« 2021年8月 | メイン | 2021年10月 »

2021年9月

2021年9月30日 (木)

具体美術と現代アート展@大阪心斎橋店

Mark_shinsaibashi

本館8階アールグロリューギャラリーオブオーサカにおきまして「具体美術と現代アート展」を開催いたしております。

 

1954年に結成された具体美術協会に所属した作家による作品や活動は、近年海外において再評価され、また知名度が広がりをみせています。

 

今展では、具体の作家およびその流れをくむ現代作家、さらに現代注目されているアーティストたちによる厳選された作品を展観いたします。

 

この機会にぜひともご高覧賜ります様、宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

今後の展覧会情報やお問合せはこちら

 

具体美術と現代アート展 

9月29日(水)→10月5日(火)

<最終日は午後4時閉場>

大丸心斎橋店本館8階

Artglorieux GALLERY OF OSAKA

アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

Img6679

↑「87a TO1118」 田中敦子   税込35,200,000円

  45.4×38.0cm 額 カンバス 合成樹脂エナメル塗料 田中敦子作品登録カード

Img6681

↑「無題MK-123」 向井修二   税込2,750,000円

  65.3×49.9×5.0cm パネル 板 アクリル ひご ミクストメディア

Img6683

↑「night shift」 山本雅子    税込616,000円

  41.0×27.3cm 額 ミクストメディア

Img6687

↑「増殖する街」 金丸悠児  税込990,000円

60.6×72.7cm パネル 板 ミクストメディア

Img6689

↑「REMIND-Melt-」 川島優   税込836,000円

  61.0×73.0cm パネル 麻紙 墨 岩彩 銀箔 共シール

Img6693

↑「Sanctuary-rabbit-」 渡辺おさむ  税込132,000円

  11.0×16.0×20.0cm 樹脂 繊維強化プラスチック

Img6695

作品はすべて現品限りとなります。既に売切れの際はご了承ください。

気になる作品がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

大丸心斎橋店本館8階

Artglorieux GALLERY OF OSAKA

アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

2021年9月26日 (日)

【2021年10月】 大丸京都店アートインフォメーション

大丸京都店美術画廊・アートサロンで開催される

10月展覧会のスケジュールをご紹介いたします。

*********************************************************

【会期】9月29日(水)~10月5日(火)

【美術画廊】

八木 明 陶展

京都在住、国内外で発表される八木 明先生の大丸京都店2年ぶりの個展を開催いたします。

青磁、黒釉など釉薬の色彩と造形の調和した新作を展観いたします。

酒器、花器、入れ子作品、香炉、皿など多彩に出品いたします。

八木 明 <やぎ あきら>

1955年、京都市に陶芸家の祖父八木一艸、父八木一夫の長男として生まれる。

1977年より父・一夫のもとで陶芸を学ぶ。清新な青白磁は国内外で高く評価されており

京都・東京 国立近代美術館をはじめ英国・米国などの美術館などに所蔵されている。

日本陶磁協会会員、京都造形芸術大学教授。

Photo_2

青白磁水指 径17×高さ16.2cm

Photo_3

青白磁瓢花生 径13.4×高さ26.2cm

【アートサロンESPACE KYOTO】

新鋭作家3人展 Constellation

Constellation: kὰnstəléɪʃən|①星座②すばらしいもの・美しいものの集まり

空にある星のようにきらめく日本画新鋭作家3名をご紹介いたします。

それぞれの個性の輝きをご覧ください。

飯田穂野香 愛知県立芸術大学大学院修了 日本美術院院友

中山千明  名古屋芸術大学大学院修了

山羽春季  京都精華大学芸術学部卒業

 

Constellation

※コラージュになっています。

上から飯田穂野香「きのすみかーシリエトクー」F10号 税込 440,000円

中山千明「黋(こう)」M12号 税込 396,000円

山羽春季「この歌声は!」4号 税込 55,000

【会期】10月6日(水)~12日(火)

【美術画廊】

'-土と炎の備前- 森本道明 作陶展

瓦屋根が備前焼で葺かれている岡山県にある文化財の閑谷学校。

その地元である備前市吉永町在住の森本道明先生。

大壷や大皿からマグカップ、酒器、食器など、登り窯で焼成された伝統的な

備前焼の味わいをお楽しみください。

森本道明(もりもと みちあき)

1956年 岡山に生まれる

1976年 岡山県立関谷高等学校卒業

1980年 東京学芸大学卒業

1982年 赤磐市の陶芸講師とじて、土づくり・制作・穴窯焼成の指導を行う

1985年 唐津・美濃・丹波焼を勉強する

1990年 岡山でスリップウェア・イスラム陶器を勉強する 大英博物館で随時日本人対象にギャラリートークを行う

1992年 ロンドンでスリップウェア(green and yellow)展を開催

1993年 吉永美術館(備前市)で里帰り展を開催 穴薫(土ガマ)を築く

1994年 以降岡山・牛窓・龍野・姫路・大阪・京都で個展開催

2000年 緋禅用穴窯(土ガマ)を築く

2014年 古備前研究会を設立。京都・大阪・東京で活動 研究会・講演会・創作茶会を行う

2015年 備前未来塾に改称し、飯茶碗「備前一千年の夢」の展観・茶会を岡山県内の大名庭園(近水園・衆崇園)・東服部別古民家などで、県外では京都御所(九条邸)姫路(廣峯神社)で開催

2016年 岡山大学で備前焼の講演を行う

現在  岡山県備前市に在住

2021_05160002

「赤牡丹餅手鉢」 幅17.5×奥行14×高さ12㎝

【アートサロンESPACE KYOTO】

ちいさな絵画・ちいさな立体 ミニアチュール展

絵画、陶芸、紙細工・・・

手のひらサイズのミニアチュール作品をご覧ください。

出展作家:荒尾元 磯部絢子 井上慎介 武田修二郎 文絵 帆刈晴日 星野菜月

yumiking 横田朋子 (五十音順・敬称略)

 

Photo

 ※コラージュになっています

【会期】10月13日(水)~19日(火)

【美術画廊】

掌(たなごごろ)展

掌(たなごころ)に乗せる 触れて愛でる。

40 代までの若手アーティストを集めた、立体を中心とするグループ展。

個性豊かなアーティストたちの大小さまざまな作品たち。

それを視覚を使い楽しむことはもちろん、掌に乗せ、触れ、愛でる。

触覚を通して感じることにより、新たなアートの楽しみ方を発見することができます。

多くの日本人が古来より親しんできた木材や鉄。

近年アート作品に多く用いられるようになった樹脂素材に至るまで、

多岐にわたる作品たちが登場いたします。

それぞれの良さに<触れて>みてください。きっとお気に入りの作家、作品が見つかるはずです。

Image2

野原邦彦 「カプチーノ」 FRP  41×33×22.5cm

 

Image3ニワタカユキ セクシー大根 しおり」」 FRP  31×30×14cm

【アートサロンESPACE KYOTO】 

枕草子にみる悠久の轍(わだち) 安冨洋貴・山名しおり二人展

清少納言による随筆集「枕草子」。平安時代に宮中で書かれた古典でありながら、日常のふとした瞬間に特別なものを感じていた様には、現在とさほど変わらない感覚が伺えます。

何気ない日常や身近なものへ瑞々しい視線は、現在にも連綿と続く。その色あせぬ長い轍(わだち)を、画と共に歩めればと思います。孝行是非ご高覧賜りますようお願い申し上げます。                                      

6f

安冨洋貴「潤む長夜」6号F 鉛筆、紙、パネル             税込 330,000円

30p

山名しおり「朝に去る色」30号P 和紙、岩絵具 税込462,000円

【会期】10月20日(水)~26日(火)

【美術画廊】

通次廣茶陶展

常に探求心を持って高麗、国焼と幅広く茶陶の世界に

挑み続けておられる通次先生。

三年ぶりとなる本展では、より茶味深く洗練された作品をご披露いたします。

 

通次廣

昭和48年 通次阿山の長男として京都に生まれる

平成13年 京都府立陶工高等技術専門校成形科修了

平成14年 京都市工業試験場陶磁器科修了

以降、父に師事して作陶生活に入り、高麗茶碗の研究を始める

平成15年 大丸京都店にて父と二人展

平成17年 大丸京都店にて個展開催

高麗茶碗に魅せられ、伊羅保・三島・粉引・呉器その他、

高麗写しの味わい深い作品を制作する。

Photo

 
灰釉菱水指 径16.4×高さ17.8cm
 

Photo_2

絵御本蔦茶碗 径13.6×高さ8.8
 

【アートサロンESPACE KYOTO】 

秋色ロマンチック 渡部香油彩画展

ヨーロッパの街並み、その美しい佇まいを繊細に描いた作品を展覧いたします。ロマン溢れる世界をご堪能ください。

渡部 香 WATABE Kaori

1969 兵庫県生まれ

1994 東京理科大学 基礎工学部 卒業

2001 「ル・サロン展」 「日仏中現代美術世界展」入選

2002 「スペイン美術賞展」 「日仏中代表作家フランス展」入選

現在 千葉県在住 全国有名百貨店で個展開催多数

 

F6

作品画像: 「トレドの街並」6号F 油彩   税込231,000円

【会期】10月27日(水)~11月2日(火)

【美術画廊】

ワンマイザ-と現代アート展

パリを中心に人気沸騰中の期待のストリートアーティスト ワンマイザー。

空き地の壁などに作品を描いて腕を磨いた彼は次第にストリートアーティスト

として活動するよるように。

本展では、今注目の現代アーティストたちの作品を取り揃え紹介いたします。

Photo_3

ワンマイザー  「ホーマーとクリプトナイト」
 
ミクストメディア 50×48.5cm
 
 
 
 
 
 

【アートサロンESPACE KYOTO】  

村岡顕美絵画展

お花いっぱい!夢いっぱい!

賑やかで可愛い作品から、たくさん元気をもらえます。

色鮮やかなアクリル画やガラス絵の数々を、ぜひお楽しみください。

村岡顕美 MURAOKA Akemi

1952年 滋賀県に生れる

1973年 京都精華短大洋画専攻科 卒業 (現:精華大学)

1987年 京展にて京都賞を受賞

行動展にて会員に推挙

1988年 第2回リキテックス・ビエンナーレにてグランプリを受賞

第2回日本海美術展にてグランプリを受賞

1990年 滋賀県より近江百人一首カルタ絵(15号F)101枚制作を依頼される ‘93年完成

現在 リキテックス・インストラクター 賞歴多数

 

3f

作品画像「青もみじ」3号F アクリル絵具 キャンバス  税込 165,000円

2021年9月23日 (木)

-想いが生まれるとき- 松岡歩 画集刊行記念展@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi

本館8階アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカにおきまして、「-想いが生まれるとき- 松岡歩 画集刊行記念展」を開催いたしております。

 

私にとっての制作とは、それぞれの体験から生まれる感情の記憶、またはそれを取り巻く環境から生まれる「想い」だと思っています。

 

一旦仕舞われたそれぞれの想いが開放される時こそ、作家としての造形活動の始まりです。

 

この度、発表する作品たちは、42年間生きてきた中からばらばらに切り取られた想い出の場面でありますが、現在の私も次はどのような想いが生まれるか、その一瞬に期待しながら日々生活しています。

 

この機会にぜひともご高覧賜ります様、宜しくお願い申し上げます。

 

今後の展覧会情報やお問合せはこちら

 –想いが生まれるとき- 松岡歩 画集刊行記念展

9月22日(水)→9月28日(火)

<最終日は午後4時閉場>

大丸心斎橋店本館8階

Artglorieux GALLERY OF OSAKA

アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

Img6590

↑「出会い」 松岡歩   税込594,000円

  日本画  S5号  紙本  2021年

Img6592

↑「親子」 松岡歩    税込594,000円

  日本画  F6号  紙本  2021年

Img6596

↑「水生」 松岡歩    税込792,000円

  日本画  S8号  紙本  2021年

Img6594

↑「一月」 松岡歩    税込594,000円

  日本画  S5号  紙本  2020年

Img6600

↑「青い酒」 松岡歩    税込594,000円

  日本画  F6号  紙本  2021年

Img6602

↑「好奇(鼠)」 松岡歩    税込396,000円

  日本画  F4号  紙本  2019年

作品はすべて現品限りとなります。既に売切れの際はご了承ください。

気になる作品がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

 

大丸心斎橋店本館8階

Artglorieux GALLERY OF OSAKA

アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

2021年9月16日 (木)

CINQ Lumière愛知県立芸術大学出身作家5人展@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi

本館8階アールグロリューギャラリーオブオーサカにおきまして「CINQ Lumière愛知県立芸術大学出身作家5人展を開催いたしております。

 

今展では、フランス語でCINQ Lumière(サンク・ルミエール=5つの光)と名付けられ、参加する作家5名(牧野環先生、坂根輝美先生、藤城正晴先生、佐久間友香先生、玉井伸弥先生)の個性を輝く光に喩えています。

 

新進気鋭の各作家が描く渾身の力作をお楽しみいただけます。

 

この機会にぜひともご高覧賜ります様、宜しくお願い申し上げます。

今後の展覧会情報やお問合せはこちら

CINQ Lumière愛知県立芸術大学出身作家5人展 

9月15日(水)→9月21日(火)

<最終日は午後4時閉場>

大丸心斎橋店本館8階

Artglorieux GALLERY OF OSAKA

アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

Img6483

↑「出会いの朝」 牧野環  日本画 10号 税込660,000円

 

<この出会いは一生の宝物。そんな出会いの朝。>

Img6491

↑「秋惜しみ」 坂根輝美  日本画 10号P 税込550,000円

 

<冬へと変わりゆく季節を惜しみながら、またその哀愁を楽しむかのようにまどろむ彼女を描きました。>

Img6493

↑「菖蒲」 藤城正晴  日本画 8号M  税込352,000円

 

<花を生けることが多くなったこの1年、シンプルな動機から制作した作品の1つです。>

Img6489

「必然の花」 佐久間友香 日本画 6号F 税込132,000円

 

<春になると必ず桜の花が咲く様に、人と人との別れもまた必ず訪れるものです。>

Img6484

「雲龍図」 玉井伸弥 日本画 10号M  税込440,000円

 

<古より語り継がれ、その姿は現代においても様々な形で生きている。>

作品はすべて現品限りとなります。既に売切れの際はご了承ください。

気になる作品がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

 

大丸心斎橋店本館8階

Artglorieux GALLERY OF OSAKA

アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

2021年9月11日 (土)

Hiroko Nakakita Solo exhibition -Flower Garden-@大丸心斎橋

Mark_shinsaibashi
本館8階アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカにおきまして「Hiroko Nakakita  Solo exhibition -Flower Garden-」を開催いたしております。
「作為」と「無作為」という相反する概念を、大胆な色彩と重層的なマチエールによって描くHiroko Nakakita先生。
2006年東京藝術大学大学院美術研究科修士課程を修了した後、シャンデリアや花といった華やかなモチーフに、多彩な色彩や素材を重ね、幻想的な作品世界を生み出してきました。
本展では、丁寧にすくい上げられ内なる感情に耳を傾けるような静謐な作品世界を、油彩やミクストメディアの作品群で展観いたします。

 

今後の展覧会情報やお問い合わせはこちら

 

Hiroko Nakakita Solo exhibition -Flower Garden-
9月8日(水)→14日(火)
<最終日は午後4時閉場>
大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

 

 

Img_1460

Img_4170↑「Mammy」油彩、砂、キャンバス 61.0×50.0cm 2018年 税込495,000円

Img_4168↑「Petals no.20200715」ミクストメディア、キャンバス 35.8×27.8×1.7cm 2020年 税込352,000円

Img_4178↑「flower no.20210626」油彩、砂、キャンバス 20.0×20.0cm 2021年 税込330,000円

Img_4162

Img_4174

Hiroko Nakakita 
1981年 兵庫生まれ
2006年 東京藝術大学大学院美術研究科 絵画科油画専攻修士課程  修了
大阪や銀座のギャラリーなどで展覧会を開催。 神戸とカリフォルニアのアトリエを拠点に制作活動を続け、 韓国やニューヨーク、 ロサンゼルスなど国内外で発表を精力的に続ける。 六本木ヒルズクラブ、 Castle Hotel &Spa(NY)などが作品収蔵。 2021年神戸居留地にギャラリー『Hiroko Nakakita』をオープン。 

 

 

国内外で活躍を続けるHiroko Nakakita先生の豊かな色彩の世界をお楽しみください。

気になる作品がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

 

2021年9月 3日 (金)

秋の茶の湯道具逸品展@大丸心斎橋店

Mark_shinsaibashi
本館8階アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカにおきまして「秋の茶の湯道具逸品展」を開催いたしております。
日本の伝統美を受け継ぎ、侘び寂びの世界の中で連綿と引き継がれている茶の湯。
会場では、茶の湯のお道具の逸品の数々を出品いたします。
千家御家元様書付ものや千家十職作品など逸品からは、お茶の世界の歴史や伝統、美しさを感じることが出来ます。
この機会にぜひともご高覧賜ります様、宜しくお願い申し上げます。

 

今後の展覧会情報やお問い合わせはこちら

 

秋の茶の湯道具逸品展
9月1日(水)→7日(火)
<最終日は午後4時閉場>
大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

 

 

Img_4130↑永楽即全「乾山写菊絵茶碗」

Img_4145_1↑十一代 樂慶入「黒茶碗 銘 常盤」鵬雲斎大宗匠御書付 

Img_4135↑十三代 中村宗哲「御好菱波棗」坐忘斎御家元御書付 

Img_4140↑初代 宮崎寒雉「霰剥蜜柑釜」坐忘斎御家元書付  

Img_4128

Img_4142

気になる作品がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

大丸心斎橋店本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA
アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ