« チャールズ・ファジーノ3Dアート展@大丸心斎橋店 | メイン | -寿ぐ縁起物- 吉祥の世界展@大丸心斎橋店 »

2021年7月 6日 (火)

【2021年7月】 大丸京都店アートインフォメーション

大丸京都店美術画廊・アートサロンで開催される

7月展覧会のスケジュールをご紹介いたします。

===========================================

6月30日(水)~7月6日(火)

【美術画廊】

日本新工芸近畿会選抜展

日本新工芸家連盟近畿会の作家から選抜の小品展。

〔6月29日(火)~ 京都市京セラ美術館では、第43回日本新工芸展開催〕

陶芸、ガラス、染色の各作家の力作を展覧いたします。

自己の表現を確立させる事に果敢に挑んでいる7名の選抜作家をご紹介。

賛助出品として近畿会の3名の先生の作品も出品いたします。  

出品作家

(染色)中條芳徳、北野和代、北島桂子、楮谷陽子

(陶器)半田裕哉

(ガラス)酒井三和子

(賛助出品)内藤英治、河合徳夫、吉水絹代

Img_3776

中條芳徳 「月下美人」
高さ91㎝×幅46㎝
 

Img_4387

楮谷陽子(かみたにようこ) 「やがて明ける ! !」
高さ165㎝×幅60㎝

Img_3904

酒井三和子  「昼下がりの庭」 [
(ガラス)高さ17㎝×直径22㎝

 

【アートサロンESPACE KYOTO】

下田顕生ガラス展

琉金、出目金、ユーモラスなカエルなど、涼しげなガラスのオブジェが並びます。

ぜひご覧ください。

下田顕生 SHIMODA Keinsei

1985 熊本県生まれ 

2007 倉敷芸術科学大学 芸術学部工芸学科ガラスコース卒業

2011 国の現代の名工・黒木国昭に師事

2015  富山ガラス工房  所属  (~2019.3月)

2016 アートフェア富山 朝日印刷賞

2018 第58回日本クラフト展 入選  越中アートフェスタ2018 奨励賞

Photo

作品画像:画像上より出目金(13×12 H9.5cm)・幻想琉金(12.8×8.6 H9.2cm)・琉金(14.3×9.0 H8.3cm)

7月7日(水)~13日(火)

【美術画廊】

掛軸紅札市

半期に一度の恒例の催事を開催いたします。

季節ものを中心に、山水、祝いもの、仏事など、多数取り揃えて、

この期間のみの特別価格でご提供いたします。

20210526_213444

中川幸彦 「桔梗」 尺五

【アートサロンESPACE KYOTO】

河野迪夫金属造形展

銅や真鍮といった金属を叩き出し、透かし彫りや色出しなどあらゆる技巧を施したオブジェ。

甲虫、魚、あるいはその骨格などから着想し造形された凛々しくも官能的な作品をご覧ください。

河野迪夫 KONO Michio

1984 茨城県生まれ

2008 金沢美術工芸大学美術工芸学部工芸科卒業

2010 金沢美術工芸大学大学院美術工芸研究科工芸専攻修了

2013 金沢卯辰山工芸工房技術研修者修了

月浦工房(金沢)にて制作活動

2018 茨城県水戸市にて制作活動

 

Photo_2

作品画像:「鍛鉱」H33×14×15㎝

7月14日(水)~20日(火)

【美術画廊】

猫が描きました?山村 巍 ・山村 祥 絵画展

年の差およそ40歳の“異世代夫婦"、夫の亡妻はミステリ-作家の山村美紗。

猫を人生の師匠と仰ぎ楽しく学び描いておられます。

山村巌(たかし)と 画家山村祥(しょう)ご夫妻の二人展を開催させて頂きます。

7/17日(金)午後2時~3時

山村ご夫妻と小説家花房観音氏とのトークショー開催。

 

1623809205385

山村 巍 「富岳」 F4号 ミクストメデイア

1623809125648

山村 祥 「猫が描きました?」 P20号 ミクストメデイア

【アートサロンESPACE KYOTO】

日本画三人展

現在、関西を拠点に活動する気鋭の作家をご紹介いたします。

それぞれの世界を描いた作品の数々をぜひご覧いただきますようお願い申し上げます。

 

Dm2021hoshi

大西健太「hoshi」8号S

4f

 戸田淳也「黒猩猩」4号F

85385

山内登喜雄「竹林」85×38.5cm 上下対作品 上部分

7月21日(水)~27日(火)

【美術画廊】

藤原裕之イタリア細密レリ-フ展

 
イタリアでの生活の中で出会った日常を、手仕事による浮き彫りと彩色で表現。
現地の空気を感じていただければ光栄です。
どうぞご高覧くださいますようご案内申し上げます。
 
1972年 倉敷市出身
1995年 中京大学経済学部卒業
その後2年間の出版社勤務を経て、単身イタリアへ渡り独学で制作を開始
イタリア・日本で個展を多数開催
 
厚さ2㎝の朴の木の表面に、実際に近くにあるものは浅く、
遠くにあるものは深く彫ることで奥行きや立体感を表現しています
彫り上がった後、アクリル水彩で着色。薄塗りを何度も重ね、
質感や臨場感を出しています。
会期中作家連日在廊予定

Photo

丘の上の街 ロ-マ郊外  26×39cm

【アートサロンESPACE KYOTO】

竹村健刻画・木版画展

コロナ騒ぎで、世界も価値観もあらゆるものが、変化の時代に一気に舵を切りました。

これからは、自分にとっての幸せとは何か。生き甲斐とは何か、どう生きて行くか、

あらゆるものが問われてきます.。私は命の精一杯の輝きを表現してゆきたい。

お互い元気でお会いいたしましょう。お出会い再会を心から楽しみにいたしております。

竹村健

 

300200mm

「命」30×20cm ミクストメディア

7月28日(水)~8月3日(火)

【美術画廊】

入魂の芸術 日本刀展

刀、太刀、脇差、短刀から火縄銃、短筒、甲冑、兜ほかの武具から鍔

金工金具類の小物、装身具までを一堂に展観いたします。 

【アートサロンESPACE KYOTO】

横田真希展

天然石に金属で繊細な細工を施したジュエリー。

石の個性を大切にした、唯一無二のデザインです。

ぜひこの機会にご覧ください。

 

Jpg

「アシナガバチのペンダントトップ」

(タイガーアイ・チェリーブロッサムアゲート・シルバー・K18)

5.8×3.8 H2.9㎝