« これからの現代アート展@大丸心斎橋店 | メイン | 近代 柿右衛門・今右衛門展@大丸心斎橋店 »

2020年1月31日 (金)

樂代々作品を中心に 春の茶の湯道具逸品展@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi

本館8階 アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカにおきまして
 
 
樂代々作品を中心に 春の茶の湯道具逸品展」を開催いたしております。
 
 
 


存在感のある厚みと手捏ねによる僅かなゆがみが特徴の樂茶碗。
 
 
会場には連綿と伝統を受け継いできた樂家の作品を中心に、
 
 
千家御家元様書付もの、千家十職作品など茶の湯道具の逸品を
 
 
出品いたしております。ぜひご高覧くださいませ。
 
 
 
 

Photo

 

樂代々作品を中心に 春の茶の湯道具逸品展

1月29日(水)→2月4日(火)

<最終日は午後5時閉場>

大丸心斎橋店 本館8階

アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ
 
 
 
 
○樂家の茶碗
 

初代・長次郎が茶の湯を作り上げた千利休の命により樂茶碗を作り、
 
 
樂焼を創設。以降400年以上に渡り今日まで受け継がれています。
 
 
樂焼は「手捏ね」(轆轤は使わず手とヘラを用いる)によって成形がされるため、
 
 
わずかな歪みや厚みが特徴となります。
 
 
侘び寂びを体現した茶碗を始めとする樂家の作品の数々は
 
 
多くの茶人を魅了しています。代々の当主はそれぞれに創意工夫をこらし、
 
 
技法の研究を重ね独自の作風を作り上げてきました。
 
 
創造への飽くなき探究心の結晶をご高覧くださいませ。
 
 
 

Photo_2

 
 
また会場には茶の湯道具の逸品の数々もあわせて出品いたしております。
 
 
茶の湯の世界をご堪能くださいませ。
 
 
 

Photo_3

 

Photo_4

 
 
 
大丸心斎橋店アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカのご案内はこちら