« 裕人礫翔展 ー青の世界ー@大丸心斎橋店 | メイン | 写実の王道 ―白日会の系譜― アルナイルの会 作品展@大丸心斎橋店 »

2020年11月19日 (木)

マイセンとセーブル アンティーク名窯展@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi
大丸心斎橋店本館8階 アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカにおきまして「マイセンとセーブル アンティーク名窯展」を開催いたしております。 
その昔ヨーロッパの王侯貴族は芸術に多大な関心をよせ、また、磁器の蒐集は富と権力と教養の象徴でありました。
1709年にマイセンは、ヨーロッパ初の硬質磁器の焼成に成功し磁器は時代と共に芸術へと昇華しました。
その後にセーブルは、フランスが誇る国立窯として食卓を彩る宮廷様式を確立しました。
今回は時代を超えて人々を魅了し続ける豪華絢爛な300年に及ぶ磁器の魅力をぜひご覧くださいませ。

 

11月18日(水)→24日(火)
<最終日は午後4時閉場>
大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリューギャラリーオブオーサカ 

 今後の展覧会情報やお問い合わせはこちらから→

https://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/artglorieux/index.php

 

Img_3045

↑マイセン「四季の置時計とキャンドルスタンド対」 本体価格7,500,000円+税
絢爛豪華な王侯貴族時代の時を正に刻んでいた装飾豊かな貴重な時計。

Img_3047_2

↑マイセン「新聞紙の兜を被り木馬にまたがる青い目の子供」 本体価格850,000円+税
新聞紙の兜のようなものを被る子供、木馬の乗り物にまたがり楽しそうです。

Img_3059

↑マイセン「浮彫りドイチェブルメンプレイト」 本体価格240,000円+税
当時のペインターたちが一筆一筆丁寧に描いていった薔薇の絵付けが見事です。

Img_3042_2

イギリス・フランス・ドイツをはじめヨーロッパ各国のアンティークカップ&ソーサーを豊富にご用意いたしております。 

気になる作品がございましたらお気軽にご連絡くださいませ。

 
大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ