« CINQ Lumière 愛知県立芸術大学出身作家5人展@大丸札幌店 | メイン | Candy Circus 舟田潤子展@大丸京都店 »

2017年8月31日 (木)

【2017年9月】 大丸神戸店アートインフォメーション

Mark_kobe

大丸神戸店美術画廊・アートギャラリーで開催される

9月の展覧会のスケジュールをご紹介いたします。

==========================================

「~心の楽園を描く~ 林 孝三絵画展」

【会期】8/30(水)→9/5(火)

【会場】美術画廊

鮮やかな色彩で描かれる熱帯の動物たちや花々は

強烈な印象と同時に人々に癒しの感覚を与えてくれます。

芦屋を拠点に「こころの楽園」という独特の世界を表現し、

全国各地で注目されています。

Photo

 ↑林 孝三「水辺の楽園」 油彩 18.0×60.0㎝


「小林範之展」

【会期】8/30(水)→9/5(火)

【会場】アートギャラリー

日本画の持つ素材の美しさを活かした、独特の繊細な線描の世界。

自然の美しさや生命の輝きを描きます。

まるで金糸銀糸で紡いだように繊細で美しい

新作日本画30余点を展観いたします。

M30

 ↑小林範之「流れ星」 岩絵具 30号M


「心に残る風景美展- 吉田伊佐・塚原貴之・薄井義 -」

【会期】9/6(水)→9/12(火)

【会場】美術画廊

風景画家として活躍中の洋画家吉田伊佐氏・塚原貴之氏・薄井義氏。

3名がそれぞれ取材を重ね、

心に残った風景・場所を描いた30余点をご紹介いたします。

あの時、あの場所で、あの瞬間がなければ…

各作家の思いが伝わる風景美をぜひ高覧下さい。

<作家来場予定>

吉田伊佐先生 9/9(土)・10(日) 各日 午後1時~午後5時

Photo_2

 ↑吉田伊佐「湿原の流れ」 油彩 10号


「~こころ踊るパリを描く~山岡康子 油彩画展」

【会期】9/6(水)→9/12(火)

【会場】アートギャラリー

こころ踊るパリの街角風景と、パリに暮らす猫たちを描いた

最新作油彩画30余点を展観いたします。

Photo_3

 ↑山岡康子「6月のモンパルナスのcafé」 油彩 20号P


「草間彌生と世界の現代アート展」

【会期】9/13(水)→9/19(火)

【会場】美術画廊

話題の草間彌生氏を中心に、

世界で注目される現代美術家たちの作品を

巨匠から若手まで幅広くご紹介いたします。

339b

 ↑草間彌生「夜に読む本B」 シルクスクリーン 16.0×23.0㎝



「~猫とお庭と宝箱~フルイ ミエコ絵画展」

【会期】9/13(水)→9/19(火)

【会場】アートギャラリー

アートセラピスト「臨床美術士」として働きながら、

独自の絵画制作活動を続ける フルイミエコ。

大丸神戸店初の個展です。

F25

 ↑フルイミエコ「思い出の庭」 油彩 25号F


「ミッシェル・ドラクロワ絵画展」

【会期】9/20(水)→9/26(火)

【会場】美術画廊

1933年フランス・パリ生まれ。

1978年にフランス現代画家として最高位のナイトの称号を得ています。

古きよきパリの街並みを描いた作品は、

パリの国際ナイーブ美術館など有名美術館に

永久保存作品として展示されており、

日本でもプライベートコレクションとして数多く所有されています。

Photo_4

 ↑ミッシェル・ドラクロワ「オペラ座」シルクスクリーン 54.7×82.5㎝ 


「宝石箱のファンタジー  宝永たかこ絵画展」

【会期】9/20(水)→10/3(火)

【会場】アートギャラリー

滋賀県にある成安造形大学准教授 宝永たかこ。

アクリル絵具を用いて描く独特のファンタジーに

多くのファンが魅了されています。

6030

 ↑宝永たかこ「透明な風の伝言」 アクリル絵具 60.0×30.0㎝


「アール・ヌーヴォーのガラス ガレ&ドーム展」

【会期】9/27(水)→10/3(火)

【会場】美術画廊

19世紀末から20世紀初頭にかけ

アール・ヌーヴォー期を代表するガラス芸術家として活躍したガレとドーム。

この二大巨匠は1900年のパリ万博でグランプリを分け合い、

芸術家としての頂点に立ちました。

今展では、初期の作品からランプまで約50作品を展観いたします。

Photo

 ↑ガレ「薔薇文大型ランプ」 高さ60.0㎝ 1918~1931年代

 

Photo_2

 ↑ドーム兄弟「オランダ雪景文花器」幅15.7㎝ 年代1900年頃

 

大丸神戸店のHPは こちら