« 【2019年7月】 大丸神戸店アートインフォメーション | メイン | ~はなのめぐり~ 河本万里子日本画展@大丸心斎橋店 »

2019年7月 5日 (金)

新たなる花鳥百獣の世界 佐藤潤絵画展@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi

7月9日(水)より「新たなる花鳥百獣の世界 佐藤潤絵画展」を
 
北館12階美術画廊にて開催いたしております。



希少な動物や自然を華やかに描かれる佐藤潤先生。
 
日本古来の風習や吉祥などの要素を作品に取り入れることで
 
独自の世界を作り上げています。
 
再生力の高い竹の手漉き和紙「竹紙」を使用した作品にも取り組まれており、
 
自然環境に配慮した作品制作を行われています。
 
国内外で注目を集める佐藤潤先生の作品をぜひご高覧ください。


「新たなる花鳥百獣の世界 佐藤潤絵画展」

会期:7月3日(水)→9日(火) 〈最終日は午後5時閉場〉

会場:大丸心斎橋店 北館12階 美術画廊

●作家在廊予定:7/5(金)、6(土)、7(日) 各日午後1時→5時

※都合により変更になる場合がございます。
 

Photo


佐藤潤先生は絶滅危惧種の動物たちを
 
日本の昔からの言い伝えや験担ぎ、言葉遊びを交えて描かれています。
 
幼い頃から大の動物好きで
 
その頃から動物の絵をよく描かれていたそうです。
 
個展で動物画についてのお話をされるうち、
 
自然保護や動物たちの絶滅危惧問題への関心が高くなり、
 
画紙に竹紙を選ぶなど、
 
自然や動物たちにできることは何か考え、行動に移されています。
 
動物にまつわる吉祥講座やワークショップなどを通して、
 
生態系の豊かさや生き物たちの姿をより多くの人に伝える活動を
 
かんに行ってらっしゃいます。
 
動物たちの魅力を伝えたい、という思いで作品を制作されています。
 

Photo_2


 ↑「馬尽くし」

伊勢神宮に奉納される神馬と8種類の馬の郷土玩具や立絵馬が
 
あわせて9種類描かれています。
 
9種類の馬が同じ方向を向いて行く様子から
 
「うまくいく(馬九行く)」の語呂合わせになっています。

Photo_3


 ↑「河豚図」

河豚の産地の下関では「フク」と濁らずに言うそうです。
 
フクは福と通じる縁起物とされ、この作品では6匹の蛙と合わせ、
 
「福を迎える(フクを六蛙)」の言葉遊びになっています。
 

Photo_4


 ↑「セイロン」

アジアに住む象で最も水辺を好むセイロン象。
 
朝早くから水辺に集まる象が長い鼻で水をすくいます。
 
水面に映る太陽を上に引き上げる、として
 
スリランカでは縁起が良いと大切にされてきた動物です。
 

Photo_5

Photo_6




大丸心斎橋店 美術催しのご案内はこちら↓