« -Nouvelle Génération-次代を担う作家展@大丸心斎橋店 | メイン | 南仏ニースからパリへ・横断旅から「生命の讃歌」心の楽園風景を描く 秦曻八展@大丸心斎橋店 »

2021年3月19日 (金)

入魂の芸術 日本刀展@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi
本館8階アールグロリューギャラリーオブオーサカにおきまして「入魂の芸術 日本刀展」を開催いたしております。
刀匠が一打一打に魂を込め、鉄を鍛錬して作り上げる日本刀。
鎌倉時代より伝わる名刀から現代の名匠による美術刀剣まで一堂に出品いたしております。
貴重な日本刀の数々をご堪能ください。


入魂の芸術 日本刀展
3月17日(水)→3月23日(火)
<最終日は午後4時閉場>
大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

 

今後の展覧会情報やお問合せはこちら→

https://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/artglorieux/index.php

 

 

Img_3524_2↑刀「若狭守藤原氏房」2尺3寸1分 室町末期
室町末期の豪壮な姿の刀。刃文と地鉄が共に美しい作品です。

Img_3525_2↑短刀「山城国西陣住埋忠明寿(花押)」9寸1分半 江戸初期
江戸初期を代表する刀工。昨年の大阪歴史博物館で開催された埋忠展で話題になった刀工の作品です。

 

Img_3526_2↑短刀「長州府中住安吉(無銘)」8寸6分弱 室町初期
上品な直刃と共に添う合口拵が豪華な作品です。

Img_3523_2↑鐔「武者図」
赤銅地に武者や鎧を細密に表現しています。

Image_67196673↑目貫「後藤派(無銘)」
金地で造形された獅子は小さいながらに迫力があります。

 

Img_3527

この他にも多数の刀剣、刀装具などを出品いたしております。

 

 

大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ