« 草間彌生展 「向井修二×清水六兵衞」展 (併催)「現代ア-ト」展 | メイン | Sparkle展 ―人気作家の輝き―@大丸心斎橋店 »

2020年6月30日 (火)

大丸京都店アートインフォメーション【2020年7月】

Mark_kyoto_2

大丸京都店美術画廊・アートサロンで開催される

7月の展覧会のスケジュールをご紹介いたします。

============================================

「日本新工芸近畿会選抜展」

【会期】7月1日(水)~7月7日(火)(最終日は午後5時閉場)

【会場】美術画廊

 

日本新工芸近畿会から選抜されました作家が、

それぞれの工芸分野での多様な素材を用いて、

制作した個性溢れる作品を展示いたします。

  

Photo_2

 岡村衛人 「香炉」 高20cm×幅7.5cm×奥行7.5cm

 

出品作家

(陶磁)

岡村衛人、中村和仁、西川光男、中村恭子

(染色)

大當真理子、近藤卓浪、上原伊織、三原サダ子

(賛助出品)

河合徳夫、内藤英治、吉水絹代

(敬省略、順不同)

 

「水口 智貴ガラス展」

【会期】7月1日(水)~7月7日(火)(最終日は午後5時閉場)

【会場】アートサロンESPACE KYOTO

黒の中に銀色が浮かぶ、オリジナル技法「銀熔変」の花器や、

スタイリッシュで使いやすい器やぐい吞みなど、多彩な作品を展示いたします。

 

MINAKUCHI Tomoki

1981  愛媛県に生まれる

2000  倉敷芸術科学大学工芸学科ガラスコース入学

2004  赤澤清和氏に師事  赤澤グラススタジオスタッフ

2005  師匠の赤澤清和氏が急逝

      赤澤グラススタジオを引き継ぐ

2007  倉敷にて吹きガラス工房 ぐらすたTOMO設立

2011  邦画「テルマエ・ロマエ」の小道具制作

2018  真言宗総本山 金剛峯寺 奥殿 にて、

高野山参与会開催の茶導師 梅原宗直氏監修茶会にて茶碗を展示

2019  高野山 準別格本山恵光院様にて個展、「銀熔変香炉」奉納式

他、賞歴多数

Photo


 

作品画像

「銀熔変花器」 高さ19 径31cm

「掛軸紅札市」

【会期】7月8日(水)~7月14日(火)(最終日は午後5時閉場)

【会場】美術画廊

 

夏物、秋物を中心に年中物もご用意致しました。

また日頃のご愛顧に感謝し、普段より更にお買い得な商品も一部ご用意しております。

 

 

Photo

中川 幸彦  「奥入瀬」

 「松下明生日本画展」

【会期】7月8日(水)~7月14日(火)(最終日は午後5時閉場)

【会場】アートサロンESPACE KYOTO

時の過ぎゆくのは早く、生きる場所も経験も瞬く間に

過ぎゆきます。私が生きてきたそれぞれの土地の風景や、

暮らしたNEW YORKの街、訪れた景色を描き続けています。

皆様からのご批評を賜り、これからの私の修行の糧にさせて

頂ければ幸いでございます。          松下明生

 

20181500750cm240

20181500750cm240_2

作品画像

「摩天楼の屋根」1500×750cm

「女流若手作家3人展 ARTIST miu・江上越・岡西佑奈」

【会期】7月8日(水)~7月14日(火)(最終日は午後5時閉場)

【会場】美術画廊

 

個性ある独自の画風の3名の女流画家の3人展を開催いたします。

(出品作家)

ARTIST miu

1975年福岡県生まれ。

宝塚造形芸術大学で、前衛芸術家の故・嶋本昭三に具体美術を学ぶ。

「今までにないものをつくれ」という精神を元に作品創りに取り組み、

セメントを用いた作風にたどり着く。

 

0512014463_zwzhqhontv4xo31vnr3dlhey

「Beautiful cell-The Light井2- 

41×41cm セメント アクリル エポキシ樹脂

 

江上越

1944年千葉県に生まれる。

ドイツ・HFG大学、北京・中央美術学院に留学。

海外での豊富な経験から人間コミュニケ-ションの可能性を問う。

言語学、人類学、哲学などの領域から、言語の起源による人間の本能を探求し、

言葉による社会を探求する作品を制作。

 

0653020914_op0wdbjze05kqi0b5dqegm1g

 

「すれ違いの困惑-2019-12」 33.3×24.2cm 油彩

 

岡西祐奈

1985年東京都に生まれる。

7歳から本格的に書に目覚める。

高校在学中に師範の免許を取得。

自然界の「曲線美」を書技によって追求し

「自も他もなく、全ては一つであり調和している」という、

自然と人間、万物の調和が世界平和の一助を担うという信条を持ち

創作活動を行う。

 

0550020520_f25eoxa2t1ysjrfvkp5rw1v2

「風」 24×33cm 額 墨

 

 「中司満夫日本画展」

【会期】7月15日(水)~7月21日(火)(最終日は午後5時閉場)

【会場】アートサロンESPACE KYOTO

フレンチアルプスやスイスの村々を旅して描かれた最新作を展示いたします。

白銀に輝くシャモニーの山々や高原を渡る風を感じてください。

 

NAKATSUKASA Mitsuo

1966年 山口県防府市に生まれる。

1989年 京都市立芸術大学美術学部油画科卒業

1997年 辻真砂氏に師事

 

10p

作品画像

「さえずりの森」10号P

「時を超えて光輝く魅惑のジュエリ-絵画展」

【会期】7月22日(水)~7月28日(火)(最終日は午後5時閉場)

【会場】美術画廊

 

日本美術や漫画を題材としたジュエリ-絵画を初出品。宗達や光琳や若冲や浮世絵などの江戸絵画、

「鉄腕アトム」や「ベルサイユのばら」などの漫画をモチ-フとして、宝石を用いて手作業で製作された作品を展観いたします。

151225_a315052

鉄腕アトム (AB2)    Lサイズ 

Om4

ベルサイユのばら オスカル&マリー・アントワネット(OM4)    Lサイズ 

 

「林田さなえグラスア-ト展」

【会期】7月22日(水)~7月28日(火)(最終日は午後5時閉場)

【会場】アートサロンESPACE KYOTO

HAYASHIDA Sanae

2013 第64回みえ県展優秀賞 県議会議長賞

2014 京都芸術祭 国際交流総合展、毎日新聞社賞(以降数回出展)

2018 第57回日本現代工芸美術展新人賞

改組新第5回日展入選 (‘19)

 

華やかに、大胆に作られた作品の数々をご覧くださいませ。

 

Photo_2

作品画像:「鏡花水月」29×111×44cm

「入魂の芸術 日本刀展」

【会期】7月29日(水)~8月4日(火)(最終日は午後5時閉場)

【会場】美術画廊

 

刀匠が一打一打に魂を込め、鉄を鍛錬して作り上げる伝統芸術「日本刀」。

鎌倉時代から伝わる名刀から現代の名匠による美術刀剣まで、

太刀、刀、脇差、短刀などを一同に集めて展観いたします。

Photo_4
肥前国住藤原忠広  寛永十六年二月日

「吉川かおりクレイアニマル展」

【会期】7月29日(水)~8月4日(火)(最終日は午後5時閉場)

【会場】アートサロンESPACE KYOTO