« 【2019年12月】 大丸京都店アートインフォメーション | メイン | 林源太展 うるしの美・渋谷英一 作陶展@大丸心斎橋店 »

2019年12月 6日 (金)

逸盌展 ~一盌からはじまる暮らし~@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi

大丸心斎橋店本館8階アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカにて

「逸盌展 ~一盌からはじまる暮らし~」を開催いたしております。

Photo



茶道の発展とともに根付いた日本特有のアート、茶盌。

北大路魯山人や河合寛次郎、濱田庄司ら巨匠の作品から

現代人気作家の逸品など多くの作品を一堂に展覧いたしております。

ぜひお気に入りの一盌を探しに来てください。



逸盌展 ~一盌からはじまる暮らし~

12月4日(水)→10日(火)<最終日は午後5時閉場>

大丸心斎橋店本館8階

アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ



初日のトークイベントでは、茶人・木村宗慎先生に

お気に入りのお茶盌を選び取る、ということや

お茶盌の見所などをお話いただきました。

お茶盌はお茶をたて、飲むだけでなく

様々な楽しみ方、向き合い方がある、という先生のお話に

多くのお客様が熱心に耳を傾けていらっしゃいました。

Photo_2


(トークイベントの様子)

陶芸作品は見て楽しむだけでなく、

その手に取れ、お茶を飲む・食べるなど口にすることもでき、

多面的な芸術とも言えます。

手にとった時に重さ、質感、口に触れたときの温度、口当たり…。

五感を様々に刺激してくれるたくさんのお茶盌たち。

個性あふれる作家の方々の作品を一部紹介いたします。

Photo_3




 ↑十三代 三輪休雪「エル・キャピタン」(雑誌J prime掲載写真)

その気高く力強い造形に目を奪われる、

十三代 三輪休雪先生の「エル・キャピタン」。

今年、三輪休雪を襲名された三輪窯当代の作品です。

 

「淹れるものを抹茶に限る必要はない。

今回のように花を活けてもいいし、果物を盛ってもいい。

中国には文房四宝(筆墨硯紙)なんて言葉もありますが、

茶碗も同じで、傍にあると心が落ち着いて、

それでいて自分というものを形作っていくツールにもなりえますから」

と木村宗慎氏はインタビューの中で語られています。

(雑誌 J prime茶人 木村宗慎先生インタビューより)


ぜひ作品と向き合い、ご自分なりの楽しみ方を見つけてみてください。

Photo_5



 ↑川瀬忍「藍瓷茶碗」


透き通ったブルーに心が洗われるような川瀬忍先生の「藍瓷茶碗」

色彩の美しさを存分に堪能できる作品です。



Photo_7



 ↑佐伯守美「象嵌泥彩樹林文茶碗」

あたたかみを感じるブラウンの世界に浮かび上がる樹林。

静かな時間が流れるのを感じます。

Photo_8



 ↑滝口和男「八面六臂の」

遊び心たっぷりで思わずわくわくしてしまう、心踊るお茶碗です。

どの作品も個性あふれる造形です。

Photo_9




 ↑伊勢崎晃一朗「黒茶碗」

コバルトブルーの深い味わいにじっくりと惹きこまれていきます。

黒の土が焼成によって青へと変化する、

伊勢崎先生の美しい青をご堪能ください。

Photo_10


 ↑加藤清和「白釉茶碗」

白い釉薬と黒の対比がユニークな作品。

ミルク色のやわらかさと土の地肌のコントラストに

思わず手に取りたくなります。

Photo_11



 ↑菱田賢治「天目蒔絵茶碗(木地)」

内と外のギャップに惹き込まれる、菱田先生の漆の作品。

蒔絵で天目を表現しています。

陶漆の作品では陶と漆の質感の違いを楽しんでいただけます。

Photo_12

Photo_13


 ↑巨匠作家による作品も展覧いたしております。

じっくり茶盌の魅力を感じてみてください。

皆様のご来場をお待ちしております。

大丸心斎橋店アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカのご案内はこちら↓↓↓


https://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/artglorieux/