« アニメセル画ア-トコレクション 大丸京都店で開催!! | メイン | 【2020年9月】 大丸京都店アートインフォメーション »

2020年8月20日 (木)

玉井伸弥 日本画展 -遐福-@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi

アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカでは、
「玉井伸弥 日本画展 -遐福-」を開催いたしております。

龍や鳳凰、獅子などの神獣と蛙、金魚など身近な生き物の動物画を描かれる玉井伸弥先生。サブタイトルの遐福(かふく) は永遠の幸福を意味します。
遥かなる永遠の幸福を願って渾身の力で描かれた約20点を出品いたしております。
瑞々しい感性で描かれる活き活きとした作品をご覧くださいませ。

Img_0335

Img_0336
↑「月見で一杯」24×36.8cm (軸装) 本体価格 300,000円+税
ほろ酔い気分なのでしょうか、少し顔を赤らめた蛙が楽しそうにお酒を飲んでいます。盃に映る月が粋な作品です。

玉井伸弥 日本画展 -遐福-
8月19日(水)→25日(火)
<最終日は16時閉場>
大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
(アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ)

Img_0314↑「風雷双龍図」20号M (5点組) 本体価格1,500,000円+税
今にも動き出しそうな2匹の龍たち。水墨画表現や漫画からも影響されたという作風は古典絵画のような絵肌に描かれていますが、どこかコミカルさがあり、独特な表現を生み出しています。

Img_0311↑「旭日唐獅子図」20号M 本体価格 650,000円+税
勇ましさの中にどこか愛嬌を感じさせるような表情。背景には箔や金泥などを用い、豪奢な雰囲気を作り出しています。

Img_0316↑「福来タル」10号M 本体価格400,000円+税
意外にも河豚を描かれたのは今回初めて、とのことですが躍動感たっぷりで勢いを感じる作品です。色彩も明るく、前向きになれるようなポジティブなパワーにあふれた一作です。


<玉井伸弥>
1994年 広島市生まれ
2012年 愛知県立旭丘高等学校 美術科 卒業
2015年 第70回 春の院展 初入選、 再興第 100回 院展 初入選、
「ART NAGOYA 2015」(以降、'16年出品)、
三菱商事アート・ゲート・プログラム2015年度奨学生
2016年 愛知県立芸術大学美術学部美術科日本画専攻 卒業
「NEXT JAPAN展」/ニューヨーク、個展/東京、「アートフェア東京 2016」、
「Tea time with Flowers」/パリ、「ART KAOHSIUNG 高雄芸術博覧会」/台湾
2017年 「Young Art Taipei 2017」/台湾、個展/伊勢現代美術館・三重
2018年 「Artglorieux Selection NEW STAR ARTISTS」/GINZA SIX・東京、
愛知県立芸術大学大学院博士前期課程日本画領域 修了、
個展/岐阜・名古屋、「Affordable Art Fair香港」/香港(以降、'19年出品)、
「ART FORMOSA」/台湾、ART TAIPEI 2018」/台湾
2019年 個展/東京、個展/大丸神戸店
2020年 「第8回桜花賞展」(郷さくら美術館/東京)その他グループ展多数
現 在  日本美術院院友、愛知県立芸術大学非常勤講師

Img_0333
気になる作品がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。
作品は全て現品限りとなります。既に売切れの際はご了承ください。

今後の展覧会情報やお問い合わせなどはこちらから↓
https://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/artglorieux/index.php

大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA