« 【2021年7月】 大丸京都店アートインフォメーション | メイン | 和紙人形の世界展 -愛、ここからはじまる-@大丸心斎橋店 »

2021年7月 7日 (水)

-寿ぐ縁起物- 吉祥の世界展@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi
本館8階アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカにおきまして「-寿ぐ縁起物- 吉祥の世界展」を開催いたしております。

松竹梅や鶴亀、龍と虎など日本古来より吉祥文様がおめでたいものとして親しまれてきました。会場では今注目の作家が描く七福神やだるま、招き猫をはじめ、おめでたいモチーフの絵画や版画、切り絵作品を出品いたしております。

幸福や長寿、繁栄といった祈りが込められた作品の数々をお楽しみください。

 

<出品作家>
漢嘯(カン ショウ)木口木版
諫山宝樹(イサヤマ タマジュ)日本画
今井清香(イマイ サヤカ)切り絵

今後の展覧会情報やお問い合わせはこちら

 

 -寿ぐ縁起物- 吉祥の世界展
7月7日(水)→7月13日(火)
<最終日は午後4時閉場>
大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

 

Image_6483441_63

Img_3814↑漢嘯「花木蘭(ファ ムーラン)」720×650mm 木口木版 税込330,000円
漢嘯先生は、中国の伝統的な年画の主題として、祝福や願いなどを成就させる意味を持つモチーフと、それに合わせた独自の彫り方、線描のあり方が観るものをその世界観に連れ出してくれます。

使用されている版木は硬く目が詰まっている椿や柘植などが用いられています。木口木版ならではの細やかな彫りと風合いをご覧ください。

Image_6483441_61

Img_3811↑諫山宝樹「宝船図」8F  日本画 税込220,000円
諫山宝樹先生は、大学院在学中より東映京都撮影所にて様々な時代劇の襖絵等の制作に携われ、最近ではライブペインティング等に活動の幅を拡げられています。

柔らかなやさしい色彩が特徴で、愛らしい唐子にほっこりとする作品です。

 

Image_6483441_62

Img_3809↑今井清香「金魚池(右)」 650×640mm  色上質紙 税込407,000円
今井清香先生は、一枚の紙に生命を吹き込む圧倒的な技術力とそこから織りなされる作品たちは繊細で美しく、見るものの心を惹きつけます。

切り絵と思えないほどに、繊細な線で見事に金魚のしなやかさを表現されています。

贈り物にも最適な小品も出品いたしております。

Img_3805_1

Img_3812

Img_3808

気になる作品がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ