« 2016年10月 | メイン | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月19日 (土)

第五回 燦の会展@松坂屋名古屋店

Mark_nagoya

「第五回 燦の会展」

【会期】11/23(水・祝)→29(火)

【会場】松坂屋名古屋店 本館8階 美術画廊


手塚雄二先生、吉村誠司先生両主宰による

東京藝術大学大学院修士課程日本画専攻第三研究室修了生の

研究発表として開催する「燦の会展」。

高度な技法を究め、優れた日本画家になる為の学びの場として、

古展研究を基に制作活動を展開する

東京藝術大学大学院日本画第三研究室は、

現在の美術界において耳目を集める若き精鋭たちが聚合し、

日夜研鑽を重ねる場として注目されています。

「宙(そら)」をテーマに、それぞれの表現が紡ぎ出された今展は、

瑞々しい感性と才気に満ちた諸先生の新作を一堂に展観いたします。

Photo

 ↑松岡 歩「一花」 日本画 15号

Photo_2

 ↑松村侑紀「薫る時」 日本画 15号


●出品作家

手塚雄ニ、吉村誠司、松岡 歩、繭山桃子、窪井裕美、牧野香里、

岡田昌平、三田尚弘、上野 高、上野直美、林 奈緒子、宮川佑介、

永井翔彩、湯村友彦、木津達大、宮川 翠、岡田香澄、藤巻 嶺、

松村侑紀、幸 亮太、北澤 龍、鹿島麻衣、本多 翔、吉田侑加、

中村桃子、曳地聡美、山田雄貴 (順不同・敬称略)


★この展覧会は大阪、東京に巡回いたします。

大阪展 12/7(水)→13(火) 大丸心斎橋店 北館12階 美術画廊

東京展 12/21(水)→27(火) 松坂屋上野店 本館7階 美術画廊

2016年11月16日 (水)

薫る色彩 宮野孝司 日本画展@大丸京都店

Mark_kyoto_2

「薫る色彩 宮野孝司 日本画展」

【会期】11/23(水・祝)→29(火)

【会場】大丸京都店 6階 アートサロンエスパス京都

四季折々の自然を明るく穏やかな色彩で端正に描く宮野孝司先生。

京都での初個展を開催いたします。

ぜひご高覧ください。

03_4

 ↑「苺」 日本画 6号

034

 ↑「葡萄」 日本画 4号

0330

 ↑「緑薫る季節」 日本画 30号 (嵐山祇王寺)

●宮野孝司 略歴

1975年岐阜県生まれ。

2000年愛知県立芸術大学卒業、桑原賞受賞、卒業制作大学資料館買い上げ。

2002年愛知県立芸術大学大学院修了。

2003年第58回春の院展 奨励賞受賞。

個展・グループ展を重ねる。

現在、日本美術院院友。


大丸京都店のHPは こちら


2016年11月10日 (木)

心のおもいを一筆に託して 篠田桃紅作品展@大丸神戸店

Mark_kobe

「心のおもいを一筆に託して 篠田桃紅作品展」

【会期】11/23(水・祝)→29(火)

【会場】美術画廊

墨を使った新たな表現方法を創造し

世界で活躍する孤高の芸術家、篠田桃紅104歳。

幼少より書に親しみ、自由な作風を追い求め、1956年単身渡米。

以降世界各地で個展を重ね、

代表作はメトロポリタン美術館、大英博物館他収蔵されています。

最新作を中心に原画、書、版画作品30余点を一堂に展観いたします。

350dpi

↑篠田桃紅「韻」 金地に金泥・銀泥・胡粉 30×25cm 2015年制作


大丸神戸店のHPは こちら

2016年11月 9日 (水)

ロジェ・ボナフェ展 内なる光と成熟の赤@大丸京都店

Mark_kyoto_2

「ロジェ・ボナフェ展 内なる光と成熟の赤」

【会期】11/9(水)→15(火)

【会場】大丸京都店 美術画廊


地中海沿いのフランス・モンペリエ在住(本年84歳)のロジェ・ボナフェ。

強く明るい色調で南仏の風景を描いています。

03

 ↑ 「遠くの農家とラベンダー畑の端の糸杉」油彩 8号

03_2

 ↑「カーテンの合間の風景と静物画」油彩 8号

0311

 ↑「赤い花、赤い花瓶、ブルーの丸テーブル」油彩 8号


大丸京都店のHPは こちら

北川安希子 日本画展-水辺に集う-@大丸京都店

Mark_kyoto_2

「北川安希子 日本画展-水辺に集う-」

【会期】11/9(水)→15(火)

【会場】大丸京都店 6階 アートサロンエスパス京都


水辺の動植物などを描いた作品を中心に約20点を出品いたします。

樹や花、魚、ハシビロコウなど、動植物たちの生命力を感じてください。

03s100

 ↑ 「対自-ハシビロコウ」 100号 

  *山種美術館日本画アワード入選作

03s4

 ↑「カエルの休憩 -ノヴォグイネエンシス」 4号S


●北川安希子 略歴

1983年滋賀県生まれ。

2005年佐藤太清賞公募美術展覧会 福知山市長賞受賞。

2006年成安造形大学卒業。

2011年京都日本画新展 大賞受賞。

2015年公益財団法人平和堂財団 芸術奨励賞受賞。

他、受賞多数。現在、個展・グループ展を中心に活躍中。


大丸京都店のHPは こちら

2016年11月 3日 (木)

~フィンランドからスオミの妖精たち~ ヴィーヴィ・ケンパイネン展@大丸神戸店

Mark_kobe

「~フィンランドからスオミの妖精たち~

 ヴィーヴィ・ケンパイネン展」

【会期】11/9(水)→15(火)

【会場】大丸神戸店 7階 美術画廊

フィンランドの人々は多くの湖と広大な森に囲まれたこの国を

「スオミ=湖の国」と呼び、この自然をこよなく愛し誇りに思っています。

零下10度にもなる氷の冬の大自然の中から

生まれた優しい妖精たちのファンタジー。

澄んだ瞳、澄んだ心で描く

ヴィーヴィ・ケンパイネンの作品をお楽しみください。

97445518400

 ↑「北の国のおはなし」パステル画 97.0×44.5㎝

12311510554000

 ↑「ヒッポとウサギ」 水彩画 15.0×10.5㎝

The_earth9644518400

 ↑「The Earth 物語の始まり」パステル画 96.0×44.0㎝

4018129600

 ↑「花咲くトナカイ」水彩 40.0×18.0㎝

7125216000

 ↑「お月様にとどけ」水彩 71.0×25.0㎝


大丸神戸店のHPは こちら

【2016年11月】大丸京都店アートインフォメーション

Mark_kyoto_2

大丸京都店美術画廊・アートサロンで開催される

11月の展覧会のスケジュールをご紹介いたします。

=========================================

「草間 彌生特集 現代美術注目作家展」

【会期】11/2(水)→11/8(火)

【会場】美術画廊

ボーダレスな時代に世界共通認識が持てる芸術として

広がりを続ける現代美術。

特に1950年以降の日本人前衛芸術は、

国際的に高い評価を受けています。

今展では草間彌生の版画作品を特集。

その他にも、現在注目されているアーティストをご紹介いたします。     

<出品予定作家>

ジャスパー・ジョーンズ、フランシス・ベーコン、白髪一雄、元永定正

ヨーゼフ・ボイス、関根伸夫、李 禹煥、村上 隆ほか

03

 ↑草間彌生「Dots Obsession」ミラ-・ミクストメディア 2011年 

  サイズ 32.8×25.0㎝ 

 

「アートセール 版画特集」

【会期】11/2(水)→11/8(火)

【会場】アートサロン

選りすぐりの版画をお買い得価格にてご奉仕させていただきます。

有名無名問わず、幅広く展開いたします。

この機会にぜひご来場ください。



「ロジェ・ボナフェ展 内なる光と成熟の赤」

【会期】11/9(水)→15(火)

【会場】美術画廊

地中海沿いのフランス・モンペリエ在住(本年84歳)。

強く明るい色調で南仏の風景を描きます。

03

 ↑ロジェ・ボナフェ 「カーテンの合間の風景と静物画」 油彩 8号

「北川安希子 日本画展-水辺に集う-」

【会期】11/9(水)→15(火)

【会場】アートサロン

今展では、水辺の動植物などを描いた作品を中心に約20点を出品いたします。

樹や花、魚、ハシビロコウなど、動植物たちの生命力を感じてください。

03s4

 ↑北川安希子「カエルの休憩-ノヴォグイネエンシズ」 日本画 4号S

「俊英作家秀作洋画展」

【会期】11/16(水)→22(火)

【会場】美術画廊

現在、洋画壇で活躍中の人気・実力派作家に気鋭の若手作家を加えた展覧会。

精緻に描かれた写実的な作品や

叙情豊かなオーソドックスな作品など幅広く展開。

<出品予定作家>

井上慎介、祭 國華、広田稔 ほか

Fullsizerender

 ↑安田祐三「サモアの岸辺」 6号

 

「荒尾元・近藤あかね 陶二人展~もう一つの世界2016~」

【会期】11/16(水)→22(火)

【会場】アートサロン

町家や異国の建物をやきもので手がける荒尾元氏。

黒御影土を使ったこだわりの屋根瓦をはじめ、

細かいところまで再現された作品は、発見と驚きの連続に心躍ります。

一方、染付による山水や花鳥、吉祥文が描かれた作品を手がける近藤あかね氏。

曲線を用いたフォルムと、可愛らしい装飾に心温まります。

京都在住の作陶家二人が創り出す世界をお楽しみください。

03_2

 ↑荒尾 元「伏見人形の店」H12×W16×D10㎝

 

03_3

 ↑ 近藤あかね「ツチクレ山水」手前H3×W8×D7㎝ / 奥H8×W6×D6㎝

「佐藤 潤 絵画展」

【会期】11/23(水・祝)→29(火)

【会場】美術画廊

1970年大阪市生まれ。京都精華大学卒業。

自然と動物をテ-マに、絶滅を危惧されている動物や自然を描く佐藤潤。

日本の風習や吉祥モチ-フの作品、

竹の手漉き和紙「竹紙」に描かれた新作や版画を中心に展観いたします。

<作家来場>

11/23(水・祝)、26(土)・27(日) 午後1時~5時

03

 ↑佐藤潤「「白い鳥」34.0×25.0㎝ 竹紙にアクリルと顔料 2016年制作

 

「薫る色彩 宮野孝司 日本画展」

【会期】11/23(水・祝)→29(火)

【会場】アートサロン

1975年岐阜県生まれ。

2000年愛知県立芸術大学卒業。

2002年愛知県立芸術大学大学院修了。

現在、日本美術院院友。

四季折々の自然を明るく穏やかな色彩で端正に描いた作品に定評があります。

この機会にぜひご高覧ください。

03_4

 ↑宮野孝司「苺」 日本画 6号


大丸京都店のHPは こちら