« 2021年2月 | メイン | 2021年4月 »

2021年3月

2021年3月31日 (水)

狩俣公介 日本画展 -黎明- @大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi
本館8階アールグロリューギャラリーオブオーサカにおきまして「狩俣公介 日本画展 -黎明- 」を開催いたしております。
白と黒を基調に静寂の中の美しさを表現する狩俣公介先生。木々や水面は繊細な筆致で描かれ、流れる空気や風を感じられます。
夜が明けていくように心を優しく照らしてくれる作品の数々をご覧ください。

今後の展覧会情報やお問合せはこちら→

https://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/artglorieux/index.php

 

狩俣公介 日本画展 -黎明-
3月31日(水)→4月6日(火)
<最終日は午後4時閉場>
大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

Image_72192707_1↑「白響」10F 税込880,000円 
水飛沫が今にも自分自身に飛びかかってくるような迫力。

Image_6483441_36↑「春煌」10M 税込880,000円
可憐ではかない一夜の桜。

Image_6483441_37↑「潮騒」30F 税込2,200,000円
砂場で、静かで雄大な潮騒を感じるひと時。

Img_3562↑「深沈」10P 税込880,000円
満月の夜空に月の明かりをたよりに飛翔する鳥たち。

作品はすべて現品限りとなります。既に売切れの際はご了承ください。

気になる作品がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

 

大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

 

 

 

2021年3月27日 (土)

南仏ニースからパリへ・横断旅から「生命の讃歌」心の楽園風景を描く 秦曻八展@大丸心斎橋店

本館8階 アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカにおきまして「南仏ニースからパリへ・横断旅から『生命の讃歌』心の楽園風景を描く 秦 曻八展」を開催いたしております。
欧米を広く旅し、そこで出会い、心打たれた風景を色鮮やかな水彩画で表現されています。
華やかな風景画の世界をご覧ください。

今後の展覧会情報やお問合せはこちら→
https://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/artglorieux/index.php

南仏ニースからパリへ・横断旅から「生命の讃歌」心の楽園風景を描く 
秦 曻八展
3月24日(水)→3月30日(火)
<最終日は午後4時閉場>
大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

Image_72192707↑「花の街 アヌシー」10号 税込297,000円
街並と水のきらめきと花の鮮やかさの対比がすばらしい一品です。

Image_6483441_33↑「アヴィニヨンのメリーゴーラウンド」20号 税込434,500円
メリーゴーラウンドに乗っている子供たちの楽しい歓声が聞こえてきそうな生き生きとした絵画です。

Image_6483441_34↑「地中海紺碧海岸」50号 税込825,000円
コバルトブルーの海、情緒ある街並。
海にたたずむヨットの群れは、どこの海原へ旅するのか。

Img_3541

ヨーロッパの街並の人々の賑わいを感じられ、心癒される作品の数々を出品いたしております。


作品はすべて現品限りとなります。既に売切れの際はご了承ください。
気になる作品がございましたら、お気軽にお問い合わせください。


大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ
(直通)06-7711-7366

2021年3月19日 (金)

入魂の芸術 日本刀展@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi
本館8階アールグロリューギャラリーオブオーサカにおきまして「入魂の芸術 日本刀展」を開催いたしております。
刀匠が一打一打に魂を込め、鉄を鍛錬して作り上げる日本刀。
鎌倉時代より伝わる名刀から現代の名匠による美術刀剣まで一堂に出品いたしております。
貴重な日本刀の数々をご堪能ください。


入魂の芸術 日本刀展
3月17日(水)→3月23日(火)
<最終日は午後4時閉場>
大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

 

今後の展覧会情報やお問合せはこちら→

https://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/artglorieux/index.php

 

 

Img_3524_2↑刀「若狭守藤原氏房」2尺3寸1分 室町末期
室町末期の豪壮な姿の刀。刃文と地鉄が共に美しい作品です。

Img_3525_2↑短刀「山城国西陣住埋忠明寿(花押)」9寸1分半 江戸初期
江戸初期を代表する刀工。昨年の大阪歴史博物館で開催された埋忠展で話題になった刀工の作品です。

 

Img_3526_2↑短刀「長州府中住安吉(無銘)」8寸6分弱 室町初期
上品な直刃と共に添う合口拵が豪華な作品です。

Img_3523_2↑鐔「武者図」
赤銅地に武者や鎧を細密に表現しています。

Image_67196673↑目貫「後藤派(無銘)」
金地で造形された獅子は小さいながらに迫力があります。

 

Img_3527

この他にも多数の刀剣、刀装具などを出品いたしております。

 

 

大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

 

2021年3月11日 (木)

-Nouvelle Génération-次代を担う作家展@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi
本館8階アールグロリューギャラリーオブオーサカにおきまして「-Nouvelle Génération -次代を担う作家展」を開催いたしております。

新たな美術シーンを担う、新進気鋭の作家11名によるグループ展。絵画のほか感性が光る作品の数々を出品いたしております。それぞれが切り拓く、独自の創作表現をご覧ください。

 

<出品作家>
伊東 春香、加藤 ゆわ、金丸 遥、窪井 裕美、倉田 明佳、佐久間 友香、
平良 志季、玉井 祥子、外山 諒、能登 真理亜、森 友紀恵
(敬称略 五十音順)

 

-Nouvelle Génération-次代を担う作家展
3月10日(水)→3月16日(火)
<最終日は午後4時閉場>
大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

Image_6483441_29↑平良 志季「壱目三猿」6号M 絹本着彩
絹本に着物の女性や妖怪のモチーフで作品制作されている平良志季先生。
日光東照宮の三猿を妖怪壱目様で表現されたユニークな作品です。

平良 志季
1990 東京都生まれ
2013 東京藝術大学美術学部デザイン科卒業
2015 東京藝術大学大学院修士課程 描画装飾研究室 修了
2018 アートフェア東京/東京国際フォーラム(’19、’21)

 

Image_6483441_30↑倉田 明佳「Floral」10号F 絹、アクリルガッシュ、墨
現代の女性をスタイリッシュに描かれています。
花の陰影がアクセントとなり面白い画面構成になっています。

倉田 明佳
1992 愛知県生まれ
2016 愛知県立芸術大学美術学部デザイン専攻 卒業
2018 東京藝術大学美術研究科デザイン科 描画・装飾研究室 修了
現在 東京藝術大学教育研究助手

 

Image_6483441_32↑金丸 遥「ephemeral」W35×D34×H13cm ガラス
日常にある自然界の美をガラスで制作されています。
花びらをガラスで繊細に表現されています。

金丸 遥
1983 神奈川県出身
2012 多摩美術大学 造形表現学部 デザイン学科 卒業
2020 東京藝術大学大学院 美術研究科博士後期課程 修了

 

Image_6483441_31↑窪井 裕美「花の香」4号F 紙本彩色
伝統的な技法を活かしながら現代的な日本画を描かれる窪井裕美先生。
やさしい色彩で穏やかな雰囲気になれる作品です。

窪井 裕美
1984 栃木県生まれ
2010 東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻 卒業
2015 東京藝術大学大学院美術研究科日本画後期博士課程修了 博士号(美術)取得
東京藝術大学日本画研究室教育研究助手(~’18)
2019  在リヨン領事事務所企画日仏文化交流事業に参加(フランス・シャモニーモンブラン市、アヌシー市)
現在 日本美術院 院友 師:手塚雄二

Img_3505

Img_3506

Img_3509

Img_3507_2


この他にもフレッシュな感性に溢れる作品を多数出品いたしております。

 

気になる作品がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

今後の展覧会情報やお問合せはこちら→

https://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/artglorieux/index.php

 

大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

 

2021年3月 4日 (木)

当麻嘉英 茶陶展@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi
本館8階アールグロリューギャラリーオブオーサカにおきまして「当麻嘉英 茶陶展」を開催いたしております。

兵庫県千種で登り窯を用いて作陶されている当麻嘉英先生。物語を感じるような造形と高い技術力があわさってうまれるユニークな作品たち。会場では茶陶をはじめ、オブジェやうつわなど幅広い創作表現をお楽しみいただけます。土と火から生まれる美をご堪能ください。

今後の展覧会情報やお問合せはこちら→

https://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/artglorieux/index.php

 

当麻嘉英 茶陶展
3月3日(水)→3月9日(火)
<最終日は午後4時閉場>
大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

Image_6483441_22_2↑「菓子鉢・蕗にかえる」税込110,000円
涼しげにまるで鉢の中をス~イス~イと泳いでいる蛙さん。
Image_6483441_21↑「人生は長き航海」税込2,420,000円
この骨太の巨大船は、これからどれほど長い時を旅するのであろうか。

 

Image_6483441_23↑「バレリーナ・栄光への道」税込220,000円
舞台に立てる日を夢見て、ただひたすらに。

Img_3475

気になる作品がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ