« 2018年7月 | メイン | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月21日 (火)

【2018年9月】 大丸神戸店アートインフォメーション

Mark_kobe

大丸神戸店美術画廊・アートギャラリーで開催される

9月の展覧会のスケジュールをご紹介いたします。

============================================

「山際 景子展」

【会期】8/29(水)→9/4(火)

【会場】美術画廊

ロンドン芸術大学卒業後、東京藝術大学大学院を経て

独自の創作活動を続けてきた気鋭のアーチストの新作展。

新たな潮流を予感させるタブローに加え、

デジタルプリントも併せて展示販売いたします。

Hana

 ↑山際景子「咲花 HANA 」 ミクストメディア 160×120cm


「清水義久 陶展」

【会期】8/29(水)→9/4(火)

【会場】アートギャラリー

丹波焼の伝統を受け継ぎ、

使い手への気遣いを忘れない陶芸家 清水義久。

大丸神戸店では初めての個展です。

Photo

 ↑清水義久「白丹波窯変扁壷」14×12×高22cm

「曽根 茂油彩展」

【会期】9/5(水)→9/11(火)

【会場】美術画廊

このたび曽根先生の6回目の個展を開催いたします。

何時か何処かで目にしたような日本風景を、

曽根先生の心象に沿って捉え、

精緻で爽やかで郷愁を感じさせてくれる作品に表現しています。

Photo_2

 ↑曽根 茂「六月の爽日」 油彩 8号P

「~こころ躍るパリParis~ 山岡 康子 油彩画展」

【会期】9/5(水)→9/11(火)

【会場】アートギャラリー

こころ躍るパリの街角風景と、

パリに暮らす猫たちを描いた最新作油彩画30余点を展観いたします。

6f

 ↑山岡康子「トランプ遊び」 油彩 6号F


「岩見健二 洋画展」

【会期】9/12(水)→9/18(火)

【会場】美術画廊

長年、パリにこだわり取材を重ねてきた画家岩見健二。

パリの街並みを重厚なタッチとデッサン力で描き上げた

“いまを生きるパリを描く”新作約30点を一堂に展観いたします。

Photo_3

 ↑岩見健二「ソルフェリーノの雨」 油彩 10号M


「~外被せオパルセントガラスの魅力~ 山田えい子ガラス工芸展」

【会期】9/12(水)→9/25(火)

【会場】アートギャラリー

自然が作り出すものは美しい。

草のそよぎ、風のささやき、そして鳥たち。

初秋のひと時、山田えい子サンドブラスト

外被せ「オパルセントガラス」の世界をお楽しみください。

Photo_4

 ↑山田えい子「白の孤高」外被せオパルセントガラス H25㎝×D18㎝×W23㎝


「草間彌生と世界の現代アート展」

【会期】9/19(水)~9/25(火)

【会場】美術画廊

世界で注目される現代美術家たちの作品を

話題の草間彌生氏を中心に巨匠から若手まで幅広くご紹介いたします。

G2_3

 ↑ 草間彌生「かぼちゃ(G)」シルクスクリーン

   1992年制作 15.6×22.5cm

「フルイミエコ展」

【会期】9/26(水)→10/2(火)

【会場】アートギャラリー

アートセラピスト「臨床美術士」として働きながら、

やわらかな色彩とテクスチャーで独自の絵画制作を続けるフルイミエコ。

大丸神戸店2回目の個展です。

F25

 ↑フルイミエコ「叶う予感」 油彩 25号F


大丸神戸店のHPは こちら



   

2018年8月20日 (月)

【2018年9月】 大丸京都店アートインフォメーション

Mark_kyoto_2

大丸京都店美術画廊・アートサロンで開催される

9月の展覧会のスケジュールをご紹介いたします。

============================================

「秋の茶道具展」

【会期】8/29(水)→9/4(火)

【会場】美術画廊

秋から冬にかけてのお道具を一堂に展示いたします。

千家十職をはじめ家元書付の逸品茶道具も含め

お茶会にもお使いいただけるお道具を中心に展開いたします。


「東山魁夷生誕110年記念 巨匠版画展」

【会期】8/29(水)→9/4(火)

【会場】アートサロンエスパス京都

文化勲章作家 東山魁夷をはじめ、

今なお高い人気を誇る近代の日本画家・洋画家の版画作品を特集いたします。

Photo

 ↑東山魁夷「曙」 リトグラフ 284/430 45.5×60㎝

 

Photo_2

 ↑平山郁夫「月下らくだ行」リトグラフ&シルクスクリーン

  20/100版 48.4×66㎝

 

「光のルネッサンス 加國哲二 油彩画展」

【会期】9/5(水)→9/11(火)

【会場】美術画廊

光と影がおりなす柔和なフォルムで描いた油彩画です。

約20年間フランス生活でつちかったフランスの空気漂う世界を描いています。

今展では新作を発表いたします。

●加國哲ニ 略歴

1960年大阪に生まれ。大阪芸術大学卒業。アカデミージュリアン修了。

1986年渡仏。サロン・ドートンヌ、ル・サロン他出品。

コートダジュール国際画家大賞展受賞。

ドービル国際画家大賞展受賞。

<作家来場予定> 会期中毎日

Img_4627_2

 ↑加國哲ニ「アネモネのある室内」油彩 F10号

 「矢合直彦 作陶展」

【会期】9/5(水)→9/11(火)

【会場】アートサロンエスパス京都

ロバや猫、フクロウとアニマルたちに子供たちが、わいわい賑やかに大集合!

愉快なオブジェも、カラフルな食器も、矢合先生の魅力があふれています。

<作家来場予定> 9/8(土)、9(日)

Photo_3

 ↑矢合直彦「一輪ざし 町・子供・山」高さ12.5㎝



「第3回 谷口和正 油絵展」

【会期】9/12(水)→9/18(火)

【会場】美術画廊

日本の原風景を求めて取材し、

いま眼の前に在る風景を通して

古き良き昭和の時代を想い出させてくれるような作品を描く

谷口和正氏の3回目の個展です。

温かい懐かしさにふれる作品の数々を展覧いたします。

<作家来場予定> 9/12(水)、9/15(土)、9/16(日)

        午前11時~午後6時

400b20m

 ↑谷口和正「豊穣海」 油彩 20号M

 (取材場所 大阪府豊能郡能勢町長谷 棚田で有名なところです。)


「~花の巡るところ~ 中山千明 日本画展」

【会期】9/12(水)→9/18(火)

【会場】アートサロンエスパス京都

咲き誇る花を、慈しむように真摯に描く中山千明氏。

2年ぶりとなる今展では、さらに魅力を増した新作の数々をご高覧ください。

●中山千明(なかやま ちあき)略歴

1987年 千葉県出身

2012年 名古屋芸術大学大学院 修了

在学中より、個展・グループ展・公募展など精力的に活躍

Wsm

 ↑中山千明「かぐや姫」WSM


「第2回 Wings 羽ばたく洋画家たち展」

【会期】9/19(水)→9/25(火)

【会場】美術画廊・アートサロンエスパス京都

写実絵画を得意とする、注目の洋画家11名を特集いたします。

それぞれが持つ「個性」という名の翼で羽ばたく作家たちによる力作の数々を

この機会にぜひご高覧ください。

●出品作家

池田誠史、大路誠、奥江一太、今野雅彦、三箇大介、

中上誠章、藤原加奈子、松本貴子、村社由起、

吉田伊佐、オユンナ・ウォーカー (順不同、敬称略)

Wings2018

Wings20182

「~陽だまりからの贈り物~ 阿部千鶴展」

【会期】9/26(水)→10/2(火)

【会場】美術画廊

晴れの日も雨の日も特別な日も・・・

少女の目線で感じるトキメキや花や動物たちを、

優しい色彩で描きます。

1995年東京藝術大学大学院博士課程加山又造研究室修了、創画会准会員

<作家来場>9/29(土)、30日(日)午後2時~午後5時

 

F12

 ↑阿部千鶴「森のうた」 日本画  12号F

 「GRACE 北村典子 日本画展」

【会期】9/26(水)→10/2(火)

【会場】アートサロンエスパス京都

三重出身、愛知県立芸術大学卒業、

現在は日本美術院院友として活躍する北村典子氏による

京都初個展をご案内いたします。

花やステンドグラス、人物など、

繊細なモチーフを光溢れる色彩で描いた新作約20点をお楽しみください。

<作家来場予定> 9/26日(水)・27日(木)・29日(土)・30日(日)

Graceful6

 ↑北村典子「Graceful」日本画 6号


大丸京都店のHPは こちら

 

2018年8月15日 (水)

【2018年9月】 大丸心斎橋店アートインフォメーション

Mark_shinsaibashi

大丸心斎橋店美術画廊・現代陶芸サロンで開催される

9月の展覧会のスケジュールをご紹介いたします。

=================================================

「秋の茶の湯道具逸品展」

【会期】8/29(水)→9/4(火)

【会場】美術画廊

日本の伝統を受け継ぎ、わび、さびの世界の中で年輪をかさねてきた

茶の湯のお道具、千家御家元様書付もの、千家十職作品など、

茶道具の逸品を一堂に展観いたします。

Photo_2

 ↑「梅竹紋繰口釜 芦屋」坐忘斎御家元書付

「鴨頭みどり 作陶展」

【会期】8/29(水)→9/4(火)

【会場】現代陶芸サロン桃青

今にも動き出しそうな、不思議な魅力を持った動物たち。

その豊かな表情に目を惹かれます。

施釉後に鉄釉をぬぐい取ることで、

アンティークの人形を思わせる独特のマチエールが生み出され、

白釉や銅釉との融和がいっそう作品の魅力を深めるのです。

今展ではいつものオブジェに一ひねり加え、

花器や碗など、自然なかたちでうつわに姿を変えました。

世界にふたつとない宝物。どうぞご覧くださいませ。

Photo_3

 ↑鴨頭みどり「花とフクロウ」15.7×12.2×高さ12.2㎝


「輝いている、小さないのち 谷上裕二油彩画展」

【会期】9/5(水)→9/11(火)

【会場】美術画廊

可憐な姿や透き通った鳴き声で私たちを癒してくれる野鳥たち…。

その小さないのちの輝きを描き続ける谷上裕二氏の個展です。

厳しい自然の中で、健気に生きる鳥たちを温かく見守り、

慈しむように丁寧に描いた作品をご高覧ください。

8_1

 ↑谷上裕二「初秋」 油彩 8号

 

「谷本貴 作陶展」

【会期】9/5(水)→9/11(火)

【会場】現代陶芸サロン桃青

伊賀に生まれイタリアで陶造形を学んだ経歴をもつ谷本先生の作品は、

ときにうつわでもあり造形作品のようでもあります。

伊賀の土や焼きの魅力を伝える自由な作陶スタイルは変化を続け、

今は気軽に轆轤をひくことができる井戸茶盌など

高麗陶に魅力を感じているといいます。

古典を探るにとどまらず、どことなく日本的な要素をもたせたうつわたち。

身に添う、不思議な感覚です。

Dscn7786

 ↑谷本 貴「伊賀大皿」径39×高さ7cm


「~釣りキチ三平~ 矢口高雄版画展」

【会期】9/12(水)→9/18(火)

【会場】美術画廊

「釣りキチ三平」で日本中に釣りブームを巻き起こした漫画家、矢口高雄氏。

「カジカの夜突き」をはじめとするエッセイや、

釣りキチ三平が釧路湿原でイトウを釣るイラストなどが

文部省検定の学校教科書に掲載。

故郷である秋田県横手市増田まんが美術館の名誉館長。

2016年には秋田空港ロビーに巨大陶板レリーフが設置され、

京都市水族館、青森・七戸町立鷹山宇一記念美術館などで展覧会を開催。

今展では、版画(レフグラフファイン)と直筆画(矢口語録)約35点、

グッズ、書籍(天翔ける童心)などを販売いたします。

●サイン会:9月16日(日)13:30~15:00

会期初日から、サイン会終了までに

会場にて商品をお買上げ(税込1,080円以上)のお客様先着100名様に

整理券をお渡しいたします。

整理券は初日から配布いたしますが、お一人様1枚に限ります。

サイン会当日の当該時刻に必ず会場までお越しください。

当該時間以外のサインはお受けいたしておりません。

お客様がお持ちいただいた物品へのサインはできかねますのでご了承ください。

Photo_4

 ↑「山魚女群泳」レフグラフ ファイン28.5×60.3㎝  ©矢口高雄


「高麗の風に吹かれて 鈴木大弓・洪斗賢」

【会期】9/12(水)→9/25(火)

【会場】現代陶芸サロン桃青

韓国、聞慶(ムンギョン)の地で出会った二人の陶芸家による白磁、粉引への探求。

黒や褐色に焼きあがる土に白い化粧土を施す粉引は、

高貴な白磁へのあこがれから生まれました。

土や釉薬、焼成方法によってもその表情は千差万別。

身近にありながらも実に見どころの多いうつわです。

鈴木大弓先生は古典を踏まえつつ、

型にとらわれないおおらかな作風でファンを魅了し続けています。

鯉江良二氏に師事された洪斗賢先生は清道郡(チョンド)に窯をおき、十余年。

古窯に学び、深い意識に基づいた作品は見るたびに味わいが増すようです。

今展では粉引、白磁、堅手などを展覧いたします。

Photo_5

 ↑鈴木大弓「粉引茶盌」15.4×14.4×高さ7cm

Photo_6

 ↑洪斗賢「青花草文白磁徳利」径8×高さ14cm


「再スタート・ パリ 赤木曠児郎展」

【会期】9/19(水)→9/25(火)

【会場】美術画廊

渡仏18年目、1981年に初めて日本での個展を開いたのでした。

以来何回日本での個展を重ねたのか、わたくしにも不明ですが、

常に側にあって助けてくれた家内が、今年の3月身まかりました。

はじめて一人でまた個展会場にのぞみますが、

みなさまとお目に掛かれるのを楽しみにしております。

パリを描き、身の回りを描いて、

過ごして行くしか一本道は残されていないと、あらためて決心です。

                赤木曠児郎                  

Akagi

 ↑赤木曠児郎「アールヌーボーの建物」 ジクレー版画 36×47.8cm


「紙の昆虫たち展 斉藤卓治・斉藤健輔」

【会期】9/26(水)→10/2(火)

【会場】美術画廊

紙から生まれた昆虫たちの世界です。

樹液のお酒を皆で楽しく飲んだり 釣りをしたり。

小さなアリンコから大きなカブトムシまで居る

様々な昆虫たちのユカイな暮らしを紙で表現しました。

また、つつくと動きだしそうな本物さながらの昆虫たちも沢山います。

ギラファノコギリクワガタやウガンデンシスオオツノハナムグリなど、

様々な昆虫たちを細部までこだわりました。

                  斉藤卓治・斉藤健輔

Photo_7

 ↑「明日はきっといい事あるよ」紙細工 22.0×27.0×5.5㎝


「藤平寧 作陶展」

【会期】9/26(水)→10/2(火)

【会場】現代陶芸サロン桃青

「思いを伝えるカタチ」を作成のテーマとしています。

やさしさやユーモア、不思議なカタチが揃いました。

ご高覧いただければ幸いです。

              藤平 寧

Photo_8

 ↑藤平寧「黙考」14×14×高さ22cm


大丸心斎橋店のHPは こちら