« 入魂の芸術 日本刀展@大丸心斎橋店 | メイン | -Nouvelle Génération- 次代を担う作家展@大丸心斎橋店 »

2020年3月22日 (日)

【2020年4月】 大丸京都店アートインフォメーション

Mark_kyoto_2

大丸京都店美術画廊・アートサロンで開催される

4月の展覧会のスケジュールをご紹介いたします。

============================================

「コーラルア-ト展  ~珊瑚彫刻の魅力~」

【会期】4月1日(水)~4月7日(火)(最終日は午後5時閉場)

【会場】美術画廊

 

珊瑚の魅力を生かした現代ア-ト的なオブジェ作品を含めて展開いたします。         

宝石珊瑚の新しいインテリアスタイルの 「Corarium(コ-ラリウム)」

をご提案いたします。

魔除けや幸福のシンボルとされる宝石珊瑚の「原木飾り」を現代風にアレンジし、

モダン住宅のインテリアとしてお飾りいただけます。

その他、前川泰山などの著名作家の額装や彫刻の伝統彫刻作品や赤珊瑚の原木置物も出品致します。

4(土)5(日) 山下海生先生来場・実演

※作家作品をご成約のお客様に、珊瑚抹を用いて、

ご自身の手形を作成し進呈いたします。

Blue2

「コーラリウム」

珊瑚・真珠・蝶貝・水晶・アパタイト   横17cm×奥行き17cm×高さ23cm

LED照明(リモコン式)
 

「竹林 柚宇子日本画展」

【会期】4月1日(水)~4月7日(火)

【会場】アートサロン ESPACE KYOTO

竹林先生はご自身も母として子育てをしながら制作を続けておられますが、

そのやさしい視線と温もりが、画面から伝わってきます。

笑った顔、一生懸命なまなざし、遊びに夢中の時間。

柔らかな線描でこどもたちの一瞬の表情を描いた、珠玉の作品をお楽しみください。

 

竹林柚宇子/たけばやしゆうこ

1971 滋賀県生まれ

1994 嵯峨美術短期大学日本画専攻科卒業

個展、グループ展等開催多数

 

10f

「ひらり」10号F

「-猫を描く-  高橋行雄絵画展」

【会期】4月8日(水)~4月14日(火)(最終日は午後5時閉場)

【会場】美術画廊

 

愛らしい瞳、美しい毛並みまで 鉛筆で繊細に描かれ、今にも画面から飛び出してきそうな猫たち。

1976年フランスでデビューし、鉛筆で猫を描く画家として世界各国に紹介されています。

今展では、新作作品30余点を展観いたします。

どうぞご高覧くださいますようご案内申し上げます。

 

1

「イーペルの猫祭りと黒猫ミンク」鉛筆・68×92.5

「「湖沼山河」山口賛治作品集Ⅱ 出版記念展」

【会期】4月8日(水)~4月14日(火)(最終日は午後5時閉場)

【会場】アートサロン ESPACE KYOTO

幾重にも重ねられたマチエール。静かに広がる水面。

湖や湿原をひたすらに見つめ描き、画業を深めてきた

山口賛治氏の作品集出版記念展を開催いたします。

ぜひご高覧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

山口賛治/やまぐちさんじ

1941 京都市下京区に生まれる

1964 京展入選(以後20回程)

1975 光風会展入選(以後15回)

1991 日本の自然を描く展 優秀賞

1993 人間賛歌大賞展 佳作賞

1995 マスターズ絵画大賞展 優秀賞

1996 山口賛治作品集「湖沼賛歌」出版

2000 川の絵画大賞展 特別賞

   北の大地展 特別賞

2001 京都文化博物館で大規模展(’13 ‘20)

2012 京都美術工芸展 大賞

   大津歴史博物館で大規模展

2014 あさごアートコンペティション 優秀賞

2015 アートオリンピア受賞

2017 老いるほど若くなる展 信濃毎日新聞社賞

2020 山口賛治作品集Ⅱ「湖沼山河」出版

その他 個展・グループ展・コンクール展多数

 

50


「におの湖」50号 

 

 「八木佑介日本画展 午前二時 -都市の向こう- 」

【会期】4月15日(水)~4月21日(火)(最終日は午後5時閉場)

【会場】美術画廊

 

1991年生まれ、京都造形芸術大学大学院修了の京都在住の期待の若手画家の初個展。

街灯が照らし出す街のクロ-ズアップされた光景を描いた作品に加えて、

近年は板を切り出す技法、そして半立体に仕上げる作品に精力的に取り組んだ新作を

約30点出品いたします。

会期中作家来場予定

 

Photo_2

「都市の生きもの」  12号変形 60.2×44.3cm 

「合板、岩絵具、アクリル、顔料」

「吉田緑油絵展 MY FLOWER GARDEN」

【会期】4月15日(水)~4月21日(火)(最終日は午後5時閉場)

【会場】アートサロン ESPACE KYOTO

 

花を感じ...神秘を感じ

その時々に精一杯にきれいに咲く花を描く

私も精一杯の気持ちを込めて...

それが私のガーデン

「MY FLOWER GARDEN」

 四季折々に咲く花や戯れる動物たちなど、誰しもが感じる癒しや心地よさを描いた、愛情あふれる作品の数々を展示いたします。

 15(水)・18(土)・19(日)は作家全日在廊予定 その他の日/13時より在廊予定です。

 

10


「ピース咲く季節」10号 

「「豪華絢爛」  時を越えて光輝く魅惑のジュエリ-絵画展」

【会期】4月22日(水)~4月28日(火)(最終日は午後5時閉場)

【会場】美術画廊

 

日本美術や漫画・アニメを題材としたジュエリ-絵画を初出品。                   

宗達や光琳や若冲や浮世絵などの江戸絵画、

「鉄腕アトム」や「ベルサイユのばら」などの人気漫画・アニメをモチ-フとして、

宝飾品で使用されるグレ-ドの宝石を用いて手作業で製作された作品を展観いたします。

 

Om3_1

ベルサイユのばらジュエリー絵画 
 オスカル&マリー・アントワネット(品番:OM4)
 サイズ:Mサイズ 

 

「マエストロ貴古作陶展 ~新世界への招待状~」

【会期】4月22日(水)~4月28日(火)(最終日は午後5時閉場)

【会場】アートサロン ESPACE KYOTO

 

京焼・清水焼 四代今橋貴古と、美術家・今橋裕子によるユニット マエストロ貴古。

洗練された技術と自由な発想による作品を多数展覧いたします。

きらめく新世界へ、ぜひお越しくださいませ。

 陶芸家・今橋貴古

1964年 「現代の名工」三代今橋貴古の長男として京都にうまれる

1987年 京都市立芸術大学 陶磁器科 卒業 宇治市炭山にて独立開窯

1988年 六世小川流煎茶道家元 小川後楽先生よりご指導を賜る

     以後 家元の指導にて小川流のお道具にたずさわり現在にいたる

2019年 四代貴古 煎茶作陶展 (白沙村荘 橋本関雪記念館)

 美術家・今橋裕子

1987年 京都市立芸術大学美術学部油絵科 卒業

1989年 同大学院 修了

1985年 在学中よりアトリエ遊美術音楽研究所 美術主宰

1998年 宝塚市展市長賞 受賞

 マエストロ貴古として2011年より発表

2011年 美術工芸ビエンナーレ入選

2012年 第5回 現代茶陶展入選  京展入選(同、2014・2015)

2018年 第30回公募日本ジュエリー展入選

 

Photo


作品画像

フリーカップ 口径7.4㎝ 高さ6.4㎝ ソーサー 直径11㎝

 

「~風炉の季節を迎えて~   初夏の茶道具特集」

【会期】4月29日(水)~5月5日(火)(最終日は午後5時閉場)

【会場】美術画廊

 風炉の季節を迎えて、初夏~夏向けの茶道具を提案いたします。

「喫茶去 KISSAKO お茶を一服」

【会期】4月29日(水)~5月5日(火)(最終日は午後5時閉場)

【会場】アートサロン ESPACE KYOTO

茶席の禅語「喫茶去」(まあお茶でも飲みなさい)をテーマに、

抹茶茶碗、コーヒーカップ等の陶芸作品、お茶を楽しむゆったりとした時間にふさわしい

絵画作品を展示いたします。