« 2021年1月 | メイン | 2021年3月 »

2021年2月

2021年2月28日 (日)

2021年3月】 大丸京都店アートインフォメーション

大丸京都店美術画廊・アートサロンで開催される

3月の展覧会のスケジュールをご紹介いたします。

============================================

3月3日(水)~9日(火)

【美術画廊】

京の趣き 源氏の雅び 坂井 昇日本画展

1950年京都生まれ。武蔵野美術大学卒業。 

古都の名所を趣き深く描き、源氏物語を雅びに描かれています。

日本画の伝統的手法で表現された四季折々の古都の情景を描かれた作品です。

源氏物語五十四帖をゆかりの花で表現した代表作「源氏花物語」は

源氏物語千年紀の際上賀茂神社に展示,

ユニセフグリ-ティングカ-ドにも採用されました。

創画会所属、京都日本画家協会会員。             

作家来場:4日(木)、6日(土)、7日(日)  13時~17時

ギャラリ-対談:7日(日)13時30分~、15時~ 坂井 昇×奥山景布子(歴史作家)

4f2020

金閣・雪景 4F  日本画

【アートサロンESPACE KYOTO】

齊藤 十郎 陶展

熊本の小代焼ふもと窯、鳥取の岩井窯で修業の後、岐阜県朝日村で独立。

現在は静岡県伊東市の自作の登り窯で作陶されております。

普段使いのスリップウェアやオブジェなどを展示致します。

スリップウェア:古代ヨーロッパ各地で見られた陶器の一種。特にイギリスで発達しました。

器の表面をクリーム状の化粧土(泥漿・スリップ)で装飾して焼き上げた器です。

Photo

「作品コラージュ(蓋物・マグカップ・スリップ角皿)」

3月10日(水)~16日(火)

【美術画廊】

ギィ・デサップ絵画展

パリなどの光溢れる美しい風景を独自に技法で描かれた油彩画を展観いたします。

その作品は、「煌く光の宝石箱」と評され、世界各地で絶賛されています。

今回は代表的なパリの風景に加え、睡蓮を描いた作品などを

ご紹介いたします。

【アートサロンESPACE KYOTO】

~千住 博・釘町 彰を中心に~

気鋭アーティスト特集

世界に「日本画」を知らしめた千住 博、フランス・パリにて制作される釘町 彰の作品を中心に、

気鋭作家の日本画を展示致します。

3_1

千住博「ウォーターフォール」3号

3月17日(水)~23日(火)

【美術画廊】

ものがたりを紡ぐ 関本 麻己子日本画展

各地の風景を描く女流日本画家の2年ぶりの個展を

開催いたします。

移りゆく時の流れの中で、作家自身の「今」の心と風景との出会いから生まれた作品

20余点を出品いたします。

Img_8512

「花と蜜蜂」 S3号(絹本・日本画)

【アートサロンESPACE KYOTO】

春のうつわ展  (~30日まで)

12名の作家によるグループ展を開催致します。

個性的な器(皿、グラス、酒器、茶道具、花器)を展示販売致します。

出品予定作家(敬省略)

馬岡智子・正守千恵・脇山さとみ・藤本美歩・内田裕子・伊藤岱玲・藤本路加      ・

齊藤十郎・村山亜矢子(漆)・井上愛仁(ガラス)・水口智貴(ガラス)平井宏明(ガラス)

3月24日(水)~30日(火)

【美術画廊】

藤井 誠展

伝統的な油彩画の技法(木製パネルにキャンバスを張り、

硫酸カルシウムをしっかりと塗り乾燥、そして研磨して油彩にて描く)を用いて、
水のある風景や花、木漏れ日の風景などを優しく描いています。

日本画や俳句に見る古来からの日本人の美意識を大切に、独自の写実表現を目指しています。

油彩画最新作約40点出品いたします。

作家来場:3月27日(土)、28日(日)   各日共に14時~17時 

F8308000

「森の泉」キャンバス・石膏地・油彩・F8号
 

3月31日(水)~4月6日(火)

【美術画廊】

高橋行雄絵画展

猫をモチーフとして描き続けて30数年の作家の 

鉛筆と色鉛筆による新作30余点を出品いたします。

愛らしい瞳、美しい毛並みまで、今にも画面から飛び出してきそうな猫モチ-フの作品。

1976年フランスでデビュ-し、世界各国で紹介されています。            

8080990000

「チェリーとおはぎ」鉛筆・色鉛筆・80×80㎝
         

【アートサロンESPACE KYOTO】

河本 万里子日本画展

滋賀県・高島市出身
嵯峨美術短期大学(現・嵯峨美術大学)卒 日本画専攻 

京都日本画家協会会員・無所属 2005年青垣日本画展 京都新聞社賞
2006年前田青邨記念大賞展 出展
2016年第4回郷さくら美術館桜花賞展桜花賞大賞 

滋賀県の和菓子匠叶 匠壽庵広報誌「烏梅」の表紙絵を担当されています。

現代的で優美な花鳥画を展覧致します。

1

「春燈」10号

2021年2月25日 (木)

日本画G6展@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi
東京芸術大学日本画科をご卒業された新進気鋭の作家、6名によるグループ展。
伝統の日本画技法を駆使しながらも現代ならではの表現や素材を取り入れ、風景、花鳥画、人物などを個性豊かに描かれています。新しい日本画の世界を切り拓く瑞々しい感性に溢れた作品の数々をご覧ください。

 <出品作家>
泉東臣、大久保智睦、大沢拓也、三枝淳、並木秀俊、吉田潤(敬称略・五十音順)

 

日本画G6展
2月24日(水)→3月2日(火)
<最終日は午後4時閉場>
大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

 

 今後の展覧会情報やお問合せはこちら→

https://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/artglorieux/index.php

Image_6483441_15_3↑泉東臣「樂踊花-ばら-」短冊 37.0×11.0cm 和紙、岩彩 税込198,000円
こちらの新作は花のモチーフを短冊に描かれています。

花が踊りだしそうな奥行きを感じられる作品です。

Image_6483441_16_3

↑大久保智睦「奏」10P 和紙、岩彩 税込660,000円
風景や動植物を主なモチーフとされる大久保先生。
豊かな色彩で花の饗宴のようです。

Image_6483441_17_3

↑大沢拓也「sound of water」75.0×50.5cm 木板、漆、錫箔 税込935,000円
漆芸の技法は日本画の学生の頃から漆に興味を持たれ多くの作品に活用されています。
水面に映る波紋の質感が美しく表現されています。

Image_6483441_18_2↑三枝淳「梟図」10M 和紙、岩彩、色箔 税込550,000円
色箔を使った作品が特徴の三枝先生。
緑の色箔を背景に桜と縁起物のふくろうを描いています。

Image_6483441_19_2

↑並木秀俊「うつろい」30.0×25.0cm 木、金箔、金泥、岩彩 税込240,000円
截金という金箔を細く切り貼りする技法で制作をされています。
代表作のほおずき、たけのこのモチーフで描かれた作品です。

Image_6483441_20↑吉田潤「Venus」70.0×35.0cm 和紙、墨、岩黒、インク 税込418,000円
日本画に版画の技術を取り入れた新しい技法で制作されています。
細くやわらかい曲線が幻想的に表現されています。

気になる作品などございましたら、お気軽お問い合わせくださいませ。

 

大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

2021年2月16日 (火)

街はオレたちのキャンバスだ ワンマイザー作品展@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi
本館8階アールグロリューギャラリーオブオーサカにおきまして「街はオレたちのキャンバスだ ワンマイザー作品展」を開催いたしております。

期待のストリート・アーティスト、ワンマイザーはストリートアートが盛んな街、パリを中心に海外から大きな注目を集めています。弾けるような色彩と多彩な技法が組み合わさり生み出される作品たちはセンセーショナルな刺激に満ちています。
ユーモアとエネルギーに溢れた作品の数々をご覧ください。
あわせてバンクシーをはじめとした現代アート作品も展開いたしております。

今後の展覧会情報やお問合せはこちら→
https://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/artglorieux/index.php

 
街はオレたちのキャンバスだ ワンマイザー作品展
2月17日(水)→2月23日(火)
<最終日は午後4時閉場>
大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

Image_6483441_11↑「おこりんぼう」55.5×53cm ミクストメディア 税込770,000円

Image_6483441_12↑「デニスはパスカルが嫌い」22×21cm ミクストメディア 税込330,000円

Image_6483441_14↑「バイオマン」55×57cm ミクストメディア 税込770,000円

 


気になる作品がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。
作品は全て現品限りとなります。すでに売切れの際はご了承ください。

 

大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

 

2021年2月12日 (金)

日本の近代巨匠工芸展@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi
本館8階アールグロリューギャラリーオブオーサカにおきまして「日本の近代巨匠工芸展」を開催いたしております。

北大路魯山人、板谷波山をはじめ人間国宝や文化勲章に輝いた作家たちの手による優品の数々をご紹介いたします。陶芸作品を中心に木工芸作品や絵画なども出品いたしております。
時を超えても色あせることのない「技と美」をご堪能ください。

 
今後の展覧会情報やお問合せはこちら→

https://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/artglorieux/index.php

  

日本の近代巨匠工芸展
2月10日(水)→2月16日(火)
<最終日は午後4時閉場>
大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

 

Image_6483441_8_2

Image_6483441_9

Image_6483441_10

作品についてご質問などございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。

 

大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

2021年2月 4日 (木)

ダイアナ妃が愛した画家 ロバート・ハインデル展@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi
本館8階アールグロリューギャラリーオブオーサカにおきまして「ダイアナ妃が愛した画家 ロバート・ハインデル展」を開催いたしております。

バレリーナやダンサーの美しさをエモーショナルに描き、「現代のドガ」とも称されたロバート・ハインデル。故ダイアナ妃やマーガレット王女、モナコ・キャロライン王女をはじめ多くのコレクターから愛された瞬間の美を描いた作品の数々をご覧ください。

 

今後の展覧会情報やお問合せはこちら→

https://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/artglorieux/index.php

 

ダイアナ妃が愛した画家 ロバート・ハインデル展
2月3日(水)→2月9日(火)
<最終日は午後4時閉場>
大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

 

Image_6483441_6↑「パ ド ドゥ イン リハーサル」51×51cm ジクレ 66部限定 税込275,000円
2人の呼吸をあわせて。

Unnamed↑「フュージョン」67×72cm シルクスクリーン 125部限定 税込286,000円
ほとばしる躍動感を伝えたい。

Img_3373↑「素描 ダーシー・バッセル」44×31cm ジクレ 88部限定 税込198,000円
今年、没後15年を記念に制作した新作版画。

 

会場には、版画や貴重な原画を出品いたしております。

 

気になる作品がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ