photo_8

 ↑西岡良弘「朝鮮唐津壷」 径19.3×高22.0㎝

 

2

 ↑西岡良弘「唐津茶碗」径15.0×高8.1㎝

1

 ↑西岡良弘「唐津黒茶碗」径15.0×高8.1㎝


Photo_9

 ↑西岡良弘「黒織部唐津鉢」(6客組) 縦12.6×横30.9×高3.6㎝


松坂屋名古屋店のHPは こちら

2016年11月26日 (土)

熊本栄司作陶展@大丸京都店

Mark_kyoto_2

「熊本栄司作陶展」

【会期】11/30(水)→12/6(火)

【会場】大丸京都店 6階 アートサロンエスパス京都

食器からオブジェまで幅広く制作する、熊本栄司先生。

アートサロンでは二度目の登場となります。

今回は干支モチーフの作品や、アクセサリーも多数展示いたします。

モダンで独創的な絵付けをお楽しみください。

Photo_3

 ↑「干支置物」 大:H13.5㎝ 小:高10.5㎝

Photo_2

 ↑「金彩色絵皿」 径30.0㎝


●熊本栄司 略歴

1962年生まれ

陶芸ビエンナーレグランプリ

朝日陶芸展 秀作賞・新人賞

万古焼コンペ通産大臣賞

現代工芸展等、入賞・入選、多数。

岐阜県瑞穂市の市章をデザイン


大丸京都店のHPは こちら

2016年11月25日 (金)

【2016年12月】 大丸神戸店アートインフォメーション

Mark_kobe

大丸神戸店美術画廊・アートギャラリーで開催される

12月の展覧会のスケジュールをご紹介いたします。

==========================================

「通次阿山・廣・智子 京焼の彩」

【会期】11/30(水)→12/6(火)

【会場】美術画廊

四季を彩る京焼。

通次阿山氏を中心に三人展を開催いたします。

伝統をふまえ、池田道夫先生に日本画を師事され作陶50年の阿山氏。

高麗茶碗の研究をしながら、400年前の再現に挑むご子息の廣氏。

そして、伝統を現代的にアレンジし、絵付けをされる智子氏。

三人三様の作品をご披露致します。

Photo_17

 ↑通次阿山「雪松茶碗」 幅10.0×高8.0㎝


「掛軸紅札市」

【会期】11/30(水)→12/6(火)

【会場】アートギャラリー

旭日、赤富士、鶴亀など新春を迎えるにふさわしい掛軸を中心に

四季折々の風情のあるもの、一年を通じてお楽しみいただける山水軸など

幅広く特別価格にて即時販売いたします。

その他「蔵出し大奉仕品」ではさらにお買い得な掛軸をご用意いたします。


「川原和夫木彫展」

【会期】12/7(水)→13(火)

【会場】美術画廊

木彫の町・富山県井波で制作される、日展会員 川原和夫先生。

川原先生は、250年余にわたる井波木彫の伝統の技術を継承しつつ、

独自の現代感覚により卓越した作品に表現されています。

木彫の持つ生命感と美しさを十分に生かした、

優雅で格調高い木彫作品の数々をご覧いただきます。

Kawahara

 ↑川原和夫「転生」(日展出品作) 木曽檜 150.0×95.0㎝


「ゲゲゲの鬼太郎と妖怪たち 水木しげる版画展」

【会期】12/7(水)→13(火)

【会場】アートギャラリー

代表作「ゲゲゲの鬼太郎」や妖怪画などで知られる漫画家水木しげる氏。

幅広い年齢層から支持される水木氏の初期の作品の中から制作した版画を

展示販売いたします。

Msh61

 ↑水木しげる「カラスヘリコプターに乗りいざ出陣」

  レフグラフファイン版画 版上サイン入 24.9×27.6㎝


「第十三回 輪島漆芸逸品展」

【会期】12/14(水)→20(火)

【会場】美術画廊

八十八以上の行程を経て制作されるその堅牢さから重宝され、

生活の器にとどまらず、日本最高級漆器として芸術の域まで高められた

伝統ある輪島塗。

最上級の漆を施され、卓越した蒔絵や沈金の技法により

磨き上げられた逸品を一堂に展観いたします。

Photo_19

 ↑慶塚工房「錦帯橋蒔絵 飾皿」 径46.0㎝


「~日本画deファンタジー~ 吉田 潤・美樹子 百虎絵画展」

【会期】12/14(水)→27(火)

【会場】アートギャラリー

作品のイメージ作りを担当する吉田美樹子と

それを具現化する吉田潤の日本画コラボチーム「百虎(ひゃくとら)」。

岩絵具、アクリル絵具、墨、箔などを用い

二人で描く日本画ファンタジー最新作30余点を展覧いたします。

M15486000

 ↑百虎「宝船龍図」 日本画 15号


「四季を絹地に彩る 鎌田義裕展」

【会期】12/21(水)→27(火)

【会場】美術画廊

光の表現にこだわり、四季折々の風景や花々を描き続けてきた

北海道出身の日本画家鎌田義裕氏。

還暦を迎えた本年は新たな領域に挑戦した作品も含め

約30点展示いたします。

Photo_20

 ↑鎌田義裕「彩光 竹林 屏風」 158.0×60.5㎝


大丸神戸店のHPは こちら

川瀬巴水 木版画展@松坂屋上野店

Mark_ueno

「~新版画の美~ 川瀬巴水 木版画展」

【会期】11/30(水)→12/6(火)

【会場】松坂屋上野店 本館7階 美術画廊

郷愁の日本風景を描いた最後の浮世絵師・川瀬巴水。

あの、スティーブ・ジョブズもコレクションしていたそうです。

近年人気上昇中で、良質な作品が入手困難になっていますが、

世界中から集められた作品の中から版元・渡辺版画店の目で厳選された

約30点の初期摺画を展示販売いたします。

91920

 ↑川瀬巴水「東京十二題 木場の夕暮」 木版画 1920年作

 

松坂屋上野店のHPは こちら

2016年11月24日 (木)

【2016年12月】 大丸京都店アートインフォメーション

Mark_kyoto_2

大丸京都店美術画廊・アートサロンで開催される

12月の展覧会のスケジュールをご紹介いたします。

=========================================

「第13回 絢爛の美 輪島漆芸逸品展」

【会期】11/30(水)→12/6(火)

【会場】美術画廊

石川県輪島市で培われた絢爛豪華な漆芸作品を一堂に。

蒔絵や沈金で彩られた慶塚修兵衛工房の作品を中心に、

漆芸作家の逸品もあわせてご紹介いたします。


「熊本栄司作陶展」

【会期】11/30(水)→12/6(火)

【会場】アートサロン

食器からオブジェまで幅広く制作する、熊本栄司先生。

アートサロンでは二度目の登場となります。

今回は干支モチーフの作品や、アクセサリーも多数展示いたします。

モダンで独創的な絵付けをお楽しみください。

Photo_2

 ↑熊本栄司「干支置物」 大:13.5㎝ 小:10.5㎝

「~冬来たりなば~ 直海かおり日本画展」

【会期】12/7(水)→13(火)

【会場】美術画廊

京都在住の女流日本画家 直海かおり。

自然の色やかたちに心をよせて描かれる、

心やすらぐ作品の数々をご覧ください。

Untitled

 ↑直海かおり「きざし」 日本画 8号

 

「~色彩と旅路のハーモニー~ 渡部香油彩画展」

【会期】12/7(水)→13(火)

【会場】アートサロン

ヨーロッパの街並みの美しい佇まいを繊細に、

旅情豊かに描かれた作品をご覧ください。

Photo_3

 ↑渡部香「アンダルシアの風に吹かれて」 油彩 12号



「掛軸紅札市」

【会期】12/14(水)→20(火)

【会場】美術画廊

恒例の年末の紅札市です。

季節物、山水、墨蹟、お祝い物から年中掛けまで

幅広いモチ-フの掛軸を特別価格にてご提供いたします。

Photo

 ↑出口華正「福寿草」 画寸44.0×53.5㎝

 

「画業50年 天地彩映 木村圭吾展」

【会期】12/14(水)→20(火)

【会場】アートサロン

生命力溢れる桜や荘厳な富士図など、

画業50年を迎えた人気作家 木村圭吾先生の新作展を開催いたします。

6s


 ↑木村圭吾「黄金富士」 日本画 6号S


「京の中古道具市」

【会期】12/21(水)→27(火)

【会場】美術画廊

半期に一度の恒例催事です。

茶道具中心に、工芸品や食器など幅広いお道具類を、

特別価格にてご提供いたします。

1

 ↑小山満夫「備前ヒダスキ亀酒器」 18.0×11.6×12.8㎝


「アートクリアランス」

【会期】12/21(水)→31(火)

【会場】アートサロン

今年一年の感謝の気持ちこめてアートクリアランスを開催いたします。

日本画・洋画・版画作品など人気作家の作品から

新鋭作家作品まで多数取り揃えて展示販売いたします。


大丸京都店のHPは こちら

 


 

2016年11月23日 (水)

第二回 阪本トクロウ 日本画展@松坂屋名古屋店

Mark_nagoya

第二回 阪本トクロウ 日本画展

【会期】11/28(月)→12/6(火)

【会場】松坂屋名古屋店 本館8階 美術画廊


==========================================

生活の中でいつも見慣れていて、普段何気なく過ごし、

あまりに存在が当然なものに改めて目を向けること。

自分の周りにあるもの、自分の背景にあるものを描きます。

自分を掘り下げていってもなにも出てこない。

ならば自分の周りを描いていけば自分の外周、シルエットが

描けるのではないかと考えました。

景を描くことで不在感、欠如感が生まれます。

何かが足りないという状態です。

中心に何もないもの、あるいは画面全体全てを覆うような、

中心を失ったもの、を描くことで「無」という状態を作り出したいと思っています。

遠くを見るときのような茫洋とした視線で

画面の中を漂えるものを目指しました。  

                                                                   阪本 トクロウ

==========================================

★作家来場予定 12/3(土) 

Photo_3

 ↑阪本トクロウ「エンドレスホリデイ」 40号S

松坂屋名古屋店のHPは こちら

 

第三回 吉村佳洋 日本画展@松坂屋名古屋店

Mark_nagoya

第三回 吉村佳洋 日本画展

【会期】11/30(水)→12/6(火)

【会場】松坂屋名古屋店 本館8階 美術画廊


=========================================

この度、三回目の個展を開催させていただくことになりました。

このような良い機会を与えてくださいました事に感謝いたします。

目に映る四季折々の風景、行き交う人々、思考の中で映像化されたものを、

なんとか画面に定着させようと制作しております。

今後とも対象にしっかりと心寄せて、

自分の思いが一枚一枚の絵に焼き付ける事が出来るように

表現して行きたいと思います。

皆様にご高覧いただき、御批評、御指導を賜りたくお願い申しあげます。

                                                                     吉村佳洋

==========================================

 

Photo_10

 ↑吉村佳洋「蓮」 日本画 30号


松坂屋名古屋店のHPは こちら

2016年11月19日 (土)

【2016年 12月】大丸心斎橋店アートインフォメーション

Mark_shinsaibashi

大丸心斎橋店美術画廊・現代陶芸サロンで開催される

12月の展覧会のスケジュールをご紹介いたします。

===========================================

「近代 柿右衛門・今右衛門展」

【会期】11/30(水)→12/6(火)

【会場】美術画廊

1616年、有田で日本初の磁器が誕生して今年で400年を迎えます。

400年の歴史ある有田窯業で独自の色絵技術を継承する、

白素地に赤絵が優美な酒井田柿右衛門と

優雅典麗で格調高い「色鍋島」を伝承する今泉今右衛門。

匠の技と創意が光る大正から昭和の

柿右衛門、今右衛門の名品を展示いたします。

Photo_11

  ↑十四代酒井田柿右衛門「濁手 苺文陶額」 径18.5×高3.2㎝

 

Photo_14

 ↑今泉今右衛門「色鍋島吹墨草花文花瓶」 径21.2×高27.6㎝

「干支展 『丁酉 』<ひのととり>」

【会期】11/23(水・祝)→12/6(火)

【会場】現代陶芸サロン 桃青

新進気鋭の若手作家や人気作家による来年の干支・酉にちなんだ、

思わず微笑がこぼれるような独創的な人形や器などが並びます。

B

 ↑山近泰「印度孔雀の絵 陶箱」 23×6.5×高3.5㎝



「燦の会日本画展」

【会期】12/7(水)→13(火)

【会場】美術画廊

「燦の会」は手塚雄二先生、吉村誠司先生両主宰による

東京藝術大学大学院修士課程日本画専攻第三研究室修了生のグループ展。

瑞々しい感性に満ちた作品を展観いたします。

<出品予定作家>  

手塚雄ニ、吉村誠司、松岡 歩、繭山桃子、窪井裕美、牧野香里、

岡田昌平、三田尚弘、上野 高、上野直美、林 奈緒子、宮川佑介、

永井翔彩、湯村友彦、木津達大、宮川 翠、岡田香澄、藤巻 嶺、

松村侑紀、幸 亮太、北澤 龍、鹿島麻衣、本多 翔、吉田侑加、

中村桃子、曳地聡美、山田雄貴 (順不同・敬称略)


「鈴木伸治展」

【会期】12/7(水)→20(火)

【会場】現代陶芸サロン 桃青

「ちゃわん、んっ!

ちゃわんと言うのは置けばいでかん。

ちゃわんとしている!」(圓生やかんより)

ちゃわんとしている・・・。

心斎橋でお待ちしております。  伸治

Photo_15

 ↑鈴木伸治「志野掛分茶盌」 幅13.0×高9.1㎝


「花~悠久なる刹那 蔵田美和日本画展」

【会期】12/14(水)→20(火)

【会場】美術画廊

うつろいゆく季節の花、

特に野にひっそりと咲く花を描いた作品約25点を展観いたします。

2

 ↑蔵田美和「春遠からじ」 日本画 10号


「東雲(しののめ)の会日本画展」

【会期】12/21(水)→27(火)

【会場】美術画廊

日本美術院を舞台に精力的に活動し

母校・愛知県立芸術大学では教授として後進の指導にも

意欲的に取り組む岡田眞治先生と、

岐阜県に生まれ、金沢美術工芸大学大学院を修了し、

東丘社入会、日展にて活躍する長谷川喜久先生が、中心となるグループ展。

<出品予定作家> 

岡田眞治、石谷滋規、大島亜弓、河本真理、増本寛子、宮治 綱、

森下麻子、栁沢優子、長谷川喜久、荒木紀江、磯部絢子、梅村 愛、

中山千明、林 真、福本百恵、帆刈晴日(*順不同、敬称略)

P10

 ↑林 真「咲く想い」 日本画 10号



「絵画版画特選展」

【会期】12/28(水)→1/10(火)

【会場】美術画廊

国内外の人気作家の日本画・洋画・版画を多彩なジャンルから集めて

ご奉仕価格にてご紹介致します。

Photo_16

 ↑東山魁夷「朝」 リトグラフ 24.5×35.0㎝ 1975年

大丸心斎橋店のHPは こちら