« 当麻嘉英 茶陶展@大丸心斎橋店 | メイン | 入魂の芸術 日本刀展@大丸心斎橋店 »

2021年3月11日 (木)

-Nouvelle Génération-次代を担う作家展@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi
本館8階アールグロリューギャラリーオブオーサカにおきまして「-Nouvelle Génération -次代を担う作家展」を開催いたしております。

新たな美術シーンを担う、新進気鋭の作家11名によるグループ展。絵画のほか感性が光る作品の数々を出品いたしております。それぞれが切り拓く、独自の創作表現をご覧ください。

 

<出品作家>
伊東 春香、加藤 ゆわ、金丸 遥、窪井 裕美、倉田 明佳、佐久間 友香、
平良 志季、玉井 祥子、外山 諒、能登 真理亜、森 友紀恵
(敬称略 五十音順)

 

-Nouvelle Génération-次代を担う作家展
3月10日(水)→3月16日(火)
<最終日は午後4時閉場>
大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

Image_6483441_29↑平良 志季「壱目三猿」6号M 絹本着彩
絹本に着物の女性や妖怪のモチーフで作品制作されている平良志季先生。
日光東照宮の三猿を妖怪壱目様で表現されたユニークな作品です。

平良 志季
1990 東京都生まれ
2013 東京藝術大学美術学部デザイン科卒業
2015 東京藝術大学大学院修士課程 描画装飾研究室 修了
2018 アートフェア東京/東京国際フォーラム(’19、’21)

 

Image_6483441_30↑倉田 明佳「Floral」10号F 絹、アクリルガッシュ、墨
現代の女性をスタイリッシュに描かれています。
花の陰影がアクセントとなり面白い画面構成になっています。

倉田 明佳
1992 愛知県生まれ
2016 愛知県立芸術大学美術学部デザイン専攻 卒業
2018 東京藝術大学美術研究科デザイン科 描画・装飾研究室 修了
現在 東京藝術大学教育研究助手

 

Image_6483441_32↑金丸 遥「ephemeral」W35×D34×H13cm ガラス
日常にある自然界の美をガラスで制作されています。
花びらをガラスで繊細に表現されています。

金丸 遥
1983 神奈川県出身
2012 多摩美術大学 造形表現学部 デザイン学科 卒業
2020 東京藝術大学大学院 美術研究科博士後期課程 修了

 

Image_6483441_31↑窪井 裕美「花の香」4号F 紙本彩色
伝統的な技法を活かしながら現代的な日本画を描かれる窪井裕美先生。
やさしい色彩で穏やかな雰囲気になれる作品です。

窪井 裕美
1984 栃木県生まれ
2010 東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻 卒業
2015 東京藝術大学大学院美術研究科日本画後期博士課程修了 博士号(美術)取得
東京藝術大学日本画研究室教育研究助手(~’18)
2019  在リヨン領事事務所企画日仏文化交流事業に参加(フランス・シャモニーモンブラン市、アヌシー市)
現在 日本美術院 院友 師:手塚雄二

Img_3505

Img_3506

Img_3509

Img_3507_2


この他にもフレッシュな感性に溢れる作品を多数出品いたしております。

 

気になる作品がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

今後の展覧会情報やお問合せはこちら→

https://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/artglorieux/index.php

 

大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ