« 【2018年8月】 大丸神戸店アートインフォメーション | メイン | 【2018年9月】 大丸心斎橋店アートインフォメーション »

2018年7月25日 (水)

【2018年8月】 大丸心斎橋店アートインフォメーション

Mark_shinsaibashi

大丸心斎橋店美術画廊・現代陶芸サロンで開催される

8月の展覧会のスケジュールをご紹介いたします。

=================================================

「ジョアン・フック絵画展 ―オーストラリアの女流人気作家―」

【会期】8/1(水)→8/7(火)

【会場】美術画廊

オーストラリア出身の女流画家ジョアン・フックの作品は、

心の安らぎや癒しを求める方々から多くの共感を得ています。

オリジナリティ溢れる独自の感性は、

南仏にも拠点を持ってからもなお健在。

鮮やかな色でファンタジックな情景を生き生きと描き、

地球に生きる生命の絆を感じさせます。

Rainbow_lorikeet

 ↑ジョアン・フック「Rainbow Lorikets II」 アクリル絵具 17×16cm


「大岩智之 作陶展」

【会期】8/1(水)→8/7(火)

【会場】現代陶芸サロン桃青

陶土の特性を生かした造形と焼成を心がけ制作しています。

特に高温度帯での自然釉の変化に魅力を感じ、研究を深めています。

約2週間の焼成とその後1週間の徐冷で焼き締められた土の質感と窯変は

とても神秘的です。

是非ご高覧いただけたら幸いです。

                   大岩智之

Unnamed_3

 ↑大岩智之「黒埦」幅14×奥行11.5×高さ10.5cm


「絵画・工芸品 蔵出し展」

【会期】8/8(水)→8/21(火)

【会場】美術画廊

みなさまの日頃のご愛顧に感謝いたしまして、

厳選した絵画、工芸品を一堂にあつめ、

特別価格にてご奉仕させていただきます。

180533_z

 ↑十三代酒井田柿右衛門「錦山吹文香炉」高さ約13cm 共箱 1964~84年制作

 

F10

 ↑立川広巳「ミモザとカサブランカ」油彩 10号F


「酒器展」

【会期】8/7(水)→8/21(火)

【会場】現代陶芸サロン桃青

国内外で活躍中の人気作家や、話題の若手陶芸家による、

個性豊かで多彩な酒器を一挙に展示いたします。

夏の晩酌を彩る作家もののぐい呑や徳利を、ぜひご覧くださいませ。

21

 ↑ 橋本大輔「天目ぐい呑」径7.5×高さ5cm


「輪島掘出し市」

【会期】8/22(水)→8/28(火)

【会場】美術画廊

歴史と伝統を誇る輪島塗は、堅牢な塗りと加飾の優美さを特徴とし、

日本を代表する漆器として高く評価されています。

椀、銘々皿、盆、広蓋、香炉、重箱、屠蘇器、座敷机、飾棚、漆芸額など

逸品、調度品から日頃使いの食器、小物家具まで、

この時ならではの特別価格にて大奉仕いたします。

Photo

 ↑「花丸五聖蒔絵 四段重箱」


「伊藤岱玲 作陶展」

【会期】8/22(水)→8/28(火)

【会場】現代陶芸サロン桃青

兵庫県の丹波で染付磁器を作陶される伊藤岱玲先生。

伝統に根ざしたろくろの腕からは、端正な造形が生み出されます。

磁器の表面に細やかな筋を彫り込む、

暈しの技法で編み出される粋な濃紺の絣模様。

日常に取り入れたい、凛としたうつわの数々をご高覧くださいませ。

Unnamed_2

 ↑伊藤岱玲「染付暈彩(うんさい)絞染文壺」高さ21cm


「秋の茶の湯道具逸品展」

【会期】8/29(水)→9/4(火)

【会場】美術画廊

日本の伝統を受け継ぎ、わび、さびの世界の中で年輪をかさねてきた

茶の湯のお道具、千家御家元様書付もの、千家十職作品など、

茶道具の逸品を一堂に展観いたします。

Unnamed_1

 ↑「梅竹紋繰口釜 芦屋」坐忘斎御家元書付


「鴨頭みどり 作陶展」

【会期】8/29(水)→9/4(火)

【会場】現代陶芸サロン桃青

今にも動き出しそうな、不思議な魅力を持った動物たち。

その豊かな表情に目を惹かれます。

施釉後に鉄釉をぬぐい取ることで、

アンティークの人形を思わせる独特のマチエールが生み出され、

白釉や銅釉との融和がいっそう作品の魅力を深めるのです。

今展ではいつものオブジェに一ひねり加え、

花器や碗など、自然なかたちでうつわに姿を変えました。

世界にふたつとない宝物。どうぞご覧くださいませ。

Unnamed

 ↑鴨頭みどり「花とフクロウ」15.7×12.2×高さ12.2cm


大丸心斎橋店のHPは こちら