« 【2020年8月】 大丸京都店アートインフォメーション | メイン | 20世紀 日本の近代芸術傑作選展@大丸心斎橋店 »

2020年7月29日 (水)

輪島漆芸作家 田中貴司・角康二 二人展@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi

Image6

本館8階アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカにおきまして「輪島漆芸作家 田中貴司・角康二 二人展」を開催いたしております。
ピエロやこども、動物たちなど愛嬌あるキャラクターたちを蒔絵で表現される、田中貴司先生。一方、果物や蝶たちと宇宙を組み合わせ、幻想的な空気を作り出す沈金作家の角康二先生。うるしの地、輪島で技を磨き続ける二人の作家による初の二人展です。
漆の艶やかで洗練された美しさをご堪能ください。

 

輪島漆芸作家 田中貴司・角康二 二人展

7月29日(水)→8月4日(火)

<最終日は午後4時閉場>

大丸心斎橋店 本館8階

Artglorieux GALLERY OF OSAKA

(アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ)

 

Image7

田中貴司 漆額「夢の中から」 1,100,000円+税

まどろむ猫のやわらかな表情を見事な蒔絵で表した作品。ひとつひとつの色と螺鈿がとても優美ですが、ほのぼのとしてあたたかな日差しを感じるような空気も醸しています。

 

Image5

田中貴司 漆額「ディスカッション」 900,000円+税

ピエロと猫、ネズミ、鳥の動物達が集まり、何やら相談中でしょうか。
ユニークなモチーフと物語を感じるような構図で田中先生の特徴が表れている作品です。

 

Image4

田中貴司 漆額「馬と童子」 110,000円+税

愛らしい表情をした子供が元気よく馬にまたがっています。愛嬌のある表情や蒔絵の美しさをご堪能ください。

Image3

角康二 漆額「蝶と果実」700,000円+税

静物画を沈金で制作されている角先生の代表的な作風の作品です。とても細かな点彫りで制作されており、丁寧な作品制作をされているのが伝わってきます。

Image2

角康二 漆額「葡萄」 480,000円+税

金と黒が背景のモダンな作品。豪華さもありながら上品さを感じる一作です。

Image1

角康二 漆額「遊々」 480,000円+税

地球の上で蝶が羽ばたくようなイメージで制作されたというこちらの作品。宇宙空間のような不思議な世界の中でふわふわと軽やかに羽を動かす蝶。とても幻想的でいつまでも見とれてしまいます。

 

 

気になる作品がございましたらお気軽にお問い合わせください。
※作品は全て1点ものです。既に売り切れの場合はご了承くださいませ。

 

今後の展覧会情報やお問い合わせなどはこちらから

https://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/artglorieux/index.php

 

大丸心斎橋店 本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
(アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ)