« 2018年9月 | メイン | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月30日 (火)

【2018年11月】 大丸京都店アートインフォメーション

Mark_kyoto_2

大丸京都店美術画廊・アートサロンで開催される

11月の展覧会のスケジュールをご紹介いたします。

============================================

「通次 廣 茶陶展」

【会期】10/31(水)→11/6(火)

【会場】美術画廊

通次廣先生の二年ぶり五回目の個展を開催させていただきます。

高麗や国焼の奥深い茶陶の世界をひたむきに追及し

益々洗練された作品を制作されています。

この機会にぜひご高覧ください。

Ai

 ↑通次 廣「御所丸茶碗」径12.5×高さ7.8㎝

 

「夕紅(ゆうくれない)の四色葉(よついろは)~若手作家4人展~」

【会期】10/31(水)→11/6(火)

【会場】アートサロンエスパス京都

日本画・洋画・版画・陶芸と自らの技法を駆使し、

作品に向きあう若手作家の展覧会です。

4人の夕紅色(情熱の色)の世界をお楽しみください。

<出品作家> 國枝愛子、田村洋子、星野菜月、松尾彩加

<イベントのご案内>  *いずれも受付14時~16時、所要時間15分程、無料

●11/1(木) 似顔絵

ご指名の作家が、あなたの似顔絵を色紙に描かせていただきます。

●11/2(金)   しおり

作家が用意した版で、一緒にしおりを作ります。

4

「オリビエ・デヴォー 来日絵画展」

【会期】11/7(水)→11/13(火)

【会場】美術画廊

フランスで注目を集める新進気鋭の若手画家、

オリビエ・デヴォー氏をお招きして初の来日展を開催いたします。

本展では、パリ、オペラ座に出入りを認められたデヴォー氏が、

光と影、動と静を見事に対比させダンサーを描いた作品や、

新たな表現で挑んだ新作の風景画を展示販売いたします。

<作家来場予定>

 11月11日(日)・12日(月)  各日13時~16時

_1459

 ↑オリビエ・デヴォー「シルフィードの飛翔」油彩 12号 


「荒尾元・近藤あかね 陶二人展 ~もう一つの世界2018~」

【会期】11/7(水)→11/13(火)

【会場】アートサロンエスパス京都

町家や身近なお店を、やきものでリアルに魅せる荒尾元と、

縁起物のモチーフを可愛らしく展開する近藤あかね。

京の作陶家2人による共演をお楽しみください。

<作家在廊予定>

荒尾元:全日

近藤あかね:7(水)・10(土)・11(日)

Photo_2


「米倉健史 キルトア-ト展」

【会期】11/14(水)→11/20(火)

【会場】美術画廊

キルティングアートの作品は、花と宙 ・花と風景を心に浮かぶままに描き、

優しく、温かく、見る人の心を癒します。

使用される布は1m単位で丁寧に手染めされた貴重なシーチング生地で、

1枚1枚厳しく色をチェックした生地のみが使用されます。

細部にまでこだわった作品をご覧ください。

Photo

 ↑米倉健史「残り香」50.8×61.0㎝

「-旅情ー 宮治綱 日本画展」

【会期】11/14(水)→11/20(火)

【会場】アートサロンエスパス京都

光と影のコントラストを丁寧に追い、深みのある色彩で描く町の風景。

郷愁と異国情緒の共存する魅力的な世界です。

●宮治綱(みやじ こう)略歴

1975年 名古屋市生まれ

2003年 愛知県立芸術大学大学院修了

現在 日本美術院院友

<作家在廊予定>14(水)・19(月)・20(火)

10

 ↑宮治綱「灯」  10号

「-新たなる花鳥百獣の世界ー 佐藤 潤絵画展」

【会期】11/21(水)→11/27(火)

【会場】美術画廊

1970年大阪市生まれ。京都在住。京都精華大学卒業。

竹の手漉き和紙「竹紙」に独創的な鳥獣画の世界を描かれています。

動物にまつある風習や吉祥を作品の要素として取り入れ、

新たな動物画の世界を創られています。

昨年より宮崎県日向産の蛤の貝殻を使用した新たな作品つくりにも挑戦。

最新作含む約30点を出品いたします。

<作家来場予定>23日(金・祝)24日(土)25日(日) 13時~17時

_2_2

 ↑佐藤 潤「朱雀図屏風」


「-草原の風に吹かれてー オユンナ・ウォーカー 洋画展」

【会期】11/21(水)→11/27(火)

【会場】アートサロンエスパス京都

空気の流れを追って、色彩が優しく広がる作品は、

私たちへも爽やかな風が吹くようです。

モンゴルに生まれ、日本・アメリカでも活躍する作家の、

自然への想いを感じてください。

<作家在廊予定> 21(水)・23(金/祝)・24(土)・25(日) 各13~17時

 

50f

 ↑オユンナ・ウォーカー「高台からの眺め」 油彩 50号

 

「~こころ踊るパリParis~ 山岡康子 絵画展」

【会期】11/28(水)→12/4(火)

【会場】美術画廊

歴史を感じるパリの街並み。

うれしくて、楽しくて、伸びやかに溢れるこころの色彩で描きます。

今展は、こころ躍るパリの街角風景と、

パリに暮らす猫たちを描いた最新作油彩画30余点を展観いたします。 

<作家来場予定>12月1日(土)、2日(日)各日14時~18時

Cafe_2

 ↑山岡康子「cafeの昼下がり」 油彩 30号F

 

「干支と聖夜のおくりもの」

【会期】11/28(水)→12/4(火)

【会場】アートサロンエスパス京都

可愛くてユニークな作品が大集合☆

家族や友人、大切な人を想うこの時期、

アートサロンで想いを形にしてみませんか。



大丸京都店のHPは こちら

2018年10月 3日 (水)

アーティストが描く「ファンタジー」 ー夢と魔法の世界へー ファンタジーアート&コレクションフェア@松坂屋静岡店

Mark_shizuoka

アーティストが描く「ファンタジー」

ー夢と魔法の世界へー ファンタジーアート&コレクションフェア

【会期】10/31(水)→11/6(火)

【会場】松坂屋静岡店 美術画廊

ミッキーマウス、ピーターパン、白雪姫、アナと雪の女王など、

誰もが知るディズニーの名作アートを展示即売いたします。

William_silverstime_to_celebrate560C_2 ↑William Silvers「Time to Celebrate」 額サイズ56.0×45.5㎝

今回のディズニー作品のテーマは「冬」。

ディズニーを愛するアーティストが描くクリスマスを盛り上げる作品や、

映画にはない冬をイメージした作品を多数ご紹介します。

また、クリスマスプレゼントにも最適なアメリカの老舗洋食器ブランド

「LENOX」の陶磁器製フィギュアも多数ご用意しています。

ぜひこの機会に、夢と魔法のディズニーの世界をお楽しみください。

There_perfect

C_3↑スタジオアート原画「There Perfect」額サイズ59.0×67.0㎝


松坂屋静岡店のHPは こちら

2018年10月 2日 (火)

【2018年10月】 大丸京都店アートインフォメーション

Mark_kyoto_2

大丸京都店美術画廊・アートサロンで開催される

10月の展覧会のスケジュールをご紹介いたします。

============================================

「再スタート・パリ 赤木曠児郎展」

【会期】10/3(水)→10/9(火)

【会場】美術画廊

渡仏18年目、1981年に初めて日本での個展を開いたのでした。

以来何回日本での個展を重ねたのか、わたくしにも不明ですが、

常に側にあって助けてくれた家内が、今年の3月身まかりました。

はじめて一人でまた個展会場にのぞみますが、

みなさまとお目に掛かれるのを楽しみにしております。

パリを描き、身の回りを描いて、

過ごして行くしか一本道は残されていないと、あらためて決心です。

                        赤木曠児郎

11

 ↑赤木曠児郎「自由の女神像とラジオフランス(Ⅰ)」油彩 40号F

 

「山崎有美日本画展 -はなのいろー」

【会期】10/3(水)→10/9(火)

【会場】アートサロンエスパス京都

京都店アートサロンでの二年ぶりの個展となる今展では、

人物、花をモチーフにした新作を約20点展覧いたします。

柔らかく、情感あふれる筆致。

みずみずしい感性で描かれた、気鋭の作家の新たな世界をご堪能ください。

 

●山崎有美 略歴

2005年愛知県立芸術大学日本画専攻卒業      

2007年愛知県立芸術大学大学院日本画専攻卒業 現在日本美術院院友

<作家在廊予定>

10/3(水)・5(金)午後・6(土)・7(日)・9(火)

S

 ↑山崎有美「ふたいろ」 日本画 3号


「出口華正 掛軸展」

【会期】10/10(水)→10/16(火)

【会場】美術画廊 

四季折々の花々や鳥を描く出口華正氏。

和室を彩る掛軸でお楽しみいただきます。

今回は、さまざまな季節の移り変わりをテーマに

新作30数点を出品いたします。             

<作家来場予定> 会期中全日

1

 ↑出口華正「満天星(どうだんつつじ)」 軸装サイズ 幅68.5×丈143㎝


「深田充夫 彫刻展」

【会期】10/10(水)→10/16(火)

【会場】アートサロンエスパス京都

1956年滋賀県出身

京都精華短期大学立体造形専攻科卒業

深田先生は滋賀県の大津、草津、守山市などを中心に

モニュメントを多数制作されています。

自然のエネルギーやいのちをテーマにした作品で、

ヘンリームーア大賞展優秀賞、滋賀県文化賞など多数の賞を受賞。

アートサロンではステンレススティールによる彫刻作品を展示。

また、隣接のアートスポットでは

深田先生のもう一つの魅力であるドローイング作品を展示いたします。

こちらは打って変わってなんともユーモラスで軽快な作品です。

<イベントのご案内>

10月13日(土)14:00より、

深田先生の作品をテーマにした演奏と詩の朗読、

電脳音楽朗読ユニット「OLDFRAG」による

ライブパフォーマンスを開催いたします。

ぜひご来場ください。

Ouzen1

 ↑深田充夫「滃然(オウゼン)」H29×W35×D35㎝ 

 

「日本工芸会近畿支部木竹工部会展」

【会期】10/17(水)→10/23(火)

【会場】美術画廊

村山明、中川清司先生を筆頭とした

日本工芸会近畿支部木竹部会の会員の先生方約20余名によるグループ展です。

古より日本の生活や文化の中で親しまれてきた木や竹の道具や調度。

現代の巨匠から新進作家までが、

自由な発想と磨き上げた技によって制作された

生活空間に生きる木と竹の作品を一同に展観いたします。

Miyashita

 ↑宮下賢次郎 「紫檀線象嵌アクセサリーケース」


「千住博 版画展」

【会期】10/17(水)→10/23(火)

【会場】アートサロンエスパス京都

世界的アーティスト・千住博の版画を特集いたします。

代表作品 ウォーターフォールから風景作品、フォーリングカラー、

崖を描いたCLIFFシリーズなど、様々な作品をお楽しみください。

604574150

 ↑千住博「コスモス」HSエディション 60×45cm 

 

「篠原 希作陶展」

【会期】10/24(水)→10/30(火)

【会場】美術画廊

昨年、アメリカのメイン州ヘイスタック、

そしてノースカロライナ州ペンランドで制作する機会を得ました。

 信楽や伊賀土の特徴と、薪窯による無釉焼締への興味、面白さ。

それらは海外制作を経て更に熱量を増しています。

信楽や伊賀土の白さを活かした焼締は、素朴で美しい。

信楽を除く滋賀県ではあちこちで須恵器が焼かれており、

その土にアメリカのスリップという考え方を併せ、

うつわを焼きたいと思います。    篠原 希

 

Photo_3

 ↑篠原 希「窯変壷」径28.0×高33.0㎝


「森本 仁 陶展」

【会期】10/24(水)→10/30(火)

【会場】アートサロンエスパス京都

伝統的な備前焼を基本としながら、

今の暮らしに合うモダンでシンプルなフォルムの器を制作されています。

日常を彩る器や花器など多数展示いたします。

●森本 仁 略歴

1976年岡山県備前市生まれ

1999年東京造形大学彫刻科卒業

美濃・豊場惺也氏に師事。2003年より備前市にて制作を始める

Photo

大丸京都店のHPは こちら

2018年10月 1日 (月)

【2018年10月】 大丸神戸店アートインフォメーション

Mark_kobe

大丸神戸店美術画廊・アートギャラリーで開催される

10月の展覧会のスケジュールをご紹介いたします。

============================================

「土佐の紙に描く 日本画新作展 2018」

【会期】10/3(水)→10/9(火)

【会場】美術画廊・アートギャラリー

現代の日本画壇を代表する約40名の作家たちが土佐で漉いた和紙に描いた

新作の日本画をご紹介いたします。

<作家来場予定>

10/6(土)13時~18時

奥村美佳、長谷川雅也両氏が来廊されます。

 

6f

 ↑加来万周「麗日」 日本画 6号
 

「~爽やかな風~ 本山二郎絵画展」

【会期】10/10(水)→10/16(火)

【会場】美術画廊

奈良県で生まれ、金沢で学び、

二度目の日展特選を受賞した本山二郎氏。

その卓越したデッサン力と美しい色彩で多くのファンを魅了しています。

人物・静物・花・風景など最新作を多数展示販売いたします。

F10_jpeg

 ↑本山二郎「楽興の時」 油彩 F10号 


「寺田 鉄平作陶展」

【会期】10/10(水)→10/16(火)

【会場】アートギャラリー

日本を代表する窯業地 瀬戸で

江戸時代後期より代々続く窯元に生まれた寺田鉄平氏。

瀬戸の伝統技法を現代に生きる自分の感性で表現した

茶碗や花器、酒器、向付など約150点展示販売いたします。

_

 ↑寺田鉄平「織部徳利」幅7.0×奥行7.0×高さ14.0㎝

       「窯変織部ぐい呑」幅6.8×奥行6.8×高さ5.3㎝

      「黒織部ぐい呑」幅7.6×奥行7.1×高さ4.1㎝      


「~永々無窮・日本の美~ 戸屋勝利展」

【会期】10/17(水)→10/23(火)

【会場】美術画廊

戦国時代の美をテーマにした独自の画風で定評が高い戸屋勝利。

時には荒々しく、時には静かに描かれた武将たちは、

栄枯盛衰のはかなさを感じさせ、

風景画には永々無窮の理を現すかのように心に染み入ります。

本展では新作を中心に30余点の作品と合わせて、

作家が装丁画として依頼された文庫本を展示いたします。

<作家来場予定>

10/20(土)・21日(日)13時~18時

102018

 ↑戸屋勝利「織田信長」 日本画 10号


「『宝石箱のファンタジー』宝永たかこ絵画展」

【会期】10/17(水)→10/30(火)

【会場】アートギャラリー

2007年スイスより世界発売のステラ薫子監修タロットカードの絵を担当し、

2008年TBS系列テレビドラマ「魔王」にてこのカードが使用され話題となりました。

また近年では、「家庭画報」王妃占い挿入画を担当するなど

活躍中の画家 宝永たかこ。

最新作30余点を展観いたします。

F1050

 ↑宝永たか子「「春風祭」 アクリル絵具 F10号


「秋の絵画祭」

【会期】10/24(水)→10/30(火)

【会場】美術画廊

芸術の秋に因み、国内外の巨匠・人気作家の絵画・版画作品を

多彩なジャンルから取り揃え、特別価格にてご紹介致します。

お求めしやすいお得な税込9万円均一コーナーもご用意しております。

25

 ↑嶋津俊則「マントン」 油彩 25号


大丸神戸店のHPは こちら