« 【2017年11月】 大丸京都店アートインフォメーション | メイン | 【2017年11月】 大丸神戸店アートインフォメーション »

2017年11月 4日 (土)

宮彫りの粋 宮﨑政光 木彫展@松坂屋静岡店

Mark_shizuoka

「宮彫りの粋 宮﨑政光 木彫展」

【会期】11/22(水)→11/28(火)*最終日は午後5時閉場

【会場】本館6階美術サロン

●作家来場予定 毎日


このたび松坂屋静岡店では、

「宮彫りの粋 宮崎政光 木彫展」を開催いたします。

当画廊において初めての開催となります。

宮崎先生は幼い頃からお祭りが好きで

特に屋台に対して強い憧れを持ち、

地元浜松市のお祭りはもちろんのこと外にも目を向け、

熱心に各地の祭礼行事にも足を運ばれたそうです。

2004年に1年間京都伝統工芸専門学校で木彫刻を学び、

職人として独立、現在に至ります。

171018_13_1713_301615

 ↑左:「小獅子」高13×幅17×奥行13㎝

   右:「牡丹」高30×幅16×奥行15㎝


屋台は大工、彫刻師、縫い師、錺師、塗師、車大工、鍛冶屋など

多くの職人たちの手により総合され完成された文化と技術の結晶です。

その中でも宮彫りは、

お祭りで曳く屋台装飾の大きな見せ場として重視された木彫刻のことで、

それぞれの時代の職人たちが神様をお祀りするために

獅子や龍などを手掛けてきました。

171018754021

 ↑「風伯神像」高75×幅45×奥行21㎝


今回初となる個展では主に獅子や龍の他、

風神・雷神や日本人にとても馴染みのある恵比寿様や大黒様、

その他にも短冊や根付などの木彫刻が出品される予定です。

「先人たちが残した作品を手本に、

お祭りや屋台を愛する心を木彫刻に託したい」

と願う先生が心魂を傾けて制作した力強い作品を

ぜひこの機会にご高覧賜りますようご案内申しあげます。

<作家略歴>

1983年 静岡県浜松市西区雄踏町に生まれる。

幼いころよりお祭りが好きで、祭屋台の模型などを作って遊ぶ。

2004年 京都伝統工芸専門学校で木彫刻を学ぶ。

2009年 浜松市博物館、寺社彫刻展にて作品展示

2012年 浜松市西区志都呂町北組屋台彫刻

2014年 磐田市白羽屋台彫刻

2015年 磐田市前野、松尾八王子神社拝殿彫刻

2017年 磐田市長須賀、松尾神社拝殿彫刻


松坂屋静岡店のHPは こちら