« 【2017年4月】 大丸京都店アートインフォメーション | メイン | ー君想うことー 坂根輝美 日本画展@大丸東京店 »

2017年3月24日 (金)

【2017年4月】 大丸心斎橋店アートインフォメーション

Mark_shinsaibashi

大丸心斎橋店美術画廊・現代陶芸サロンで開催される

4月の展覧会のスケジュールをご紹介いたします。

=======================================

「~風ニ吹カレテ~ 重村泰弘絵画展」

【会期】3/29(水)→4/4(火)

【会場】美術画廊

株式会社宇治園は京都山城に明治2年に創業いたしました。

昭和16年に京都よりここ心斎橋筋商店街に出店いたしまして76年が経ちます。

宇治園と共に歩んでこれましたのも皆様のおかげと感謝いたしております。

その間、大好きな絵も描き続け、振り返ってみますと

80歳をむかえることになりました。

今までしたためておりました絵画を

この地でご縁があります大丸心斎橋店さんで

発表させていただくことになりました。

どうぞご高覧賜りますようお願い申しあげます。  

            株式会社宇治園 重村泰弘

2016s

 ↑重村泰弘「venezia」 30号

「西林 学作陶展」

【会期】3/29(水)→4/4(火)

【会場】現代陶芸サロン桃青

古来より日本人に愛された李朝。

西林先生はその美しさに迫るものを求め、

歴史深い吉野の地で作陶されています。

今展では井戸・三島・瀬戸など、

日常にしっくりと馴染むうつわを多数展覧いたします。

味わい深く掌に遊ぶかいらぎ。

人気の高い井戸茶碗を、ぜひお手に取ってご覧ください。

Ai

 ↑西林 学「白磁象嵌壷」 径18.9×高15.5㎝


「吉田直樹 木で描く音楽の世界展」

【会期】4/5(水)→11(火)

【会場】美術画廊

八ヶ岳の麓のアトリエで、クラシック音楽やジャズの魅力を

木で表現したインテリアアートを制作される吉田直樹先生。

木の美しさと音楽の楽しさを感じていただける展覧会です。

Dsc_2106b

 ↑吉田直樹

 奥上:「音楽の絵本~バッハ バイオリンソナタ」W40×W24㎝ しなの木

 手前:「音楽の絵本~バッハ 無伴奏バイオリンからシャコンヌ」W34×H22㎝ しなの木


「穂高隆児 作陶展」

【会期】4/5(水)→11(火)

【会場】現代陶芸サロン桃青

料理人暦16年という稀有な経歴を経て陶芸の道に踏み出した穂高先生。

笠間の若手陶芸家として期待を集めています。

そのうつわは食卓へ、また茶席へ登り、

実際に扱うことで美の真価を発揮します。

今展では織部、黒織部、楽焼の他、珍しい塩釉の磁器などを出展。

現代陶芸サロン桃青では初の個展となります。

ぜひご高覧くださいませ。

Ai_2

 ↑穂高隆児「窯変黒楽茶盌」 径11.6×高9.2㎝


「『生命の讃歌』-心の楽園風景を描く 秦 曻八 展」

【会期】4/12(水)→18(火)

【会場】美術画廊

1942年大阪に生まれる。

1964年武蔵野美術短期大学卒業。

大手百貨店の空間デザイナーを経て空間デザイン研究所を主宰。

建築意匠など幅広いデザインやプロデュースを数多く手がけ、

その間、欧米を広く旅し多くのスケッチを描いてきました。

1995年頃より画家として「心の楽園風景」をテーマとした

景観画作品を発表しています。

Photo

 ↑秦 曻八「ベルギー・ブルージュのカフェ」 水彩 20号


「小倉薫・小澤章子2人展  刻の消息」

【会期】4/12(水)→25(火)

【会場】現代陶芸サロン桃青

地球に生きる種として「人」の存在の不思議を問い続け制作をする小倉薫。

陶と金属など、異素材を組み合わせてかたちとなった作品は

「どこへ向かうのか?」とわたしたちの行く末を問いかけているようです。

小澤章子は、土に触れていると、

土と自らが解け合っていくような感覚があるといいます。

制作を通して、自然の循環に自分自身を組み込むことで、

根源的、普遍的な何かを探しているのだと。

ふたりの織りなす幽玄の世界を、どうぞご堪能くださいませ。

Ai_3

 ↑小倉薫「Blue Birdと共に」 36.5×13.5×高31㎝

Ai_4


 ↑ 小澤章子「炭化灰釉花器」 17×13.5×高20.7㎝

「日本画 G6 展」

【会期】4/19(水)→25(火)

【会場】美術画廊

東京藝術大学日本画科出身の若手精鋭作家6名による

「-日本画- G6展」を開催いたします。

すでに、ギャラリーや画壇でも高い評価を得ている注目の先生方が描く、

瑞々しい感性に満ちた、個性溢れる作品の数々をご堪能ください。

<出品作家>(敬称略)

泉東臣 大久保智睦 大沢拓也 川又聡 三枝淳 並木秀俊

2_100p_2017g6

 ↑大久保智睦「群鶴図」 日本画 100号


「-親愛なる猫たちへ- 市来功成絵画展」

【会期】4/26(水)→5/2(火)

【会場】美術画廊

猫を愛し、独自の精緻な画法で

その豊かな表情を描きだす市来功成先生の新作個展です。

様々な猫たちの表情をどうぞご覧ください。

Sm

 ↑市来功成「あったかいね」 油彩 SM


大丸心斎橋店のHPは こちら