« 【2017年1月】 大丸神戸店アートインフォメーション | メイン | 大濱紙の力、絵の力 第6回 燦々会 日本画展@松坂屋名古屋店 »

2016年12月23日 (金)

【2017年1月】 大丸心斎橋店アートインフォメーション

Mark_shinsaibashi

大丸心斎橋店美術画廊・現代陶芸サロンで開催される

1月の展覧会のスケジュールをご紹介いたします。

==========================================

「絵画版画特選展」

【会期】12/28(水)→1/10(火)

【会場】美術画廊

人気作家の日本画・洋画・版画を特別価格にて展示即売いたします。

Photo

 ↑東山魁夷「朝」 リトグラフ 24.5×35cm 1975年


「木彫雛人形展」

【会期】1/11(水)→17(火)

【会場】美術画廊

初春のお部屋飾りや初節句のお祝いとして親しまれる木彫雛人形。

優美な極彩色の衣裳と木彫ならではの素朴さは、

時代を超えてお楽しみいただけます。

Takahashi007

 ↑高橋勇ニ「立雛 山の辺」 6号


「大杉真司展 ―舞妓の日常―」

【会期】1/18(水)→24(火)

【会場】美術画廊

舞妓を描き続けてきた油絵画家 大杉真司。

京都にしかいない舞妓さんの姿を独特の線と色づかいで描いた作品は

2015年フィレンツェ市・京都市姉妹都市提携50周年の式典の折に

フィレンツェ市へ寄贈された他、パリ・ボストン・ケルンなど

これまで数多くの京都市姉妹都市に寄贈され

親善交流に花を添えてきました。

日々修行に励み成長していく舞妓さんの明るさ、

芯の強さや柔らかさなど、

はんなりと過ごす舞妓の日常を温かい視点で描く大杉真司の作品を

この機会にぜひご高覧ください。

S6p

 ↑大杉真司「線光花火」 油彩 6号


「山口真人展」

【会期】1/18(水)→24(会場)

【会場】現代陶芸サロン桃青

山口真人先生は赤津焼西山窯の6代目として、

黄瀬戸・瀬戸黒・織部・志野など伝統をふまえながら

常に新たな可能性を求めて意欲的に制作しておられます。

琳派織部と題された山口先生独自の織部焼では、

鉄釉による遊び心溢れる意匠が目を引きます。

伝統の技術を用い自由な発想で制作される作品を

ぜひご高覧ください。

Photo_2

 ↑山口真人「黒織部茶盌」 12×11.7×高9.0㎝


「絵画版画特別セール」

【会期】1/25(水)→31(火)

【会場】美術画廊

国内外の有名巨匠を中心に絵画版画を

特別価格で展示即売いたします。

Concert_in_the_squareno1003

 ↑マルク・シャガール「Concert in the square M.1003」

  リトグラフ 47.0×32.5㎝ 42/50 1983年 

大丸心斎橋店のHPは こちら