« 【2018年12月】 大丸神戸店アートインフォメーション | メイン

2018年11月30日 (金)

【2018年12月】 大丸心斎橋店アートインフォメーション

Mark_shinsaibashi

大丸心斎橋店美術画廊・現代陶芸サロンで開催される

12月の展覧会のスケジュールをご紹介いたします。

============================================

「李朝の夢・粉引/こひき 当麻嘉英 陶展」

【会期】11/28(水)→12/4(火)

【会場】美術画廊

朝鮮李朝期に生まれた雨漏り茶碗は

茶碗の内外に雨漏りのようなしみが有り、

当時の茶人達は、これを壁の雨漏りと見立ててその景色を愛しました。

白い泥の濃淡と木の灰の釉薬を用い微妙な色合いを目指して制作されています。

粉引きの作品を中心に新作50点余りの作品を一堂に展観いたします。

_dsc0024

 ↑当麻嘉英「雨漏り茶碗」 粉引きと土灰釉 高さ8×径15㎝

 

「鈴木伸治 作陶展」

【会期】11/28(水)→12/4(火)

【会場】現代陶芸サロン桃青

美濃の東、東濃はかつて志野陶片が発見され、

美濃焼が認識された地であります。

その地で志野を探求し続ける鈴木伸治先生。

我武者羅に熱を注いだ新作の数々をご覧ください。

Photo

 ↑鈴木伸治「紫志野茶盌」 径13.6×高さ7.7㎝


「牟田陽日作陶展『山舐め、花食み、海を干す』」

【会期】12/5(水)→12/11(火)

【会場】美術画廊

「華やかでありつつ、自然の持つ険しさを含んだ情景美を器に盛り込みたい」

という牟田先生。

ファインアートで育まれた感性は九谷焼を素材として花開き、

多くの心を揺さぶりました。

動植物や幻獣といった古典的画題と私的寓話が共鳴する色絵磁器を制作し、

燦爛たる作品からは、まるで生命を昇華させるような激しさを感じます。

今展では酒器をメインに、さまざまな作品を展覧いたします。

若く美しい輝きにご注目ください。

Muta

 ↑牟田陽日「日月磯蟹図 徳利」14×13×高さ15㎝


「花に想いをよせて 武田けえこ 日本画展」

【会期】12/12(水)~18(火)

【会場】美術画廊

花に想いをよせて風にそよぐ草花、刻々と表情を変える月、風景。

その出会いに、いつもいつも、魅了されずにおられません。

感動の再現。

さまざまな出会いの感動を、一度心に沈め、

再び浮かび上がって来た時に広がった感情を表現しております。

そして、日本には美しい詞がたくさんあります。

情景と詞の出会い。

美しい出会いを心を込めて描き続けてゆきたいと想っております。

                      武田 けえこ

1

 ↑武田けえこ「花日和」 8号


「西端春奈 作陶展『みんなの祝祭』」

【会期】12/12(水)→12/18(火)

【会場】現代陶芸サロン桃青

今にも動き出しそうないきものたちはどれも愛らしく、

自然と笑みがこぼれます。

丹波特有の赤土へ化粧土を施し、

その表面へ描かれる色鮮やかな草花が、慶びを招くようです。

心を暖め、弾ませる、いきものたちのお祭。

ぜひ、お手に取ってご覧ください。

Haruna

 ↑西端春奈「獺の祭(椿)」

 獺:8×19.5×高さ10.5㎝、皿:径27.8×高さ1.5㎝


「迎春の掛軸展」

【会期】12/19(水)~12/25(火)

【会場】美術画廊

新年を迎え新春萬福を願う集いの席にふさわしい

富士・鶴・旭日・南天・紅白梅など

床の間を煌びやかに綾なす掛軸を多彩に取り揃え展示即売いたします。

冬の図柄の掛軸も併せてご覧ください。

Img_7180

 ↑中川 幸彦「赤富士」 尺八


「大前悟 作陶展」

【会期】12/19(水)~12/25(火)

【会場】現代陶芸サロン桃青

古陶に魅せられ焼物づくりに没頭していった大前先生の作品は、

自然体で軽やか。

古陶のひとかけらからその背景にある人々の息遣いまでも感じとり、

作陶によって紡ぎ出されていく営みが現代にも続いています。

奥底からふつふつと、人のぬくもりが湧き上がるような作品です。

今展では、趣を大きく変化させた自身で五代目となる柿の蔕茶碗を主に、

井戸・赤楽・不二山写の茶碗や酒器などを出品いたします。

Photo_2

 ↑大前悟「柿蔕茶碗」径14×高さ7.3㎝

「-君が僕にくれたもの- 市来功成絵画展」

【会期】12/26(水)~1/8(火)

【会場】美術画廊

愛くるしい仕草や表情で私たちを癒してくれる猫たちの

様々なシーンをクレヨンや水彩絵の具を駆使して描く市来功成氏。

いろんな猫たちが無心に遊び戯れる様を

愛情込めて描いた作品約30点を出品いたします。

1_2

 ↑市来功成「めぐる記憶」 水彩・クレヨン 10号P


「蔵出展 あけぼの」

【会期】12/26(水)~1/8(火)

【会場】現代陶芸サロン桃青

新年の祝賀にふさわしい、

今をときめく若手作家の作品を選りすぐりました。

古来より続く日本の陶芸文化に現代的な感性を織り交ぜ、

新たな流れを生み出す陶芸家たち。

徳利、ぐい呑などの酒器をはじめ、茶器や花入などを展示いたします。

ぜひこの機会にご覧ください。

Photo_3

 ↑植葉香澄「キメラ碗」径12.4×高さ11.9㎝


大丸心斎橋店のHPは こちら